ミニマリスト 30代 ブログ。 ミニマリストの一人暮らしの部屋紹介(物件を探すコツもあり!)

ミニマリスト(30代女性) 人気ブログランキングとブログ検索

ミニマリスト 30代 ブログ

いつもは玄米菜食の情報を中心に、食生活に関わることをブログでお話ししています。 バッグの中に入れて持ち歩く物が減り、バッグ自体もどんどんサイズダウンしていきました。 小さなバッグをクリームで磨いて長年使う、ていねいで落ち着いた暮らしのシンボルの様に感じて惹かれました。 革がくったりと柔らかくて、本体自体はとても軽いバッグです。 底もしっかりとした形があるので、物を入れればある程度はシャンとしてくれます。 小さなバッグには最低限自分に必要な物だけを入れて、大きな荷物に縛られることなく、どこへでも身軽に出かけられるフットワークの軽さを手に入れたかったのです。 ネットで購入したのですが、説明文に『バッグインバッグとして使うのもおススメです』とあったので、A4サイズ以上のバッグを使う人からしたらかなり小さめに感じるかもしれませんね。 中にはオープンポケットが一つあるので、小物を分けて収納できるのが便利です。 中には外出時に必要な持ち物を全て入れていますが、余裕を持って収納できて、物を取り出す時もラクラクです。 番号を1~7で振り分けてみました。 素材は本革。 約3,000円で購入しました。 色々と考えた末、必要な機能以外そぎ落としまくった結果、このサイズに落ち着きました。 L字型のファスナーで小銭入れもカード入れも付いていて、小さくても機能の充実した財布です。 自分のお小遣いと区別するためですね。 ケースは100円ショップのポーチが家で余っていたので活用。 いつも5,000円ピッタリ入れて持ち歩いています。 夫にも同じ様に立て替え財布を持ち歩いてもらっています。 3.スマートフォン 外出時のiPhoneケースは画面を保護するカバー付きのやつです。 Amazonで購入、フリンジがかわいい。 4.ブルートゥースイヤフォン 電車の車内や移動中、何かと訪れる待ち時間には大抵音楽を聞いてやり過ごしています。 コードが煩わしいからブルートゥース一択です。 便利過ぎて戻れません。 ランニングの時にも使っていて、外出時はケースごと持ち歩いています。 音楽聞く以外はスマホ起動しないですからね。 もしもに備え過ぎると、常に大きな荷物を持ち歩くことになるんですよ。 5.ハンカチとティッシュ 基本セットですね。 ハンカチはメイクの脂浮きを抑えるためにも持ち歩いているので、あぶらとり紙は使いません。 ガーゼかタオル生地を優しく肌に押し当てるだけです。 ティッシュケースは随分前に京都に遊びに行った時に買いました。 布製のケースで、ポケットティッシュをビニールごと入れています。 6.メイク用品 左から、自作のメイクパレット・口紅・リップトリートメント兼グロス・ハンドクリームです。 メイクパレットは無印良品の名刺入れをセルフカスタムしました。 メイクパレットのケースをガチャガチャ持ち歩くことなく、このパレットひとつでOKです。 100円ショップで買ったパフと個包装綿棒をチップやブラシの代わりに使っています。 パフは一回使ったら絶対に取り替える派で、以前は毎回洗っていました。 今はお安いパフなので使い捨てています。 ハンドクリームはお試し用サイズを漢方薬局で100円で買いました。 コンパクト最高! 7.ミラー 母と行った雑貨屋さんで購入、500円くらいでした。 手のひらサイズのミラーで、どんなバッグにでもスッポリと収まります。 エッフェル塔、カッコいい。 拡大鏡と普通鏡の2面鏡なので、2通りの使い方ができて小さいけれどスグレ物です。 私ねこ子は、大規模な片付けや捨て活を経験していくうちに、外出時の持ち物やメイク品等もミニマルな量に変化していきました。 外出時も身軽になったことで、様々なハードルが低くなり、外でも快適に過ごせる様になりました。 このブログを読んでくださった方も、スッキリとした暮らしを目指してお片付けを頑張っていることと思います。

