自動車保険 三井ダイレクト損保。 三井ダイレクト損保の自動車保険のメリットとデメリット、申込み前の注意点など

自動車保険ガイド

自動車保険 三井ダイレクト損保

自動車保険はおとなの自動車保険か三井ダイレクトどっちがおすすめ? テレビcmなどでも露出の高い両社ですが、どういった方におすすめなのかは分からい方も多いのではないでしょうか。 ここでは、どういった方におすすめなのかを紹介していきます。 1-1. おとなの自動車保険はこんな人におすすめ! おとなの自動車保険は、年齢が上の方であればよりメリットを享受できます。 では、どういったことなのか詳細を解説していきます。 1-1-1. 40代や50代の方 おとなの自動車保険は、その名の通り特に40・50代の方におすすめの自動車保険です。 事故率は、40・50代が一番少ないというデータがあります。 おとなの自動車保険はそのことに着目し、40・50代の保険料を割安に設定しています。 1-1-2. 常に安心感が欲しい方 常に安心感が欲しいという方にはおすすめです。 「つながるボタン」というボタンを車に取り付けることで、事故の際にそのボタンを押すだけで保険会社へと繋がります。 そして、ALSOKの隊員が事故現場へと駆けつけてくれて、相手方からのヒアリングや現場の写真撮影などを行ってくれますよ。 事故後は気が動転していることもあるので、非常に安心で心強いサービスと言えそうです。 1-1-3. 子どもも保険にいれたい方 自分だけでなく、同じ車で子どもも運転するため、子どもにも対応した保険に加入したいという方にはおすすめです。 通常であると、40・50代の方が保険に入っていても、子どもが運転できる若い年齢まで対応させようとすると、子どもの年齢に合わせた保険料となり非常に高くなってしまいます。 しかし、おとなの自動車保険の場合、加入している40・50代の方の保険料をベースとして、追加で子どもの保険料を支払う形になります。 そのため、子どもが同じ車で運転するとしても、保険料を安く抑えることが可能です。 1-2. 三井ダイレクトはこんな人におすすめ! メディアの露出は多いですが、どういった特徴があるのか分からないという方も多いのではないでしょうか。 ここでは、どのような方におすすめなのかを詳しく解説していきます。 1-2-1. 事故対応力で選ぶ方 事故対応力で保険会社を選ぶ方には、三井ダイレクトはおすすめです。 保険で一番重要とも言える事故対応力ですが、三井ダイレクトは「楽天自動車保険満足度ランキング2018」において、「事故対応満足度1位」を獲得しています。 そのため、事故対応力の高さを裏付けていると言えます。 1-2-2. スピーディな対応を求める方 三井ダイレクトでは、スピーディな事故対応を掲げていることが特徴です。 保険金の平均支払所要日数は34. 9日となっており、とてもスピーディな対応と言えるでしょう。 また、契約者専用の「Myホームページ」があり、そこでタイムリーな経過報告を受けることができます。 そのホームページ上で相談や質問などもできるので、安心して経過を見守ることができます。 1-2-3. よくお出かけする方 ドライブやレジャーなどで、よくお出かけする方におすすめです。 三井ダイレクトには、「お得なクルマ生活応援サービス」というサービスがあります。 これは、レジャー施設や宿泊施設などを特別割引価格で利用できるといったサービスです。 しかも、優待対象施設は、国内外で20万か所以上という数です。 三井ダイレクトに加入したら、もっといろいろな所へおでかけしたくなりますね。 おとなの自動車保険か三井ダイレクトか?【評判・口コミ】の違いは? それぞれの会社に、契約者にとっていろいろなメリットがありますが、実際の評判や口コミも気になりますよね。 ここでは、インターネット上の実際の口コミや評判を紹介していきます。 2-1. おとなの自動車保険の口コミ やはり、40・50代の方の保険料が安いという口コミが多く見られます。 「50歳を超えているが、十分すぎるほどの補償をつけても他社の半額で加入できた」というものや、「息子も運転できるように保険を拡張したが、他社よりも安い保険料であった」という口コミが目立ちます。 実際に利用しても、40・50代以上の方にはとても評判が良いことがうかがえます。 2-2. 三井ダイレクトの口コミ こちらの口コミは、事故対応の安心感を伝える口コミが多く目立ちました。 「事故で気が動転していた際、落ち着いた柔らかな対応をしてもらい、非常に助かった」というものや、「体を気遣ってくれて、気が動転していたが安心することができた」などがありました。 大手保険グループの安心・安定感を垣間見ることができます。 