ギャルソン デザイナー。 コムデギャルソンについて

独自の理念を貫くブランド「コムデギャルソン」の歴史

ギャルソン デザイナー

デザイナー 栗原たお 1973年6月25日生まれの栗原たおは、1997年にイギリス、ロンドンにあるファッションの名門校セントマーチンズ美術大学を卒業。 在学中に目にした川久保玲のクリエイションに衝撃を受け、その翌年の1998年にはコムデギャルソン社に入社します。 入社後しばらくは、既にギャルソン社の中でデザイナーとして活躍していた渡辺淳弥のもとで経験を積んでいましたが、彼が手掛けていたトリコ・コムデギャルソンのデザイン担当を、2003年から引き継ぎました。 ただし、このタオ・コムデギャルソンについては2011年春夏コレクションを最後に一度終了とし、現在、栗原たおはトリコ・コムデギャルソンに専念しています。 トリコ・コムデギャルソンのコレクション トリコ・コムデギャルソンは、当初ニット類に特化したブランドとしてスタートしました。 その特徴は、コムデギャルソンのテイストを受け継ぎつつも、若々しくカジュアルで愛らしい雰囲気のデザインが中心で、より着やすいラインナップとなっています。 近年の傾向では、例えば2013年の春夏(2013SS)は「オールブルー」をテーマとして、そのテーマ通りに青系の色をメインカラーに据えて、デニムのサルエルカーゴや、パッチワークのブラウス、丸襟のチュールワンピースなど、カントリースタイルを感じさせたり、フェミニンなディテールで魅せるものでした。 次コレクションである2013-2014年秋冬(2013-14AW)のテーマは「カーキ」。 カーキやオリーブカラーのミリタリーウェア、ワークスタイルなどがベースになったもので、その中にもトリコらしいキュートさをプラスしたリアルクローズを提案しました。 2014年春夏から秋冬にかけては「エレガンス」をテーマに、Aラインのワンピースやフレアスカート、パフスリーブなどふわりとした女性らしいラインナップを展開。 様々な手法で花柄を表現したり、秋冬では、艶やかな黒のアウターを投入するなどしています。 2015年の春夏コレクションでは、リネンシャンブレーやラミーといった麻の生地を使ったアイテムを展開し、「軽やかで自然な風合い」や「涼しい夏」を表現。 高原の避暑地やリゾートにエスケープした気分で楽しめるようなラインナップとなっており、生成りやベージュ、モカ、ブラックなど落ち着いた色合いと自然な風合いの中で、女性らしさを演出していました。 おすすめの関連記事• そして197... コムデギャルソンを立ち上げるまで コムデギャルソン社の代表取締役社長にしてオーナーデザイナーである川久保玲。 一般的にデザイナーというと、服飾系の学校を... コムデギャルソン社には、メインとなる「コムデギャルソン」以外に、川久保玲や渡辺淳弥その他のデザイナーが手掛ける、数多くの派生ブランドが存在します。 コムデギャルソン、川久保玲が仕掛けるコンセプトショップ「ドーバーストリートマーケット」(DOVER STREET MARKET)のはじまりは、2004...

次の

独自の理念を貫くブランド「コムデギャルソン」の歴史

ギャルソン デザイナー

A post shared by sacaiofficial sacaiofficial on Oct 2, 2016 at 2:04am PDT 【阿部千登勢 あべ ちとせ 】 sacaiデザイナー 1965年11月9日生まれ 岐阜県出身 sacai初のバッグコレクションで協業したKatie Hillier ケイティー・ヒリヤー と。 経歴 1987年、名古屋ファッション専門学校服飾科卒業後、「ワールド」に入社。 1989年 COMME des GARCONS コムデギャルソン に入社。 パタンナー、ニットウエアの企画を経験。 1996年 結婚・出産育児を機に退社 1999年 自身のアパレルブランドsacaiを立ち上げる 2003年 秋冬コレクションからNYで展示会を行う 2004年 春夏コレクションからはパリで展示会を行う 2006年 sacai gem サカイジェム 、セカンドラインsacai luck サカイ ラック をスタート 2007年 毎日ファッション大賞受賞 2008年 メンズラインをスタート 2009年 「MONCLER S」のデザイナーに就任 2011年 東京・南青山に初の直営店をオープン 2015年 二度目の毎日ファッション大賞受賞 2016年 sacai luck休止し、sacaiへブランドを統一 二度の毎日ファション大賞受賞 阿部千登勢は2007年に一度目の毎日ファッション大賞を受賞し、2015年には二度目の大賞を受賞。 それまでに二度以上の大賞受賞したのは、川久保玲 COMME des GARCONS 、三宅一生 ISSEY MIYAKE 、山本耀司 Yohji Yamamoto 、高橋盾 UNDERCOVER の4人である。 阿部千登勢手掛けるsacaiとは A post shared by sacaiofficial sacaiofficial on Aug 23, 2015 at 4:50am PDT 2006年立ち上げたsacaiのセカンドラインsacai luck サカイ ラック。 「日常の上に成り立つデザイン」をコンセプトにスターとさせた。 そして2016年休止することになるが、ブランドの次のステップとして、ブランドを統一することでブランドにsacaiに注力し、世界的にブランドの存在感を高めていく目標を掲げている。 sacaiのスタートは夫の阿部潤一の助言 sacaiをスタートさせるまでの秘話 1996年に結婚・出産育児の為、8年間務めたCOMME des GARCONSを退社。 妊娠や育児で、会社に迷惑をかけてはいけない、かけたくないという思いが強く退社したという。 出産後、生まれた子供は可愛く仕事を辞めたことへの後悔はなかったが、これまでバリバリと仕事へ打ち込んでいたこともあり、夫・阿部潤一と仕事の理想が似ていた分、子供を生んだ自分との差に不公平さを感じたと語っている。 阿部潤一にブランドの立ち上げを勧められ、資本も支援者もいない状況で育児も家事もしなければならない状況でやらない理由はたくさんあったが、だからこそ面白いかもと思い、早速子育てのかたわら服を5型を編み上げた。 作り上げた結果5型しかできなかったが、 阿部潤一がそれでもいいじゃないかと背中を押してくれ、ブランドネームのサカイも 阿部潤一のアイディアと語っている。 阿部千登勢の夫・阿部潤一とは? 【阿部潤一 あべじゅんいち 】 kolor カラー デザイナー 1965年生まれ 文化服装学院アパレルデザイン科でファッションを学ぶ。 卒業後、いくつかのアパレルメーカーを経て、2004年kolorをスタート。 kolorとは A post shared by sacaiofficial sacaiofficial on Apr 29, 2015 at 6:45am PDT オバマ大統領は日本を国賓で迎えた際、賓客の心をくすぐる計算し尽くされたおもてなしの一つとして、ファーストレディーのドレスは賓客の国のデザイナーにドレスを特注している。 元々日本ブランドを愛用するミシェル夫人は、特にCOMME des GARCONS 川久保玲 、JUNYA WATANABE 渡辺淳弥 、Yohji Yamamoto 山本耀司 、sacai 阿部千登勢 がお気に入りで、約200人の晩餐会の招待客の1人に、sacaiのデザイナーの阿部千登勢を日本から招いた。 ホワイトハウスで、sacaiの2015年春夏の最新コレクションを着用した写真をインスタグラムに投稿。 関連リンク.

