外壁塗装 ご近所挨拶。 家の外壁塗装4

外壁塗装工事前にご近所への挨拶は必要?不要?

外壁塗装 ご近所挨拶

塗装業者が挨拶するので、挨拶は不要だといわれたから• 挨拶をすると、かえって気を使われそうだから• 自宅の周囲に敷地が接した住宅がなかったから 「挨拶はしなかった」という方の理由を見ると、どれも「別に挨拶なんて要らない」と考えているわけではないようです。 むしろ「挨拶をするべきだけど、かしこまってしまうと逆に気を使わせてしまう」と裏の裏まで考えた末に遠慮しているくらいです。 工事前に挨拶は自分でするべきか? 外壁塗装の工事が始まる前には、塗装業者の営業マンや実際に作業を行う職人が近隣の住宅に挨拶回りをします。 すると「塗装業者が挨拶してくれるし、依頼主としての挨拶は不要かな…」と感じる方もいるはずです。 先ほどのアンケート結果でも、やはり「業者が挨拶してくれるから」という理由でご近所への挨拶を見合わせた方がいましたが、それでもご依頼主さま自身が挨拶をするべきなのでしょうか? 基本的には塗装業者にお任せでもOK 外壁塗装の工事前の挨拶は、基本的に塗装業者にお任せしておけばOKです。 むしろ、実際に施工する塗装業者でないと説明を尽くせない情報もたくさんあります。 いつからいつまで工事をするのか?• 工事中は騒音や水・塗料・ホコリの飛散があるのか?• 工事中は工事車両の出入りや駐車があるのか?• 洗濯物を干せない日があるのか? こういった情報は、ご依頼主の方では詳しく説明できないので、塗装業者が責任を持って説明するべきでしょう。 何らかの迷惑がかかった場合に苦情を受け付ける窓口として、塗装業者の電話番号を通知しておく必要があるので、やはり塗装業者の挨拶は必須です。 塗装御者としても、工事のご挨拶は営業活動の一環としてとらえています。 「これから当社が塗装工事をします!完成したらぜひ見てください!」とアピールする大切な機会になるので、むしろ塗装業者は積極的に挨拶回りをするものなのです。 挨拶のために「挨拶文」を用意するべき? 工事の内容や期間などをお知らせするためには「挨拶文」を用意しておくと良いでしょう。 ただし、挨拶文で周知する場合は、塗装業者が用意してくれるのが普通です。 両隣・真裏・道向かいには直接の挨拶がベター 基本的には塗装業者にお任せでOKでも、やはり直接の迷惑や不都合を感じさせてしまう範囲のお宅には、ご依頼主の方が直に挨拶をしたほうが良い場合があります。 敷地いっぱいに住宅が建っている場合は、隣のお宅から見れば足場が建っているだけでも圧迫感があって不快に感じるでしょう。 わが家が外壁塗装の工事をしているわけでもないのに、窓から覗かれているような気がするので不快だという方もいます。 高圧洗浄や吹き付け塗装などでは隣のお宅まで水しぶきや塗料が飛散するし、塗料が放つ独特なニオイが気になるという方も少なくありません。 塗装業者が挨拶回りをしてくれているとはいえ、直接の迷惑や不快感を与えてしまうお宅には、ご依頼主の方が直接挨拶をしておくほうがベターでしょう。 具体的には、次のお宅には直接の挨拶が望ましいといえます。 左右の両隣• お家の真裏• 道路をはさんで真正面 ほかのご近所は塗装業者にお任せしたとしても、この4軒だけはご依頼主の方が直接ご挨拶をしておきましょう。 どこまで挨拶するべきかを図解 外壁塗装の工事が始まる前に、どの範囲まで挨拶をしておくべきなのかを図示してみました。 まずはこちらをご覧ください。 まず、あなたのマイホームを中心に、左右両隣・真裏・道向かいの正面のお宅には、塗装業者だけにお任せせず、ご依頼主さまが直接挨拶をしたほうが良いでしょう。 基準となる考え方は「敷地が接しているか?」です。 区画が不規則で、自宅の真裏が2軒の敷地と接しているなら、2軒とも挨拶をしておきましょう。 