クレインクイン。 乗馬クラブクレイン|全国35ヶ所の乗馬クラブ

ハーレイ・クイン

クレインクイン

漢字圏で (ど、おおゆみ)と呼ばれるものとは構造がほぼ同一となっている。 で ボルト ()、 クォレル(または クォーラル;quarrel)などと呼ばれる太く短い矢を発射する。 でできた台(弓床)の先端に交差するように弓が取り付けてある。 の ボウガン bowgun は、株式会社の商標名でもあったため、かつては新聞やニュース番組などではクロスボウを和訳した 洋弓銃(ようきゅうじゅう)という呼称が使われていたが、近年では商標登録の更新をしておらず、そのため「ボウガン」あるいは「ボーガン」という表記も一般的に使用されている。 では 十字弓とも訳される。 /『』より 同じ系譜のである東洋の弩が歴史に姿を現したのは頃からで、には機械式の弩も生まれていた。 もっとも信頼できる使用された記録は、紀元前340年の中国で起きたの時の物である。 西洋ではクロスボウが狩猟に用いられることもあり、以降になってからでも使用されるようになった。 それまで一般に使われていた弓は、他の武器に比べ射程が長く強力ではあるものの、を引き絞って構えるための筋力と、その状態で狙いをつけて放つための技術・訓練が必要で、の訓練を受けた弓兵や狩猟で猟師以外には扱いにくかった。 またなどによる強力な軍隊を有する勢力が優位となってからも、幼少から馬と弓に慣れ親しんだ以外には簡単には真似できないことから軍事的に大きな優位となっていた。 レバーを押す方式 これらの弱点を克服するために、台座に弓を取り付けることで固定し、あらかじめ弦を引いてセットしたものに矢を設置して引き金(トリガー)を引くことで矢を発射できるようにしたものがクロスボウである。 弓のように長期間の訓練が不要となり、ほぼ素人でも強力な弓兵として運用が可能となった。 また、台座を固定して弦を引っかける時だけ力があればいいので、手では引けないような強力な弓を搭載することで、威力や射程を大幅に高めたクロスボウも登場した。 弦を引く方式にはいくつかの種類があり、初期には、台尻の腹当てを腹にあてて体重を使いながら手で弦を引っ張ったり、先端にとりつけたあぶみに足を掛けたり、腰のベルトの鉤にの鉤をかけて立ち上がったりすることで弦が引かれる方式 、 ゴーツフット(goat'foot。 山羊の脚)というレバーで弦の掛け金をの原理で引く方式 、てこの原理でレバーを押す方式、後部のハンドルをネジのように回すことでハンドルが後ろへ下がり弦が引かれるスクリューアンドハンドル(Screw and Handle)方式 、後々には ウィンドラス(windlass)という後部に付ける大きな両手回し式のハンドルを回して弦に繋がる滑車を巻き上げる方式や、 クレインクイン(cranequin。 クレインクラインとも)という下部や側部に付ける足掛け不要な片手回し式ハンドルを回して歯車と歯竿で弦を引く()方式のクロスボウなども誕生した。 一部には弓の張力をやや落してハンドル操作で矢のセットと弦をつがえる操作を行える リピーター・ボウも登場したが、こちらは威力が小さく構造が複雑で故障も多かったため、あまり普及せずに終わっている。 クロスボウは扱いが簡単であるが威力は高かったため、被弾した兵士に致命傷を与える危険性があった。 致命傷を与えてしまうことは、生け捕りにして身代金を要求するという当時の戦争のやり方にもそぐわないものだった。 そのため、各地の騎士・貴族からこの武器に対して猛反発が起こり、にが召集したで、「への使用」は非人道的として禁止する教令が出されるほどにもなった。 しかし、対異教徒に限定されず使用され、にがクロスボウによって死亡した事例なども見られる。 本体中央にあるハンドルがついた器具がクレインクラインである 中世のイスラム世界では、7世紀頃にから伝わった。 足で押さえ付けて弦を引くことから 足弓(qaws al-rijl)とも呼ばれ、引き金の両横に足の踏み場がある アクゥアル(qaws al-'aqqar)、先端に足を掛ける金具がある 鐙弓(qaws al-rikab)などの発展系もある。 9キログラム以上のボルトを打ち出す巨大なアクゥアルも見られる。 