次の

30歳のミニマリストの価値観。50代の私には目から鱗だったこと。

ミニマリスト 30代 ブログ

ミニマリストせつなです。 今回はミニマリストの 一人暮らしの部屋紹介をしていきます。 この記事を読んで役に立つコト と参考になる人• ミニマルな部屋の作り方• これから一人暮らしをする予定の人• いい部屋を見つけるコツ(別記事)• 利便性の高いモノを使うとミニマルな部屋でも狭く感じないというコト• キッチンのモノで悩んでいる方• ユニットバスにしようか悩んでいる方にレビューしてます。 カーテンか?ブラインドか?で迷っている方 と言ったことでお役に立てるのではないかと思います。 僕の今の部屋は以前の部屋に比べると家賃は安いのですが、生活パフォーマンスは格段に良くなっています。 僕の以前の部屋はこちらとなります。 合わせて読んでいただけると嬉しいです。 ミニマリストの一人暮らし部屋のコンセプトと間取り 僕のミニマリスト部屋のコンセプトは、生活感のない部屋。 理由としては、以前のマンションは今のマンションより収納も少なく、断捨離を意識して物を減らしたのですが、寝具が部屋に直置きになったりして 生活感が出てしまう上、部屋を圧迫していました。 特に本棚や食器棚を置くと部屋の居住スペースがかなり狭くなっていました。 畳むこともできない寝具、大きな家具を部屋の中に置いたりすると部屋を圧迫するだけなのであまり僕はオススメしません。 今の家は 備え付けの収納が広い為、家具をあえてもたずに備え付けの収納でうまく使って生活感のない部屋を作れないか取り組んで見ました。 今の僕のマンションの基本情報• 大阪の市内を外れたところ• 築2年(2019年現在)• 鉄骨造• 20平米のワンルーム7畳• 4階建の最上階角部屋• エレベーター無し• オートロック• ワンルーム ユニットバス物件• 室内洗濯機置場• 家賃は共益費込みで45000円 という部屋です。 家賃45000円というのは他のミニマリストからすると普通か高いかも?と思われるかもしれませんが、家賃以上に高い利便性を秘めた物件であると思います。 僕の一人暮らしの物件の探し方も下記に記載しています。 4件引越しして気づいた僕の引越しの経験が詰まっています。 満足のいく部屋ができたので紹介ができます。 ミニマリストの一人暮らしの部屋の間取り図 部屋の間取りです。 下駄箱と大きな収納、及び大きなバルコニーが ポイントです。 バルコニーが大きい為、狭い部屋でも平米数以上の開放感を感じます。 特に窓が基本的な一人暮らしの物件では2枚なのですが、3枚構成なので日当たりも良く広く見えるので、見た目以上に開放感があります。。 キッチンも普通の1Rマンションよりも広め。 理由としてはまな板スペースがあり二口コンロがある為です。 そしてキッチン以外のお風呂トイレのドア等水回りが部屋の奥に隠れているのもいいところですね。 ユニットバスの入口とか部屋内に見えてると僕は気になります。 居住スペース 2020年現在の配置です。 テレビと冷蔵庫の位置を入れ替えました。 住み始めた当初と比べて冷蔵庫を配置していた位置(下記の写真ですと電子レンジを置いているあたり)がデッドスペースと化してしまい、今回冷蔵庫とテレビの位置を変えてみたところデッドスペースを無くす事ができてしっくりする部屋になりました。 ) 住み始めた当初の写真。 窓際から撮影したメインの部屋です。 極力シンプルに物を置かずに部屋を広くみせるように心がけています。 間取りは一般的なワンルームの部屋です。 7畳の広さになっています。 立ち鏡がクローゼットに備えつきでついているのもポイント。 毎朝身だしなみを整えるのに便利ですね。 備え付けのクローゼットが広いのは嬉しいところ。 写真で僕が使っている椅子は という アウトドアブランドのチェアを使用しています。 