道路をはさんで正面のお宅は、たとえある程度は幅員が広い道路でも、工事車両が目の前にとまっていることで迷惑をかけやすいため、ご依頼主さまが直接挨拶をしておくほうが賢明です。 あなたのマイホームからみて「斜めの位置にある」というお宅には、必ずしもご依頼主さまが直接伺うべきではありませんが、騒音や飛散を考慮すれば、塗装業者による挨拶は必須です。 できる限り無関係ではないと思われる広い範囲に挨拶をしておくことは、とても丁寧な対応だといえます。 しかし、広範囲にわたって挨拶をするのはご依頼主さまにとって大きな手間になります。 特に影響がないようなお宅にまで挨拶をしていると、ご近所の間で「広い範囲に挨拶をするべき」という前例を作ってしまい、かえって迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。 ご依頼主さまが挨拶をするのは、直接の迷惑や不都合を強いてしまう範囲だけにとどめておき、あとは住宅の並び方などを見ながら塗装業者にお任せしておくのがベストだといえます。 挨拶の粗品はなにを用意するべきか? 外壁塗装の工事前の挨拶では、口頭での挨拶に加えて粗品をお渡しするのがマナーです。 しかし、何軒かにわたって挨拶のための粗品を用意していると、それだけでも出費がかさんでしまうようで気が重たくなりますよね。 ここでは、挨拶の際に用意する粗品の疑問について解説します。 相場は500円前後?相手が気を使わない範囲内で! 挨拶のために用意する粗品は、おおむね500円前後の生活用品が良いといわれています。 洗濯洗剤• 食器用洗剤• 食品用のラップ類やアルミホイル• 自治体指定のゴミ袋• ジッパー付きの保存袋(ジップロックなど)• タッパなどの保存容器類• タオル 代表的なお品はこれらの生活用具ですが、高価なものを用意する必要はありません。 お中元やお歳暮のように「ある程度の体裁が整ったお品」を用意する必要はまったくないので、ほんの気持ち程度で十分です。 「相場は500円前後」といわれてはいますが、ここで挙げた品物だと相場は300円前後になるはずです。 スーパーやドラッグストアで安売りになっているものでも、100円均一のショップで売られているものでも構いません。 外壁塗装の工事前の挨拶は「何を配った」が問われるのではなく「ご迷惑をおかけすることをご容赦ください」とお願いに伺ったという事実のほうが重要なのです。 あまり高価な品物を用意してしまうと、かえって相手に気を使わせてしまいます。 ご近所が外壁塗装などのリフォーム工事をする際に「以前いただいた品物と同等のものを配らないといけない」という前例を作ってしまうでしょう。 見栄をはらずに「相手に気を使わせない」のがマナーだと心得ておきたいですね。 『のし』は「ご挨拶」がベター 粗品を用意する際には『のし』をつけるべきかという疑問がありますが、のしをつける場合は「ご挨拶」がベターです。 「粗品」と書くのも間違いではありませんが、そこまで謙る必要はありません。 ほとんどの塗装業者が「ご挨拶」と書くので、ここは真似しておけば問題ないでしょう。 のしの貼り方は、品物にそのまま貼り付ける『外のし』で構いません。 もし、のし紙を貼り付けるのが難しい形状の品物や、のし紙よりも小さな品物を選んだ場合は、100円均一ショップなどで紙製の小さな手提げ袋などを購入して入れると良いでしょう。 品物のお値段以上に細やかな気づかいを感じられる小技です。 塗装業者が用意する場合が多い 挨拶のための粗品は、ほとんどの場合、塗装業者が用意してくれます。 塗装業者は新たに工事を始めるたびに挨拶回りをするので、業者に依頼して粗品用の名入れタオルなどを用意しています。 