天気 の 子 ひな 可愛い。 天気の子【映画】天野陽菜の誕生日や年齢は?登場人物も合わせてチェック!

天気の子【映画】天野陽菜の誕生日や年齢は?登場人物も合わせてチェック!

天気 の 子 ひな 可愛い

【ヒロイン】天野陽菜がかわいい理由をひたすら語る 天野陽菜はクラスに1人いた距離感が近い子 クラスにいませんでしたか。 やんか やたらと距離感グイグイ詰めてくる子。 男は単純だからたったそれだけで好きになる。 若いとそんなことで好きになっちゃいますから。 かわいければなおのこと。 天野陽菜ってそれなんですよね。 無邪気に距離感詰めてくるタイプ。 きっと世の男達の中には、昔のクラスメイトを思い出している人もいるんじゃないでしょうか。 …いや、いないか。 現役の高校生はリアルタイムでそんな子の事を思い出してみてください。 でも、 大抵は男の勘違いで終わるパターンです。 帆高も割とすぐ陽菜のことを好きになりましたが、あの歳の少年はちょっとしたことですぐ人を好きになります。 (2回目) 陽菜みたいなタイプならコロっと行くのもよーく分かります。 まあ 女の子の家に招かれて2人っきりというイベントは普通起こりませんが。 森七菜の声がかわいい 天野陽菜の声をあてているのは女優の森七菜さん。 本業じゃない人が声をあてると、たまに素人の学芸会に出来上がることがありますがそうではない。 そして かわいい。 演技っぽさが強くなく、自然で新海作品との調和が完璧。 それがリアリティのない世界観に、リアルを呼び出している。 淡い青春の記憶を呼び戻すような感覚があるんですよね。 昔好きだったあの子を思い出すような気持ちっていうんでしょうか。 そういった演出と、新海作品のビジュアルの親和性って凄い高いんじゃないかと思います。 本田翼さんの起用には一抹の不安が残りますが。 髪を下ろした天野陽菜もかわいい 普段髪を結んでいる子が、髪を下ろしているのはいいですよね。 かわいさ2倍増し!!! でもこのシーンは色々とアレなので、是非劇場に見に行って確かめてください。 声優の森七菜本人もかわいい はい、 かわいいですね。 天野陽菜とこれまでの新海ヒロインを比較 過去作で人気がありそうなのは、新海作品最強の知名度をほこる『 宮水みつは』。 そして熱狂的なファンを持つ 雪野先生。 『君の名は。 』でそれっぽい人が教師役やってて一部のファンは熱狂。 一応新海作品のヒロイン二大巨塔はこの2人かと思います。 それぞれ刺さる層が違うと思うんですよね。 とりあえず王道は みつは。 大人だけど弱さも魅力な 雪野先生。 天真爛漫な 天野陽菜。 個人的には秒速のコスモナウトの女の子、結構好きです。 名前は花苗(かなえ)。 種子島でサーフィンやってた子ですね。 報われない恋ってなんか胸を締め付けられるようでいいです。 まとめ:天野陽菜がかわいい かわいい 帆高そこ変われよ、と言いたくなるものの帆高には勝てねえよ~.

次の

『「天気の子」スペシャル・スーパーカブ』を見て、撮って、またがれるのは今だけ!?

