コミなび 安全。 電子コミックはコミなびがおすすめ|魅力と利用方法を徹底解説

コミなびの評判・料金・無料試し読み作品

コミなび 安全

巻購入した作品はダウンロード再生・端末に保存可能• BL・TL・成人向け作品のラインナップが豊富• 巻まるごとの無料作品も多くラインナップ• 購入した時の記載にコミック名が記載されない• 運営元が東証一部上場企業で安心 ニッチな漫画ジャンルである BL・TL・成人向けなどのコミックを多く読みたい場合はかなりお勧めできる電子コミックサイトです。 特にニッチジャンルの漫画は書店で購入すると店員に作品を見られるので恥ずかしさもありますが、電子コミックであれば誰にも知られることなく読むことができます。 また巻購入以外に話購入にも対応。 ちょっとの空き時間に読み進めたい場合、見逃した話がある場合も話購入で続きを読むことが可能です。 話購入はポイント消費も少なく気軽に電子コミックを読むことができます。 コミなびの配信ジャンル 少年コミック 青年コミック 2700作品以上 6800作品以上 少女コミック 女性コミック 5000作品以上 7000作品以上 ボーイスラブ ティーンズラブ 10000作品以上 10000作品以上 成人向け 15000作品以上 この他にイラスト集、文芸・小説といったカテゴリもあります。 またコミックジャンルは恋愛、ラブコメ、ギャグなど幅広くジャンル分けされているので自分の読みたい電子コミックを簡単に絞り込むことが可能になっています。 コミなびの月額料金 コミなびは指定した決済方法によって課金メニューが若干変わってくる。 また月額課金メニュー、追加課金メニューがあり、それぞれにメニュー表も変わる。 多少ややこしい面もあるが公式サイトで全てメニュー記載があるので自分が指定する決済方法を決めたら事前に確認しておきましょう。 ここではクレジットカード、楽天ID決済を指定した際の月額課金メニューを紹介していく。 コース 月額料金 付与ポイント コミなび300 300円 360pt コミなび500 500円 600pt コミなび1000 1000円 1250pt コミなび1500 1500円 1850pt コミなび2000 2000円 2500pt コミなび3000 3000円 3750pt コミなび4000 4000円 5000pt コミなび5000 5000円 6250pt コミなび10000 10000円 12000pt コミなび20000 20000円 23000pt コミなび30000 30000円 34000pt 契約するプランによって金額以上に付与ポイントにボーナスが付く形になっている。 また決済方法によってボーナス付与ポイントに開きがある。 クレジットカード・楽天ID決済が最もボーナスポイントが多く、携帯キャリア決済だと少しボーナスポイントが少なくなってくる。 そして、キャリア決済は各携帯会社によって月額メニューの上限も違う。 ドコモは2000円までの課金メニュー、auは5000円まで、ソフトバンクは10000円までと契約できるプラン上限が違う。 ポイントが無くなり追加でポイント購入する追加課金メニューにはクレジットカード、携帯キャリア決済以外にWebMoneyの取扱も増える。 追加課金メニューも指定した決済方法によって上限が変わってくる。 コミなびの安全性 コミなびを運営している株式会社メディアドゥは楽天マンガ、GEOマンガへ電子書籍システムを提供している会社でもあります。 また電子図書館事業も行っている信頼性の高い企業。 東証一部上場もしており安全性といった面を見てもまったく問題はありません。 いきなりコミなびが閉鎖することも考える方が難しいです。 そのため加入してコミなびが潰れて購入したコミックが読めなくなることも考えられません。 またコミなびで購入したコミックのプライバシー面にも力を入れています。 購入時の請求書にはコミック名は記載されず「コミなび」といったサービス名のみが請求書に記載されます。 そのため、ちょっと親に見られたくないようなコミックを購入しても購入コミックがバレることはありません。 コミなびの評判 コミなびはSNSを調べてもお勧めの電子コミックサイトと紹介されているケースが非常に多いです。 Twitterでは新進気鋭の作家の方がコミなびで作品をリリースしました…!と呟いているケースも多く見られました。 そしてBL・TL・成人向けといったニッチなジャンルの取扱いに強いサービスです。 この手のジャンルが好きな人は作品が豊富なコミなびを利用しているケースが目立ちます。 ニッチジャンルが強いからといって一般マンガが配信されていないわけでもないので多くの方に利用されている電子コミックサイトにもなります。 利用や使い勝手も良く巻購入であれば端末保存可能です。 電子コミックサイトを初めて利用する方にもお勧めされている優良なサービスとなっています。