工事の見積もり書に雑費が計上されていれば粗品代も含まれている可能性があるので「直接ご挨拶にいきたいお宅がある」と伝えれば分けてもらえるはずです。 もし、塗装業者と同伴のうえで挨拶に回るのであれば、塗装業者の粗品の価値を大きく超えるものを用意しないように心がけましょう。 挨拶回りは工事前のマナー、丁寧な対応ができる塗装業者を選ぶぼう! 外壁塗装の工事に取り掛かる前には、迷惑や不都合をかけてしまうご近所に挨拶をするのがマナーです。 単に「マナーだから」という理由だけでなく、挨拶回りをしたほうがムダなトラブルも避けられるので、欠かすべきではないでしょう。 付帯部分をオプション扱いするなど、結局は相場と大差のない価格になることが多いので、丁寧な対応をしてくれる評判の良い塗装業者を選びたいですね。 外壁塗装パートナーズでは、簡単3ステップであなたの街で評判が良い塗装業者を最大3社までご紹介いたします。 経験豊富な直接施工の塗装業者のみを紹介させていただくので、余計な中間マージンもかからず、安心・納得の価格で外壁塗装が実現します。 工事前のご近所への挨拶回りを含めて、丁寧な対応ができる塗装業者をお探しなら、ぜひ外壁塗装パートナーズまでご相談ください。 メリット 2 プロが選び抜いた業者 だから「安心」 外壁塗装パートナーズでは厳しい加盟審査基準で紹介する業者を厳選しています。 加盟後もアンケート調査を徹底し、不適切な提案、工事を行う業者は排除していますので、手抜き工事などの心配がいりません。 料金は一切かかりません。 無料で優良業者を最大3社ご紹介いたします。 はい、もちろんです。 外壁塗装も屋根塗装も対応できます。 はい、もちろんです。 各自治体によって助成金の基準はバラバラで、同じ自治体の塗装店の場合があったり、ただ同じ自治体の塗装店だけではなく事前登録済みでなければならなかったり、塗料が限定されていることがあります。 お住まいの自治体で助成金がもらえる場合、条件にあう企業を選定してご紹介致します。 紹介するのは外壁塗装パートナーズが定めた認定基準を満たした業者に限定しております。 また、その中でも、お客様へのアンケートで評価の高い業者を優先的に紹介しています。 価格を含めた契約内容の全件チェックや、本部スタッフの現場立ち合いによる工事品質のチェックもしておりますので、「安くて安心」の業者の提案を聞くことができます。 会社名をお伝えいただければ認定企業かどうか回答いたします。 今、提案を聞いている業者が優良企業かどうか気になる、という場合はお気軽にご相談ください。 お急ぎの方は遠慮なくお電話ください。 電話番号は(10:00~18:00 土日祝OK)です。 スマートフォンで電話番号を複数回タップすると、「このWebサイトから自動的に電話をかけることは禁止されています。 」という表記がでますが、問題ございません。 代表取締役 中嶋 明洋 神戸大学卒業後、大手メーカー、ITベンチャーを経て、2010年に株式会社ソーラーパートナーズを設立。 二級建築士、2級建築施工管理技士、既存住宅状況調査技術者など、建築関連の国家資格およびMBA 経営学修士 を取得。 これまでに培った知識と経験をもとに、専門工事店と消費者が直接出会えるプラットフォーム構築に日夜力を注いでいる。 solar-partners. solar-partners. 2018. 2018. 01 外壁塗装のケレンは汚れを取り除くこと 外壁塗装の見積書を見ると、「ケレン」という項目があります。 ケレンは英語…• 2018. 02 サイディングにおけるコーキングの役割 サイディングには必ずコーキングがあります。 サイディングは温度が高く…• 2019. 17 あなたはDIYで塀や壁を塗装した経験がありますか? もし経験がなければ、小学生のころに誰もが経験しているはずの….