また、「初期対応が非常にスピーディだった」という口コミもあり、スピーディさを売りにしている部分も裏付けが取れると言えそうです。 おとなの自動車保険か三井ダイレクトか?【保険料】の違いは? 両社ともにさまざまなメリットがありますが、保険料も気になるところですよね。 両社の保険料の特徴について紹介します。 3-1. おとなの自動車保険の保険料 30代までの保険料は、他のダイレクト型保険会社と肩を並べる程度ですが、40代からは他社よりも安くなる可能性が非常に高くなります。 そのため、40代以上の方は安くすませることが可能となるでしょう。 3-2. 三井ダイレクトの保険料 三井ダイレクトの場合、必要な補償のみをユーザーが選択することができます。 そのため、保険料を安くしたいという方は、補償を除外することで安くすることが可能です。 おとなの自動車保険か三井ダイレクト?【補償内容】の違いは? 自動車保険の中でも重要項目である補償内容ですが、両社それぞれに特徴があるので紹介をしていきます。 4-1. おとなの自動車保険の補償内容 他社と同じように個人賠償責任特約がありますが、おとなの自動車保険の場合は補償額が無制限という長所があります。 これにより、日常生活において他人に怪我をさせてしまったり物を壊してしまった場合でも、非常に安心することができます。 家族が起こした場合や自転車事故なども含まれますので、車に乗っていても降りていても非常に安心ですね。 4-2. 三井ダイレクトの補償内容 他社と比較しても遜色ない補償内容であり、これと言って際立った特徴がないとも言えます。 しかし、補償内容をユーザーのニーズに合った合わせて細かく設定できるので、本当に自分が必要なものだけを取捨選択することが可能です。 おとなの自動車保険か三井ダイレクト?【事故対応・ロードサービス】の違いは? 補償内容と同様に、非常に重要な項目である事故対応・ロードサービスですが、両社で明確に違いがあります。 では、両社の特徴を紹介していきます。 5-1. おとなの自動車保険の事故対応・ロードサービス 事故の際、つながるボタンですぐに連絡が取れ、ALSOKが駆けつけてくれるので非常に安心感を感じることができます。 そして、おとなの自動車保険の場合は、ロードサービスが有料オプションになるので注意が必要です。 しかし、全国におよそ1万3千ものロードサービス拠点があるので非常に安心です。 そして、レッカー移動は最大で300km程度の無料補償が付いており、かなりの距離をレッカーしてくれるので安心することができます。 更に、事故で帰宅できない際の宿泊費用は1万円まで補償があり、移動費用については一人2万円の補償があります。 ロードサービスはオプションで有料ですが、非常に心強いものであると言えそうです。 5-2. 三井ダイレクトの事故対応・ロードサービス 三井ダイレクトの場合は、ロードサービスは無料で付帯します。 しかし、ロードサービス拠点は約3800か所となっており、おとなの自動車保険よりも圧倒的に少なくなってしまいます。 レッカー移動は、50kmまでは無料補償が付いています。 また、事故で帰宅できない際の宿泊費用や移動費用などの補償はありません。 自動車保険の選び方まとめ ここまで、おとなの自動車保険と三井ダイレクトの比較や、選び方のポイントなどを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 40代以上の方で、保険料の安さや安心感などを求める方にはおとなの自動車保険がおすすめです。 また、スピーディな対応や大手保険会社グループの事故対応能力を求める方は、三井ダイレクトがおすすめと言えるでしょう。 両社共に一長一短があるため、自分のおかれている状況や環境を考慮し、どちらが自分に合った自動車保険なのかを見極めることが重要です。 そうすれば、心から安心してカーライフを送ることができるでしょう。 自動車保険はロードサービスや事故対応のの評判が気になりつつも、 やっぱり決め手になるのは保険料の安さです。 もし、できるだけ安く抑えたいならしてみましょう! 保険料はどこの会社もそこまで変わらないと思われているかもしれませんが、同じサービス内容でも会社によって 平均35,000円近く安くなることもあり、 5万円以上安くなったという方もいます。 同じサービス内容なのに値段がここまで変わるのかと驚かれることでしょう。 さらに、 補償内容を見直せば数万円単位でグンと安くなることもあります。 ロードサービスや事故対応の評判が気になるのであれば、保険料を比較した上で安い会社から評判を調べると、調べる手間が少なくなるのでおすすめです。

