エントリー シート 趣味 特技。 まだ決まってないの?エントリーシートで絶対ウケる趣味・特技と例文

【OpenES】絶対評価される「趣味・特技」の書き方を解説!

エントリー シート 趣味 特技

エントリーシートの項目には「趣味・特技」の欄が設けられていることが非常に多いです。 ここの項目は比較的狭いですし 「さらっとでいいや」と思って自分の趣味をそのまま書くことは少し勿体ないかもしれません。 ここでも企業にアピールすることが十分出来るんですよ! この記事では、「趣味・特技」欄が設けられている目的からおすすめの書き方・人事に魅せるコツを紹介していきます。 エントリーシートの目的とは何か再確認しよう 「趣味・特技」欄でなにを書くべきかというのは、 エントリーシートを書く目的にヒントがあります。 そのため、エントリーシートの目的を最初に確認しておきましょう。 就活においてエントリーシートとは、学生が企業に提出し、書類選考で用いられる応募書類のことです。 エントリーシートは、企業が「あなたが誰か」という 学生の人柄・個性を知るためにあります。 学生からしたら、自分をアピール絶好の機会です! ここの前提をしっかりと理解することが、より魅力的な「趣味・特技」欄を作成することに繋がります。 企業はエントリーシートの「趣味・特技」欄であなたの人柄を見ている エントリーシートは選考において重要な書類なので、その項目の1つである「趣味・特技」欄を侮ってはいけません!企業は「趣味・特技」欄で あなたの人柄や習慣をみていますし、学生はここの項目を通して、自分のスキルや知識を間接的に企業に伝えることができます。 エントリーシートの「趣味・特技」はどっちも書くべきなの? さて、「趣味・特技」というくらいですからどちらも書いたほうが良いのでしょうか??実はそうとは限りません。 趣味=専門としてでなく、個人が楽しみとしてしている事柄• 特技=みずから得意とする特別の技能 として辞書では明確に区別されていますが、エントリーシートにおいてはあまり気にする必要はありません。 どちらか片方で十分です。 むしろ「趣味・特技」欄は比較的狭いため、あなたの人柄が伝わる方どちらかを詳しく書いたほうが内容が濃くなり、人事もあなたを理解しやすくなるかもしれません。 エントリーシートでの「趣味・特技」は2つの構成でOK それでは、おすすめの書き方を紹介していきます。 「趣味・特技」欄を書く際には 2つの構成で、わかりやすく簡潔にしながらも情報を詰めましょう。 何事も結論ファーストにして書くことにより、全体の文章が理解しやすくなります。 その趣味から得ているものや 仕事での活かし方を織り込むと、企業に人柄+スキルをアピールできます。 現地の人と触れ合いお互いの価値観を共有することで、新しいものを吸収できることに魅力を感じています。 様々な文化や価値観それぞれの良さを知ることによって、物事を柔軟に考えることができるようになり、どんな環境でもそこに適応して臨機応変に問題を解決できるようになりました。 現地の人と触れ合いお互いの価値観を共有することで、新しいものを吸収できることに魅力を感じています。 様々な文化や価値観それぞれの良さを知ることによって、物事を柔軟に考えることができるようになり、どんな環境でもそこに適応して臨機応変に問題を解決できるようになりました。 