11世紀頃のではtzangra,tzagra,tzarcheなどと呼び、ペルシア由来の大型クロスボウは ザンバーハ(zanburak;でを意味するzanburに由来)、軽量のクロスボウがアラビアで派生したものは ジャーハ(jarkh)という。 西欧人の武器として フランク弓(qaws fereng)とも呼ばれた。 現代のクロスボウはボディが主にプラスチックやアルミニウム、チタンなどの軽量素材で製造されており、リム(limbs, 弓の部分)は概ねグラスファイバー製である。 ボルト(矢)はアルミニウムやCFRP 炭素繊維強化プラスチック)、GFRP ガラス繊維強化プラスチック が用いられる。 リムに滑車が搭載されているものはコンパウンドクロスボウ、それ以外はリカーブクロスボウと呼ばれる。 コンパウンドクロスボウは滑車の原理を利用したもので、ドローウェイト(弦を引くのに必要な力)が同じリカーブクロスボウと比べ、同じ質量の矢を発射した場合により大きな初速を得ることができる。 しかし、コンパウンドクロスボウはリムに滑車を搭載している構造上、リム自体が重くなり前方に重心が偏るフロントヘビーになりがちである。 また、弦を交換する際にボウプレス bow press と呼ばれる専用の道具を用いる必要があるため、メンテナンスの容易さではリカーブクロスボウが勝ると言える。 一般的に無音と信じられているが、現実はメーカーや製品により個体差があるが弦が空気を切り裂くため、サイレンサー付きの銃よりは発生する音が小さいとはいえそこそこ大きい音が出る。 狩猟用、スポーツ用のクロスボウ [ ] 扱いやすくするため、小型化、軽量化や使用の簡便化が図られている。 大型で強力なクロスボウ(ヘビー・クロスボウ)に対して、ライト・クロスボウと呼ばれることもある。 のように石や弾も発射可能な、 ストーンボウや バレット・クロスボウなどと呼ばれるタイプのクロスボウも作られた。 変わった用途としては、の科学調査のために、クジラにクロスボウで特殊な矢を射ち込んで生体サンプルを採取する事例がある。 近代、現代の兵器としてのクロスボウ [ ] クロスボウの原型となったがの登場で駆逐されていったのに対し、武器の使用にさほどの熟練を必要とせずまた火器とも操作方法が共通するクロスボウは、ごく最近まで現用として使われていた。 大規模且つ一般的な戦場での兵器としては、での使用が最も新しい。 もっとも、矢を発射するという本来の用法よりも、小型の爆発物を投擲するために使われることのほうがずっと多かった。 これは、よりもの方が射程・威力とも大きいこと、その一方で、第一次大戦において、を介した対峙が頻発したことによる。 互いに塹壕内にいるために、銃撃は効果が薄く・は届かない、という状況下で、クロスボウによる爆発物投擲は大きな効果があった。 また、銃砲はにより消音装備を使用しにくい環境が生まれたこと(その消音装備も、実際に高い効果をもつ製品が現れたのはになってから)に対し、クロスボウはその影響を受けなかった。 つまりは、ハーグ陸戦条約という「スポーツマンシップ」が、クロスボウに現用兵器としての活躍の場を残したと言える。 第二次大戦以降、本格的な小型爆発物投擲兵器(。 投擲用クロスボウよりもずっと小型で軽量かつ連射性・遠射性が高く、との併用も可能)が導入されたことにより、投擲兵器としてのクロスボウは戦場からほとんど姿を消した。 しかし、消音・無音の兵器というメリットから、1970年代に銃が実用的な高性能の消音装置を得るまで、やによってなどで敵の歩哨(見張り)やの殺害に使われ続けた。 もっとも、殺傷力は銃に比べてはるかに劣るため、対人用のクロスボウには矢じりに様々な「工夫」が施されていた。 種類 [ ]• ガストラフェテス()• アーバレスト() - のに鉄を使った大型のクロスボウ。 アーバレストの名称がクロスボウ一般を指して広義に使われる場合もある。 また、バリスタを指すことも。 - 特に大型のクロスボウ。 持たずにのようににのせて使用することが多く、弓というよりは大砲に近い。 牙簽弩(または、牙籤弩) - 2017年に中国の小学生の間で流行したなどを飛ばせるクロスボウで、3~15元(約50~250円)で販売され、瞬く間に売り切れが続出した。 鉄釘を飛ばすなどの工夫を行うと窓ガラスも割る事が出来る。 