次の

コミなびが安全に利用できる5つの理由を口コミや評判から調査してみた

コミなび 安全

コミなびを使って感じたメリット 月額の低額コースのボーナスポイントがなかなか多い コミなびは最初に月額コースに加入して、もらったポイントで本を買うシステムをとっています。 この「月額コース制」サイトは今も多く、たいていはボーナスポイントがもらえるのが特徴。 そして コミなびは安めのコースのボーナスポイントが他サイトと比べて多めです。 以下は月額コース制の電子書籍サイトのボーナスを比較した表です。 (知名度・人気の高いサイトのみ。 すべてクレジット決済の場合) 赤字は諸月の最大ポイント、 青字は2ヶ月目以降の最大ポイントです。 コース 料金 コミなび ブッコミ 初月 ブッコミ 継続 まんが 王国 初月 まんが 王国 継続 コミック シーモア ソク読み (初月) ソク読み 2ヶ月目) ソク読み 3ヶ月目以降 楽天 マンガ めちゃ コミック アクセス ブックス ひかりTV ブック コミック フェスタ まんが こっち 300円 60 90 32 0 0 0 30 0 0 0 500円 100 150 54 50 100 50 10 20 30 50 50 50 100 50 1000円 250 300 184 150 240 150 50 100 150 200 200 150 200 200 300 1500円 350 300 2000円 500 600 486 500 500 450 450 450 300 400 600 600 3000円 750 900 746 780 780 690 300 450 600 700 500 600 4000円 1000 5000円 1250 1600 1296 1400 1500 1200 750 1100 1250 1150 1200 800 1200 10000円 2000 3300 2700 3000 3000 2500 2000 2700 3000 2500 2500 1800 20000円 3000 7000 5400 6000 5000 5000 30000円 4000 7500 備考 初回のみ 初回のみ コミなびは、 500円・1,000円・1,500円・2,000円で、2ヶ月目以降のボーナスが最大になっています。 (4,000円のコースはそもそもコミなびしかないので除外) ダブル登録・継続ボーナスを組み合わせるとさらに得 先ほどのボーナスポイントですが、• 2つ以上のコースに登録すると+100pt• 2ヶ月以上継続すると+50pt がさらにもらえます。 (先ほどの表の数字とは別に、さらに付与されます) このため、2つ以上のコースに登録して継続するのが得です。 オススメは• 500円コース+1,000円コース=1,500円でボーナス合わせ2,000pt(月3~5冊ほど読む方向け)• 1,500円コース+2,000円コース=3,500円でボーナス合わせ4,500pt(月10冊以上読む方向け) などがコスパが良いと思います。 来店ボーナスが毎日もらえる ボタンを押すだけで毎日1~30ptが無料でもらえる「来店ボーナス」があります。 微々たるポイントかもしれませんが、ただボタンを押すだけでデメリットもないので、節約したい方にはオススメ。 また同じ月内で14日間ボタンを押すとさらにポイント付与されます。 ダウンロードしながらでも読める コミなびのアプリ「MD Viewer」にはダウンロードしながら読める機能がついています。 とくにマンガは容量が多く、ネット回線によっては最後までダウンロード完了するまで時間がかかるときもあると思います。 ですがコミなびのアプリはダウンロード中にも読めるため、 ダウンロードを待つストレスがかからないよう配慮されています。 アプリは縦読み・横読みの両方に対応 近年、スマートフォンで読む方が増えたため、一般的なブログと同じく「縦にスワイプさせて読みたい」という要望も増えました。 コミなびのアプリビューアには、この「縦読み」機能が搭載されています。 縦読みは有名なストアでも非対応なことが多く、たとえばAmazonKindleなども縦読みには対応していません。 アプリはしおりがサムネイル付きで表示される アプリでは「しおりを挟んだ一覧がサムネイル表示される」という少し珍しい機能があります。 たいていはページ数しか表示されないのでどこにしおりを挟んだか思い出せなくなるときもありますが、サムネイル表示だとパッと読み返したいページが見つかるので便利です。 1巻ごとの購入ならいつでも再ダウンロードOK・閲覧期限なし コミなびには「1巻ずつ購入」「1話ずつ購入」の2パターンの買い方があります。 このうち、「1巻ずつ購入」ならいつでもダウンロードOKで、閲覧期限もありません。 一度買うと「MY本棚」に保存され、たとえばスマートフォンに一度ダウンロードしたデータを消しても、またダウンロードし直すことができます。 東証1部上場企業が運営している安心感 コミなびは株式会社メディアドゥが運営するサイトです。 メディアドゥは電子書籍取次事業の最大手で、東証1部にも上場しています。 (正確には持株会社の株式会社メディアドゥホールディングスが上場) 電子書店は突然閉鎖することも多いため、無名の企業が運営するサイトに比べると安心感がありますね。 