ダンシング ベル マーク。 Ransburg(ランズバーグ)静電塗装機器

【全国】ベルマークで簡単に応募できる! ~地域のつながりづくり応援!キャンペーン~|キャンペーン|キリン

ダンシング ベル マーク

小学校のころ、 「ベルマーク」を集めた経験がある人は多いのではないでしょうか? 「集めていたけど、結局どうなったのかわからない」「何かと交換できるんじゃなかったかな?」という声が聞こえてきそうですね。 現在も、お菓子の袋やペットボトル飲料のパッケージ、コンビニおにぎりの袋、文房具など多くの商品にベルマークがついているのですが、ベルマークとは一体どんなものなのでしょう? 今回はベルマークについていろいろ調べてみました! ベルマークの意味とは? 「ベルマーク」とは、「国内外のお友達に『愛の鐘』を鳴り響かせよう」という助け合いのシンボルマークで、ベルマークを集めて参加できるのが 「ベルマーク運動」です。 「すべての子どもに等しく、豊かな環境のなかで教育を受けさせたい」という願いを込め、昭和35年(1960年)に文部科学省の許可を得て「教育設備助成会(現在のベルマーク教育助成財団)」が設立され、ベルマーク運動が始まりました。 ベルマークには点数がついていますが、 ベルマーク1点が1円に換算され、学校の設備や教材と交換したり、被災地やへき地で学ぶ子どもたちや、ハンディを背負いながら学ぶ子どもたちを援助することができます。 ベルマークとはどんな仕組みなの? まず、ベルマーク運動の仕組みをご説明します。 ベルマーク運動には「自分たちの学校づくり」と「お友達への教育援助」という2つの機能があり、学校のPTAや団体が参加することができます。 参加できるのは、 保育園、保育所、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、大学、公民館や生涯学習センターの学習団体・講座・学級などです。 ベルマークは 「協賛会社」の商品に付いています。 1点のベルマークは1円に換算され、集めたベルマークを 「ベルマーク教育助成財団」へ送ると 「ベルマーク預金」として貯めることができます。 但し、「ベルマーク預金」は現金に換えることはできません。 「協賛会社」とは、その会社の商品や製品にベルマークをつけている会社のことで、ベルマーク1点につき1. 25円を負担しています。 この1. 25円のうち、1円分がPTAなど参加団体のベルマーク預金になり、0. 25円はPTAなど参加団体へ運営費として寄付されます。 ベルマークはお菓子や文房具のほかに調味料や石鹸、乾電池、インクカートリッジなどの生活必需品に付いていますので、普通に買い物していれば集まっていきますよ。 集めたベルマークを 「整理袋」入れ、 「送り状」とともにベルマーク教育助成財団に送るとベルマーク預金が振り込まれます。 「送り状」には、ベルマークの点数や、PTAや団体の情報などを書き込むようになっています。 外部リンク: ベルマーク預金が貯まったら、 「協力会社」から希望の商品を購入することができます。 「協力会社」とは、ベルマーク預金で購入できる商品を販売する会社のことです。 ベルマーク預金と購入できる商品は年に2回、ベルマーク教育助成財団から送られてくる 「お買い物ガイド」というものに掲載されています。 「お買い物ガイド」には協力会社から購入できる商品が掲載されていますが、掲載されていなくても、協力会社が取り扱っている商品であれば交換が可能です。 協力会社に直接問い合わせてください。 ベルマークは、個人的に交換することはできませんので、学校のPTAが中心となって集めることが多いのですが、近隣の学校に寄付したり、ベルマーク教育助成財団へ送るため、個人や企業などがボランティア活動としてベルマークを集めていることもあるようです。 ベルマークでどんな商品と交換できるの? 「お買い物ガイド」には多くの商品が掲載されており、商品はそのときによって変更されることもありますが、定番といわれている商品をいくつかご紹介します。 ・黒板ふきクリーナー ・テント ・車いす ・さすまたなど防犯グッズ ・折りたたみいす ・鉛筆削り ・一輪車 ・サッカーボールなどのボール類 ・デジタルカメラ ・時計 ・楽器 ・書籍 などなど 1,000円ほどの書籍や文房具などから、200万円を超えるグランドピアノのような高額商品まで、さまざまな商品をベルマークと交換することができます。 ベルマーク預金が少しだけ足りず、商品と交換できない場合は、足りない分を現金で補うこともできますので、交換を諦めずにベルマーク教育助成財団に相談すると良いようですよ。 外部リンク: ベルマークは、私たちが普段の生活で購入している商品にもついているので、知らずに捨ててしまうのはとっても勿体ないですよね! わざわざ商品の袋から切り取って集めるのは面倒だなぁ~と思う気持ちもありますが、「塵も積もれば山となる」という言葉もあります。 子どもたちがより良い環境で学べるようにベルマークを集めることは、私たちにもできるボランティアのひとつなのではないでしょうか? -.