エントリーシートで「趣味・特技」を効果的に魅せる際の4つのコツ それでは、より「趣味・特技」欄を魅力的にする4つのコツを紹介していきます。 しかしこの際に、誰でも出来るような数字を盛り込むと逆効果になってしまう恐れがあるので注意が必要です。 書く際にそのポイントを織り込むことができれば、面接官に人柄とスキルを効果的にアピールすることができます。 ここの分析をする際に「仕事に直結する趣味はや特技何だろう」という風にこじつけて考えてしまいがちですが、それではあなたの人柄をしっかりと伝えることができません。 自分のありのままの趣味が、仕事に共通していることはないか分析することが大切です。 自分をアピールするためには、上で紹介した構成のように一言+具体的な内容という風に 文章で記述するのが好ましいでしょう。 その時にエピソードを交えながらしっかりと伝えられるように、 趣味や特技について深堀しておきましょう。 エントリーシートにはNGな「趣味・特技」 エントリーシートに書いてしまったら、それだけでマイナス評価に繋がってしまう恐れがある趣味があります。 パチンコや競馬などのギャンブル等、世間体がよくない趣味をあえて記述することは避けましょう。 宗教に関わる趣味など意見が分かれてしまう趣味も、エントリーシートでは控えたほうが良いかもしれません。 エントリーシートに書く「趣味・特技」がない場合 趣味がないという場合でも空欄や特になしで終わらせることは非常に勿体ないです!趣味を探すコツを紹介していきます。 休日の過ごし方を振り返る 普段、休日はどんなことをして過ごしていますか?ここを振り返ってみましょう。 自分では些細な日常の一部と思っていたとしても、それが趣味を見つけるヒントになります。 現在の趣味でなくても良い 過去にはまったことは今後再燃する可能性もあるので、趣味として解答しても嘘にはなりません。 逆に人生において一番熱を入れたものが過去にあって深堀でき、あなたの人柄を伝えられる内容であれば、そっちのほうが良い場合もあります。 今から趣味を作る それでもどうしても趣味が見つからない!という人は、今から趣味を作ってしまうのも一つの手ではあります。 新しいことに挑戦する行動力やチャレンジ精神が評価されることもあるので、前向きに捉えて今から趣味を見つけてみましょう。 「趣味・特技」欄を理解したきみにおすすめのサービス 「趣味・特技」欄をマスターしたら、次は他のエントリーシートの項目ですね。 そんなときに就活を10倍効率的にするのが『キミスカ』 キミスカは、作った自己PRを登録しておくだけで、自分を魅力的に思った企業からスカウトが来る新しい就活です。 企業に合わせて作った自己PRではなく、偽らない自分を表現することで、ありのままの自分を好きだと思ってくれる企業と出会うことができます。 先述した、自己分析に役立つ適性検査も無料でついているので、自分を見つめ直す機会として最適なツールです。 また、キミスカはLINE も行っていて、この記事のように就活生に役に立つ情報を絶賛配信中です。 ありのままの自分を魅力的にする情報を受け取って、10年後振り返ってよかったと思える就活を実現しよう! エントリーシートで趣味を書く際のまとめ エントリーシートのちょっとした趣味や特技の欄でも、この先の選考に関わってくる大事な項目であることを忘れてはいけません。 今回紹介したポイントを押さえて、趣味や特技であなたの人柄や習慣、ひいてはスキルまでも企業にアピールしましょう。