次の

隣家が外壁塗装工事を今朝から始めました

外壁塗装 ご近所挨拶

もくじ• 外壁塗装の近所挨拶は工事の1週間前に済ませよう 外壁塗装の工事が始まる1週間前には挨拶に回るようにしましょう。 依頼している業者も近所のへ向けてあいさつをおこなってくれるのですが、自分でも挨拶に回りましょう。 外壁塗装工事では、足場の組み立てや解体、洗浄などの際にどうしても響く音が出てしまいます。 近所の方の理解いただくために、良好な関係を続けていくためにも自ら挨拶はすませたいものです。 また音だけでなく、工事車両や塗料のにニオイも気になってしまいますので何かと近所の方々に迷惑をかけてしまうことになります。 挨拶を事前に済ませていれば、ニオイや音に関して苦情はないはずです。 挨拶で伝えるべきこと 挨拶ではなにを伝えるべきか紹介します。 工事期間 いつからいつまで• 工事時間の目安 開始時間と終了時間• 休日に工事はおこなうかどうか• 近所の家にも養生するかもしれない旨 以上が必ず伝えておくべきことです。 最後に書いてある養生は、家や車が汚れないようにカバーをかけることをいいます。 これは、近所の家と距離が近い場合におこなう必要があります。 また、近所のかたも工事で自分の家が汚れてしまわないか不安に感じているかもしれないので、先に伝えておいた方が、あとあとトラブルにならなくて済みますよ! 自分で挨拶に行く場合 業者の方が挨拶に回ってくれる前に近所への挨拶を済ませるようにしましょう。 伝えるべきことは先に紹介しましたが、「なにか粗品とか持って行くべき」と思う方もいますよね。 結論からいうと、 持って行った方が良いです!なにかお菓子でもっもっていっていた方が、ほんの些細な不満は飲み込んでくれるようになるはずです。 なにかトラブルがあったときのために菓子折りは用意しておいた方が吉ですよ。 近所の方々と本当に仲の良い場合は必要ないかもしれません。 「そんなのお互いさま」といってもらえるのであれば粗品を持っていく必要はないですね。 しかし、「親しき中にも礼儀あり」ということわざもありますから、仲のいい場合は自身の判断に任せます。 お菓子ならもっていってもいいのではないでしょうかと思いますが。 これくらいが、相手に気を使わせなくていい値段ですよ。 高価なものはお互いの負担になってしまいますからね。 「お返しした方が良いかな?」と思わせないようなものにしましょう。 ものはタオル、石鹸やお菓子が一般的ですよね。 こちらの誠意が伝われば十分ですので、そんなに気を遣う必要はないと思います。 もし近所の方の好みがわかるのであれば、それに合わせたものをあげると喜ばれますよ!また、地域指定のゴミ袋が現在は喜ばれるみたいですよ。 参考にしてください! 業者も挨拶に行ってくれる 業者の方も挨拶に行きますので、より事前準備は万全であるといえます。 業者の方も粗品をもって近所の挨拶に回ってくれます。 業者からはより詳しい説明があるので、自分であいさつに行く際はそんなに詳しいことまで伝える必要はないですよ。 自分であいさつに行く際は、後で業者の方からも挨拶があることを伝えておくとより親切ですよ。 挨拶範囲は向こう3軒両隣+裏の3軒 挨拶範囲は、自分の家を囲むすべての家に行くようにしましょう。 イメージとしては、両隣の2軒、向かいの3軒、裏の3軒です。 以上のように、最低8件は挨拶に回りたいです。 隣接する近所ですから、迷惑をかけてしまうことを想定してこの範囲の挨拶は怠らないようにしましょう。 この範囲以外でも、騒音や、ニオイが気になりそうだと感じる場合は、この範囲外でも挨拶に行きましょう。 挨拶をするに越したことはないですよ! 挨拶は近所トラブル防止になる! もしお隣の家が何の説明も挨拶もなく外壁塗装工事を始めたら、あなたはどう思うでしょうか? ある日から突然あなたの家の前に大きなトラックが停車していたし、大きな音や、ニオイがしたらあまり気分がよくないですよね。 こういうことが原因で、外壁塗装工事では近所とのトラブルになってしまい、関係が悪くなってしまう結果になることが多いです。 簡単な説明と挨拶に少しあなたの時間を使うだけで、近所とのトラブルを防止することができるので外壁塗装工事の近所への周知は省略したくないですね。 大きなお金を払って家をきれいにするので、気持ちよく工事が終わるようにしたいです。

次の

ご近所への挨拶は?