次の

Q&A

ダンシング ベル マーク

ウェブベルマークとは? ウェブベルマークとはインターネット上にある ベルマーク協会のサイトから商品を購入して ベルマークポイントを貯めるシステムです。 ウェブベルマークのサイト経由で ウェブベルマークを協賛している企業の商品を購入すると 東北の被災校と あなたが登録した学校に半分ずつ 購入した商品の数パーセント(お店によって異なる)の ベルマークポイントが加算されていきます。 そしてそのポイントは従来のベルマークのポイントと同じように ポイントを貯めて学校側で欲しい備品と交換できます。 協賛している企業は Yahooや Rakuten、 7ネットなど、 日頃からよく利用するサイトがたくさんあります。 ヤフーや楽天など、 購入した時に貰える ポイントはそのまま自分のポイントになりますので 個人での負担は一切ありません。 それとは別にベルマークポイントが貯まります。 そして、旅行会社も多数の協賛店がありますので、 そこ経由で旅行の予約を取ると、高額のポイントが取得できます。 姪が通う保育所ではひと夏で、10万ポイント以上貯まったそうです。 凄いですね。 ベルマーク預金口座には従来の方法で集めたベルマークの ポイントも入っています。 ウェブベルマークの利用方法 ウェブベルマークを利用するには まずより マイページ登録をします。 パスワード、氏名、ニックネーム、メールマガジンの購読の有無を 登録します。 こちらは任意なので指定しない場合は 全額、東北の被災校に支援されるようです。 会社やサークル、ママ友などグループで支援する場合は 所属するグループ名を入力してください。 お買い物をしたい時はウェブベルマークサイトトップページの お買い物リストに載っているショップをクリックして、 お買い物したいサイトを選びます。 web bellmarkにログインして、そこからお店を選んでお買い物をすると 自動的にウェブベルマークポイントが貯まります。 ウェブベルマークのメリット ウェブベルマークだとポイントがとても貯まりやすいです。 従来のベルマークは特定の商品のみに付いているので なかなかポイントが貯まりません。 ウェブベルマークはヤフーや楽天などに出店しているお店の どの商品を購入しても、全てポイント対象なのでポイントが どんどん貯まります。 実際に姪が通う都内の保育園では一人の保護者だけで 4万円貯めた人がいるそうです。 また、 小さなお子様が居ない家庭でも被災地の学校や 姪や甥、孫が通う学校、又は出身校の支援が出来ます。 学校の設備を整えることは、 そこで教育を受ける子供たちにとって大切な事です。 ウェブベルマークのデメリット 我が家はベルマークが付いている商品はほとんど買いません。 なので、毎月のベルマーク収集の封筒には1、2枚。 毎回少なくて申し訳ないと思いながら、息子に封筒を渡していました。 そんなある時、姉からウェブベルマークの事を教えてもらいました。 こんな画期的なシステムがあるなんて!!! 子供が通う幼稚園のベルマークポイントが貯まるだけではなく、 微々たるものだが被災地の学校支援にも繋がる。 これはすぐに始めないと・・・・と思い、 私は早速登録をしました。 田舎の幼稚園だからもしかしたら先生は知らないのかも?? と思い、主任の先生にウェブベルマークの事を聞いてみました。 しかし!!!反応がとっても薄い! 主任の先生は既にベルマーク便りで そのことを知っていたそうです。 その先生はインターネットやSNSが苦手な先生です。 「そこまではいいかな・・・・」との事でした。 なので、保護者にもそのシステムの事を 知らせてもらえませんでした。 なので、私が通う幼稚園の保護者の方は ウェブベルマークの存在をほとんどの人が知りません。 きっとややこしい、トラブルの元?、説明が大変? と思ったかもしれません。 実際にはウェブベルマークから商品を購入しても ポイントだけ加算されるので、 誰が何を買ったか、誰が何ポイント貯めたか、 などは他人にはわかりません。 マイページで自分がいくら学校に支援できたか、 また、みんなでいくらその学校の支援額が集まったか のみを知る事が出来ます。 ベルマークを集めている家庭で、 普段からヤフーや楽天で商品を購入する方は ウェブベルマークを知らなかったら損だと思います。 そして、集めていない家庭でも、 そこから商品を購入しただけで 被災地の学校を支援することが出来ます。 私の失敗談ですが、 ヤフーや楽天で商品を購入する際、 ウェブベルマーク経由で商品を購入する事を ついうっかり忘れてしまいます。 忘れないためにもお気に入りに入れたり、 デスクトップにサイトを貼りつけたり、 忘れない工夫が必要です。 それが習慣になったらきっと忘れないと思います。 まとめ 従来のベルマーク集めも 子供たちにとっては見つける楽しさがあるようなので そのまま続けていいと思います。 しかし、実際に支援金を増やそうと思ったら ウェブベルマークの方が断然集まると思います。 もし学校やサークルでウェブベルマークを 広めようと思われた方は ウェブベルマークサイトより をクリックして下さい。 そこから説明会資料などウェブベルマークに 関する資料がダウンロードできます。 ベルマークを集めている家庭でもウェブベルマークの事を 知らない人がまだたくさんいます。 個人で登録するだけですぐに始められるので、 是非知って欲しいシステムです。