次の

【履歴書】人事の心を掴む「趣味・特技」の書き方・例文20個

エントリー シート 趣味 特技

エントリーシートや履歴書の「趣味・特技」「資格」の欄。 「特技と言えるほど書けることがない」「こんな趣味や資格も書いていいの?」と頭を悩ませる就活生もいるのではないでしょうか。 エントリーシートに「趣味・特技」を書くときのポイント 「趣味・特技」欄には何を書く? エントリーシートの「趣味・特技」欄に書くのは、「自分自身が打ち込み、熱中してきたもの」であれば、基本的には何を書いても問題はないでしょう。 仕事をしていく上で役に立ちそうなスキルや強みは、「自己PR」や「長所」の欄にも書けるでしょう。 しかし、 「仕事にはつながらなさそうだけど、この分野にはすごく詳しい」と思うものもあれば、ぜひ「趣味・特技」の欄に書きましょう。 「趣味」と「特技」の違いは? エントリーシートの欄には「趣味・特技」と一緒に書かれているケースもありますが、趣味と特技は、以下のように区別して考えておくとよいでしょう。 ・趣味…好きなことや興味を持って続けていること 例)読書、映画鑑賞 ・特技…何の役に立つかわからないけれど、熱中してきた程度のはなはだしいもの 例) ・江戸時代の伝統芸能に興味があり、年に50冊以上の文献を読んでいます。 ・中学生の時から映画が大好きで、監督の名前と手掛けた作品名はほとんど答えることができます。 「読書」や「映画鑑賞」といった趣味でも、ほかの人から見れば感心するような知識であれば、それは特技と言えます。 企業は「趣味・特技」から何を判断している? 「趣味・特技」欄には何を書いても問題ありませんが、エントリーシートに書くのであれば、詳しく語れるようなものを書いておくとよいでしょう。 というのは、企業は書かれた「趣味・特技」が何かよりも、どれくらいの知識や経験を「程度のはなはだしいもの」と考えているか、すなわち 「当たり前水準」の判断材料として見ているからです。 「当たり前水準」は、就活においてよく用いられる採用基準です。 ひと言で「努力した」と言っても、どの程度の努力かは人によって違いがあります。 例えば、仕事で「〇〇について調べておいてください」と依頼されたとき、1~2時間調べて「調べられることは調べ尽くした」と考える人と、2倍の時間をかけても「まだまだ足りない。 もっと得られる情報はあるはずだ」と考える人がいたら、後者の方が「伸びしろがある」と評価されるでしょう。 企業は、早々に「もうできることはない」とあきらめる人よりも、「もっとできる!」とモチベーションを維持できる人の方を採用したいと考えます。 これを、趣味・特技欄で考えてみましょう。 「趣味は読書です」とエントリーシートに書いてあっても、実態が「月に2冊読むかどうか」という程度であれば、企業には「この学生は当たり前水準が低そうだ」という印象を与えてしまいます。 せっかく書いた「趣味・特技」がマイナス評価につながってしまってはもったいない。 エントリーシートに書いてよいか判断に迷ったら、家族や友人に趣味・特技について話をして、周りの反応を見てみるのもよいでしょう。 「趣味・特技」として書かない方がよいことはある? 「趣味・特技」の欄に突飛な内容を書いたとしても、独自な観点を持っていてよいと思う企業は増えていると思います。 求める人材像にもよりますが、何か特定の分野に執着する「オタク性」をポジティブに捉える企業も多くなっているからです。 これまでの多くの日本企業では、部署異動などでさまざまな業務を経験し、広範な知識を身につけていけるゼネラリスト志向の人の採用ニーズが高い傾向がありました。 しかし、個々の業務の高度化・複雑化に伴って仕事の分業化が進み、特定の分野を専門にしたいというスペシャリスト志向の人を評価し、採用したいという企業も増えてきています。 特定の領域を担当することになったときに、「面白い!」と思って深く追究し、熱中することができる「オタク性」は、仕事をする上での強みにつながるケースもあるのです。 「何も書かない」は避けよう どうしても「趣味・特技」が思いつかない場合も、記入欄がある以上は、何かしら書くことをオススメします。 何を書いたらいいのかわからないけれど、何とか書いてみようとする人か、わからないからそのままにしてしまう人なのか。 「趣味・特技」であっても、記入欄のある設問について、空欄や「特になし」で終わらせてしまうと、「この人は入社して仕事で壁にぶつかったときも思考停止してしまう人ではないか…」という印象を企業に与えてしまう可能性があります。 程度のはなはだしいもの、と言われると、ますます「何も書けることがない」と思う就活生もいるかもしれません。 エントリーシートに「資格」を書くときのポイント 次に、エントリーシートに資格を書くときの注意点を解説します。 専門分野の資格を書くときには、要注意 学生時代に取得した資格は、基本的にすべて記して問題ないでしょう。 ただ、 自分の所属する学部や専攻と関連の深い資格に関して、取得の難易度が高くないものを書いてしまうとマイナスに取られてしまう可能性も意識しておきましょう。 例えば、英米文学科の学生さんが英検3級、経営学部でファイナンス専攻の学生が簿記3級と記した場合。 企業によっては、「専門分野なのだからもっと上のレベルに挑戦すべきなのでは…」と捉えられることも。 一方、理工学部の学生さんが履修科目とは関係ない簿記3級と記入した場合。 こちらは新しい分野にも挑戦する意欲を感じさせます。 自分の専門分野と資格の難易度を照らし合わせて、何を記すべきか判断するとよいでしょう。 また、学業や仕事とは関係ない資格でも、興味・関心の幅広さをアピールできるので、持っているものは書いて損はありません。 しかし、「資格」はあくまでも、自分を表現する一つの要素。 たくさんの資格を持っていることも、採用に直接影響するとは限りません。 特定の資格が採用選考の応募条件になっている場合は例外ですが、「エントリーシートに書ける資格がないから」「就活のために」という動機で資格の勉強を始めるのであれば、適性検査のための準備やエントリーシートに書く内容をブラッシュアップして注力した方がよいと思います。 中には「OpenES」しか受け付けていない企業もあるので、ぜひ活用してみましょう!.

