妊娠 セックス動画。 妊娠中のセックス、どこまでOK?どうすればいい? |たまひよ

妊娠中セックスはNG?いつから?正しい知識とママが注意すること【婦人科医監修】

妊娠 セックス動画

女性の子宮の形によって妊娠しやすい体位は異なります。 子宮が前に傾いている 前屈)か、後ろに傾いている(後屈)かによって、妊娠しやすい体位はちがいます。 自分がどちらかは産婦人科で調べることができるので、気になる人は調べてもらいましょう。 Pick up! 妊娠しやすい体位レビュー 夜も大事な日なのに、いつもできるかどうか不安になるほど元気なかったのですが、驚くほど元気で、そんな不安もなくなっていました... 妊娠しやすい体位 1. 前屈子宮の人は正常位 もっとも一般的な妊娠しやすい体位。 前屈子宮の場合は、正常位で行うと妊娠の確率が上がると言われています。 妊娠しやすい体位 2. 後屈子宮の人は後背位 もっとも一般的な妊娠しやすい体位。 いわゆるバックスタイル。 女性が四つんばいになって男性が後ろから挿入する方法です。 後屈子宮の人は、ペニスの挿入が深くなるので、こちらの体位がおすすめです。 時間はいつがいい? A. 男性不妊の場合は、朝がおすすめ 朝は男性ホルモンの分泌があがるので、精子の濃度があがり妊娠しやすくなるという説もあります。 また、朝勃ちとも呼ばれます。 朝は男性が勃起しやすくなることもあるので、試してみましょう。 頻度はどれぐらいがいい? A. 排卵日を意識せずに定期的にしましょう 排卵日前後は、2~3日に一度、それ以外は好きなときに行うのが良いでしょう。 精子は数日間生きているので、毎日行う必要はありません。 排卵日以外にも長期間セックスをしないと、精子が古くなってくるので、できれば1週間に1度は、セックスやマスターベーションを行いましょう。 また、精神的な面からも排卵期以外のセックスがおすすめです。 セックスを子づくりの手段にしないように気をつけてください。 妊娠しやすい回数は? A. 1日何回セックスしても妊娠する確率は変わりません 1日2回以上セックスをしても1度射精したら、精子がたまるのには2、3日ほどかかります。 妊娠したいからと言って無理にセックスを行う必要はありません。 もちろんお互いに行いたいのであれば問題ありませんが、あまり何度も行うと精液が薄くなるので要注意です。 行為後の妊娠しやすい体勢は? A. 前屈の人はあお向けに後屈の人はうつ伏せになります。 妊娠しやすい体位と妊娠しやすい体勢 セックスのあとには、できるだけたくさんの精子が子宮にはいりやすくなるような体勢をとることがたいせつです。 女性には子宮が前屈している人と後屈している人がいるのですが、それによって体勢が違ってきます。 前屈の人は精子がたまりやすく、また子宮に上りやすくするために腰に枕などをあて、すこし高くした上であお向けになりましよう。 逆に後屈の人はうつ伏せになります。 お腹に枕や座布団をあてます。 15分ほどじっとしているといいと思います。 前屈か後屈かは病院ですぐわかります。 また、セックス直後のシャワーや入浴は避けましょう。 セックスの数時間後に、精液がたくさん出てきたからといって心配する必要はありません。 それは精子が上がっていった残りの精液であって、精子が全部出てきたということではないので大丈夫です。 セックスの仕方で男女の産み分けはできる? A. ただし、排卵と性交日の関係から、産みわけの確率を、少しだけあげることはできます。 一般的に、男の子が欲しい場合は、排卵日の当日にセックスを行い、排卵日を過ぎたら避妊。 女の子であれば、2~3日前にセックスをし、それ以降1週間は避妊をするとよいとされています。 排卵日以外でも妊娠する? A. 排卵日の3日前でも妊娠することもある。 射精された精子の生存期間は、3日程度と言われています。 まれに7日間くらい生きて受精することもあります。 つまり排卵日の3日前にセックスをしても子宮のなかで精子は生き続けて、妊娠することもあるのです。 中絶すると妊娠できなくなる? A. 1度の中絶で妊娠できなくなることはほとんどありません。 ただし何度も繰り返していると、子宮や卵管などの器官に炎症が起きて、妊娠しにくくなってしまうことがあります。 