次の

【徹底比較】三井住友海上と三井ダイレクト損保の自動車保険の違い

自動車保険 三井ダイレクト損保

対人賠償保険のちがい 自動車保険のなかで最も重要な補償の1つが「」です。 交通事故で人を死傷させてしまったとき、事故の相手を補償するための保険です。 補償を比べるときにどこを見るべきですが、やはり保険金がいくら支払われるかのチェックは欠かせません。 なぜなら、対人事故は損害賠償金が億単位になることもあるからです。 以下は実際の判例ですが、ちょっとゾッとする金額が並んでいます。 人身総損害額 被害者職業等 被害者性別 年齢 裁判所・判決日 5億 843万円 眼科開業医 男 41 横浜地裁 平成23. 1 3億7,829万円 大学3年生 男 21 名古屋地裁 平成23. 18 3億6,756万円 会社員 男 33 名古屋地裁 平成17. 17 3億5,936万円 会社員 男 23 大阪地裁 平成19. 10 3億5,250万円 整形外科・ 内科開業医 男 38 大阪地裁 平成18. 21 ソニー損保の対人賠償額• ・5,000万円〜2億円• (1000万円単位で設定)• ・無制限 ソニー損保は対人賠償保険の金額を柔軟に決めることができます。 5,000万円〜2億円は1000万円単位で自由に設定可能。 2億円超は無制限です。 基本的には 無制限がおすすめです。 無制限にすれば保険料を節約できますが、そこまで変わりません。 万が一のことを考えれば、無制限のほうが絶対に安心です。 三井ダイレクト損保の対人賠償額 三井ダイレクト損保の対人賠償保険は無制限のみとなります。 基本的に対人賠償保険は無制限のほうが絶対にいいのですが、「自分で保険金額を決めたい」という人はソニー損保のほうがいいでしょう。 対物賠償保険のちがい 対物賠償保険は、交通事故で相手の車やモノを壊してしまったときに使う保険です。 車同士の事故であれば相手の車、自損事故であれば壊してしまった対象物の補償に使えます。 結論としては、対物賠償保険も無制限がおすすめです。 対人賠償保険と同じように、無制限以外にしても保険料がそこまで安くなりません。 ソニー損保の対物賠償額• 【ソニー損保】• ・無制限• ・1,000〜9,000万円• (1,000万円単位で選択可能) 「対物賠償は2,000〜5,000万円で十分」という考え方もありますが、わたしはおすすめしません。 すでに説明したように、対物賠償保険を無制限にしても保険料はそこまで高くなりません。 そして、誰にも賠償金の金額はわからないからです。 「事故が起きて補償金が足りない」なんてことは絶対に避けたいですから、迷わず無制限を選びましょう。 三井ダイレクト損保の対物賠償額 三井ダイレクト損保は基本的に無制限です。 対物賠償を無制限にしても、保険料はほとんど変わらないので無制限でいいと思います。 人身傷害保険のちがい 人身傷害保険は、車に乗っている人の死傷を補償するための保険です。 車に同乗する人だけでなく、運転者自身の死傷もカバーしてくれる保険ですので、よほどの理由がない限りは加入をおすすめします。 ソニー損保の人身傷害補償額• ・3000万~2億円までの間が1000万円刻み• ・それ以上は無制限 ソニー損保ではかなり細かく人身傷害保険の金額を決めることができます。 5,000万円未満が一番人気で、加入者の9割を占めています。 無制限を選ぶ人は非常に少ないです。 車両保険のちがい 車両保険は、自分の車を補償するための保険です。 加入すると自分で車を傷つけてしまっても(たとえば車庫入れなど)、車の修理代を保険金で支払うことができます。 入っておくと安心感がありますが、保険料が高くなるため慎重に検討する必要があります。 国産車は比較的安い保険料で済みますが、高級車や希少車の場合には車両保険をセットにすると保険料が跳ね上がることもあるので注意しましょう。 必ず見積もりをとって比較するべきです。 によっても保険料は変わってきます。 結論からいうと、ソニー損保と三井ダイレクト損保で車両保険に大きな違いはありません。 ソニー損保の車両保険• ・一般型• ・エコノミー型 ソニー損保の車両保険は上記の2つのプランから好きなほうを選ぶ仕組みになっています。 それぞれのちがいは、補償される範囲です。 一般型のほうが補償範囲は広いけど保険料が高い。 エコノミー型は補償範囲はせまいけど、保険料が安いです。 出典:ソニー損保公式サイト ちなみにソニー損保加入者の約半数が車両保険をセットにしており、そのうち約40%の人が一般型を選んでいます。 