次の

エントリーシートの趣味欄を攻略!7つの書き方と人事からの評価ポイント4つを伝授

エントリー シート 趣味 特技

Contents• そもそもエントリーシートとは? 「趣味・特技」について考える前に、まずはエントリーシート(ES)とは何かを理解しておきましょう。 エントリーシート(ES)とは企業から提出を求められる、企業独自の応募書類のことです。 エントリーシート(ES)の内容は企業によって異なり、様々な設問が用意されています。 企業の採用担当者は、最初にエントリーシート(ES)からあなたのことを知ります。 そして、 そのエントリーシート(ES)の内容からその人に面接で会うか会わないか決めます。 ですから、採用担当者が思わず「この人とあってみたい」と思うエントリーシート(ES)を書けるようになりましょう。 エントリーシートの書き方について詳しく知りたい方はを参考にしてください。 エントリーシートでウケる趣味・特技とは? では、採用担当者に興味を持ってもらえる「趣味・特技」とは、どのようなものなのでしょうか? 他の学生と差別化できるような経験 一つ目は他の学生と差別化できるような「趣味・特技」です。 珍しい趣味やユニークな特技は採用担当者もつい気になってしまうものです。 また、学生としても「趣味・特技」といった話題は自身を持って話すことができるため、 面接の際に会話が盛り上がる「きっかけ」となることが多くあります。 「企業研究」したことが伝わるもの 近年は福利厚生の一環で、「社員の部活動」をサポートする企業が増えています。 企業の公式ページでは、こういった部活動が積極的に発信されています。 企業が行っている部活動などとあなたがやってきたことが一致したならば、「企業に対する関心の高さ」をアピールするチャンスです。 例えば、「サッカー部」などがあれば、経験がある方は「サッカー経験」などを趣味や特技の欄に書くのもおススメです。 面接で「機会があれば是非、御社のサッカー部の活動に参加してみたいです!」などと伝えることができれば、採用担当者としては嬉しく感じるはずです。 このように、 企業研究は志望理由などに使うだけでなく、「趣味・特技」にも活用し、採用担当者に「志望度の高さ」「企業と自分の共通点の多さ」などを色々な側面からアピールしていきましょう。 例えば、「英語力」で考えてみましょう。 「留学経験あり」「TOEICが850」「帰国子女」といった「語学力」に関する自己PRは、外資企業やグローバルビジネスを展開する企業には魅力的に感じるものです。 しかし、英語とは無縁の会社や業界であれば評価があがるほどのアピールには繋がらないと考えられます。 話せるようになるために行ったことや他の趣味・特技を記載した方が採用担当者の目にとまりやすいエントリーシート(ES になるかもしれません。 このように、「自己PR」につながる「趣味・特技」を記載すると同時に、「採用担当者がこのエントリーシート(ES を読んだらどう思うか?」という観点で考え、選考を受ける会社や職種、業界によって、アレンジをし、よりその会社に適したアピールをしましょう。 エントリーシートでウケる趣味・特技の例文 ここからはエントリーシート(ES)の趣味・特技を書くときのポイントを例文とともにご紹介します。 是非参考にし、全てのポイントを盛り込んだ「趣味・特技」をかけるようになってください。 「一言(趣味・特技)」+「説明文」を意識 エントリーシートの「趣味・特技」欄は、1文か2文程度しか入らないような小さなスペースであることがほとんどです。 そのせいか、多くのひとが単語のみで書いています。 しかし、単語では「アナタがどのような個性の人物なのか」を採用担当者がイメージすることができません。 そのため、特にアピールにならない項目になってしまうため、採用担当者にあなたをイメージさせる「説明文」をつけるのが良いでしょう。 