過去の決済履歴やポイント履歴が一覧で見れる 以前に「どの月額コースに入ったか」「今、継続中か解約済みか」などを一覧で見れるのが地味に便利です。 「MY本棚」ページから確認できます。 また、決済履歴の他にポイントの付与履歴やボーナスポイントの履歴も見れます。 コミなびを使って分かった本音デメリット 従量コース(都度ポイント追加)の場合はボーナスが少ない コミなびは「月額コース」と「従量コース」のどちらかの方法でポイントを買えます。 この「従量コース」は毎月の自動継続がないコースで、解約し忘れがないのですが、 代わりにボーナスポイントが少ないというデメリットがあります。 以下は月額コースと従量コースのボーナスポイント比較表です。 従量コースはおよそ半分~3分の1程度にボーナスポイントが減少してしまいます。 料金 月額コースのボーナスpt クレジット決済の場合 従量コースのボーナスpt 500円 100pt 50pt 1,000円 250pt 100pt 1,500円 350pt 150pt 2,000円 500pt 200pt 5,000円 1,250pt 350pt 10,000円 2,000pt 500pt 20,000円 3,000pt 1,000pt 30,000円 4,000pt 2,000pt 完全なコミック特化サイトなので、コミック以外はほぼ取り扱いなし 「 コミなび」という名前の通りコミックに特化したサイトのため、そもそも取り扱いがないジャンルも多いです。 以下は取り扱いなしジャンルの一覧です。 文芸小説• ライトノベル• 実用書などの書籍• マンガ誌以外の雑誌• TL小説• BL小説• ある意味「コミック」に徹底しているとも言えますが… 大手ストアに比べると取り扱い作品数は少ない 他の大手電子書籍ストアに比べると、どのジャンルも取り扱いタイトルは少なめです。 以下はジャンルごとの取り扱いタイトル数を、というストアと比較した表です。 補足すると、コミックシーモア以上に取り扱い数が多いストアもたくさんあります。 取り扱い数が多いから一概に良いわけではありませんが、コミなびでマイナーなタイトルを検索しても見当たらなかったときは、他ストアを探してみるのも手だと思います。 読んだことのない作品だと、他の読者の意見も参考になる場合が多いので、レビューがないのは残念なところです。 アプリのビューア・本棚の機能はあまり多くない アプリの使い勝手は悪くないのですが、「多機能かどうか?」と言われると「うーん」と首をかしげてしまうところです。 参考にというストアのビューアと比較してみると以下のようになります。 (逆に、メリットでも紹介した「縦読み」「ダウンロード中の読書」の機能は優れた部分だと思います) パソコン版はアプリ非対応 アプリに対応しているのはiOSとAndroidのみで、WindowsやMacのパソコンには非対応です。 パソコン版でコミなびを使う場合、ブラウザビューアが使えるのみで、本の保存などもできませんので注意しましょう。 1話ごとに購入すると閲覧期限が付いてしまう メリットで挙げた「 1巻ずつ買うとダウンロード期限なし・閲覧期限なし」ですが、逆に「 1話ずつ買うと閲覧に期限が付いてしまう」デメリットがあります。 この「巻」と「話」の仕様の違いは勘違いしやすいので、注意しましょう。 賛否両論点 推奨ブラウザLunascapeは一長一短 コミなびでは「Lunascape」というブラウザアプリ(「Safari」や「Google Chrome」などのインターネットを見れるアプリ)の利用が推奨されています。 このLunascapeというブラウザアプリの特徴を挙げると、• タブが常時、下に表示されワンタップでサイトを切り替えられる• サイトの読み込み速度がおそらくSafariより速い(管理人のネット環境の場合、明らかに速くなりました)• ページをキャプチャできる というメリットがあります。 またコミなびオリジナルのメリットとして、1巻ずつ買ったマンガがLunascapeだと「ブラウザのままアプリと同じビューア」で読めるようになります。 (機能はアプリの「MD Viewer」と一緒です。 次の項目で書くようにブラウザビューアを使いたくないけど、アプリにいちいちダウンロードするのも嫌だ、という場合にはオススメ) ただしアプリの評価に「動作が不安定」というレビューが多いことや、まだユーザーが少ないこと、SafariやChromeにある便利機能(シークレットモード)などが使えないことから、一長一短の性能かなと思います。 ブラウザビューアの機能が少なすぎる コミなびはビューアが2つあります。 ブラウザから読む場合は「BSReader for Browser」• アプリで読む場合は「MD Viewer」 「BSReader for Browser」はコミなび以外の多くのサイトでも用いられているビューアで、ひとことで言うと 「とりあえずマンガ読めるだけ」のビューアです。 機能は目次ジャンプ・しおり(2つだけ)・ズームくらいしかありません。 コミなびの特徴である「縦読み」もできません。 ただブラウザで読む場合は「別に機能なくていいから読めればOK」という方も多いのでデメリットには入れませんでしたが、快適に読書したいならやはりアプリ版をオススメします。 コミなびの個人的なレビューまとめ 一部、辛口になってしまった部分もありましたが、以上が管理人がコミなびを使ったレビューでした。 コミなびをオススメできる方としては、.