外壁塗装 ご近所挨拶

| 外壁塗装などのリフォームを行う際、ご近所トラブルが発生する可能性もあるため、心構えとしてトラブルの内容・回避策を覚えてもらえると嬉しいです。 外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー 伊藤(いとう) 外壁塗装のリフォームを行うあなたが直面していること。 それは、ご近所さんお隣さんとのトラブルです。 今まで仲が良かったご近所さん、道で会えば挨拶をしてくれていたご近所さん、たまに野菜を分けてくれたご近所さんは、外壁塗装のトラブルであなたとの関係が一変。 外壁塗装のトラブル後は、ご近所さんから無視をされたり、陰で悪口を言われる可能性が少なからずあるものなので、自分だけでなく周りに影響を及ぼす工事だと、まずは認識してもらいたいと思っています。 そのため、せっかく住み慣れた土地・家で、今後も快適に暮らしていくために、あなたに覚えてもらいたいご近所トラブルを防止するための心構えをまとめてみました。 あなたが安心して外壁塗装が進められるよう、私と一緒に見ていければ嬉しいです。 外壁塗装で発生しやすいご近所トラブル6つの心構え 万が一、外壁塗装のトラブルが発生しても、自分に対してだけの被害で済めばいいですが、外壁塗装というのは広範囲に迷惑をかけてしまう可能性がある工事です。 周りに影響を与えやすい工事のため、外壁のリフォーム前にトラブルの回避策やトラブルが発生しやすい原因を知っておく必要があります。 あなたは外壁塗装で自宅をキレイにしたいだけであり、一緒にご近所トラブルを起こしたいとは思っていないはずです。 しかし、事前の業者選びや進め方を間違えると、望まないトラブルが勝手に生まれてしまう場合があるので、対処・予防方法を覚えてほしいと思っています。 ご近所トラブルは誰でも起こりうるものなので、しっかりと事前準備を行い、対策すれば万が一トラブルが発生したとしても、スムーズに解決できたり大ごとにもならずに収束させることができます。 施工期間(何月何日~何月何日までか)• 施工内容(どんな工事をするのか)• 施工業者に関する情報(業者の情報)• 施工時間帯(何時~何時まで作業をするのか)• 施工場所(どこのお家での塗装なのか)• 万が一トラブルがあった場合の連絡先 などをご近所さんへ事前に伝えておく必要があります。 外壁塗装など、お家の外壁リフォームを行う場合は、職人さんが安全に工事ができるよう、組み立て式の仮説足場を建てるのですが、鉄パイプを組み合わせるため、大きな金属音がします。 また、塗装をするために塗料を水やシンナーで薄めて使うのですが、それらの臭いも気になるかもしれません。 いつもとは違った環境となるため、普段は温厚なご近所さんなのに、自分が知らない間に快適な環境が害されたと感じ、クレームとなってあなたに返ってくる場合も…。 これらは事前に、何が起こるのか、どんなことが起こるのかを伝えておくことで、「聞いてなかった」「知らない」から発生するトラブルを防ぐことができます。 また「言った言わない」を起こさせない為にも、書面にて伝えるのがオススメです。 優良業者を選ぶと、事前の挨拶回りをしてもらえる?あなた自身で行う場合は別ですが、優良業者であれば基本的に、工事1週間前ぐらいには、あなたのご近所さんへ挨拶回りをしてくれます。 悪徳業者やそういった配慮ができない業者の場合は、挨拶回りもせず工事を始め、トラブルの火種を作りますので、注意しなければいけません。 このトラブルの予防策として「優良業者を選ぶ」事と書かせてもらったのですが、優良業者だとしても塗料の飛び散りが起こる場合も…。 良い業者・悪い業者関係なく、どの業者でも起こりうることなので、どこまで細かく配慮ができるかで変わってくるんです。 塗料が付いてはダメな部分に対しての保護シート、ビニール掛け• 丁寧な塗装作業 上記の2つは当然の事として、万が一あなたの敷地ではなくご近所さんの敷地内のモノに塗料がついてしまった場合、迅速な対処ができるかで問題が「大きくなる」か「小さくなる」か変わってきます。 