プリ コネ プレイヤー レベル 上げ。 【プリコネR】プレイヤーレベルは焦って上げる必要無し!

【相談】プレイヤーレベル60いかないぐらいでもイベントのハードボスワンパンできる?

プリ コネ プレイヤー レベル 上げ

ついにプレイヤーレベルが100を超えました。 プレイヤーレベル100到達しましたー — みさきの misakino22 カンストまであと33レベルです。 ここまで来るのに、だいたい2か月半ほどかかりました。 まだまだ先は長そうです。 プレイヤーレベルは毎日スタミナを消費していれば上がっていきますが、ただむやみに消費しても育成効率は悪いです。 レベルを上げるのと同時に、装備集めやメモリーピース集めも怠らないようにしましょう。 今回は僕がプレイヤーレベル100になるまで、かかさすやっていたことを紹介してみます。 ハードクエストの周回 全クエストを周回する必要はありませんが、才能開花や専用装備で大幅強化されるキャラのメモリーピースはハードクエストで毎日集めておいたほうがいいです。 僕の場合、エリコ、ジータ、シズルのメモリーピースは毎日収集していました。 ハードクエストは挑戦回数に制限があるので毎日やらないとメモリーピースは集まりません。 日課にして忘れないようにしましょう。 僕がプリコネを始めた当初はハードクエストよりもノーマルクエストに夢中になってメモリーピース集めをおろそかにしていました。 いまでももったいないことをしたなと後悔しています。 まだカンストレベルでないなら、日々のメモリーピース集めは超重要です。 才能開花が進まないと戦力にならないキャラも多いからです。 今後、クラバトやアリーナをスムーズに攻略するためにもメモリーピースは集めておいてください。 スタミナにジュエルを割るorスタミナ応援パック購入 無課金で遊んでいる場合はスタミナにジュエルを割ります。 多少課金できるのであれば、スタミナ応援パックを買ってジュエルを節約しましょう。 僕は課金ユーザーなのでスタミナ応援パックを愛用しています。 スタミナでジュエルを割るか課金アイテムを使うか、片方を選ばないと育成効率は一気に落ちます。 スタミナというのはそれほど貴重なのです。 毎日配布されるスタミナだけではまったく足りないので、毎日決まった量のスタミナ回復をして、クエスト周回するのがおすすめです。 メインクエスト14-14までは早期クリアを目指す ある程度のプレイヤーレベルが上がれば14-14をクリアすることができます。 このステージをクリアすると最終ダンジョンが解放されます。 僕が初めて最終ダンジョンに挑んだとき、ダンジョンコインのもらえる量が跳ね上がったのでびっくりしました。 優秀なキャラの才能開花が絶対はかどります。 無駄なく周回するためにも早期クリアを目指しましょう。 ダンジョンコインがあればノゾミ、ユカリ、ミサトなど、強化しておいて損しないキャラのメモリーピースが手に入るので初めはもっとも重要なアイテムかもしれません。 レベル100に到達までには最終ダンジョンの解放を目指してみてください。

次の

【プリコネR】プレイヤーレベルの効率的な上げ方とメリット/プリンセスコネクト!Re:Dive

プリ コネ プレイヤー レベル 上げ

こんにちは!GWも残りわずか・・・寂しいですね。 「プリンセスコネクトRe:Dive」リリース1か月後にプレイ開始• プレイヤーレベル75程度まで上げる• 2018年夏イベにて、水着ペコリーヌが引けずに休止ww• 2018年12月末、毎日無料10連キャンペーンで復帰• アリーナプリーナはデイリー達成用に毎日1回ずつのみ。 復帰後は毎日コツコツプレイし、2019年5月に127に追いつく いやー、長かった・・・ちなみに無課金です。 タイトルにも書きましたが、 プレイヤーレベルは意識して上げる必要はないと思います。 プレイヤーレベルは上げたくても、地道に毎日コツコツプレイし続けるしかない!• レベルキャップに追いついた所で総戦力は追いつけない!• 装備集めたりしていれば勝手に少しずつ上がる プレイしていればわかると思いますが、このゲームはほんとこれに尽きますね・・・ どうしてもプレイヤーレベルを早く上げたいという方は 毎日プレイは大前提として、個人的にオススメするのは イベントクエストの周回です! 最近のイベクエはプレイヤー経験値が 1. 5倍にされているので、装備の回収を気にしなければ、こっちを回った方が早くレベルが上がります。 NORMAL スタミナ消費:10 獲得EXP:15 HARD スタミナ消費:18前後 獲得EXP:25前後 HARDの方はステージによって若干数値がバラけてたと思うので「前後」と書いています。 クエストクリア可能回数は5ステージを1日3回ずつという制限付きですね。 HARDを全てクリアすると大体380くらいの経験値がもらえます。 デイリーミッションも全てクリアで350ほどの経験値。 プレイヤーレベル80くらいからはレベルアップに必要な経験値は3500くらいなので、デイリーとHARDに加えて残りのスタミナをNORMALに使えば、合計で2000近い経験値が獲得できるんじゃないでしょうか。 私はドロップ2倍or3倍キャンペーンの時はドロップを優先、 ドロップキャンペーン以外で且つイベントクエストが開催されている場合はイベクエ優先。 毎日3~6回スタミナ回復をして2~3日に1はレベルが上がっていました。 プレイヤーレベルだけを見てみると、毎日遊んでれば半年~1年掛からずにレベルキャップに追いつけるかと思います。 私の現在の戦力はこんな感じです 戦力低すぎwww トップ層の方々は100万を超えています。 プレイヤーレベルは同じでも戦力は半分以下ですね。 なぜかというと・・・ 育っているキャラが少ない! 星5まで達成しているキャラは14キャラのみ。 クリスティーナとムイミは秘石で上げました。 アリーナプリーナ、クランバトルをガッツリ遊んでいたり、デイリージュエルパックを購入している方々と比べると各コインの獲得量にも差がでます。 キャラレベルや装備ランクに関しても、レベル120以上、ランク11以上(紫枠)まで到達しているキャラは20キャラ程度な為、極端に総戦力が低いんですね・・・ 私の場合はプレイしていない期間があった為、一部の期間限定キャラを取得出来ておらず、そもそもキャラ数も足りてません。