これは子宮卵管造影という検査で調べることができるので、不安な方は事前に確認しておきましょう。 妊娠しやすいセックスは? 妊娠しやすいセックスは? 気持ちが良くないセックスはお互いの知識不足です。 どうするのが気持ちが良いのか、どうすると気持ちが良くないのか。 それを夫婦で話せる関係になるためには、まず自分の身体のどこが気持ち良いのか知っておく必要があります。 Pick up! 妊娠しやすい体位レビュー 生理が来なくて検査薬で調べたら陽性反応。 その月は頑張ってHしたけど8回くらいでしたが、その頃は、仕事を時短にしてもらい、鍼灸に2回行き妊活力をアップしてもらい、子宝神社にも行ってお参りもしてました... 前戯 前戯は緊張を解きほぐして、リラックスするための準備づくりのためです。 女性は、時間をかけて女性器の周りが濡れないとベースがつくれません。 骨盤内の血流が増加し、性器が充血した状態を「濡れる」と言います。 この状態でないと性交痛を起こしたり、セックスを嫌いになる原因にもなります。 目安としては10分くらいです。 これは女性のためにする行為なので、男性に頑張ってもらえるように伝えましょう。 挿入時 挿入時の体位によって妊娠のしやすさは変わりません。 しっかりと前戯をして、挿入時はお互いに気持ちの良い体位で行えばOK。 挿入時間は平均して5~10分だと言われています。 射精時 男性は数秒の射精で絶頂をむかえます。 男性の精巣に蓄えられていた精液が、女性の膣に流れていく時間はほんの数秒です。 質のいい精子はがんばって泳いで上まで行<ので、特に何か特別なことをする必要はありません。 セックス後 男性が一番苦手とする後戲。 射精の後は縄張り意識が働いて、自分のテリトリーに他人がいると嫌悪感や虚無感を抱くこともあります。 一方、女性の場合はゆるやかにオーガズムの波が上がり、ゆるやかに下がります。 それこそ背中をむけられることを嫌がります。 ですが、男性がセックス後に優しくないのは、性の違いだからしようがないと思って深く考えなくていいでしょう。 また、もし優しくしてくれる場合は、「私のために頑張ってくれているんだな」と思うと良いでしょう。 知っておきたいデリケートゾーンの洗い方 セックスのとき、つい臭いが気になるからといって、女性はボディ用石けんで洗いがち。 ですが市販の石けんは、アルカリ性のものが多く、デリケートゾーンは弱酸性の肌の中でも特に酸性寄りです。 そのためアルカリ性の石けんで洗うと環境が変わってきます。 弱酸性をうたった石けんでも実はアルカリ性のこともあるので注意。 ソープは専用のものを使いましょう。 大陰唇と小陰唇の間に垢がたまるので優しくなでるように。 デリケートゾーンはマッサージするように内から外にむかって優しく洗いましょう。 膣の中は自浄作用といって善玉菌が悪玉菌を退治してくれるので善玉菌まで洗い流すと自浄作用が落ちます。 中まで洗うのはNGです。 女性の子宮の形によって妊娠しやすい体位は異なります。 子宮が前に傾いている 前屈)か、後ろに傾いている(後屈)かによって、妊娠しやすい体位はちがいます。 子宮前屈の場合は、子宮口が精液の溜まる部分に向いているので、正常位や側仰位 横向き といった体位で行なうことによって子宮に精子が進入しやすくなります。 子宮後後屈の場合は、精液が溜まる場所と子宮口が離れているので、女性がうつ伏せ姿勢になる後背位や後側位 横向き といった体位で行なうと精子がスムーズに入りやすくなります。 いずれもセックスが終わったとたんに動くのではなく、そのまま横になった状態で15分以上静かにじっとしていましょう。 セックスのあと、腰を上げてじっと動かないと妊娠しやすい、などといわれることがあります。 たしかに、すぐ立ち上がると腔内に残った精液が流れ出ますが、そのとき、一部の精子は子宮の奥まで到達しています。 一回に射精される精子は数僮個、卵子近くまで到達するのは約200個だけ。 多少流れ出ても、実際は妊娠率に影響しません。 「深く挿入すれば、精子の泳ぐ距離が短くなって妊娠しやすいのでは?」と考える人がいますが、浅い挿入で射精しても、子宮がスポイトのように吸い上げたり、頸管粘液の働きで精子を送り込むので、妊娠可能。 普通に腔内に射精すれば、体位や深さは影響しません。 無理やり奥に押し込んだりせず、自然にセックスを楽しむほうが大切。