使わない時はミニマルに分解して小さくなります。 必要ない時に最小サイズになるのは無駄なスペースを作らず便利ですね。 詳しくはこちらの記事からどうぞ。 下記の画像は作業するときの状態。 シンプルな家具で統一して僕は気にいっています。 ちなみにデスクの本は尊敬するミニマリストしぶさんの本です この机は折りたたみの昇降式の机となります。 高さを下げることもできて、作業するときは高さを上げる等調整することができる便利な机です。 僕は人が来た時は机を下げて床に座って食事ができる様にしています。 こちらの机も収納するときは折りたたむこともできます。 椅子と机を小さくすることで狭いながらも居住スペースを広く見せることに成功しています。 このように たためる家具で揃えると部屋をシンプルに、また部屋を広く見せることができます。 使うときだけ出して、使わないときはしまう。 ミニマリストの部屋として理想的なモノの使い方となっています。 家具を選ぶときは価格以上に機能性のあるモノを選ぶのがポイントです。 また売却するときにその家具に価値があるものか? モノの出口を意識して買い物するようにしています。 安物買いばっかりでもいいのですが、家具はどうしても年数が経つと買い替えが発生すると思います。 数年使うモノはしっかりしたモノを買うのがオススメです! 最初の方に記載しましたが、僕の家は バルコニーも広く開放感があって使いやすいです。 例えばモノが増えてもベランダに収納ボックスを買えば部屋を圧迫することもありません。 結論、いろいろな使い方を秘めた利便性の高いバルコニーだと思います。 後、あまり奥行きはありませんがバルコニーの前が少し 出窓になっているのでノートパソコンや飲み物くらいは置けます。 パソコン置いて作業できるくらいのスペースはあれば意外と便利。 チェアに座らないときは布団をクッションがわりにして出窓で作業することができます。 ( )さんの4畳半の家と使い方が一緒ですね。 僕は ミニマリストを日々目指して活動していますが、持ち物が少ないから ミニマリストなのではなく 価値のある少数精鋭でモノを揃える事が重要である考えています。 だからモノで溢れるのは嫌いなので自分が必要だと思った物に絞って取捨選択を意識して買い物をしています。 一人暮らしのワンルームマンションの水回り。 キッチンです。 まな板を置くスペースがあるのは自炊が捗りますね。 一般的な一人暮らし物件の狭い部屋はキッチンのシンクとガスコンロにスペースがない場合がありますのでこのキッチンは調理スペースがあるのはありがたいですね。 2口コンロは2つの工程を同時進行できる為便利。 僕はパスタを茹でながらソースを作ったり活用しています。 僕のキッチンの収納の紹介をしています。 合わせてどうぞ。 洗面台 ワンルームでは珍しい 独立洗面台があります。 その為、ユニットバスの洗面台は全く使っていないです。 下に収納スペースもなく、むき出しな洗面台はシンプルでいいですね。 これも家賃45000円の物件では滅多にないと思います。 下に置いているオーク材の入れ物は元々無印良品のゴミ箱だったのですが、今はドライヤーやヘアアイロンを入れる収納として使っています。 プラスチックの収納だとちょっと部屋のイメージと合わないのでちょうどよく馴染んでくれています。 洗濯機置場 ミニマリストの方がよく使っている ウタマロクリーナーを購入。 風呂 トイレ キッチン掃除が ウタマロ一本でできるのでこれは便利ですね。 洗剤も必要なモノ以外は断捨離できそう。 洗濯機の上に物置が欲しかったのでコーナンで洗濯機ラックを買いました。 数千円で買えます。 うまいこと設置できました。 バスルーム ユニットバスです。 トイレマット等置かずに丸洗いできるようにしています。 格安一人暮らし物件でありがちなユニットバスは丸洗いしたいので極力物は置かないようにしています。 とはいえシャワーカーテンは元から付いていたのでそのまま使用中。 