三井ダイレクト損保の車両保険 三井ダイレクト損保の車両保険も、ほとんど仕組みは同じです。 以下の2つのプランで分かれています。 ・一般タイプ• ・限定タイプ 名称こそちがうものの、一般タイプは広く、限定タイプはせまくというのが基本的な仕組みです。 出典:三井ダイレクト損保公式サイト 特約のちがい 特約は基本補償とは別にセットするタイプで、契約者の必要に応じて追加するオプションのようなもの。 保険料は高くなりますが、加入しておくと安心感があります。 とにかく保険料を節約したい、という人は加入する必要はありません。 ソニー損保と三井ダイレクト損保のちがいを比較すると、ケガを補償する特約でちがいが見られます。 ソニー損保の「おりても特約」 ソニー損保の「おりても特約」は、車での外出先で降車中(車外)でケガをしたときに補償が受けられる特約です。 おりても特約は2つの補償内容で構成されています。 ・おりても傷害特約• ・おりても身の回り品特約 たとえばスポーツやレジャーでケガをしたときにも保険金が受け取れます。 さらに、たとえばスマホ(身の回り品)を落として故障させてしまった場合の修理代にも保険が使えます。 補償範囲がかなり広いので、ソニー損保に加入する人は「おりても特約」をセットしておくことをおすすめします。 三井ダイレクト損保の「ファミリー傷害特約」 三井ダイレクトは「ファミリー傷害特約」という名称で、ケガを補償する特約です( 身の回り品は補償されません)。 ファミリー傷害特約は2つの種類に分かれています。 【ファミリー傷害アウトドアタイプ】• ・ 自宅外でのケガを補償• 【ファミリー傷害ワイドタイプ】• ・ 自宅内外でのケガを補償 ファミリー傷害アウトドアタイプだと、スポーツでケガをしたりなど屋外でのケガが対象になります。 ファミリー傷害ワイドタイプは、スポーツなど屋外でのケガに加えて、家でのケガも対象となります。 より広い補償を求める人は、ファミリー傷害ワイドタイプを選んだほうがいいでしょう。 ちがいは保険金額の細かさと特約 ソニー損保も三井ダイレクト損保も基本的な補償に大きなちがいはありません。 ソニー損保のほうが保険金額を細かく決められるので、たとえば「対人・対物を無制限以外にしたい」という希望がある人は、ソニー損保のほうがいいでしょう。 特約については人それぞれです。 わたしは、補償範囲が広い三井ダイレクト損保の「ファミリー傷害ワイドタイプ」が魅力的なので、こちらを選びます。 保険料については等級や年齢によってバラツキがあるため、 見積もりをとってみないとどちらが安いかはわかりません。 インターネットの無料一括見積りを使えば、ソニー損保と三井ダイレクト損保をまとめて比較できます。 保険を決める前に、チェックしてみましょう。 【 ナビクルって? 】• 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる• スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ• その場でスグに査定額の目安が表示される• 査定はすべて無料 車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。 1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。 たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。 これは大変ですよね。 でも、ナビクルを使えば、その面倒な手続きをカットできます。 なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。 あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。 わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。 申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。 最短即日で査定してもらうこともできます。 なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。 早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