おすすめの方法としては、趣味や特技を一言で書き、かっこ書きや改行して具体的な内容(いつから始めたか、どのような内容かなど)を記載すると、コンパクトで見やすい内容となります。 エントリーシートに書いてはいけない趣味・特技とは? これまで、エントリーシート(ES)でウケる「趣味・特技」について説明してきました。 ここからは、逆にエントリーシート(ES)に書いてはいけない「趣味・特技」について紹介します。 ギャンブル系 パチンコ・スロット・競馬・競輪などがこれにあたります。 ギャンブル自体が悪いというわけではありませんが、就職活動の選考という観点では、 ギャンブルは計画性や堅実性の側面からマイナスのイメージを採用担当者に持たれるリスク があります。 今回はあくまで「就職活動での履歴書」に記載する内容であることを忘れないようにしましょう。 政治・宗教系 政治・宗教は個人によって意見が分かれるためタブーです。 政治・宗教以外でも個人の価値観によって、 意見が分かれる趣味や特技は、エントリーシート(ES には書かないようにしましょう。 ゲームやアニメ、漫画、アイドル系 漫画やゲーム、アニメが大好きな人もたくさんいます。 最近ではアニメ映画やゲームがヒットして社会現象になることも増えてきました。 しかし、 保守的な会社や業界によってはサブカルチャーにまだまだネガティブなイメージを持つ面接官も存在します。 こういった趣味や特技は、業界によっては歓迎されることもあれば、敬遠されることもあるので、注意が必要しましょう。 もし、 ゲームなどに関係のない業界を志望している場合は避けた方が無難です。 しかし、他に書くことがなく、どうしてこういった趣味を記載する場合は「そこから得た価値観やメリット」を明確にすることが大切です。 あなたの性格が「会社に合うか」「一緒に働きたい人材か」を採用担当者が判断する際に、「プラスになる見せ方になるか」という意識を持つのが重要です。 逆に、メディアやエンタメなどのクリエイティブな世界では、漫画やゲーム、アニメに精通していることが望ましいため、そのような業界を志望している方は大いにアピールしましょう。 嘘を書く 明確な趣味や特技がないからといって、興味がないことや、あまり得意ではないことをエントリーシート(ES に書くことはやめましょう。 その内容を深掘りされた際に上手く答えられないと 嘘がバレる可能性もありますし、話題が盛り上がらなければコミュニケーション能力が低い印象を与えてしまうこともあります。 また、エントリーシート(ES を入社後も人事評価に活用している企業も存在します。 性格を偽って入社しても、自分の性格と あわない環境に配属されてしまい、不幸な結果となる可能性もあります。 空欄・特になし 今まで述べてきたように、「趣味・特技」の欄自分自身をアピールする場です。 趣味・特技の項目を空欄にすることは、 アピールする機会を潰していることになります。 また、この項目に限らず、空白が多いエントリーシート(ES は、企業に「志望度が低い」という印象を与えることもあります。 「書く内容が思いつかない」という方も、空欄で履歴書を提出するのは控えたほうが賢明です。 あくまで「エントリーシート(ES に書く」趣味や特技なので「マイナスなイメージを与えるものは控える」「企業が求める人物像を創造し、アピールに繋がるものを書く」など採用担当者からの「見え方」を気にかけるのようにしましょう。 まとめ 今回は人事うけするエントリーシート(ES の「趣味・特技」欄について説明してきました。 参考になったでしょうか? 企業の採用担当者にとって、エントリーシート(ES)は、自社にマッチする人材かを判断するための材料です。 企業の社風や業務内容を分析し、「趣味・特技」で企業に自分をどうアピールするか考えるのが大切です。

次の