実際に失明などの事故も起きている。 この危険性から、警察当局や保護者から販売中止要請が出されて、ECサイトでも販売自粛され 、6月29日に中国全土で販売が禁止された。 登場作品 [ ] アニメ・漫画 [ ] 『』 主人公、ゾービ星王子バンダーのハンドガン型クロスボウ。 ゾービ人の狩猟は動物の尻尾に限られ、殺傷が忌まわしい物とされているだが、バンダーは勢い余って獲物を殺害してしまうので非難を受ける。 『』 ビーメラ星人の武器として登場。 『四次元世界シリーズ』 シリーズの一編「新世界はむらさきの空」に登場。 ライバルのマッチョな男にのされた非力な主人公が創意工夫して武器として完成。 「腕力さえ有ればあんな物は要らない」と馬鹿にされるが、「年老いたら自慢の力も駄目になる。 その時は貴様はどうするんだ」と主人公は内心でせせら笑う。 ドラマ [ ] 『』 登場人物のダリル・ディクソンやドワイトの愛用武器。 隠密行動に用いられることが多く、連射性に乏しいため主に人間にではなくウォーカー(ゾンビ)に用いられるが、動物を狩猟する際にも使用される。 太矢を自作するシーンや、ストック部分や矢などで直接攻撃する場面もある。 ゲーム [ ] 『』 サービス5周年企画として登場。 カートリッジタイプのになっており、フルオートができる。 しかし、現在は入手することができない。 『』 チャプター3に登場。 「アガニクロスボウ」と言う名でボルトのみならず、着弾時に爆発する「爆裂ボルト」や凍結させる「フリーズボルト」などを発射する。 『』 『』 ハドソンらが潜入ミッションの際に使用する。 やじりにを仕込んだものと通常やじりの2種類が使用可能。 『』 キャンペーンに「手動クロスボウ」の名称で、マルチプレイに「クロスボウ」の名称で登場する。 『CoD:BO』とは違い、爆薬やじりのみ使用可能。 『』 爆薬やじり仕様が登場。 『』 マークスマンライフル枠として2019年1月23日のアップデートで追加登場。 通常やじりの他、爆薬、、を仕込んだやじりも使用可能になった。 また、アームやケーブルの仕様変更や光学照準器の追加も可能になるなどのカスタマイズが幅広くなった。 『』 まれに物資として落ちている。 静音かつ高威力だがリロードが非常に長い。 『』 静音かつ高威力だがリロードが長い。 最初から専用のドットサイトが付いている。 『』 威力が高く、1発で敵を倒すことができる。 『』 と廃材を組み合わせて製作したという設定で登場する。 設定のわりには爆薬やじりが使用できたり、を搭載できたりと、高性能な武器となっている。 『』 『』 弓と比較した場合、構えてすぐに射撃ができ一撃の威力は高めだが連射はできず装填時に大きな隙がある、装備条件に専用のスキルを必要としない、小型のもの以外は馬上で装填できないといった特色がある。 強力なものを装備するためには基礎ステータスの体力を要求される事が多い。 主に近接型プレイヤーキャラクターのサブアームや重歩兵を持つ国家での集団運用で用いられる。 『』 が付いており、並の倍率までズームすることができる。 唯一音の出ない銃器であり、撃ったは回収することが可能。 『』 『』 『』 ゾンビに気づかれにくい。 だがレシピブックが出るまでは下位版である弓で代用するしかない。 その分、下手な銃器よりも威力が高めである。 もちろん弓と同じく、爆発矢などの矢を使用することができる。 ただし、自爆に注意。 『』 「ライトボウガン」と「ヘビィボウガン」の2種類が登場するが、いずれも矢ではなくを発射するものとなっている上、台座の上に弓が乗っているのではなく弓がに挟まれていてカートリッジの先端にがあるという仕組みになっており、どちらかというとに近い。 『』 クラフトすることが出来、略奪者からのレアドロップなどからも入手することができる。 矢の代わりにロケット花火を発射することが可能である。 しかし、に少ししかダメージを与えられないため、など戦闘用以外に使われる。 『』 クルースやアドナキエル、プロヴァンスなど複数の狙撃オペレーターや敵射撃兵が使用。 他にも設置型のバリスタが登場しているほか、狙撃オペレーターのメテオリーテがハンドバリスタを使用している。 『』 の内部で登場する。 