日本気象協会。 睡眠と熱中症の関係性における調査結果を発表|一般財団法人 日本気象協会のプレスリリース

2.備蓄品はこれが必要 備蓄の心得

日本気象協会

雷ナウキャストについて 活動度は、最新の落雷の状況と雨雲の分布によって、以下のように区分しています。 活動度4は、「激しい雷」で、落雷が多数発生していることを意味します。 活動度3は、「やや激しい雷」で、落雷があることを意味します。 活動度2は、「雷あり」で、電光が見えたり雷鳴が聞こえる。 または、現在は、発雷していないが、間もなく落雷する可能性が高くなっていることを意味します。 活動度1は、「雷可能性あり」で、1時間以内に落雷の可能性があることを意味します。 活動度2~4が予測された場合は、落雷の危険が高くなっていますので、建物の中など安全な場所へ速やかに避難して下さい。 また、避難に時間がかかる場合は、雷注意報や活動度1が予測された段階から早めの対応をとることが必要です。 なお、雷注意報や活動度1~4が発表されていない地域でも雷雲が急発達して落雷が発生する場合がありますので、天気の急変には留意して下さい。 竜巻発生確度ナウキャストについて 発生確度2となった地域で、竜巻などの激しい突風が発生する可能性(予測の適中率)は7~14%程度です。 発生確度1は、発生確度2で見逃す事例を補うように設定しており、広がりや出現する回数が多くなります。 このため、発生確度1以上の地域では、見逃しが少ない反面、予測の適中率は1~7%程度と低くなります。 竜巻などの激しい突風は、人の一生のうちほとんど経験しない極めて希な現象です。 従って、発生確度1や2程度の可能性でも、普段に比べると竜巻などの激しい突風に遭遇する可能性は格段に高い状況ですので、発達した積乱雲が近づく兆候がある場合は、頑丈な建物内に入るなど安全確保に努めて下さい。 なお、発生確度1や2が予測されていない地域でも雲が急発達して竜巻などの激しい突風が発生する場合がありますので、天気の急変には留意して下さい。

次の

よく当たる天気予報サイトはどれ!?天気予報に振り回されるのはもう嫌だ!