次の

コミなびを実際に利用した感想と総合評価

コミなび 安全

目次 目次を閉じる• コミなびを利用して良かったこと まずはコミなびを利用して良かったこと(メリット)についてまとめてみました。 クレカ決済なら全コースでボーナスポイントが貰える コミなびなら月額コースの支払い方法をクレジットカードにすることで、全てのコースで通常ボーナスとは別でボーナスポイントが毎月貰えます。 こういった月額課金型の電子コミックサイトであればボーナスポイントは貰えて当たり前という印象ですが、全てのコースで付与されるサイトは意外と少ないです。 1番手頃な月額300円のコースでもボーナスポイントが貰えるので、普段あまりマンガを読まない人でも登録してもお得に利用できそうです。 筆者は月額500円のコースに登録しましたが、毎月100ptのボーナスポイントが貰えるので、4ヶ月に1巻は実質無料で購入できる計算になります。 期間限定の作品がほとんどかと思いますが、読んだことがない作品や気になっている作品もガッツリ試し読みできるので良かったです。 もう少し読みたい場合は話単位で安く購入して読むような使い方もできますよ。 無料本は少年・青年マンガ、少女・女性マンガ、BL・TLマンガ、アダルトマンガまで揃っている充実の内容となっています。 以前、当サイトで調査した結果、コミなびでは約35,000作品以上が配信されていました。 会員登録しなくても配信作品の検索は可能なので、気になる方は登録前に調べてみましょう。 暇なとき軽い気持ちで読んで思わずハマってしまうこともあるので、電車移動中やちょっとした待ち時間に読んでみるのもオススメですよ。 配信数はかなり多かった ちょっとマイナーな作品から有名作品まで各ジャンル配信数はかなり多かったです。 月額課金型のサイトは読みたい作品がなければ利用する価値は半減しますが、コミなびは配信されている作品数は多いのでそういった点は心配ないかもしれません。 新着コミックに絞って検索もできるので、新しく配信された作品も簡単にチェックできますよ。 また、話題のコミックなど特集が組まれている作品もあるので、今注目の作品も一目でわかります。 パソコンでも読めるのは嬉しい スマートフォンはいつでもどこでも読める手軽さは抜群ですが、画面が小さいため読みやすさは微妙です。 コミなびは巻作品のみパソコンで閲覧可能で、見開き表示にしても拡大しなくても読めるため、部屋でじっくりマンガを読みたい方には非常に便利。 スマホに較べてPCのほうが目が疲れにくいので長時間読むのにも向いていますよ。 個別課金型の電子コミックサイトはスマートフォンやタブレットなどモバイルデバイスのみ対応しているサービスも多いので、コミなびのほうが利用シーンに合わせて最適な端末を選んで読むことができます。 アプリがあるからオフラインでも読める コミなびは巻専用のビューワーアプリ「MD Viewer」を提供しているので、インターネット環境がないオフラインでもマンガを読むことができます。 自宅で本をダウンロードしておけばパケットの節約にもなりますし、飛行機内のようなインターネットが利用できない場所でも閲覧可能。 ブラウザビューアしか提供していないサイトも多いですが、コミなびならどこでもサクサク楽しめますよ。 ユニバーサルフリックが読みやすい ビューワーアプリ「MD Viewer」には、切り替え操作なしでヨコ読みとタテ読みが選べる「ユニバーサルフリック」という機能が備えられています。 一般的には再度読み込みをして切り替えるタイプのアプリが多いですが、「ユニバーサルフリック」ならいつでも自由に読み方を変更することができます。 読み込みが必要ない分、簡単に切り替えができるので読みやすかったです。 イマイチだった点や改善してほしいこと 続いて、コミなびを実際に利用して感じたイマイチだったこと、改善してほしいポイントについてまとめてみました。 あくまで個人的な感想なので、参考程度にご覧いただけたら幸いです。 