天気 の 子 ひな 可愛い

それがひなに与えられた能力ですが・・・ 天気を晴れにするには、代償が必要だったのです。 天気を晴れにする代償として、最終的には空の一部になってしまいます。 天気を晴れにし続けた結果、ひなは空に連れて行かれました。 廃ビルの屋上には鳥居があり、ここは天へと続く唯一の場所。 屋上へとたどりついた帆高は、鳥居へと飛び込みます。 その先は暗い空(?)のような空間へと繋がっていて、回りには白い竜が飛び回っていました。 そして、空に浮かぶ小さな島の上にひなを見つけます。 帆高はひなの元へと駆け寄り、ひなと一緒に空間から脱出しました。 その後。 日本では3年間にわたり雨が降り続けました。 あまりに降水量が多すぎて、東京は一部が水に沈むほど。 地元の高校を卒業した帆高は、ひなに会うため東京へと向かいます。 そこで2人はようやく再会を果たし、ひなは帆高に抱きつくのでした。 神様に捧げたものが、簡単に戻ってくるワケないよね。 なぜ2人とも助かったんだろう? あくまで私の考察ですが、ひなが助かった理由は対価を差し出したからでしょう。 『天気の子』のラストシーンでは、日本で3年間にわたり雨が降り続けています。 そして、東京の一部は浸水。 恐らく、これが対価だと思います。 もしくは、人柱がいなくなったせいで神様が怒ったという見方もできますが・・・どちらにしろ、 3年後の浸水した東京は代償を支払った結果だったのでしょう。 願いを叶えるには、対価が必要。 つまり等価交換です。

次の

『「天気の子」スペシャル・スーパーカブ』を見て、撮って、またがれるのは今だけ!?