次の

【人妻不倫セックス盗撮動画】子供が同じ幼稚園に通うママ友を自宅に招き入れ共通の話題からセックスに持ち込む一部始終ww

妊娠 セックス動画

妊活をしていく中で、セックスの悩みはつきものですが、心身ともに疲弊しないことが大切です。 妊活中は、夫婦のセックスについて悩まれる方も多いもの。 漢方のご提案をする上で問診で触れることもあり、そこから多くのご相談を頂きます。 また、身近な方も含めて他人には直接相談しにくいためか、ネット上の誤った情報を信じてしまっている方も多く、また、かかるドクターによって指導が異なることもあるために、混乱されている方も少なくありません。 今回は、赤ちゃんが欲しいご夫婦のセックス回数を「妊娠率」と「夫婦関係」の点から解説させて頂きます。 妊活中は精子濃度を上げるために禁欲期間が必要? 自然妊娠希望なら不要 男性不妊のご相談でも、「禁欲期間は必要ですか?」というご質問をお受けしますが、自然妊娠を希望される場合に、禁欲期間を設ける必要はありません。 よく、「禁欲期間がないと、精子濃度が薄まるのではないですか?」とご質問を受けますが、精液量は、確かに禁欲期間が4日程度までは増える傾向がありますが、運動率、精子濃度、正常形態精子の割合に関しては、禁欲期間に関わらず変動しないといわれています。 連日の射精があっても、精液所見は悪化しないので、排卵近くには禁欲することにこだわらず、3日以上のセックスをすることが望ましいと考えられます。 ただ、いわゆる「子作りのためにセックス」のようになってしまい、セックス回数を増やすことを義務と感じてしまうと、体力的にも精神的にも辛くなってしまう方もいます。 中医学的な見解を加えると、東洋医学で内臓の総称である「五臓」のうち、生殖能力を司っている「腎」の働きが弱っている場合には、過度のセックスは負担となってしまうと考えます。 「腎」の働きが弱っていて連日セックスすることが難しい場合には、できる限り妊娠しやすい時期に合わせてセックスをすることで、妊娠の可能性を高めることができます。 そこで、排卵が起きるタイミングと、卵子、精子の受精可能なタイミングから、もっとも子作りに適したセックスの時期を、次に解説します。 タイミング法を成功させるための排卵日予測法と排卵が起きる時期 排卵時期を予測する方法は、• クリニックのエコーで卵胞チェックを行い、卵胞の大きさから判断する方法• 基礎体温の周期、体温から予測する方法• しかしそれぞれデメリットもあります。 2の方法は基礎体温や周期が不規則な場合には正確性が欠けてしまいますし、3の方法は以下に説明するLHサージの偽陽性が続いてしまう方がいるため、やはり正確な排卵時期を知りたい場合には、クリニックでの卵胞チェックが最も正確でお勧めです。 ただ、クリニックにいく時間が取れないというお話もよく伺いますので、その場合は3の排卵検査薬を用いた場合の排卵予測法を活用するのがいいでしょう。 排卵が起きるタイミングは、一般的に、 LHサージ(黄体形成ホルモン LH が一過性に放出され、排卵を引き起こす)の• 開始から30~36時間後• ピークからは12~18時間後 と考えられています。 また、LHサージは朝に始まることが多いので、毎朝、排卵検査薬での検査を実施し、陽性となった翌日の夕方から夜にかけての時間帯に排卵をする可能性が高いです。 おりものが増えることも排卵が近づいてきたサインになりますので、可能なら1日2回朝夕で検査をして、LHサージのスタートを特定できるといいでしょう。 陽性が常に出るような場合には、排卵障害に繋がる疾患の可能性もありますので、一度婦人科を受診されることをお勧めします。 最も妊娠しやすいセックスのタイミングは受精可能な時期を考えて 卵子の受精可能な時間は排卵後6~8時間。 精子は射精直後には受精能力がなく、子宮腔を進みながら約5~6時間で受精能を獲得し、およそ36時間経つと受精能は失われます。 精子の生存期間は長いと1週間と聞いたことのある方もいると思いますが、受精可能な時間帯を考慮すると、排卵がある時点で、精子が受精可能な状態で待機していることが、妊娠率を高めるためには重要です。 そのため、 排卵日の前日、前々日のタイミングがもっとも妊娠しやすいといえます。 クリニックでの卵胞チェックを受けた場合には、ドクターからの指示がありますし、前述の排卵検査薬を用いた場合には、うっすらと陽性反応が出たその日、可能ならその翌日も、難しい場合には、1日おいてのタイミングがお勧めです。 