次の

三井ダイレクト損保の自動車保険の口コミ&評判は?見積もり・ロードサービス情報まとめ

自動車保険 三井ダイレクト損保

ネット損保 (ダイレクト損保) インターネットから見積もりを取ったり、保険の申し込みができる 代理店型 保険会社の窓口やディーラーなどが窓口になって、店頭で担当者からあなたに合った保険プランや補償を提案するタイプ ネット損保と代理店型の 1番の違いは、保険料の安さです。 料金面だけでみればネット損保の方が圧倒的に安く魅力的です。 一方代理店型の国内大手損保は、安心・安全をテーマに掲げています。 大手損保が日本に誕生した歴史は長く、明治・大正時代に設立されています。 また、大手損保会社は自動車保険以外の保険商品の取り扱いも幅広く扱っています。 最近の損保は、「三メガ損保」と呼ばれる持ち株会社のホールディングスが主流。 まずは三メガ損保とは何か?を見ていきましょう。 現在契約可能なダイレクト型自動車保険会社の一覧です 三メガ損保とは、• 東京海上ホールディングス• SOMPOホールディングス• MS&ADインシュランスグループホールディングス 上記3つのグループ損保のことで、傘下に各保険会社がぶら下がってグループ化されています。 東京海上ホールディングス 東京海上日動火災保険、東京海上日動あんしん生命、日新火災海上、イーデザイン損保、東京海上ミレア少額短期保険、東京海上ウエスト少額短期保険SO SOMPOホールディングス 損害保険ジャパン日本興亜株式会社、セゾン自動車火災保険、そんぽ24損害保険、損保ジャパン日本興亜DC証券株式会社 MS&ADホールディングス 三井住友海上火災保険、、三井ダイレクト損害保険、あいおいニッセイ同和損保 ホールディングス(持ち株会社)によって傘下の企業を支配、管理しているわけですが、グループ会社を見ていると気付くのが、 国内大手損保とダイレクト損保が同じグループ内に統合されています。 ネット損保はちょっと不安だけど、保険料は安い方がいい…という方は三メガ損保の傘下であるイーデザイン損保・そんぽ24・三井ダイレクト・セゾンを選んでおくと安心かと  ̄ー ̄ b そして、ネット損保の中には3つのグループ内に所属していない会社ももちろんあります。 特に外資系のチューリッヒ、アクサダイレクト、そしてソニーフィナンシャルホールディングスの傘下にあるソニー損保は三メガ損保には属していません。 (下記にネット損保の一覧をつくりました) ネット損保のなかではソニー損保がシェアNo. 1 ソニー損保• 事故対応満足度96. 9%、2年連続(2015-2016)で損害保険業界第1位• ダイレクト自動車保険の中で14年連続売上No. 保有契約件数165万件突破(2016年8月末時点)• 新規でインターネットからのお申込み10,000円割引 チューリッヒ (ZURICH)• 業界最高レベルの無料ロードサービス• 4つの基本補償に車両保険や特約などを自由に組み合わせて追加できる• ダイレクト販売とリスク細分化で無駄のない保険料を実現• インターネットからの申し込みで初年度最大7,000円割引さらに早割で500円割引 アクサダイレクト• 事故対応満足度94. 新規契約でインターネット割引最大-10,000円• 他社から新規に乗り換えた人の95. 3%が保険料に満足• 世界No. 1の保険ブランド イーデザイン損保• 業界唯一の無事故割引制度• 専門家が選んだよい保険・悪い保険自動車保険ランキング3年連続第1位• 自動車保険オリコン日本顧客満足度調査(2015-2016)2年連続第1位• パワー「2016年日本自動車保険新規加入満足度調査<ダイレクト系保険会社部門>」で 第1位 セコム損害保険• 事故現場にセコムが駆けつける• 3つの安心 現場急行サービス、サポートサービス、納得の保険料を提供)• 新規契約でインターネット割引-3、500円、さらに証券を発行しないと-500円割引 三井ダイレクト損保• 事故対応満足度92. 新規契約でインターネット割引最大-10,500円 そんぽ24• 事故対応満足度92. ロードサービスの満足度97. 