初月ボーナスがあったら最高だった コミなびはクレカ決済なら全コースにボーナスポイントが付与されたり、他サービスと比べて付与されるボーナスポイント数が多いので満足度は高いですが、のように登録月のみ貰える「初月ボーナス」が付いたら最高でした。 初月ボーナスが付くほうが珍しいですが、こういう特典があればより利用しやすかったかな。 とはいえ、ボーナス特典は他のサイトよりも充実しているのでそこまで問題はないと思います。 巻と話作品、利用デバイスによって読み方がバラバラでわかりづらい パソコン(ブラウザビューワー)は巻作品のみ閲覧できて、話作品は読めません。 一方でスマートフォンのブラウザビューワーでは話作品のみ閲覧可能となっています。 スマートフォンで巻作品を読むには巻専用の「MD Viewer」が必要になるなど、デバイスによって対応するビューワーが決められていて非常に分かりづらかったです。 しかも、非対応である巻作品とスマホのブラウザの組み合わせで読もうと再生ボタンをタップしても、エラーの表示が出ることもなかったため「??」という状態になりました・・・。 せっかくアプリだけでなく、ブラウザビューアにも対応しているので、より自由に読み方が選べればもっと使いやすくなるはず。 コミなびのブラウザビューワーやアプリの機能や使い方は下記ページをご参考ください。 関連情報: アプリはお世辞にも使いやすいとは言えない 巻専用の無料アプリ「MD Viewer」の評価はあまり良いとは言えません。 アプリの評価・レビューを見ればわかりますが、本のタイトルと中身が違うバグが発生しているようです。 また、メディアドゥが開発したビューアアプリ「MD Viewer」は複数の電子書籍サービスで使われているのですが、2つ以上のサイトを登録して「MD Viewer」を利用する場合でも基本的には1つの本棚しか表示されないため、サイトを切り替える度に同期が必要になるようです。 ちなみに「MD Viewer」を利用する電子コミックサイトは以下のようなサービスがあります。 コミなび• コミックビーチ• 漫画人• OnGenコミック• ホットコミック• iコミ• コミックmini• ムービーフルPlus 現段階で管理人はアプリのバグはありませんでしたが、複数の電子コミックサイトを登録して「MD Viewer」を使いまわす場合は注意したほうが良いかもしれません。 もっと自由に読みたい方はパソコンでも利用できて、ブラウザビューアだけでなく専用のアプリでも読める「」がおすすめ。 コミなびの安全性 毎月課金が発生するサービスなので、初めて利用する電子コミックサイトの場合は運営会社や健全なサービス運営しているかなど安全面が気になりますよね。 実際に管理人は登録して利用しているわけですが、コミなびが危険なサービスだという認識はありません。 通常ページはインターネット上のやり取りするデータを暗号化することで第三者から盗聴を防ぐ「SSL」には非対応ですが、クレジットカード情報を登録するページはSSLに対応しているので、この点の安全性は高いと言えそうです。 また、コミなびを運営するは情報メディア運営やマーケテング支援を行う「メディア・プロモーション事業」を展開するなど様々な事業を展開している会社となります。 規模も大きな会社なので、サービスを利用する側としても安心です。 退会も簡単にできるので、危険な要素は見当たりません。 関連情報: 一度、お問い合わせからサービスに関する質問をしたことがありますが、対応も早く丁寧でしたよ。 コミなびの総合評価 作品のラインナップ: 5 お得度: 4 ビューアの使いやすさ: 3 本の探しやすさ: 3 無料本の充実度: 4 アプリやビューワーの使い勝手など不満な部分もありますが、総合的な評価としては電子コミックサイトの中ではかなり良かったと思います。 月額300円から利用可能で、付与されるボーナスポイントも高めでお得感があります。 各ジャンルの取り扱う作品数も豊富だけでなく、無料で読める本も充実しているので良かったですよ。 気になる方は公式サイトを覗いてみてくださいね。 公式サイト:.

次の