脚注 [ ] []• 2019. 9参照)• なお、ゴーツフットなどのレバーやクレインクインが繋がる部品をラッグと言う。 ラッグではなく金属製のリングを使った物もある• この情報源はKarl Joseph von Hefeleの書いた「Histoire des Conciles」の原稿を翻訳したものに収録され、H. ほかの参考書として、Bernhardi Jahrbuecher der deutschen Geschichte, I Leipzig 1883, 154—160: Tenth Ecumenical Council: Lateran II 1139, Internet Medieval Source Book, 1 November 1996, retrieved 5 May 2007• AFP通信• (日刊サイゾー)• (AFP通信) 参考文献 [ ]• 市川定春と『武勲の刃』、1989年。 市川定春『武器と防具 西洋編 Truth in fantasy 20 』新紀元社、1995年。 David Nicolle; Sam Thompson 2003. Osprey Pub Co. Landrus, Matthew 2010. Leonardo Da Vinci's Giant Crossbow. Springer. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 弩の箭を矢の代わりに使う技法が世界各地にある。 - 石を落下させる仕掛けのことだが、しばしば弩やクロスボウの意味として石弓の名称が使われている。 - 大型のクロスボウをの背に乗せた。 外部リンク [ ]•

次の

クロスボウ

クレインクイン

概要 [ ] ハーレイ・クインはアニメ『』の第7話「ジョーカーの陰謀(原題: Joker's Favor)」(1992年9月)でのコスチュームに身を包んだのパートナーとして登場した。 1994年に『 The Batman Adventures: Mad Love』が出版され、彼女のオリジンが補完された。 このエピソードは後にアニメ『 The New Batman Adventures』の第21話「 Mad Love」としてアニメ化されている。 ハーレイ・クインはジョーカーの共犯者で恋人。 彼女はのとして働いており、ジョーカーは患者だった。 ジョーカーと恋に落ち、彼の脱走を助ける。 名前の由来はの。 2011年にリニューアルされたNew 52ではノースリーブトップ、タイトなショートパンツ、ブーツ。 髪の色は、前の道化師の帽子のように金髪を半分赤と半分黒に染めている。 彼女の新しいオリジンと一致して、ジョーカーに科学薬品のタンクに落とされたため白い肌になった。 2016年にリニューアルされたDC Rebirthではノースリーブトップ、タイトなショートパンツ、ブーツは同様で、それらは赤、青、白で構成されている。 髪の色は金髪の右側をピンク、左側を青に染めている。 人物 [ ] 本名: ハーリーン・フランシス・クインゼル(Harleen Frances Quinzel) ハーリーンは父ニコラス・クインゼルと母シャロン・クインゼルの間に生まれた。 バリー・クインゼルという弟がいる。 父親のニコラスが犯罪者だったため、父親を理解するために心理学者となる。 のに勤務していた頃、担当患者として現れたジョーカーと出会う。 職業柄、鬱屈した日々を送っていたハーリーンは問診を続けていく内にジョーカーの陽気な性格に惚れ込み、恋に落ちる。 ジョーカーから「ハーレイ・クイン」という名前を与えられ、ジョーカーへの恋愛と犯罪行為に刺激を感じるようになっていった。 ハーレイ・クインと名乗るようになってからは殆どの場合に収監されているが、出所や脱獄した際にはとアパートに同棲している。 ポイズン・アイビー、とは度々「」として共謀する。 アマンダ・ウォーラーに招集され「」にも参加。 神出鬼没のジョーカーやその他ヴィランと親しい関係にあるため、から捜査の協力を求められることもある。 書誌情報 [ ]• バットマン:ハーレイ・クイン 刊、2016年8月30日発売。 バットマン:マッドラブ 完全版 小学館集英社プロダクション刊、2016年9月21日発売。 