タイミング法でのセックス後も、セックスを控える必要はない 排卵後のセックスは、「受精」に関しては可能性は低くなりますが、精液に子宮内膜がさらされることで、着床に対して、受精卵が異物として認識されるのを防ぐなど、いい影響を与えることができるとの報告が多くあります。 そのため、排卵後、また人工授精後や、体外受精後もセックスを控える必要はありません。 排卵日が特定できない場合も、神経質になることなく、セックスの回数が多い方が、妊娠の可能性を高めることができます。 妊活中のセックスについて……夫と妻、それぞれの本音 漢方外来でお話を伺っていると、妊活を意識し始めてから、まずは妊娠しやすい時期に合わせて、タイミング法でセックスを試みている方が多いのですが、とても仲良しなご夫婦でも、性生活がなく、悩まれている方もいらっしゃいます。 基礎体温表で、セックスをした日を記載していただくと、排卵前日だけのセックスになっている方も多く、「排卵期以外はセックスをしない」という声を非常に多く頂きます。 女性、男性ともに、「セックスをしたい」という欲求について伺いますが、性欲自体がない方、性欲がないわけではないが疲れてできない方、また妊活のためのセックスをするようになってから夫婦間では性欲が高まらなくなった方など、状況は様々です。 「セックスレスです」 「主人の元気がないんです」 「私が行為が苦手です」 「正直面倒です」 「子供が気になって、性生活ができません」(二人目不妊の方) 「二人とも、疲れてその気になれません」 「トラウマがあります」 「性交痛があるんです」 「治療を始めてから、性行為はしなくなりました」 といった様々な声があり、妊活にいいといわれるセックスの頻度やタイミングは知識として知ってはいるものの、いざ取り組むとなると、感情や疲労、日々の体調に左右されて、セックスが辛くなってしまっている方は少なくないと感じます。 それでも、赤ちゃんを授かりたい! それなら、人工授精、体外受精などの治療、もしくはセックスが必要です。 まずは自然妊娠を希望する場合は、女性は排卵を意識して、体調を気遣ったり、治療中なら排卵誘発剤を服用したり、卵を育てる注射を打ったりして、ようやく排卵!という日に備えます。 一方で、男性不妊のご相談では、 「普段は性欲があるのですが、したい時に誘っても拒まれて、この日が排卵日だから、この日にお願いね!と言われると萎えてしまいます。 最近はそう言われると飲みに行ってしまうようになりました」 といった声があるのも事実です。 たとえ子供が欲しいと思っていても、夫婦のコミュニケーションとしてのセックスは不要と言われているような気持ちになってしまうからでしょう。 また、日々のお仕事が忙しく「排卵日に頑張らないと、と思っていても、疲れで性欲が失せてしまい、一刻も早く休みたいと思ってしまう」というご相談も多く頂きます。 排卵に備えていた女性としては、やるせない気持ちになってしまうことも自然な感情でしょう。 夫婦によって背景は異なりますが、このようなすれ違いが続いたり、どちらかがセックスに対して不満があると、夫婦関係にまで影響します。 また、相手の心身を気遣うあまりに、性生活の話題を避けている場合は、時間だけが過ぎてしまい、向き合った時には、年齢が進み妊娠が難しくなってしまっているケースもあります。 性行為に対するトラウマなど心の問題を抱えている場合には、性生活が負担になっている側の感情を大切にしながらも、お互いに相手の気持ちに寄り添い、歩み寄ることを諦めなければ、二人にとって幸せなセックスを一緒に考えていけるでしょう。 また、疲労や性交痛などの身体的な問題の場合には、必要な医療を受けたり、ケアを取り入れることで改善される事例も多いです。 漢方外来でも、疲労、ストレスによるセックスレス、勃起障害のご相談を受けた時には、状態を伺って、心身の回復に向けた処方を使うことで改善のご報告も頂いています。 妊活中の性生活は、愛情を深め合うのではなく、どうしても義務的になりがちです。 その中でも、性生活について夫婦の間で価値観を共有できていると、妊活で追い込まれにくくなります。 実際の妊活中のご夫婦のご相談では、生物として妊娠しやすいセックス回数と、夫婦にとってベストなセックス回数は、必ずしも一致しないと感じています。 妊娠しやすいセックスについて夫婦2人で学んだ上で、2人にとって心地よい、ベストなセックスの形と頻度を見つけることができるといいですね。 【関連記事】•

