テレワーク vpn。 テレワークでのVPN利用にセキュリティリスク

VPNとは? 4種類あるVPNの違いと導入費用、製品の選択肢、注意点を解説

テレワーク vpn

まず、会社とテレワーカーをつなぐセキュアな VPN 環境づくりを目指しましょう Meraki がテレワーク開始のお手伝いをします 場所にとらわれない働き方 2019 年 4 月から適用となった「働き方改革」が始まって、早くも 1 年が経とうとしていますが、皆さんの働き方はどのように変化しましたか?すでにテレワークを積極的に導入されている企業も、これから導入したいと考えられている会社も、まず働き方改革と言って思い浮かべるのが職場にとらわれずに自宅でも外出先からでも仕事ができる、そんなイメージですよね。 さて、この「場所にとらわれない」を実現するには一体何が必要でしょうか?その答えの 1 つに、テレワーカーと本社の間にセキュアなネットワーク環境を構築することが挙げられます。 皆さん「構築」というと大掛かりなイメージを持たれると思いますが、実は適切なソリューションを選べば IT 管理者のリソースが足りなかったり、兼務だったりする企業でも簡単に導入することが可能なのです。 テレワークをセキュアに実現するソリューション、VPN まず、テレワーカーは会社に出社している時と同じように会社のサーバーにインターネット経由でアクセスしてアプリケーションや社内データを使用する必要があります。 もちろん、情報漏洩やウィルスへの感染はあってはなりませんので、セキュアな環境というのは大前提ですね。 そこで、職場とテレワーカーの間を安全に接続させる一般的なソリューションとして紹介されているのが VPN(Virtual Private Network)です。 私が所属する Meraki には、VPN やセキュリティ対策、SD-WAN がオールインワンになった MX シリーズという UTM(統合脅威管理)があり、これ 1 台でシスコの世界最高峰のセキュリティと VPN を同時に手に入れることができるのです。 VPN の色々- クライアント VPN とサイト間 VPN Meraki のクライアント VPN は PC、Mac、IOS デバイス、および Android デバイスに追加ソフトウェアなしに無償で導入することが可能ですし、クラウド管理なので管理者側から遠隔で VPN 設定することも可能です。 シンプルに本社とテレワーカーをセキュアに繋ぐなら、これで準備は完了です。 さらに、離れた拠点のネットワーク同士を相互接続するなら Meraki のサイト間 VPN が便利です。 支店をお持ちの企業にとってサイト間 VPN は理想的なソリューションですが、実はサイト間 VPN の設定というのは設定項目も多くて大変複雑。 上級 SE ではないと設定できないと言われてきました。 「そんな上級 SE、うちの会社にはいないし、やはり働き方改革は今年も無理か・・・」と諦めないでください。 Meraki MX シリーズには Meraki AutoVPN テクノロジーが搭載されているので、なんとたったワンクリックで VPNトンネルを確立することが可能です。 ほとんどの設定は Meraki MX がクラウド上で自動的に行うので、 IT 管理者が実際に設定する内容はローカルネットワークの設定と支店や本社を選んでハブ(メッシュ)側になるのかスポーク側になるのか選ぶ、たったこれだけなのです。 上級 SE が不在でも Meraki なら大丈夫です。 もう VPN のための高度な知識は必要ありません。 さらに会社で Amazon Web Services(AWS)や Microsoft Azure をお使いの場合、仮想 MX の vMX を追加することも可能です。 vMX なら物理アプライアンスの MX と AWS や Azure 上にある vMX を Auto VPN で接続することができます。 Meraki のテレワーカー向けゲートウェイ もし、ネットワークに不慣れなテレワーカーが多い会社なら、ステートフルファイアウォールと安定した Wi-Fi 環境の提供をワンボックスで提供するテレワーカーゲートウェイの Z シリーズを配布することも選択肢として挙げられます。 なぜなら、Meraki ならゼロタッチ導入が可能なのです。 テレワーカーがネットワークに接続して電源を入れるだけで、あっという間にセキュアな本社との VPN のトンネルが確立、セキュアで快適な Wi-Fi 環境が整います。 本社側の IT 管理者は VPN のセキュリティポリシーを適用させたり、クラウド上におかれた Meraki ダッシュボードから一元管理できたりするので、IT 管理者の負担も激減させることができます。 何より、テレワーカーは接続したその日から、業務に集中できるのです。 いかがでしたか?Meraki を使ったテレワークについて最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました。 最後に、上記でご紹介した UTM、MX シリーズと Z3 が今なら特別価格で提供中です。 ご興味のある方や詳細について詳しく知りたい方はぜひください。 Tags:• 免責事項 本サイトに情報を掲載する個人(管理人を含みます)は、シスコの社員である場合があります。 本サイトおよび対応するコメントにおいて表明される意見は、投稿者本人の個人的意見であり、シスコの意見ではありません。 本サイトの内容は、情報の提供のみを目的として掲載されており、シスコや他の関係者による推奨や表明を目的としたものではありません。 このサイトは一般公開されています。 機密情報はこのサイトに掲載しないでください。 各利用者は、本Webサイトへの掲載により、投稿、リンクその他の方法でアップロードした全ての情報の内容に対して全責任を負い、本Web サイトの利用に関するあらゆる責任からシスコを免責することに同意したものとします。 また、各利用者は、シスコに対し、本サイトに提供した情報内容に関する著作権、パブリシティ権および著作者人格権を行使するための全世界において有効な、無期限、取消不能、使用料無料且つ許諾料全額支払い済みの、譲渡可能な権利(サブライセンスする権利を含みます)を付与するものとします。 全てのコメントは管理されます。 コメントは管理人による承認後速やかに表示されます。