ハーレイ・クイン:ホット・イン・ザ・シティ 小学館集英社プロダクション刊、2016年2月10日発売。 ハーレイ・クイン:パワー・アウテイジ 小学館集英社プロダクション刊、2016年6月15日発売。 ハーレイ・クイン:キス・キス・バン・スタブ 小学館集英社プロダクション刊、2017年4月5日発売。 ハーレイ・クイン:コール・トゥ・アームズ 小学館集英社プロダクション刊、2017年5月10日発売。 ハーレイ・クイン:ジョーカーズ・ラスト・ラフ 小学館集英社プロダクション刊、2017年6月7日発売。 ハーレイ・クイン:ビッグ・トラブル ヴィレッジブックス刊、2017年6月30日発売。 ハーレイ・クイン:ブラック・ホワイト&レッド 小学館集英社プロダクション刊、2017年7月5日発売。 ハーレイ・クイン:ダイ・ラフィン 小学館集英社プロダクション刊、2017年9月6日発売。 ハーレイ・クイン:リトル・ブラック・ブック 小学館集英社プロダクション刊、2017年12月20日発売。 ハーレイ・クイン:ジョーカー・ラブズ・ハーレイ 小学館集英社プロダクション刊、2018年3月7日発売。 スピンオフ [ ] リル・ゴッサム バットマン関連のキャラクターたちが三頭身になったシリーズ。 アメコミ・ガールズ DCコミックスの女性キャラクターを日本のアニメ風にデザインしたシリーズ。 DCコミックスの女性キャラクターをピンナップガール調にアレンジしたシリーズ。 ゴッサムシティ・ガレージ DCコミックスの女性キャラクターとを組み合わせたシリーズ。 映画 [ ] 実写映画 [ ] 2016年 演 - 、日本語吹替 - 2020年 演 - マーゴット・ロビー、日本語吹替 - 東條加那子 アニメ映画 [ ] 2017年 声 - 、日本語吹替 - 2018年 声 - 、英語吹替 - ドラマ [ ] 2002年-2003年 演 - 2013年-現在 演 - カシディ・アレクサ、声 - 2014年-2019年 演 - フランチェスカ・ルート=ドットソン ジェレマイア・ヴァレスカの協力者「エコー」という名前のハーレイ・クインに繋がるキャラクターが登場。 アニメ [ ] テレビ・ウェブ [ ] 1992年-1995年 声 - ()、日本語吹替 - 1996年-2000年 声 - ()、日本語吹替 - 2001年-2004年 声 - () () 2000年-2002年 声 - () ポイズン・アイビー、ハーレイ・クイン、キャットウーマン、バットガールなどバットマン作品に登場する女性キャラクターを中心にしたフラッシュアニメ。 2004年-2008年 声 - 、日本語吹替 - 2015年-現在 声 - 、日本語吹替 - ヴィランではなくスーパーヒーローとして登場。 ワンダーウーマンのルームメイト。 2016年-2018年 声 - () 声 - 長編アニメ [ ] 2014年 声 - 2017年 声 - 2018年 声 - ゲーム [ ] 2011年 声 - ()、ジェン・ブラウン スーサイド・スクワッド:特殊作戦部隊 2016年 映画版の設定を元にした・で配信されているアプリゲーム。 プレイアブルキャラクターとして登場している。 - 脚注 [ ]• Gotham City Sirens 7• Batman Adventures: Mad Love• 2016年8月30日閲覧。 2016年9月21日閲覧。 2016年2月10日閲覧。 2016年6月15日閲覧。 2017年4月5日閲覧。 2017年5月10日閲覧。 2017年6月7日閲覧。 2017年6月30日閲覧。 2017年7月5日閲覧。 2017年9月6日閲覧。 2017年12月20日閲覧。 2018年3月7日閲覧。 2013年閲覧。 accessdateの記入に不備があります。 2018年閲覧。 accessdateの記入に不備があります。 2015年閲覧。 accessdateの記入に不備があります。 2018年閲覧。 accessdateの記入に不備があります。 2015年閲覧。 accessdateの記入に不備があります。 2017年5月16日閲覧。 外部リンク [ ]• - ワーナー公式 (日本語)• - DCコミックス公式 (英語)• (英語).