次の

妊活中、妊娠しやすい夫婦のセックス頻度の目安 [不妊症] All About

妊娠 セックス動画

妊活をしていく中で、セックスの悩みはつきものですが、心身ともに疲弊しないことが大切です。 妊活中は、夫婦のセックスについて悩まれる方も多いもの。 漢方のご提案をする上で問診で触れることもあり、そこから多くのご相談を頂きます。 また、身近な方も含めて他人には直接相談しにくいためか、ネット上の誤った情報を信じてしまっている方も多く、また、かかるドクターによって指導が異なることもあるために、混乱されている方も少なくありません。 今回は、赤ちゃんが欲しいご夫婦のセックス回数を「妊娠率」と「夫婦関係」の点から解説させて頂きます。 妊活中は精子濃度を上げるために禁欲期間が必要? 自然妊娠希望なら不要 男性不妊のご相談でも、「禁欲期間は必要ですか?」というご質問をお受けしますが、自然妊娠を希望される場合に、禁欲期間を設ける必要はありません。 よく、「禁欲期間がないと、精子濃度が薄まるのではないですか?」とご質問を受けますが、精液量は、確かに禁欲期間が4日程度までは増える傾向がありますが、運動率、精子濃度、正常形態精子の割合に関しては、禁欲期間に関わらず変動しないといわれています。 連日の射精があっても、精液所見は悪化しないので、排卵近くには禁欲することにこだわらず、3日以上のセックスをすることが望ましいと考えられます。 ただ、いわゆる「子作りのためにセックス」のようになってしまい、セックス回数を増やすことを義務と感じてしまうと、体力的にも精神的にも辛くなってしまう方もいます。 中医学的な見解を加えると、東洋医学で内臓の総称である「五臓」のうち、生殖能力を司っている「腎」の働きが弱っている場合には、過度のセックスは負担となってしまうと考えます。 「腎」の働きが弱っていて連日セックスすることが難しい場合には、できる限り妊娠しやすい時期に合わせてセックスをすることで、妊娠の可能性を高めることができます。 そこで、排卵が起きるタイミングと、卵子、精子の受精可能なタイミングから、もっとも子作りに適したセックスの時期を、次に解説します。 タイミング法を成功させるための排卵日予測法と排卵が起きる時期 排卵時期を予測する方法は、• クリニックのエコーで卵胞チェックを行い、卵胞の大きさから判断する方法• 基礎体温の周期、体温から予測する方法• しかしそれぞれデメリットもあります。 2の方法は基礎体温や周期が不規則な場合には正確性が欠けてしまいますし、3の方法は以下に説明するLHサージの偽陽性が続いてしまう方がいるため、やはり正確な排卵時期を知りたい場合には、クリニックでの卵胞チェックが最も正確でお勧めです。 ただ、クリニックにいく時間が取れないというお話もよく伺いますので、その場合は3の排卵検査薬を用いた場合の排卵予測法を活用するのがいいでしょう。 排卵が起きるタイミングは、一般的に、 LHサージ(黄体形成ホルモン LH が一過性に放出され、排卵を引き起こす)の• 開始から30~36時間後• ピークからは12~18時間後 と考えられています。 また、LHサージは朝に始まることが多いので、毎朝、排卵検査薬での検査を実施し、陽性となった翌日の夕方から夜にかけての時間帯に排卵をする可能性が高いです。 おりものが増えることも排卵が近づいてきたサインになりますので、可能なら1日2回朝夕で検査をして、LHサージのスタートを特定できるといいでしょう。 陽性が常に出るような場合には、排卵障害に繋がる疾患の可能性もありますので、一度婦人科を受診されることをお勧めします。 最も妊娠しやすいセックスのタイミングは受精可能な時期を考えて 卵子の受精可能な時間は排卵後6~8時間。 精子は射精直後には受精能力がなく、子宮腔を進みながら約5~6時間で受精能を獲得し、およそ36時間経つと受精能は失われます。 精子の生存期間は長いと1週間と聞いたことのある方もいると思いますが、受精可能な時間帯を考慮すると、排卵がある時点で、精子が受精可能な状態で待機していることが、妊娠率を高めるためには重要です。 そのため、 排卵日の前日、前々日のタイミングがもっとも妊娠しやすいといえます。 クリニックでの卵胞チェックを受けた場合には、ドクターからの指示がありますし、前述の排卵検査薬を用いた場合には、うっすらと陽性反応が出たその日、可能ならその翌日も、難しい場合には、1日おいてのタイミングがお勧めです。 