塗料がついてしまう可能性は0ではないため、可能性を0へ近づけてくれる配所をしつつ、問題が起きた場合の対処をどうするのかが業者選びのポイントにも。 優良業者を選ぶと、細かい配慮をしてくれる?悪徳業者や配慮不足の業者を選んだり、利益重視の業者に頼んでしまうと、早く工事が終わればその分利益率が高いので、早い分雑になりトラブルにもなりやすくなります。 優良業者は丁寧な作業はもちろん、あなたのことを第一に考えてくれるので、ご近所さんに配慮した形で進めてくれることで、トラブルになりにく状況が作れます。 また、きちんとしている業者は損害保険に加入しているので、万が一トラブルが起きた場合は損害保険によって金額的な問題は解決しやすいです。 仮説足場を組み立てる際、足場分のスペースや作業スペースが必要となってくるので、そのスペースがなければお隣さんの敷地を使わせてもらって、足場を建てるしかありません。 しかし、お隣さんの承諾なく勝手に敷地をつかってしまった場合は必ずトラブルになりますが、法律的には建物をメンテナンスする範囲で使用させてもらえることが定められています。 実際にトラブルを起こしたのは業者ですが、その業者を選んで工事を頼んでいるのはあなたです。 お隣さんやご近所さんが不満・文句を言う相手があなたに向けられる可能性もあるため、業者選びがとても大事になります。 優良業者を選ぶと、波風を立てずにお隣さんに承認をとってもらえる?優良業者であれば、あなたとお隣さんの仲が悪くなることを防ぐために、細心の注意を払って敷地を使わせていただく承認をとってくれます。 あなただけでは説明ができない場合も、一緒になってお隣さんへ説明してくれるので、頼れる存在となります。 ゴミを散らかす• 施工中に大声で話す• 怒鳴る• タバコを吸う、ポイ捨てする• 車の止め方が悪い• 近隣の方へ威圧的な態度をとる• 態度が悪い若い子だらけ これらは教育・マナー制度が整っていない塗装業者で起こるものですが、悪徳業者の多くはこれらの状況を引き起こします。 上記の内容を見ると「こんなに酷いのがあるの?」と思われるかもしれませんが、私たちには実際にお客様からこのようなトラブルのご相談を頂くこともあるため、ハッキリと真実だと言えます。 契約前、どんなに親切にしてもらったとしても、その人が直接塗装をしてくれないこともあるので、実際に塗装をしてくれる人は、自社職人?協力会社?下請け?など確認しておくことが大事です。 誰か分からない人に塗装を任せると、外壁塗装の品質にも疑いを持ってしまいますし、あなただけの被害ならまだしも、ご近所への悪評や被害拡大も考えられます。 業者を選ぶということは、近隣にも配慮するということなので、教育・マナーが徹底されている優良業者を選びましょう。 優良業者を選ぶと、ご近所でも評判の塗装ができる?優良業者を選ぶと、キチンと礼儀正しい挨拶や、清掃なども行う姿が見れることで、ご近所の方にも評判の業者となります。 その業者を選んだあなたに対しても、ご近所さんから良いイメージが集まり、今後もご近所さんと良好な関係を保ちつつ生活を送れるようになるので、外壁塗装をする場合は必ず優良業者を選びましょう。 「お隣さんと敷地が近くて、お隣さんの屋根にモノを業者が落としてしまい、勝手に足場をつたってお隣さんの屋根にあがってしまった。 」 「塗料が飛び散ってお隣さんの敷地内のモノを汚したり、足場の騒音や塗料の臭いのクレームが入った。 」 塗装業者の対応一つで、関係を「良くさせる」「悪くさせる」可能性があります。 塗装業者の配慮のない対応、ご近所さんお隣さんの気持ちを考えない対応がされると、塗装中だけでなく塗装後も悪化した関係が続き、いらがらせを受ける事も…。 今後も住み続ける大事な家であり、近隣との良好な関係を築いていき、快適な生活を送るためには、優良業者選びが重要になってきます。 優良業者を選ぶと、近隣に配慮した塗装ができる?