次の

店舗・施設のご案内|JAクレイン

クレインクイン

概要 脚本家のポール・ディニ Paul Dini とアニメーターの Bruce Timm によって生み出された。 初登場はのテレビアニメシリーズ『バットマン・ザ・アニメイテッド・シリーズ』 Batman: The Animated Series 、コミックでの初登場は1999年の『Batman:Harley Quinn Special』。 90年代に初登場したのキャラクターの中で断トツの人気を誇る。 pixiv内では略称の「ハーレイ」のタグも多い。 プロフィール 本名:(Harleen Quinzel) 頭髪: 目: 身長:170センチ(5'7") 体重:52キロ 115lbs. ゴッサム・シティの奇人と共に数多くの犯罪活動を行う専業犯罪者。 かつてはに勤務していた精神科医の一人に過ぎなかったが、ジョーカーの歪んだ精神構造を解こうと研究するうちに魅了され、恋に落ちてしまう。 ジョーカー脱走の手助けをしたことにより医師免許を剥奪、更に精神異常と診断された彼女は、ジョーカーを模倣しての姿をしたヴィランと化し、ジョーカーと組んで犯罪を繰り広げるようになった。 それに対しジョーカーが"Don't call me Puddin. "(プリンちゃん言うな! )と返すのもお約束。 タッグを組んでバットマンやを幾度となく追い詰めている。 しかし、ジョーカー自身は彼女のことを基本的に疎んでおり、非情な扱いをすることもしばしばで恋愛面に関して言えばハーレイからの一方通行もいいところである。 たまに彼女のことを気遣うこともあるが(入院した彼女の元に「早く元気になれよ」とメッセージカードを贈るなど)、ジョーカーの性質上、それが何処まで本気かは怪しい。 まさに付かず離れずと言った所である。 強い愛情はそのまま弱点ともなっており、彼のためを思って余計な行動に出て痛い目を見ることが多い。 また、バットマンがジョーカーの苦痛の原因であると考える彼女は、何よりもバットマンの死を望んでおり、たまにジョーカーの思惑を超えて暴走する。 バットマンを殺さないでおこうとするジョーカーのポリシーを理解できないために彼と衝突してしまうこともある。 他のヴィランではとよくつるんでいる。 人間嫌いのアイビーにとっては数少ない友人だが、一緒に犯罪を行うとだいたいハーレイの無茶やドジで偉い目に遭うため、よく衝突している。 特にスーパーパワーの類を持たないただの人間だが、に勝るとも劣らぬ高い身のこなしを誇る。 また、ジョーカーと悪事を重ねてきたことでやたら慣れしており、暴力に対する精神的なリミッターもぶっ壊れてるため、荒事にも滅法強い。 というか、単純な殴り合いであれば、頭脳労働専門のジョーカーよりもおそらく普通に強い。 武器の扱いにもそれなりに長けており、ふざけた見た目とは裏腹に戦闘能力はかなり高い。 容姿 アニメ 菱形の模様のついた赤と黒の道化師の衣装、白塗りの顔にを付けている。 素顔のときはラフな服装でブロンドの髪をツインテールにしていることが多い。 実写映画ではこれが初登場。 が演じた。 日本語吹替が。 色白な顔立ちとそこに派手なフェイスペイントを施し、さらにはに、というのような出で立ちになった。 そのため、一見するとなどのに見えなくもない。 日本では、予告編でこのキャッチーな姿のハーレイ・クインが登場すると、「 何この子かわいすぎ!! 」と大きな評判となり、結果、pixivでも「ハーレイ・クイン」で検索するとこの『スーサイド・スクワッド』版が多数を占めるまでになっている。 このことを受けてか、日本国内では 「史上最強の悪カワヒロインと10人の悪党たち」「ハーレイ・クイン率いる最凶"悪党"たち」と、ハーレイがメインであるかのような宣伝が行われている。 (ちなみに、この映画を撮ったエアー監督はと述べており、ハーレイ・クインメインの宣伝はエアー監督の原案に則ってたものかもしれない。 ) やなどの当日の夜でもハーレイ・クインのが人気だった。 原作と同じような経緯でジョーカーとコンビを組み、「ゴッサムのキングとクイーン」と恐れられるほど暴れ回ったが、ジョーカー共々バットマンに捕らえられアーカム・アサイラムに収容される。 