次の

【ヴァルコネ】プレイヤーレベルの効率的な上げ方【ヴァルキリーコネクト】

プリ コネ プレイヤー レベル 上げ

プレイヤーレベルを上げよう ここでは『ヴァルコネ』で効率よくプレイヤーレベルを上げるために、知っておきたいポイントを紹介していく。 プレイヤーレベルを効率よく上げるポイント ・まずはデイリーミッションをクリアーする ・クエストでもらえる経験値はスタミナと同じ ・レベル上げのクエストはキャラ強化クエストを選ぶべし プレイヤーレベルが上がるとできること まずプレイヤーレベルが上がるとどういったメリットがあるか見てみる。 ・プレイヤーレベルはキャラクターレベルの上限と一致する ・コネクトバトルはプレイヤーレベルで参加が制限される 強い敵に遭遇してクエストが進むないとき、キャラクター強化の前にプレイヤーレベルを上げて、強化できるレベルの上限を上げる必要がある。 また、上級のコネクトバトルに参加するのにもプレイヤーレベルを上げる必要がある。 プレイヤーレベルを上げるためのプレイヤー経験値(EXP)の集めかたは以下の方法だ。 デイリーミッションが1日の中でいちばん多く、そして効率よく集められる方法となっている。 まずはデイリーミッションで経験値を大量ゲット 効率よくプレイヤー経験値を集めるにはまずデイリーミッションをクリアーしていこう。 だが、課金をしていないプレイヤーはスタミナに限りがあり、どれから手を付ければいいかわからない。 ここではデイリーミッションで意識したいことを紹介する。 ガチャを回したら、引いたアイテムを持って鍛冶屋に向かおう。 鍛冶屋でのポイントは、 ・無料ガチャのアイテムを使う ・無理にマナを消費せず、売却して鍛冶屋メダルに変える 進化・強化はマナを消費してしまう。 もし進化・強化する必要がないのなら売却してしまおう。 鍛冶屋メダルは商人でアイテムと交換が可能で、鍛冶屋商人でしか手に入らないアイテムもある。 いらない装備品は売却するのはおすすめ。 ・アリーナバトルは10分おきに参加が可能。 勝利しなくても1回にカウントされる。 ・コネクトバトルは自分が主催しても、ほかプレイヤー主催のバトルでもクリアーすれば1回にカウントされる。 敗北した場合はカウントされない。 アリーナバトルは10分おきにできるが、スタミナを消費しないので好みの時間にプレイして問題ないだろう。 コネクトバトルはスタミナを消費したくないときは、ほかのプレイヤーが主催のバトルに参加しよう。 だが、その場合は経験値が0なので注意しよう。 しかし、もっと経験値を集めたい場合もあるだろう。 そのときはクエストやコネクトバトルをクリアーしてプレイヤー経験値を集めよう。 しかし、どのクエストをクリアーするのが多くプレイヤー経験値が手に入るか? A. 手に入るプレイヤー経験値は、クエストに必要なスタミナと同じだけしかもらえない。 つまり、スタミナ6のクエストをクリアーすればプレイヤー経験値はEXP6となる。 経験値だけを見るとどのクエストをクリアーしても大きな差はない。 ほしいオーブに合わせてクエストを選択するといいだろう。 経験値集めにおすすめのクエスト しかし、数あるクエストの中でもおすすめのクエストはある。 それが キャラ強化クエストだ。

次の