よくカビが生えるとか言われますが、換気をしっかりして水分をとれば今のところカビはみられないです。 一人暮らしマンションの水回りについて考察してみる キッチンは広く十分に感じています。 やはり調理スペースは必要であると考えます。 生ゴミを捨てる三角コーナーを以前は使用していたのですが、 不衛生で掃除の手間の為、 断捨離しました。 合わせて読んでいただきたい記事でキッチンの収納について記事と重複するのですが一応説明をしておきます。 ゴミ箱を持たない代わりに無印良品の吊るせるクリップでゴミ袋をキッチンに設置。 使い終わったら捨てるスタイルにしています。 水切りカゴも前は置いていたのですが、ニトリで 折りたためる水切りを発見! 使わないときはたたんで棚に収納。 (水切りカゴは汚れが溜まりやすく白だったので汚れが余計に目立つ為気になります。 洗濯コーナーは ウタマロクリーナー中心で使用しています。 洗濯洗剤 柔軟剤とアイテムを厳選。 ユニットバスは僕にとっては初めての使用で当初は デメリットと考えていましたが、無駄なものを置かずに入浴後にユニットバスを 丸洗いできるようにしてる為綺麗に保てるので使い始めて1月もしたら使い慣れました。 これで家賃が下がるなら全然ありかなって今なら思えます。 ちなみに前のマンションは風呂トイレが独立してましたが、掃除が大変でそんなに綺麗じゃなかったというのが率直な感想です。 当時は新築のマンションでしたが、結構汚れていたかなぁと今は感じます。 独立洗面台はやっぱりあれば嬉しい。 朝の身だしなみを整えることがはかどります。 部屋を無印良品などの小物で拡張性を持たせる 無印の吊るして使える洗面用具ケースです 幸いにも窓に引っ掛けるスペースがあったのでそこに吊り下げて使っています。 これは本当に便利です。 折りたたむこともできるので旅行の際にポーチとしてそのまま使えそうですね。 入っているのは 無印良品の化粧水 オリーブオイル 歯磨きジェル 整髪料 髭剃り 歯間ブラシですね。 無印良品のシャワーラックと詰め替えボトル シャンプーとボディソープのボトルを無印良品の入れ物に詰め替えたため、シンプルになりました。 後は体を洗うスポンジを吊るせるシャワーラックでシンプルにまとめています。 全て無印良品を使用しています。 電源周りの紹介 ニトリのケーブルケースです このケーブル収納ケースはニトリで購入したのですが、素材が紙なのでとりあえず使ってみていらなかったら処分できるため、購入しました。 紙でできてるならすぐに捨てれますね。 こちらのデメリットは埃が溜まりやすくて目立つと行ったところです。 僕が今現在工夫しているところをまとめると• 洗面台の無印良品の吊るせる収納ポーチを利用。 窓際に掛けれるので必要なものだけ入れて 収納がないところを自分で作る• 浴室には 無印良品の 吊るせるシャワーラックを使用。 ボトルも無印良品のボトルに詰め替えて シンプルなインテリアを演出。 ボディータオルも無印良品を使用。 シンプルな作りと色はいいですね。 部屋で目立ってしまうガジェット等の配線類。 ニトリで購入した ケーブルボックスを使用。 ごちゃごちゃした配線が極力目立たないようにしています。 部屋の窓はブラインドか?カーテンか? ブラインドを上げているとき 僕は今回の物件はブラインドにしました。 ブラインドはニトリで購入したヒモで引っ張ったり下げたりするタイプです。 今回3本購入しています。 1個2000円くらいです。 オーダーメイドにすると10000円以上するみたいです。 店頭で販売しているモノでなんとか設置。 ブラインドを下ろしたとき。 カーテンじゃないと部屋がスッキリと見えますね。 寝るときも外から光が見えずスッキリ寝やすいです。 当初僕はカーテンか ロールスクリーンか ブラインドの3種類で迷ったのですが、 シンプルな部屋にしたくて、また部屋の白と黒のモノトーンを有効活用したくて ブラインドを選択。 こちらは 木目調のブラインドです。 