タイミング法でのセックス後も、セックスを控える必要はない 排卵後のセックスは、「受精」に関しては可能性は低くなりますが、精液に子宮内膜がさらされることで、着床に対して、受精卵が異物として認識されるのを防ぐなど、いい影響を与えることができるとの報告が多くあります。 そのため、排卵後、また人工授精後や、体外受精後もセックスを控える必要はありません。 排卵日が特定できない場合も、神経質になることなく、セックスの回数が多い方が、妊娠の可能性を高めることができます。 妊活中のセックスについて……夫と妻、それぞれの本音 漢方外来でお話を伺っていると、妊活を意識し始めてから、まずは妊娠しやすい時期に合わせて、タイミング法でセックスを試みている方が多いのですが、とても仲良しなご夫婦でも、性生活がなく、悩まれている方もいらっしゃいます。 基礎体温表で、セックスをした日を記載していただくと、排卵前日だけのセックスになっている方も多く、「排卵期以外はセックスをしない」という声を非常に多く頂きます。 女性、男性ともに、「セックスをしたい」という欲求について伺いますが、性欲自体がない方、性欲がないわけではないが疲れてできない方、また妊活のためのセックスをするようになってから夫婦間では性欲が高まらなくなった方など、状況は様々です。 「セックスレスです」 「主人の元気がないんです」 「私が行為が苦手です」 「正直面倒です」 「子供が気になって、性生活ができません」(二人目不妊の方) 「二人とも、疲れてその気になれません」 「トラウマがあります」 「性交痛があるんです」 「治療を始めてから、性行為はしなくなりました」 といった様々な声があり、妊活にいいといわれるセックスの頻度やタイミングは知識として知ってはいるものの、いざ取り組むとなると、感情や疲労、日々の体調に左右されて、セックスが辛くなってしまっている方は少なくないと感じます。 それでも、赤ちゃんを授かりたい! それなら、人工授精、体外受精などの治療、もしくはセックスが必要です。 まずは自然妊娠を希望する場合は、女性は排卵を意識して、体調を気遣ったり、治療中なら排卵誘発剤を服用したり、卵を育てる注射を打ったりして、ようやく排卵!という日に備えます。 一方で、男性不妊のご相談では、 「普段は性欲があるのですが、したい時に誘っても拒まれて、この日が排卵日だから、この日にお願いね!と言われると萎えてしまいます。 最近はそう言われると飲みに行ってしまうようになりました」 といった声があるのも事実です。 たとえ子供が欲しいと思っていても、夫婦のコミュニケーションとしてのセックスは不要と言われているような気持ちになってしまうからでしょう。 また、日々のお仕事が忙しく「排卵日に頑張らないと、と思っていても、疲れで性欲が失せてしまい、一刻も早く休みたいと思ってしまう」というご相談も多く頂きます。 排卵に備えていた女性としては、やるせない気持ちになってしまうことも自然な感情でしょう。 夫婦によって背景は異なりますが、このようなすれ違いが続いたり、どちらかがセックスに対して不満があると、夫婦関係にまで影響します。 また、相手の心身を気遣うあまりに、性生活の話題を避けている場合は、時間だけが過ぎてしまい、向き合った時には、年齢が進み妊娠が難しくなってしまっているケースもあります。 性行為に対するトラウマなど心の問題を抱えている場合には、性生活が負担になっている側の感情を大切にしながらも、お互いに相手の気持ちに寄り添い、歩み寄ることを諦めなければ、二人にとって幸せなセックスを一緒に考えていけるでしょう。 また、疲労や性交痛などの身体的な問題の場合には、必要な医療を受けたり、ケアを取り入れることで改善される事例も多いです。 漢方外来でも、疲労、ストレスによるセックスレス、勃起障害のご相談を受けた時には、状態を伺って、心身の回復に向けた処方を使うことで改善のご報告も頂いています。 妊活中の性生活は、愛情を深め合うのではなく、どうしても義務的になりがちです。 その中でも、性生活について夫婦の間で価値観を共有できていると、妊活で追い込まれにくくなります。 実際の妊活中のご夫婦のご相談では、生物として妊娠しやすいセックス回数と、夫婦にとってベストなセックス回数は、必ずしも一致しないと感じています。 妊娠しやすいセックスについて夫婦2人で学んだ上で、2人にとって心地よい、ベストなセックスの形と頻度を見つけることができるといいですね。 【関連記事】•

次の