次の

VPNとは? 4種類あるVPNの違いと導入費用、製品の選択肢、注意点を解説

テレワーク vpn

HENNGE株式会社は6月18日、緊急事態宣言下における「企業のテレワークとVPN利用に関する企業調査」の結果を発表した。 同調査は6月8日から6月9日、従業員数100名以上の企業の情報システム部門従事者を対象に、インターネット調査により実施されたもの。 有効回答数は309件。 調査結果によると、回答した企業の83%がテレワーク時にVPNを利用していた。 VPNを利用した企業の中で、「VPN利用で課題があった」と回答した企業は48. 5%と半数近くを占めた。 また、62. 6%がVPNのレスポンスの低下や遅延を経験していた。 こうした課題に対する回避策として、「VPNの同時接続数を増やす」(54. 4%)、「VPN機器の追加」(37. 7%)、「VPNを利用する人や時間帯に制限をかけた」(27. 2%)などの対策を行っていた。 《ScanNetSecurity》 ソース・関連リンク• 関連記事•

次の

VPN+電子証明書(クライアント証明書)で安心安全なテレワーク環境をすばやく構築

テレワーク vpn

当社は、働き方改革の一環として推進されている在宅勤務等のテレワークをサポートするため、テレワーク向けのVPNサービスの提供を開始しました。 より働きやすい環境を構築するため在宅勤務や在宅ワークを推奨する企業が増え、テレワークやリモートワークと呼ばれる勤務形態が急速に普及しつつあります。 そこで、VPN構築のノウハウと豊富な実績を有する当社が、中小企業向けに短期間で簡単にVPN環境を構築するサービスをご提供することといたしました。 「より手軽に、より安価に、より早く」安心してテレワーク環境を整えることができるようサポートさせていただきます。 最短で翌日から ご利用可能 企業のVPN構築には既存のネットワーク構成を変更する必要がありましたが、当社のVPNではオフィスの既存ネットワーク構成を変更すること無く、現在の社内ネットワークのIPアドレス設定をヒアリングするだけで最短で翌日からご利用頂くことが可能となります。 現在の状況を考慮し 「テレワーク推進キャンペーン」といたしまして、2020年6月末までにお申込いただきました企業様に特別価格にてご提供いたします。 サービス概要 お客様のオフィスネットワーク内に当社で設定したVPNルーターを接続いただきます。 在宅やリモートで使用する通信端末(PC、タブレットなど)にはL2TP(ネットワーク上の特定の機器同士を専用のトンネルで結び通信を保護する技術)のIDを発行いたします。 在宅で使う通信端末とオフィスに設置したVPNルーターが、当社で管理するクラウド上のサーバーとVPN接続され、セキュアな通信環境を整えます。 最低利用期間 1年間 特別条件 最低利用期間なし テレワーク推進キャンペーン 導入費用を特別価格として半額とさせていただき、月額利用料は導入月と翌月分を無料とさせていただきます。 また、最低利用期間をなくし必要なときに必要な期間だけご利用いただけるようにいたします。 サービス詳細は下記ご参照ください。

次の