ちなみにオーダーメイドにすると本当に高いです。 費用を抑えておしゃれな部屋に仕上がっていると思います。 ミニマリストの新居の部屋紹介を終えて 画像にはありませんが、クローゼットのハンガーも以前は今まで色々な種類のハンガーが混ざっていたので今回無印の シルバーハンガーで統一しました。 古いのは全て断捨離。 一種類に絞ることによってクローゼットがスッキリ見えます。 ちなみに冷蔵庫についてですが、一人暮らしの冷蔵庫無しの生活は、その日買ったものを食べきる飲みきるスタイルなら問題ありませんが、 保存が効かない点や僕は 自炊して弁当を職場に持って行っている為、僕は今回購入しました。 僕の食費の記事はこちらからどうぞ。 どうしたらミニマルな部屋を活かす事ができるか考えた末に色々と取り組んでみた結果、ミニマリストの要素をたくさん取り入れた部屋に仕上げることができました。 生活感のないシンプルな部屋。 モノも自分にとって必要なモノに厳選して所有しています。 今後もシンプルで開放感のある部屋をテーマに必要に応じてモノのアップデートをしていくつもりです。 以上で僕の一人暮らしの部屋紹介を終わります。 最後に 部屋をよくしていくコツは一度部屋を作って終わりではなく不必要なモノが増えないようにモノの日々管理、維持継続が必要と考えています。 場合によってはその都度処分していく必要もあります。 僕がこの記事で何回か書いている事ですが、モノを買い替える時や新しく買う時は安いだけではなくそのモノに価値があり、売却するときモノの出口を考えて買うように意識する事が大切かなと考えています。 最後になりますが、もし僕の記事が参考になって一人暮らしをされる方や、ミニマリストを目指す方、またインテリアの配置 購入の際の参考になれば幸いです。 最後まで見てくださり有難うございました。 また購入したもの等をブログに書いていこうと思います。 皆さま良きミニマルライフを送りましょう! では次のブログで。 ミニマリストせつなでした。

次の

30歳のミニマリストの価値観。50代の私には目から鱗だったこと。

ミニマリスト 30代 ブログ

ゆるミニマリスト主婦ブログが2019年に断捨離して良かった物と、断捨離後の生活と気持ちの変化をブログに記します 以前にも ブログで 断捨離について、いろいろ書いてきましたが、今回は「2018年に断捨離して捨てて良かったものを5つ」と「2019年上半期に断捨離して捨てて良かったものを2つ」の合計7つを紹介します。 私は、 ゆるミニマリストとして生活している主婦です。 また 整理収納アドバイザーの資格も取得してこのブログを運営しています。 極限生活とかではないですが、一般的な家庭より少し(いやけっこう)ものは少なめ。 キッチンなら• 炊飯器• 洗い桶• 三角コーナー• 水切りかご お風呂場なら• 洗面器• 風呂いす• シャンプー• バスタオル などすでに断捨離済みです。 洋服などもすでに普通の人の半分以下くらいまで減っています。 そんな状態からさらに今年2018年に断捨離したものを5つピックアップしてブログで紹介しましたが、2019年上半期に断捨離したものをさらに2つ追加してリライトしました。 「 断捨離 ブログ」で調べてたどり着いてくださってる人が多いようなので、最後に少しだけ「断捨離して感じたことについて」追記しました(2019年1月)。 2019年ミニマリスト主婦が上半期の断捨離で捨てて良かったもの2個 :その1「クイーンサイズマットレス」 我が家はベッドではなく、三つ折りのマットレスで寝ています。 2年前にこの家に引越ししてきたとき、押入れに荷物が多くて入りきらなかったため、ソファー代わりにできるように、160センチ幅のクイーンサイズのマットレスを購入しました。 リビングとして使用している6畳間に置いて、クッションをかぶせて「なんちゃってクッション」に見せかけて暮らしていたのですが、コツコツ断捨離をくりかえし、シングルマットレス2つ分のスペースを確保できたため、断捨離しました。 