優良業者であれば、ご近所への配慮は欠かしません。 それは、塗装をしてお金をもらうだけが目的ではなく、あなたのお家のホームドクターとなって、一緒になって自宅のメンテナンス・今後の快適な生活を作っていきたいと考えているからです。 外壁塗装業者と一言でいっても、以下のような様々な違いがあります。 法人か個人事業主か• 抱えているスタッフの数• 創業年数• 経験値• 得意な施工• 地域密着の少数精鋭か大手や中堅か• マナー教育がされているか• 企業理念• 資材の調達方法 このように1社1社違うため、どこも同じではありません。 実際に複数の業者さんとお話しをしてみると、その違いをハッキリと感じてもらえるのですが、悪徳業者などに捕まってしまった場合は、うわべだけの優しさに騙されてしまうことも…。 悪徳業者は、契約を取りたいがためにあなたへ優しくしている場合もあるので、自分たちのお金を稼ぐためにあなたと向き合っているのか、あなたとお家を本当に良くしたいと思って向き合ってくれているのかを、見極める必要があります。 このように塗装業者ごとたくさんの違いはありますが、特に理念や代表者の考えで、お客様に向き合う姿勢が大きく変わってきます。 塗装業を続けていくために当然利益は必要となるので、塗装でお金を稼ぐという考えはどこの業者さんも持っているものです。 しかし、利益の追求だけでなく、なぜ自分たちが塗装をしたいのか、お客様のためにできる事は何かを、真剣に考えてくれる塗装業者さんを選ぶことで、ご近所にも迷惑がかからない外壁塗装を行うことができるようになります。 優良業者を選ぶと、ご近所さんから評判の塗装ができる?外壁塗装の良し悪しというのは、塗装のキレイさだけではありません。 塗装をしてくれる業者さんの気持ちや想いが入ることで、さらに品質を高めることができます。 ご近所の方に対しても真摯な対応をしてくれる業者さんを選べれば、業者さんの良さも加わってご近所でも評判になるお家にすることができます。 外壁塗装はご近所さんみんなに関わる事 外壁塗装を行う場合は、あなたが塗装業者と契約して、自宅の塗装を進めていくことになりますが、あなたと塗装業者の問題だけではありません。 あなたが外壁塗装を行うように、周りのご近所さんお隣さんも同じく、自宅のメンテナンスを行うために外壁塗装を行う時期が必ずやってきます。 そのため、何か問題が起こるとご近所さんみんなの問題に切り変わるんです。 「あのお宅の塗装業者、態度悪くてさ~」 「礼儀正しいし、〇〇さんちを塗装した業者に声かけてみようかな」 「最近塗装が始まった〇〇さんちの業者、ゴミ散らかしてたよ」 あなたがこのように感じたことは、言い換えればご近所さんお隣さんも同じく、あなたが外壁塗装をした場合に感じること。 波風立てず、ご近所さんとの関係も崩さない為に、優良業者を選ぶ必要があることを、覚えてもらえると嬉しいです。 ご近所さんが幸せに見えるのには理由がある!? 外壁塗装は、あなたが生活する上で無くてはならないもの。 若いときはまだお金を稼げていたので、外壁塗装に関わらずお金を出せる状態でしたが、60歳以降になると収入がガクンと落ちる場合もあります。 しかし、人生100年時代を迎え、男性も女性も寿命が延びていることから、昔よりも長い間お家で暮らすことが多くなり、ご自宅の安全性・快適性も長い間保たせ続けなければいけない状況です。 業者は一瞬。 あなたは一生。 悪徳業者を選んでしまった場合は、単純にその場をキレイにする塗装しか考えないですが、優良業者であれば今後も暮らすあなたのために、大切なお家を守っていく考えで塗装をしてくれます。 ご近所さんがキレイなお家で幸せに暮らせているのも、優良業者を選んでしっかりと長持ちできる塗装ができている可能性が高いかもしれません。 それだけ、業者選びでその後の生活が大きく変わるという事を、覚えてもらえればと思います。 外壁塗装はあなたの家計を表す指標? ご近所さんお隣さんのお家に、昨日までなかった足場がいきなり建てられ、シートが被せられていたりすると、ビックリしますよね。 