シヴァ グラブル。 【グラブル】全属性のマグナ2ソロをやってみた

【グラブル】シヴァの評価と使い方紹介【召喚石】

シヴァ グラブル

アルタイル 味方の支援に特化したサポートキャラクターで、本人が大ダメージを叩き出すタイプではありませんが、総合的な火力貢献度は非常に高く、1アビは レイジ系アビリティと重複するため、併用することで大きく攻撃力を上げることができます。 奥義ゲージを30%上昇、 弱体付与などを備え、ダメージアビリティが上限に達する頃には、水編成でエース級の活躍を見せてくれます。 ランスロット 高威力の ダメージアビリティ、 回避率UP・敵対心UP、分身効果と、回避盾寄りな構成のアビリティアタッカーで、3つのダメージアビリティと攻撃回避時に自動で発動するダメージアビリティによって、運に左右されるが高いDPTを発揮できます。 最終上限解放により、ブレードインパルスに 攻防DOWN 累積 と自分の 攻撃UP 累積 も追加され、発動させればさせるほど効果的なアビリティとなり、アビリティアタッカーとしての価値は水属性でも高水準にあるキャラクターです。 狐火中は 敵の通常攻撃の命中率を下げられる点で、耐久面にも貢献してくれます。 英霊の使用が激しく、アビリティを自由に使えないという欠点はありますが、敵に 水属性防御DOWNのデバフを付与できる高火力のアタッカーです。 最終上限解放後は、奥義に 追加ダメージが発生し、奥義周回編成でも活躍してくれます。 回復+クリアや奥義の 味方属性攻撃UPなど、攻守両面がバランス良く支援できる性能を持ち合わせています。 最終上限解放後は、より耐久面に特化しつつ、弱体役もこなせるようになり、水編成では欠かせないと言っても過言ではないキャラクターです。 ヴァンピィ&ベス 『竜の実』の数に応じて、自身の 攻撃性能やアビリティ性能が強化されるキャラクターです。 奥義は発動に『竜の実』が2つ以上必要ですが、 極大ダメージと威力が高く、特に奥義周回編成で活躍できるアタッカーです。 シヴァHLの特殊技は、リリィの1アビの 氷晶結界で付与される春風効果で全て解除して、また、ドランクの3アビのインタラプト・トラップで シヴァのバフを無効化していきます。 ダンテ・アリギエーリ• ゴットフリート• レヴィアンゲイズ・マグナ• 真・氷逆天の戦棍• 永遠拒絶の杖• セリフィックウェポン• バハムート武器.

次の

【グラブル】シヴァ剣の必要本数と編成場面を解説!