背もたれに使っているデニム座布団に掛け布団を収納しています。 が、マットレスを処分したついでに断捨離。 価格の割にしっかりしていて、シンプルなデザインで、サイズも大きすぎず小さすぎず。 コスパも良いし主張しすぎない良い家具でとても気に入ってたのですが、断捨離した方が家が広く使えそうだな〜と思ったので処分しました。 今まではダイニングテーブルが散らかってたりすると、このサイドテーブルで食事をしていたのですが、このサイドテーブルを処分したおかげで、食事をする際に必ずテーブルを片付けるという習慣ができて、家を綺麗に保つしくみが以前よりも整った気がします。 映画を見ながら畳に座って晩酌…みたいな時は、IKEAのお盆に脚がついたやつ(脚付盆)を使っています。 テーブル代わりになるので、とても便利。 唯一使ったのが、関西に住んでる友達に関東で放映される番組録画してって言われた時だけ。 DVDデッキ(ブルーレイプレイヤーとハードディスクレコーダーが合体したやつ)はどの家庭にもある必需品のような気がしてましたが、我が家には必要なかったです。 けっこう古く状態も悪かったのですが、旦那が秋葉原に売りにいって、帰り「パブロ」のチーズケーキに化けて帰ってきました。 DVDデッキを断捨離してから半年が経過しましたが、今のところ不便を感じていません。 今までテレビドラマを録画してチェックするぐらいだったのですが、今はネットでテレビドラマを見逃し配信してるので全然問題なしです。 特に食器は必要量って本当に少しだけなんですよね。 結婚時にとりあえずでIKEAの食器セットを購入しました。 3種類6枚ずつというもので、ずっとセットだから1枚でもかけてはいけないと思っていたのですが、よく考えたらそんなにお客さんもいないから使わないものはいらないということに気づきまして。 代用できるお皿があったり、必要十分な量以上の枚数のものは断捨離。 ボウルと取り皿は別のお皿を使ったら良いから全部処分。 カレー皿は2枚のこして、残りは処分。 セットで買ったからって全部所有する必要なないということにようやく気がついて心軽やか! どうしても必要になったら1枚300円かそこらでIKEAで買ったら良いんだよね。 2018年ミニマリスト主婦が断捨離で捨てて良かったもの5個:その3「旅行用のキャリー(コロコロタイプのトランク)」 旦那が出張の時につかう「かも」。 旅行に出かける時につかう「かも」。 と思って残してましたが、ブログをはじめてこの1年、全く稼働してないんです。 旦那は出張の時に大きいトートバッグみたいなのを持って出かけるし、結婚して4年たちますが1泊2日旅行しかしてないし。 断捨離じゃーい!! 2018年ミニマリスト主婦が断捨離で捨てて良かったもの5個:その4「ポイントカード、キャッシュカード、クレジットカード類」 旦那と話し合い、ポイントカードオール断捨離。 クレジットカードも1人2枚。 銀行のキャッシュカードも整理。 財布は小さい面積ですが、生活の縮図。 財布を断捨離すると、それがきっかけで部屋の断捨離促進につながったりします。 何から断捨離を始めたら良いかわからないときはまず財布の整理(断捨離)がオススメです。 友達が多いこと、遊びに誘われて食事や宴席にたくさん出かけることが自分のステイタスのように思っていました。 私は音楽が好きでバンドマンの知り合いが多いのですが、ライブ来てのお誘いが月30件以上あり、そのうちの3つか4つに行ってたら、全ての週末はライブで埋まっていたんですよね。 行ったら大きい音で音楽聴くのは楽しいし、知ってる人たちに会えるし、それなりに満足してたんですけど、今考えたら私はそこに行ってお金落としてるだけで、何も成長しないんよね。 ラインも毎日いろんな人とやりとり。 あの人がどうした的な、噂話の交換会みたいな状態。 噂に詳しいのってその時は楽しいんだけど、今冷静にみたら自分というものがないから、他者に関わりたがっていたのかなと。 