日本気象協会

カメラや登山を趣味にしていると 休日の天気が気になりますよね。 何回も天気予報を確認してしまいます。 もちろん、それによって計画も色々と変わってきます。 ただ天気予報サイトも沢山あるし、それによって予報も違ったりします。 果たして、 よく当たる天気予報サイトは一体どれなのか・・・。 今回は天気に振り回されないよう天気予報サイトについて調べて書きたいと思います。 天気予報サイトについて少し知ろう まずは、天気予報サイトについて少し調べてみたいと思います。 今、私は「美瑛町白金」という場所にある「青い池」へ撮影に行きたいです。 紅葉に青い水面が映えますし、そろそろ初雪が降りそう。 なので、Googleで「美瑛町白金 天気」と検索しました。 そうすると、「 Yahoo! 天気」、「 日本気象協会tenki. jp」、「 goo天気」、「 エキサイト天気」、「 Mapion天気予報」、「 livedoor天気予報」、「 @nifty天気予報」といった天気予報サイトが1ページ目に表示されてました。 そこでどのサイトがどう違うのか・・・。 天気予報サイトは天気予報していない・・・!? 実は、「Yahoo! 天気」、「goo天気」、「エキサイト天気」、「Mapion天気予報」、「livedoor天気予報」、「@nifty天気予報」といった天気予報サイトは 正確な意味では天気予報していないです。 どういうことだ?? と思うかもしれませんが、これには「 予報業務の許可事業者」という単語が関わってきます。 この理解のために 天気が予報される流れについて見てみたいと思います。 天気予報の流れ まず、天気予報と聞くと「 気象庁」という単語が思い浮かびます。 気象庁は官庁の一つですが、その業務をざっくりと言うと「 気象情報の提供」となります。 つまり、自然現象の観測データーを収集し、スーパーコンピューター等で解析。 その情報を民間会社や法人等に提供しています。 天気予報の源的な存在ですね。 民間会社や法人等はその情報や独自に収集した情報を元に天気予報をします。 ただ、誰でも勝手に天気予報をし発表して良い訳ではありません。 そのためには、 気象庁長官の許可を受けた「 予報業務の許可事業者」である必要があります。 というのも、誰でも勝手に技術的な裏付けも無く天気予報をし公表していたら社会的な混乱を招く恐れがあるからです。 なので、必要な技術のあるものにだけ「予報業務の許可事業者」として天気予報の許可を与えています。 「予報業務の許可事業者」の有名どころとしては、 日本気象協会(一般財団法人)や ウェザーニューズ(民間会社)などがあります。 参考: 一方で、上に記載した「Yahoo! 天気」、「goo天気」、「エキサイト天気」、「Mapion天気予報」、「livedoor天気予報」、「@nifty天気予報」といった天気予報サイトは「予報業務の許可事業者」が運営している訳ではないので天気予報自体を行うことはできません。 これらのサイトは気象庁や「予報業務の許可事業者」である日本気象協会やウェザーニューズなどから 予報情報を提供してもらい、それをそのまま掲載したり、あるいは二次コンテンツとして発表しているだけになります。 どのサイトがどこから予報情報の提供を受けているのか では、どのサイトがどこから予報情報を提供してもらっているのでしょうか!? 調べてみると、「Yahoo! 天気」、「goo天気」、「エキサイト天気」、「livedoor天気予報」は 日本気象協会と 気象庁から情報を提供されているようです。 これらのサイトをよく見ると以下のような記載が見られます。 なので、天気予報もだいたい横並びです。 試しに「美瑛町白金」の1週間予報を見てみます。 上から「Yahoo! 天気」、「goo天気」、「エキサイト天気」、「livedoor天気予報」です。 サイト毎に掲載している日数が違いますが気温や湿度なども同じ数値ですね。 私が調べた時は、これらのサイトの1週間予報は「 気象庁」の予報をそのまま掲載しているようでした。 上は「気象庁」の1週間予報です(美瑛町は旭川の近く)。 同じですね。 ちなみに、この時はどのサイトも明日・明後日の天気予報は「 日本気象協会」の予報をそのまま掲載していました。 しばらくの間観察していましたが、時間によって、またサイトによって「気象庁」の天気予報を採用するか、「日本気象協会」の天気予報を採用するかは変わってくるようです。 どのサイトが何の基準でどちらの予報を採用しているかは分かりませんが、 いずれにせよどのサイトも「気象庁」か「日本気象協会」の天気予報を掲載しています。 また、「Mapion天気予報」、「@nifty天気予報」、は主に ウェザーニューズから予報情報を提供されています。 なので、これらも殆ど同じ予報内容となっています。 ということで、天気予報サイトは沢山ありますが、殆どは「 気象庁()」、「 日本気象協会()」、「 ウェザーニューズ()」に集約されていると言えます。 ちなみに、GPV気象予報 というのもよく当たることで有名ですね。 私も使っていますが良いですよね。 これは、気象庁や米国海洋大気局等の気象予測モデルをスーパーコンピュータで計算し、その予測値を地図上に表示させたものらしい。 他の予報サイトとは毛並みが違います。 他の天気予報と違って地図上で雲の動きを確認できるので、目的地と時間に合わせて天気を予測できます。 便利で精度も高いと思います。 39時間先まで予報している詳細予報は結構頼りになります。 それでどれが当たる天気予報サイトなのか!? それでどのサイトがよく当たる天気予報サイトなのか!? 調べてみると、「気象庁」の天気予報はその精度を公表していました。 参考: ただ、他のサイトはこのようなものを公表していませんでした。 なので、ちゃんと比較できません・・・。 ただ、個人的な感想ですが特定のサイトだけがいつもダントツで当たるということはないのではないでしょうか!? であるなら、各天気予報サイトに情報を提供している「 予報業務の許可事業者」である、「気象庁()」、「日本気象協会()」、「ウェザーニューズ()」、それから細かに天気を知ることができる「」から好きなものを複数選びチェックする必要が出てくるかと思います。 天気予報を複数チェックし予報が被ればその精度は高いでしょうし、予報が割れれば多数決です。 ありきたりな結論となってしまいましたが複数チェックがコツですね。 ちなみに、私の場合だと明日・明後日の天気では「日本気象協会()」、「ウェザーニューズ()」、「」を見比べています。 週間予報では「気象庁()」、「日本気象協会()」、「ウェザーニューズ()」の予報を参考にすることが多いです。 それでいくと、明日の美瑛町は「GPV」では雲が多そうですが、「日本気象協会」と「ウェザーニューズ」は晴れの予報です(晴れと言っても雲量は様々ですが)。 早朝の撮影であれば良いかもしれません。 そして、週間予報を確認すると2016年は10月21日の早朝もしかしたら初雪の「青い池」が見られるかもしれません:) まとめ 天気予報は永遠のテーマですよね。 私も撮影に出る前や当日は穴が開くほど見ますが、 やはり複数で判断しております。 ネットが普及する前は新聞やテレビが頼りでしたが 今は便利になりましたよね。 ワイズさんの住んでいる地域で当てはまるのかは不明ですが 毎週月から金曜夕方6時にNHKで放送している 『ほっとニュース北海道』の 天気予報だと美瑛の天気予報も出ますよ。 インスタにも載せましたが、白髭の滝までですね。 ご参考になれば~.

次の

気象庁と気象協会の違いを説明。結局どっちの天気予報があたるの?

日本気象協会

日本気象協会は5月18日、悪天候時の輸送安全を支援する物流向け新サービス「GoStop(ゴーストップ)マネジメントシステム」の提供を、6月1日から全国で開始すると発表した。 <「GoStopマネジメントシステム」情報提供画面イメージ 図1> <「GoStopマネジメントシステム」情報提供画面イメージ 図2> 「GoStopマネジメントシステム」は、近年特に激甚化している気象災害に対して、物流事業者から事前に対策を行いたいという要望を受け誕生したものだ。 「GoStopマネジメントシステム」は全国の高速道路を対象に、気象による輸送影響リスクを悪天候の72時間前から、地図や表によりひと目で確認できるWebサービス。 各路線のICごとに、1時間ごとの輸送影響リスクが詳細に把握できるため、悪天候時の配送計画の作成や輸送可否の判断、ドライバーの安全確保に役立つ。 また、「GoStopマネジメントシステム」は国土交通省や経済産業省、農林水産省が推奨する「ホワイト物流推進運動」の取り組み(異常気象時の運行中止・中断の判断)や「異常気象時における措置の目安」に活用することもできる。 サービスの提供形式は、Webサービスでの提供(ID、パスワード入力により利用可能)。 サービス利用料金は、月額定額制で、サービス開始にともない、トライアル無料期間を設けている。 新型コロナウイルス感染症の影響で需要が急増している物流業界に貢献できるよう、台風シーズンの6月から9月末までの4か月間は無料で提供する。 今後、鉄道や主要国道の輸送影響リスクについて、2020年度冬期にサービス開始を予定している。 jp 最新ニュース• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日).

次の