世帯 あたり の 自家用 車 が 多い 都 道府県。 車の必要性は地方か都会で変わる!子供がいても必要ない?

都道府県別の自動車の普及率データ

世帯 あたり の 自家用 車 が 多い 都 道府県

下記表「普及率・保有台数・世帯数」の部分をクリックすると順番を入れ替えられます。 都道府県 普及率 保有台数 世 帯 数 北 海 道 100. 1位・・・東京(45. 2位・・・大阪(65. 3位・・・神奈川(73. 4位・・・京都(83. 5位・・・兵庫 (92. 公共交通機関も充実していて、レンタカーやカーシェアリングなどのサービスも普及している事から、自動車を保有しようと考える人は少ないです。 なにより保管場所となる駐車場代の高さが所有する妨げとなっています(参考:)。 また、これらの都府県には大学が密集しているので、一人暮らしの学生が多いのも要因の1つでしょう。 【参考】日本全体の自動車保有台数の推移 昭和50年から平成27年までの日本全体の「自動車保有台数」と「世帯当たりの普及台数」の推移は以下の通りです。 (出典:自動車検査登録情報協会) ここ数年、自動車保有台数の伸び率は鈍化していますが、増加傾向に有ります。 グラフ全体で見ると、右肩上がりです。 一方、世帯当たりの普及台数は平成10年ぐらいまでは、保有台数の増加に比例して伸びていました。 しかし、それ以降は保有台数が増加しても、ほぼ一定の値を維持しています。 その主な要因は「核家族化」です。 家族構成が「3世代以上」から「2世代」へと変化し、世帯数が増加したためです。 保有台数が増えてもその分世帯数も増えているので、世帯当たりの普及台数は一定に推移するようになったんですね。

次の

都道府県別自動車保有台数

世帯 あたり の 自家用 車 が 多い 都 道府県

下記表「普及率・保有台数・世帯数」の部分をクリックすると順番を入れ替えられます。 都道府県 普及率 保有台数 世 帯 数 北 海 道 100. 1位・・・東京(45. 2位・・・大阪(65. 3位・・・神奈川(73. 4位・・・京都(83. 5位・・・兵庫 (92. 公共交通機関も充実していて、レンタカーやカーシェアリングなどのサービスも普及している事から、自動車を保有しようと考える人は少ないです。 なにより保管場所となる駐車場代の高さが所有する妨げとなっています(参考:)。 また、これらの都府県には大学が密集しているので、一人暮らしの学生が多いのも要因の1つでしょう。 【参考】日本全体の自動車保有台数の推移 昭和50年から平成27年までの日本全体の「自動車保有台数」と「世帯当たりの普及台数」の推移は以下の通りです。 (出典:自動車検査登録情報協会) ここ数年、自動車保有台数の伸び率は鈍化していますが、増加傾向に有ります。 グラフ全体で見ると、右肩上がりです。 一方、世帯当たりの普及台数は平成10年ぐらいまでは、保有台数の増加に比例して伸びていました。 しかし、それ以降は保有台数が増加しても、ほぼ一定の値を維持しています。 その主な要因は「核家族化」です。 家族構成が「3世代以上」から「2世代」へと変化し、世帯数が増加したためです。 保有台数が増えてもその分世帯数も増えているので、世帯当たりの普及台数は一定に推移するようになったんですね。

次の

東京都が全国で最下位にランキングされるもの6つ 「持ち家率」など

世帯 あたり の 自家用 車 が 多い 都 道府県

この統計によると、都道府県別の軽自動車を含む自家用乗用車の普及状況で保有台数が最も多いのは愛知県。 保有台数のトップ3は以下のようになっています。 1位:愛知県(416万4071台) 2位:埼玉県(319万5629台) 3位:東京都(311万4811台) 愛知県は2位の埼玉県を100万台近く上回ってダントツの1位です。 さすが、世界の売上高でも常に上位にランクインするトヨタ自動車のお膝元ですね。 トヨタ自動車の乗用車は国内で広く愛用されており、同統計のメーカー別保有台数によれば全体の47. 39%と、ほぼ半数を占めています。 しかし当然ながら、都道府県別の保有台数は人口が多いところほど多くなりますよね。 このため、より個人レベルでの自動車の保有状況を知るには、1世帯当たりの保有台数のほうが参考になります。 では、そのトップ5を見てみましょう。 1位:福井県(1. 746台) 2位:富山県(1. 694台) 3位:山形県(1. 677台) 4位:群馬県(1. 634台) 5位:栃木県(1. 611台) 単純な都道府県別の保有台数とはまったく違うことがわかりますね。 東海地方や首都圏は含まれず、北陸地方や北関東が多くなっており、車がないと移動に不便な地域ほど保有率が高いようです。 また、総務省統計局が毎年発表している「明日への統計」の2018年版には、このランキングと関連しそうな興味深い統計が出ています。 それは持ち家住宅率。 最も高いのは富山県の79. 4%で、さらに3位には76. 6%で山形県、4位には76. 5%で福井県がランクインしています。 この結果と照らし合わせてみると、自動車を自宅に駐車しておける環境が整っていることも保有率の高さにつながっているのかもしれません。 その結果は以下になります。 43位:兵庫県(0. 915台) 44位:京都府(0. 825台) 45位:神奈川県(0. 714台) 46位:大阪府(0. 648台) 47位:東京都(0. 439台) 大都市を擁する都道府県が軒並みランクインしていることがわかります。 中でも東京都は0. 5台にも満たずダントツのワースト1位。 2世帯に1台もない計算になります。 しかし都内は鉄道網が発達しており、運行本数もとても多くなっていますよね。 さらにタクシーは呼び出しをしなくても、道路の横で少し待てばすぐつかまえられます。 移動手段が充実しているので、自動車がなくても特に不便を感じない人が多いのでしょう。 実は、「明日への統計」2018年版の持ち家住宅率ワースト1位も東京都で、なんと45. 地価が高く土地が狭いこともあって駐車場の確保が難しいため、自動車を持つとむしろ面倒が増えてしまうパターンも珍しくありません。 自動車が生活に欠かせない地域もあれば、逆に邪魔になってしまう地域もあるのですね。 そのトップ5は以下のようなもの。 1位:群馬県(0. 691台) 2位:栃木県(0. 671台) 3位:茨城県(0. 667台) 4位:富山県(0. 663台) 5位:山梨県(0. 660台) 世帯あたりの保有台数とはかなり違う結果になっています。 この理由は、北陸地方よりも北関東に単身世帯が多いからと考えられます。 たとえば、世帯あたりの統計なら4人世帯でも単身世帯でも1台保有していたら1台とカウントされます。 しかし、一人あたりの統計では単身世帯が1台保有していたら1台ですが、4人世帯が1台保有していたら0. 25台というカウントになりますよね。 つまり、最も多くの人が自動車を愛用している都道府県は群馬県といえるでしょう。 このように上位は結果に違いが出た一人あたりの保有台数ですが、ワースト5位は世帯あたりのランキングとまったく同じ結果に。 最下位・東京都の保有台数はわずか0. 228台でした。 こんなにも世帯や個人の保有台数が少ないのに、都道府県別の保有台数では3位に入っている東京都には驚きですね。 いかに東京都に人口が集中しているかもわかる統計になっているのではないでしょうか。 airia. airia. stat. kurumaerabi.

次の