それに「あの人の家、私と同じ時期に建てたはずだから、ウチもそろそろかな…。 」なんて思うかもしれません。 お家の外壁塗装は、必ず誰しもが1度に100万前後かかるので、しっかりと家計を見つつ進めなければ、苦しい生活になる可能性もあります。 さらに、ずっとお家が汚れたままにしておくと、ご近所さんお隣さんから「〇〇さんち大丈夫かな?」と思われるかもしれません。 このように外壁塗装は住んでいる方の家計(経済状況)を表す指標にもなっているため、ご近所で外壁塗装が始まると、みんなソワソワしだします。 外壁塗装はしたいけど、大きなお金がかかりそう…。 外壁塗装は約30坪前後だと100万円前後のお金がかかり、この金額だけ見れば大きな出費だと感じるかもしれません。 しかし、約10年分のお家の保護を買うと考えると、1年間で約10万と考えることができるため、そこまで大きな買い物ではなくなります。 いきなり100万円を出さなければいけないと思うのではなく、上手に外壁塗装をしているご近所さんは、毎年10万円ほどを外壁塗装のための費用として貯めています。 外壁塗装はしたいけど安く済ませたい…ご近所さんはどうしてる? 外壁塗装を安く済ませたいと思い、金額の安さだけで選んでしまうと工事に失敗する可能性が高まります。 それは、悪徳業者などはお客様の心理を知り尽くしているので、金額の安さをアピールしながら信頼できる・安全だと思わせて契約を誘ってくるからです。 悪徳業者と契約してしまった場合は、あとから追加工事が増えていったり、手抜き工事が行われ、結果的に後から高額な修繕費がかかる場合も…。 他にも安く済ませたい場合は、部分的に直すこともできますが、根本的な問題が解決できないと、シロアリの発生やカビの影響で住めないお家になる可能性もあります。 上手に外壁塗装を行っているご近所さんは、金額の安さで業者を選んでいるのではなく、信頼できコミュニケーションがしっかり取れる優良業者を選んでいます。 安く済ませたいからこそ、その場の安さだけで決めるのではなく、「適正な費用」で「適切な工事」をしてくれる優良業者を選びましょう。 最後に…。 ここまで読んでいただきありがとうございます。 外壁塗装のご近所トラブルの心得についてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか? どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽に以下のにてご連絡くださいね。 あなたにとって、外壁塗装に関する安心・納得の情報になれれば嬉しいです。 この記事を見てくれたあなたにオススメの記事• 私たちの想い 建物の工事、特に塗装工事を考えている あなたと業者の間には 埋められないほど大きな知識量の差が存在しており、 塗装を始める前から 不平等な問題が発生している場合があります。 悪質な詐欺業者は知識量の差を利用して、 高額費用で請求したり、 騙されて手抜き工事をされてしまう人が多いことを、 私達は10,000人以上の方から相談を受けた経験から身をもって知っています。 1人でも多くの方に真実を伝え、適正な費用・適切な工事ができるよう、 工事の相談窓口・問題解決のアドバイス・のご紹介などを行なっています。 がたくさんいるので、 家族を迎い入れるような温かさで安心頂けるよう誠心誠意サポートさせて頂きます。 どんな小さい些細なことでもお気軽にご相談頂けると嬉しいです。 不安・悩みを解決アドバイザーへ無料相談• 金額の不安を解決適正価格の見積のみご提出• 業者選びの不安を解決60以上の審査で優良認定• 外壁リフォーム• 外壁塗装• サイディング塗装• 外壁張替え• 外壁重ね張り• チョーキング・汚れ・サビ・ヒビ割れ・剥がれ・コケ・カビ・凍害直し• 屋根塗装• 屋根修理• 雨漏り修理• 屋根リフォーム• 屋根葺き替え• 屋根カバー工法• 防水工事• カーポート工事• 内装リフォーム.

次の