シヴァ グラブル

シヴァ武器の中でも重要な位置にあるシヴァ剣 ブラフマンシミター の必要本数や、実際に編成する場面を解説。 シヴァ剣 ブラフマンシミター の性能 火属性の剣。 攻撃力は2730。 Lv150時 奥義「ルドラ」 追加効果として• 敵に連撃率ダウン• 味方全体にTA率15%UP 4ターン を持ちます。 メイン武器候補として 奥義効果の『4ターン、味方全体のTA率15%UP』がそれなりに優秀。 火の剣には手に入りやすい強力な奥義効果を持つものはほぼないので、 主に• カオスルーダーで四天刃がない• スパルタで槍得意編成でない 場合にはメイン武器としても活躍します。 第一スキル「機炎方陣・無双」 Slv15時• 方陣攻刃14. DA率5% の効果。 方陣スキルなので召喚石『コロッサス・マグナ』の加護が乗ります。 第二スキル「機炎方陣・守護」 火属性キャラの最大HP上昇。 方陣スキルなので召喚石『コロッサス・マグナ』の加護が乗ります。 例えば片面4凸コロマグでシヴァ剣0本時のHPが約24000~29000の場合、シヴァ剣を1本追加するごとに最大HPが4~5000増えます。 4凸コロ杖との比較 同じマグナ武器である4凸コロ杖と比較した場合。 シヴァ剣よりも4凸コロ杖の方が攻刃量が多く、攻撃ステータスは少し低いので若干わかりにくいかもしれませんが、 単発火力 攻撃1回のダメージや奥義ダメージ はシヴァ剣よりも4凸コロ杖の方が少し高いです。 剣得意編成の場合でも、同様にシヴァ剣よりも4凸コロ杖の方がわずかに高いです。 DA率UPによって総合的な火力期待値ではシヴァ剣優位 シヴァ剣は方陣攻刃の他にDA率5%UPも持っています。 片面4凸コロマグならシヴァ剣1本につきDA率は11%上昇。 このDA率UPも含めて総合的に考えた場合、 4凸コロ杖よりもシヴァ剣の方が火力期待値が明確に高くなります。 他の連撃要素によって編成本数が変化 キャラのアビリティやオメガ武器、奥義効果などで連撃率が十分確保できる場合は、シヴァ剣のDA率UPの恩恵が比較的小さくなるため編成本数は少なくなりがちです。 アニラの3アビ DA率30%UP がパーティにかかっているのを想定した場合の、火力期待値が最も高い武器構成を見てみます。 シヴァ剣0本、コロ杖2本という結果に。 他の枠は同じ このバフ状況では主人公やパーシヴァルのDA率は100%に達しています。 このように もともとの連撃率が高い状況を想定した場合、シヴァ剣のDA率UPがほとんど無意味になり火力UPの恩恵がなくなるため、編成に入ってくる本数はかなり少なくなります。 次は同じキャラ編成ですが、• アニラの3アビ DA率30%UP のみがパーティにかかっている状態を想定した場合を見てみます。 シヴァ剣3本、コロ杖0本という結果に。 ゼノイフ刀を押しのけてシヴァ剣が3本入ってきます。 このように 連撃率に乏しい状況においては、シヴァ剣のDA率UPによる火力UPの恩恵が大きくなるため、編成されるシヴァ剣の本数は増えます。 また、特定の武器種の得意キャラで染めないパーティの場合は、オメガ武器の代わりにシヴァ剣が1本増えると考えるのがわかりやすいです。 いずれにしても、 シヴァ剣は基本的に2本あれば困ることはほとんどありません。 HPは火力という考え HPが多ければ回復やダメージカットの手間が省けてその分ターンを早く回せるため、HPの多さは火力と繋がっています。 実際に戦っていてHPがもっと欲しいと思ったら、コロ杖の代わりにシヴァ剣を1本増やすというように柔軟に対応したいところです。 特にHPを増やしたい場合は編成本数が増える 火力だけを考えた時には、シヴァ剣は0~多くても2本の編成となるのが基本。 ただし、高難易度マルチバトルに挑む際など特に最大HPを確保したい場合には、3本目を編成するケースが出てきます。 ルシファーHLに火マグナ編成で挑む場合には、シヴァ剣は3本欲しいです。 とくに9月の開催が予定されている火有利古戦場の95HELLでオート放置をしたいなら、シヴァ剣は3本以上用意できるようにしておいた方が良いでしょう。 そもそも火マグナで95HELLをオートできるかどうか怪しいですが メカニックやクリュサオル編成では0本 メカニックやクリュサオルなどの開幕に奥義をフルチェインして終わる編成の場合。 先述したように 奥義ダメージについてはシヴァ剣は4凸コロ杖よりもダメージが低いため、1本も編成に入ってきません。 まとめ• シヴァ剣以外での連撃率が高ければシヴァ剣の編成本数は少なくなり、低ければ多くなる• シヴァ剣は2本あればだいたいOK• 特にHPを確保したい場合は3本• 開幕奥義編成では1本も入らない guraburukouryakusinannjo.