天気 の 子 ひな 可愛い

薄暗い部屋にシャワーの音だけが響いている。 数十分前に部屋に入ってから何回生唾を飲み込んだか分からない。 間違いなく人生で一番緊張している。 これから僕は陽菜さんと……。 考えただけでも脳が沸騰しかけてしまいそうだ。 でも僕も陽菜さんもそういうことをしたいと、関係を進めたいと思っている。 せっかく陽菜さんがくれたトラウマ克服のチャンスなんだ。 僕が躊躇していてどうするんだ。 「……帆高。 」 自問自答で頭がいっぱいだった僕は、シャワーが止んだことすら気づかなかったのか。 名前が呼ばれたほうを見ると、そこにはバスローブ姿の陽菜さんが立っていた。 「なんか、とっても怖い顔してたけど、平気?」 「え?、あぁ!、平気平気!、お風呂交代だね。 」 「うん。 待ってるね。 」 陽菜さんが入って間もない浴室は、湯気が立ち込め薄く白んでいた。 椅子に座りシャワーを出して、大きく深呼吸した。 さっきのバスローブ姿を思い出す。 ぎゅっと胸を締め付けられるような痛みが走る。 あの日のことが昨日のことのように脳裏をかける感覚。 あのローブの下には、陽菜さんがある。 でも、もしまた透けてしまったらと思うと、怖い。 ここまでお膳立てしてもらっても、あと一歩が出ない。 情けなさと悔しさが入り混じった感情に泣きそうになった。 そこに、扉の開く音がした。 「…陽菜さん?」 「帆高。 やっぱり考え事してたんだ。 」 「そんなことないよ!、今上がろうと…。 」 そう言って振り返ると、そこには陽菜さんがいた。 白んだ視界ではっきりと見ることはできないが、そこには透けていない、本来の陽菜さんがいた。 「……どこ、見てんのよ。 」 「陽菜さんを…、見てる…。 」 涙が止まらなかった。 あの日の恐怖が、焼きついて離れなかった呪いじみた記憶が、一瞬にして塗り替えられていく。 僕は陽菜さんに近づいて、優しく抱きしめた。 「さっき、怖い顔って言ったけど、嘘。 帆高、泣きそうな顔してた。 きっといろいろ考えて抱え込んじゃってるのかもって。 だから、手を貸してあげようかなと思って。 」 「手を貸すどころの話じゃないよ。 最初から最後まで、陽菜さんに頼りっぱなしだった。 」 「もう、あの日のことは吹っ切れたかな?」 「…うん。 陽菜さんのおかげで。 陽菜さんの身体、凄く綺麗だった。 」 「恥ずかしいこと言わないでよ!」 「ごめんごめん!」 気づくと、いつもの2人の調子に戻っていた。 やっぱり陽菜さんには敵わない。 落ち込んだ時、悲しい時、陽菜さんの存在だけで僕の気持ちは晴れてしまうんだ。 陽菜さんは僕にとっての晴れ女なんだ。 「ねぇ帆高。 」 「何?」 「私はね、大丈夫だよ。 だから、帆高も大丈夫。 再会した日行ってくれたでしょ。 私も同じ気持ちだよ。 私たちなら、きっと大丈夫。 」 「陽菜さん…。 」 そして僕らは口付けをした。 僕の気持ちを、陽菜さんに注ぐように優しく、優しく。 「あのさ帆高。 」 「どうしたの?」 「私、意外と大胆なことしたのはいいけど、こういうことしたことなくて…。 」 「僕も初めてだよ!、やばい!、急に緊張してきた!」 「テンパらないでよ!、私だって!、じゃなくて…。 」 「ここまでは私が頑張ったんだから、これから先は帆高が頑張ってよね。 」 「…うん。 陽菜さん、優しくするね。 」 「我慢はしないでね。 せっかくなら、帆高の思い、全部受け止めたいから。 」 2人で手を繋いで、ベッドに横になる。 お互い恥ずかしさからか、目を合わせられない。 先に動いたのは、陽菜さんだった。 僕の腕に抱きついて、か細い声で言った。 「ほだか…、しよ?」 「……っ!!」 理性と緊張の糸が切れた音が聞こえた。 そこからのことは、鮮明には覚えていない。 ただただ今まで我慢してきた思いを陽菜さんにぶつけていた。 陽菜さんは僕の名前や僕への気持ちを叫んでいたが、後半は疲れ果て、息を切らしながらも僕についてきてくれていた。 互いに果てた僕らは、そのまま落ちるようにベッドに沈み、目を閉じた。 どれくらい時間が過ぎたのだろうか。 時計を見ると、深夜の2時を回ったところだった。 した後にそのまま眠ってしまった。 今思い返すと恥ずかしくて死にそうになるが、ようやく陽菜さんとの関係が先に進んだ喜びのほうが上回っていた。 隣を見ると、幸せそうな寝顔の僕の彼女がいる。 頬を指で撫でる。 愛おしい思いが溢れて止まらないのが分かる。 僕って人を好きになると、こんなになっちゃうんだな。 「んん…。 ほだか…?」 「あ、陽菜さん。 ごめん、起こしちゃった?」 「ううん、だいじょうぶぅ。 」 「寝ぼけてるの?、可愛いなぁ。 」 「ねぼけ…。 ん!?、あれ!?、私いつの間に寝て…。 」 「いいよ。 もう朝までここにいるしかないし。 今晩はここで一緒に過ごそう。 」 「それは嬉しいんだけど、凪に何にも連絡してないよ~。 」 「先輩ももう寝てるよきっと。 それよりさっき陽菜さんの寝顔見てたら…また…。 」 「え!?、帆高ってば、トラウマ克服した途端節操なさすぎ!」 「う…。 ごめん…。 陽菜さんのことが好きすぎて…。 」 「……、そんな嬉しいこと言われたら、断れないよ…。 いいよ。 きて、ほだか。 」 「ひなさん…。 」 そのまま僕らはもう一度愛し合った。 人生で、一番幸せで長い夜だったと思う。 数日後、僕らは須賀さんと夏美さんに今回の一件を報告した。 一応相談に乗ってくれたこともあったし、隠す必要もなかったからだ。 しかし、先輩経由ですでに周知の事実だったらしく、陽菜さんと事務所に行くと、2人はニヤニヤしながらパーティーの準備をしていた。 根掘り葉掘り聞かれるのは照れくさかったけれど、先輩含め、僕らの周りの人全員が祝福してくれた。 それが何よりも嬉しくて、この人たちに出会えてよかったと心から思えた。 僕らが1つになった日。 あの日から僕らの距離は急激に縮まった。 陽菜さんの思いが僕の中に流れ、会えない時でも心は陽菜さんで満たされている。 以前はなかったこの感覚に、僕は最高に幸せな気分だ。 ちなみに、陽菜さんとの物理的な距離も縮まったのは、言うまでもない。

次の