だがその後、タスクフォースX計画の候補として政府高官アマンダ・ウォーラーに目をつけられ、アーカムから極秘の収容所に密かに移送された。 ジョーカーはこの事態に怒り狂い、タスクフォースX計画を潰すため暴走を開始する。 これといったスーパーパワーや特殊な技能は持たないが凄まじい度胸の持ち主で、メタヒューマンだろうが人外の怪物であろうがへらへら笑いながらバットで撲殺し、重火器で焼き尽くす。 によってジョーカーへの好意を利用されピンチに陥るが、最後には曲がりなりにも仲間として戦ってきたスクワッドメンバーとの友情? をとり、心臓を抉り出して最後の決着をつけた。 なおこの映画で 「 DCUにおける ロビン殺害の共犯者」であるという結構重大な情報が明かされているのだが、DCUでロビンは登場すらしていないのでどういう経緯でそうなったのかは不明となっている(字幕上でも疑問符がついている)。 DCを代表する女性ヒーローが一堂に会するコミック 「」を原作とした映画化作品にも登場。 『スーサイド・スクワッド』に引き続きマーゴット・ロビーが演じているが、トレードマークのツインテールを短く切っており、衣装も前作と比べるとな色調となっている。 また、ジョーカーをモチーフにした意匠のアイテム(PUDDINと書かれた首輪など)を身に着けていない点も一部のファンから注目を集めていたが、 ジョーカーと"破局"していた事が発覚した。 日本のシェアハウスに住んでいた。 鷹の爪団から武器を買った。 日本の戦国時代にタイムスリップ。 ジョーカーと共に活動していた。 「レゴバットマン ザ・ムービー」に登場。 ジョーカーと共に極悪ゾーンに投獄していたアウトロー達を脱獄させた。 ドラマ• バーズ・オブ・プレイを実写化したドラマ。 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』とは逆にメインヴィランとして登場しており、名称が Dr. ハーリーン・クインゼルとなっている。 ミア・サラが演じた。 グリーンアローが主人公のドラマ。 と「」「」「」などと世界観を共有している()。 結成時に後ろ姿と、いくつか台詞のみ描写された。 直接ハーレイ・クインは登場しないが、ハーレイ・クインのポジションにあたるという人物が登場する。 アニメ 声:アーリーン・ソーキン 日本語吹き替え: ゲーム アーカムシリーズ DLCではプレイアブルキャラとして操作することができる。 DCコミックスのキャラクターで戦う対戦型格闘ゲーム。 ハーレイ・クインもプレイアブルキャラクターとして登場している。 由来 で生まれた古典仮面喜劇コメディア・デラルテ Commedia dell'arte の登場人物 Harlequin とも 赤白黒のでなくて赤・緑・青のまだらの服を着ている から。 ちなみに男性で、アルレッキーナあるいはコロンバインまたはコルンビーナと呼ばれる恋人がいる。 アメリカでは道化役者の代名詞であり、転じて女性向けのロマンス小説が「ハーレクイン小説」と呼ばれる。 実写映画では収監されたハーレイ・クインが檻の中でモリー・オキーフ(Molly O'Keefe)の『Between the Sheets』を読むシーンがある。 ・・・中国におけるハーレイ・クインの名称。 ・・・ハーレイ・クインのハングル表記。 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-18 12:00:00• 2020-07-17 17:00:00• 2020-07-17 14:00:00• 2020-07-17 13:00:00• 2020-07-16 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-18 14:33:40• 2020-07-18 14:31:26• 2020-07-18 14:31:24• 2020-07-18 14:30:11• 2020-07-18 14:28:56 新しく作成された記事• 2020-07-18 14:28:49• 2020-07-18 14:22:20• 2020-07-18 13:38:39• 2020-07-18 13:29:41• 2020-07-18 13:27:57•

次の