旦那の転勤で2017年に東京にやってきて主婦になって、普段会う友達がいっきにへって感じたこと。 さいしょは「さみしい」だったけど、自分と向き合う時間も増えめちゃくちゃ楽しくなってきました。 自分の大切な時間を「つきあい」で忙殺されていたことに40歳すぎてやっと気づきました。 旦那の転勤について東京にやってきたことで、過去の人間関係を断捨離できてしまったのです。 ブログをはじめて、新しい友人たちにも恵まれ、本当に大切なお友達(10人くらい)とは不定期ながら交流を続けているし、親友は会いに来てくれるし、月に1回誰かとお茶するもしくはライブに行くくらいのペースがベストかなあと自分で自分のペースがわかってきました。 誘われると断るのが心苦しいから出かけなきゃ。 さみしいから誰かと会いたい。 みたいな負のループから抜けられたのはめちゃくちゃでかい。 東京に来て良かったです。 ブログにもたびたび書いているのですが、捨てるんじゃなかった!と後悔したものは今のとこありません。 ただ捨てるときには私もそれなりに苦しみます。 ランキング的には• これほとんど使ってないのにもったいない• まだ使えるしいつか使うかもしれない この3つが特に捨てるときにためらいます。 使わない新品のままサイズアウトしたそこそこの値段の服とかは、捨てるの苦しくて今でも何年も捨てられなかったりします。 勇気を出して、覚悟を決めて捨てた後…後悔するだろうな…と思ったら… めちゃくちゃ心がスッキリします。 数日たてばもう持っていたことすら思い出しません。 そして部屋も物理的にスッキリして、探し物が減り、引き出しは取り出しやすくなり… マジで良いことばっかり! ということで、申し訳ない気持ちで捨てられないものも一度勇気を出して捨ててみてください。 実は生活に必要なものってそんなに多くない。 ミニマリストになる必要はないですが、少し荷物を減らすだけで生活がうんと気楽になると思います。 あんなに捨てられなかったのに、捨てたら持ってたことすら思い出さないことがほとんどです。 コツコツブログを通して発信して行きたいと思います〜〜。 自分にとって大切なモノを、より大切にするために、それ以外のものを減らすという考え方です。 断捨離したい人の背中を押すブログ記事集めました 断捨離関連の記事や整理収納について書いたものなどの中から人気記事をセレクトしたブログ記事。 断捨離して一番目に見える効果があるのが洋服です。 洋服を減らすコツと整理収納の方法について書いたブログ記事。 とにかく捨てられない。 そんな人のために断捨離のコツについて書いたブログ記事。 大きいダンボールを1箱月額500円で預かってくれるサービスを愛用中。 断捨離にとても効果的なので、我が家の利用方法について書きました。 ミニマリストになるためには、まず財布を小さくするのがオススメ。 財布の中身を公開しつつ、コーチのかわいい二つ折り財布を見せびらかすブログ。 アラフィフのだんないが洋服を断捨離して減らし、私服を半制服化することでおしゃれになったというブログ。 断捨離しにくいものの代表格ハサミ。 我が家はひとつしか所有していません。 ひとつのハサミで何役もこなすという、工夫を提案しているブログ。 コレクター気質の人は、モノが増えがち。 生活に必要ないからと趣味のものを断捨離するのはなんか違うと思うのです。 自分なりに定量を決めて所有しませんかという提案を書いたブログ。 何を捨てて何を残すのか?整理収納アドバイザーでミニマリストのていないが、捨てると残すの分岐点について書いたブログ。 合わせて読みたい話題のトピック 「断捨離」という言葉は、商標権を持つやましたひでこさんの造語ではなかった? 「断捨離」の商標権を持つやましたひでこさんによるユーチューバーやブロガーへの「断捨離」という言葉の使用差し止めトラブルについてまとめたブログ記事です。 jikobukken.

次の