次の

シヴァ(グラブル) (しゔぁ)とは【ピクシブ百科事典】

シヴァ グラブル

シヴァ武器の中でも重要な位置にあるシヴァ剣 ブラフマンシミター の必要本数や、実際に編成する場面を解説。 シヴァ剣 ブラフマンシミター の性能 火属性の剣。 攻撃力は2730。 Lv150時 奥義「ルドラ」 追加効果として• 敵に連撃率ダウン• 味方全体にTA率15%UP 4ターン を持ちます。 メイン武器候補として 奥義効果の『4ターン、味方全体のTA率15%UP』がそれなりに優秀。 火の剣には手に入りやすい強力な奥義効果を持つものはほぼないので、 主に• カオスルーダーで四天刃がない• スパルタで槍得意編成でない 場合にはメイン武器としても活躍します。 第一スキル「機炎方陣・無双」 Slv15時• 方陣攻刃14. DA率5% の効果。 方陣スキルなので召喚石『コロッサス・マグナ』の加護が乗ります。 第二スキル「機炎方陣・守護」 火属性キャラの最大HP上昇。 方陣スキルなので召喚石『コロッサス・マグナ』の加護が乗ります。 例えば片面4凸コロマグでシヴァ剣0本時のHPが約24000~29000の場合、シヴァ剣を1本追加するごとに最大HPが4~5000増えます。 4凸コロ杖との比較 同じマグナ武器である4凸コロ杖と比較した場合。 シヴァ剣よりも4凸コロ杖の方が攻刃量が多く、攻撃ステータスは少し低いので若干わかりにくいかもしれませんが、 単発火力 攻撃1回のダメージや奥義ダメージ はシヴァ剣よりも4凸コロ杖の方が少し高いです。 剣得意編成の場合でも、同様にシヴァ剣よりも4凸コロ杖の方がわずかに高いです。 DA率UPによって総合的な火力期待値ではシヴァ剣優位 シヴァ剣は方陣攻刃の他にDA率5%UPも持っています。 片面4凸コロマグならシヴァ剣1本につきDA率は11%上昇。 このDA率UPも含めて総合的に考えた場合、 4凸コロ杖よりもシヴァ剣の方が火力期待値が明確に高くなります。 他の連撃要素によって編成本数が変化 キャラのアビリティやオメガ武器、奥義効果などで連撃率が十分確保できる場合は、シヴァ剣のDA率UPの恩恵が比較的小さくなるため編成本数は少なくなりがちです。 アニラの3アビ DA率30%UP がパーティにかかっているのを想定した場合の、火力期待値が最も高い武器構成を見てみます。 シヴァ剣0本、コロ杖2本という結果に。 他の枠は同じ このバフ状況では主人公やパーシヴァルのDA率は100%に達しています。 このように もともとの連撃率が高い状況を想定した場合、シヴァ剣のDA率UPがほとんど無意味になり火力UPの恩恵がなくなるため、編成に入ってくる本数はかなり少なくなります。 次は同じキャラ編成ですが、• アニラの3アビ DA率30%UP のみがパーティにかかっている状態を想定した場合を見てみます。 シヴァ剣3本、コロ杖0本という結果に。 ゼノイフ刀を押しのけてシヴァ剣が3本入ってきます。 このように 連撃率に乏しい状況においては、シヴァ剣のDA率UPによる火力UPの恩恵が大きくなるため、編成されるシヴァ剣の本数は増えます。 また、特定の武器種の得意キャラで染めないパーティの場合は、オメガ武器の代わりにシヴァ剣が1本増えると考えるのがわかりやすいです。 いずれにしても、 シヴァ剣は基本的に2本あれば困ることはほとんどありません。 HPは火力という考え HPが多ければ回復やダメージカットの手間が省けてその分ターンを早く回せるため、HPの多さは火力と繋がっています。 実際に戦っていてHPがもっと欲しいと思ったら、コロ杖の代わりにシヴァ剣を1本増やすというように柔軟に対応したいところです。 特にHPを増やしたい場合は編成本数が増える 火力だけを考えた時には、シヴァ剣は0~多くても2本の編成となるのが基本。 ただし、高難易度マルチバトルに挑む際など特に最大HPを確保したい場合には、3本目を編成するケースが出てきます。 ルシファーHLに火マグナ編成で挑む場合には、シヴァ剣は3本欲しいです。 とくに9月の開催が予定されている火有利古戦場の95HELLでオート放置をしたいなら、シヴァ剣は3本以上用意できるようにしておいた方が良いでしょう。 そもそも火マグナで95HELLをオートできるかどうか怪しいですが メカニックやクリュサオル編成では0本 メカニックやクリュサオルなどの開幕に奥義をフルチェインして終わる編成の場合。 先述したように 奥義ダメージについてはシヴァ剣は4凸コロ杖よりもダメージが低いため、1本も編成に入ってきません。 まとめ• シヴァ剣以外での連撃率が高ければシヴァ剣の編成本数は少なくなり、低ければ多くなる• シヴァ剣は2本あればだいたいOK• 特にHPを確保したい場合は3本• 開幕奥義編成では1本も入らない guraburukouryakusinannjo.

次の