「そんぽ24クラブオフ」の契約者優待サービス SBI損保• インターネットからの申込み、継続手続きで10,000円割引• com「総合満足度」第1位• オリコン日本顧客満足度ランキング「保険料」の満足度 第1位 セゾン自動車火災 (おとなの自動車保険)• 40代50代新規契約件数2年連続No. 新規はもちろん、契約更新時も変わらず割引。 インターネット割引、新規契約、継続でも-10,000円• 事故対応満足度89. 3% 国内大手(代理店型)損保の一覧&特徴 国内の大手損保会社といえば、かつてはミレアホールディングス 東京海上日動と共栄火災 、三井住友海上、損保ジャパン、あいおい損保、日本興亜火災、ニッセイ同和損保の大手6社のことを指していました。 それが現在では経営統合が進み、随分様変わりしました。 事故対応時お客様総合満足度約90. 自動車保険事故対応件数年間100万件以上• 国内損害保険市場で収入保険料No. 1 三井住友海上火災保険• 事故対応時お客様総合満足度約96. 自動車保険事故対応件数 年間約197万件。 1日あたり約5,400件の解決実績(2015年度) 東京海上日動火災保険• 事故対応時お客様総合満足度約約92. 自動車保険事故対応件数年間約255万件(2015年)• 自動車保険保有契約件数約1,420万件(2015年) あいおいニッセイ同和損保• 年間約147万件の事故解決(平成27年度)• お客様満足度94. 7% 【両方で見積もりを取ってみました】料金差を比較 なぜ代理店型自動車保険は保険料が高くなるの…? 国内大手損保は、保険取り扱い販売店やディーラーなどが代理店となって保険商品を販売しています(=「代理店型」と呼ばれます)。 損保業界市場の中でも 収入保険料の桁が何兆円と物凄く、財務基盤が並み外れています。 店舗で担当者と対面で相談しながら加入できるので、保険の知識がなくてもアドバイスを受けながら決めることができます。 また、自動車・バイクの保険以外に火災・地震の保険・ケガ・病気の保険・旅行レジャー保険など、扱っている保険の範囲も広いです。 これらの保険と自動車保険をセットで加入することも可能で、申し込みも担当者が代行してくれます。 自動車保険と生命保険や火災・地震保険などの補償内容は時として被ることがありますが、担当者に相談しながら進めれば契約の重複が防げます。 こうした手間や人件費、手数料の分どうしても代理店型自動車保険は高くなります。 基本的に安さを売りにしているネット損保に対して、 代理店型自動車保険は安心・安全を売りにしているのが特徴です。 どちらを選ぶべきか 安定性や安心感を重視したい場合は大手損保を• 保険料が高くても安定と安心を最重視したい• 自動車保険の知識が無いから直接会って誰かに相談したい• 店舗に出向くのに抵抗はない• 自動車保険以外の保険もセットで加入したい 上記のような考えの人は、代理店型自動車保険を選択しましょう。 スタンダード&プアーズ保険財務力格付け A+を取得していて、損害保険業界全体の中でも収入保険料がダントツに多い大手4社の損保ジャパン・あいおいニッセイ・東京海上日動・三井住友海上の中から選ぶのが最もベストな選択です。 自動車保険の知識は自分で集めることができる• 保険料は少しでも安いほうがいい• 店舗に行くのが面倒なので自宅から申し込みがしたい 上記のような人はネット損保を選択しましょう。 現在のネット損保は、大手損保と比較しても受けられるサービスにそこまでのちがいはありません。 会社の規模や倒産、撤退のリスクがどうしても気になるという人は、3メガ損保のグループ傘下のイーデザイン損保・三井ダイレクト損保・そんぽ24・セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)を選んでおくと安心感があります。 また、大手損保を選ぶときと同様、 数社から同条件で見積もりを出すと自分にとって最も安い自動車保険がわかります。 自分にとって【1番安い】自動車保険を簡単に調べられる方法.

次の