次の

栗原たおによるトリコ・コムデギャルソン

ギャルソン デザイナー

クリエイターに人気の高いファッションブランド「コムデギャルソン」 個人的にも大ファンで、いつも素晴らしいデザインを見て心を踊らせています。 美容師にとってとても学びになること、通ずることも多いと思うので、是非読み進めていってみて下さい。 asahi. html 名前:川久保玲(かわくぼれい) 生年月日:1942年10月11日 年齢:75歳(2018年1月現在) 出身地:東京都 出身校:慶應義塾大学文学部哲学科卒業 経歴 大学卒業後、株式会社旭化成宣伝部に入社。 3年で退職し、フリーランスのスタイリストになる。 1969年、ファッションブランド「コムデギャルソン」を立ち上げ、製造・販売を開始。 1973年、株式会社コムデギャルソンを設立。 1975年、東京コレクション初参加 1981年、パリコレクション初参加。 2001年、芸術選奨受賞。 2012年、ファッション界のオスカー賞と称される、米「CFDAファッション アワード(国際賞)」を受賞 2017年、NYメトロポリタン美術館で「Rei Kawakubo/Comme des Garcons Art of the In-Between」展開催。 インタビュー嫌い、写真嫌いで知られメディアの前にはあまり登場しないそうです。 コムデギャルソンとは コムデギャルソン自体知らないという人も、いるのではないかと思いますが そんな人はまず作品をご覧になって頂いたほうが、よりわかりやすいでしょう。 foundation-garment. pinterest. vice. vice. pen-online. blogspot. amazon. 公式サイトがまた、たまらない(笑) 意味分からないという事で一時期話題にもなりました。 公式サイト: 名言 世界で活躍するクリエイターの名言は、美容師にとっても突き刺さるものが多くあります。 自分の生き方、働き方のヒントにさせて頂きましょう。 無駄や失敗があっても、外へ自力で行って、 なるべくたくさんの人と競争しないと、 新しい力は生まれません 本当は私だってそんなに強くはないですよ。 ただ、強気のふりも時には必要です。 どうしよう、としょんぼりしているだけでは何も変わらない 他の人と同じ服を着て、そのことに何の疑問も抱かない。 現状を打ち破ろうという意欲が弱まってきた風潮に 危惧を感じます 本人の中身が新しければ、着ているものも新しく見える。 ファッションとは、 それを着ている人の中身も含めたものなのです 効率だけを求めていると、 将来的にはいいものが作れなくなってしまいます 作品に対し、「よかったですね」「綺麗だったですね」と 全員から評価を受けたら、不安でしかたないです。 そんなにわかりやすいものを作ったのかと、 自己嫌悪に陥ってしまいます。 無視されるよりも、けなされるほうがましです。 言いたいことは全部、洋服の中にある いちばん大切なものは、仕事。 コムデギャルソンの仕事に共鳴してもらい、ギャルソンの服を着た人がドキドキしたり、何か感じてもらえることが一番大事。 作り手の側も1番を目指さないとダメ。 『2番じゃダメですか』と言い放った政治家がいました。 けれども、結果は1番じゃなくても、少なくともその気持ちで臨まなければ。 1番を目指すから世界のトップクラスにいることができる ものを作る時に、どういう評価を受けたいとか、 何か自分のメッセージを伝えたいとかいう 目的はないんです。 その時にかっこいい、 綺麗だと思うことを形にするというのがスタートです ファッションはたった今、この瞬間だけのもので、 それを今着たいと思うから、ファッションなのです。 はかないもの、泡のようなもの。 そんな刹那的なものだからこそ、今 とても大切なことを伝えることができるのです すでにみたものでなく、 すでに繰り返されたことでなく、 新しく発見すること、 前に向かっていること、 自由で心躍ること。 何かいつも、新しいこと、強いものをと思っていて、それを続けていないと次が生まれてこないのです。 利益は結果です。 でも結果は出したい。 すでにみたものでなく、すでに繰り返されたことでなく、新しく発見すること、前に向かっていること、自由で心躍ること。 いい物には人の手も時間も努力も必要だからどうしても高くなる。 いい物は高いという価値観も残ってほしいのです。 関連商品.

次の