次の

ベルマーク運動

ダンシング ベル マーク

集めたベルマークは個人でも交換できるの? いつのまにか貯まったベルマーク。 どうせなら、一定の点数で個人でも 何かに交換することって出来ないのでしょうか? 答えは… 『残念ながら個人で交換することは できません。 』 ベルマーク運動は集められたベルマークによって、学校の設備や教材をそろえて、 子供たちの教育を援助する、というのが目的です。 集めたベルマークで商品などに交換できるのは、ベルマーク運動に参加している幼稚園・保育園や学校などの PTA、大学、地区の公民館などが対象になります。 参加しているPTAなどで集めたベルマークは、種類ごとに整理、集計して ベルマーク教育助成財団というところに送られ、「1点1円」で各団体ごとの預金として貯まり、学校などの備品が購入できる仕組みになっています。 「缶コーヒーについているシールみたいに、個人でも枚数を集めたら、何かもらえたらいいのに…。 」と、少し期待をしていたのですが、 あくまでも学校などが対象ということなんですね…。 他に方法はないのだろうかと調べていると、オークションに ベルマークが出品されていることがわかりました。 実際に オークションサイトで検索してみると、価格は様々、合計の点数より上のものもあれば、少し安めのものもありました。 ベルマークをオークションで落札しようという ニーズはあるようなので、集めたベルマークを個人で何とかしたい…という人には一つの方法かもしれませんね。 スポンサーリンク 個人でベルマークを寄付することは可能? 集めていたことを忘れていた ベルマークが出てきたので、個人でも交換出来たら!と思ったのですが… ベルマークは「 学校の設備や教材をそろえて子ども達の教育を援助する」のが目的なので、個人での交換はできないことがわかりました。 それならば、せっかく集めたベルマークなので、どこかの 学校などに寄付して役に立てることは出来ないだろうか?と考えました。 そして出来るとしたら、 どのようにして寄付をすればいいのか?についても合わせて調べてみました。 「個人でもベルマーク運動に参加して、自分が集めた ベルマークを寄付することは出来ます!」 そして寄付のしかたとしては、• 「ベルマーク番号」ごとに 分類して袋などに分けましょう• 決まりはありませんが、わかりやすいように、送る封筒などの表に 「ベルマーク在中」または「寄贈マーク」と記入しておきましょう• 送料は自分の負担となります ベルマークの収集箱に入れる スーパーなどで買い物をして会計を済ませた後、品物を袋に入れたりするスペース「サッカー台」に、近所の学校のPTAが、ベルマークの寄贈を呼びかける 収集箱を置いているのを見かけることがあります。 家にあるベルマークを持って行って、買い物などのついでに、この箱に入れれば良いので 簡単・手軽に協力することができます。 地域の公民館に寄贈する 以前は、幼稚園、保育園~高校までが対象でしたが、2006年からは 公民館と大学もベルマークの活動に参加できるようになりました。 もしも地域の公民館がベルマークの活動に参加していれば、最寄りの公民館に寄贈して 備品などの購入を支援することができます。 スポンサーリンク ふだんの買い物がボランティアになる 子どもが学校に通っているときは、定期的にベルマークの収集があったので、 マークのついている商品を選んで購入したりしていましたが、学校を卒業してからはベルマークを意識して買い物をすることはなくなりました。 今回、個人でもベルマークを寄付することができるということがわかったので、これからもなるべくマークをとっておくようにしようと思い、我が家でふだん購入している 食品や日用品をあらためてチェックしてみました。 すると… 自宅のパソコンで資料などをけっこう印刷するので、プリンターのインクカートリッジをよく購入するのですが、 メーカーの純正カートリッジもベルマークの対象でした。 ただしインクカートリッジの場合はベルマークを切り取るのではなく、使用済みの カートリッジがベルマークの対象になっているので、必ず箱にカートリッジを入れて出すようにします。 インクカートリッジを他のベルマークと一緒に 「寄贈マーク」として、ベルマーク財団に送って寄付することも可能です。 また… 飲料水や調理用の水用に 浄水ポットを使っているのですが、約1か月に1回、カートリッジの交換が必要なので、定期的にカートリッジを購入しています。 この浄水ポットの カートリッジの箱を見てみると、「30点」のベルマークがついていました。 これ以外にも、菓子やドレッシング、調味料など、普段購入しているものにけっこうベルマークがついているので、これを寄贈しないのは もったいない!と思った次第です。 キッチンの棚から出てきたベルマークと、インクのカートリッジなどをあわせた 点数を数えてみたら、合計で「430点」でした。 わずか「430点」かもしれませんが、送って寄贈すれば「430円分」その学校で 用品の購入の一部に役だててもらえることになります。 今回、我が家で見つかったベルマークは、 東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県の小学校に送ることにしました。 ほんとうにささやかな寄付ですが、ふだん購入している食品や日用品についているマークを集めて送るだけなので、身近なところで出来る ボランティアとして、これからも続けていこうと思います。

次の