品川 区 避難。 気象庁 | 気象警報・注意報 | 品川区

津波自主避難マップ|品川区

品川 区 避難

避難場所名 変更内容 12 高輪三丁目・四丁目・御殿山地区 地区内残留地区「305五反田地区」へ北品川5丁目の一部を編入 13 自然教育園・聖心女子学院一帯 東京大学医科学研究所附属病院、小規模建築敷地を除外。 避難距離短縮のため「156林試の森公園」へ西五反田5~6丁目の各一部、荏原1丁目の一部を編入。 37 JRアパート・品川区役所一帯 JRアパート跡地(工事中) 避難有効面積1平方メートル確保のため、二葉2丁目の一部、大井2~3丁目を「39大井競馬場・しながわ区民公園」へ、西品川2丁目を「157戸越公園一帯」へ編入。 避難距離短縮のため、戸越1丁目、3丁目の一部、西品川3丁目を「218大崎駅西口地区一帯」へ編入。 38 大井ふ頭一帯 大井消防署八潮出張所、都下水道スラッジプラントを除外。 39 大井競馬場・しながわ区民公園 「37JRアパート・品川区役所一帯」の避難有効面積1平方メートル確保のため、37JRアパート・品川区役所一帯から二葉2丁目の一部、大井2~3丁目を編入。 遠距離避難解消のため「43東京工業大学」へ、中延4丁目の一部を編入。 43 東京工業大学 遠距離避難解消のため「39大井競馬・しながわ区民公園」から、中延4丁目の一部を編入。 156 林試の森公園 都立小山台高校、不動小学校、都営住宅跡地を拡大。 避難距離短縮のため「13自然教育園・聖心女子学院一帯」から荏原1丁目の一部、西五反田5~6丁目の各一部を編入。 157 戸越公園一帯 「37JRアパート・品川区役所一帯」の避難有効面積1平方メートル確保のため、「37JRアパート・品川区役所一帯」から西品川2丁目を編入。 174 天王洲アイル周辺 変更なし 218 大崎駅西口地区一帯 大崎駅西口南地区(大崎ウィズタワー、ルサンク大崎ウィズタワー、大崎西口公園、交通広場)を拡大。 避難距離短縮のため「37JRアパート・品川区役所一帯」から、戸越1丁目、3丁目の一部、西品川3丁目を編入。

次の

気象庁 | 気象警報・注意報 | 品川区

品川 区 避難

小中学校にいくつか犬用リードはあるが、避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 ペットの大きさは特に制限がなく、大型犬でも受け入れる。 さらに、災害で迷子になった犬の収容先まで決まっていた。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (9,097頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 渋谷区のHPでは、ペットとの同行避難マニュアルを公開している。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (11,125頭) 小動物のみとペットの受け入れ制限はあるが、区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 目黒区のHPでは、地域避難所運営マニュアルを公開している。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (9,741頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 年に一度、公益社団法人東京都獣医師会中野支部共催で、区立小中学校を会場とする「総合防災訓練」において、犬の同行避難訓練を実施している。 詳細は、区のペットの災害対策ルールに記載あり。 ペットを飼っている方は参加しておくと、災害時に混乱が防げるかもしれない。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (22,173頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 海抜が低くエリアとしても震災時の被害が大きいのではないかと想定されるため、ペットを飼っているおうちは日ごろの防災対策をきちんと考えておく必要が大いにある。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (30,033頭) 小動物(犬、猫、ハムスター、ウサギ、フェレット、小鳥、爬虫類)のみとペットの受け入れ制限はあるが、区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 ペットの災害対策マニュアルあり。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (10,123頭) 区内の全避難所でペットとの同行避難が可能だが、災害時の混乱の中、ペットの受け入れは歓迎されないかもしれないとの意見あり。 しかし、区としてマニュアルがしっかりあり、飼い主が日ごろから意識をしていれば、大きい混乱は少ないと考えられる。 放浪犬や迷子犬等の備蓄やゲージも用意しており、ペットに優しい環境を整備していると感じた。 災害マニュアルでは、災害が起こったときに家族とペットが安全に避難できるように、日ごろから話し合い準備をすることを呼びかけている。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (7,643頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 ペットの防災対策ルールを区のHPで掲載しており、万一の災害で避難しなくてはならない状況になったとき、飼い主は犬猫などのペットと「同行避難」を推奨している。 また、ペットを置きざりにしたり、街に放したりしないよう呼びかけている。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (6,890頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 ルールやガイドライン等は、避難所運営委員会でまだ検討段階とのこと。 詳しいルールや対策等は、各避難所へ事前に確認しておいたほうが賢明。 区で作成した動物愛護手帳には「災害時の動物避難」手帳があり、そちらには飼い主の防災対策が掲載されている。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (7,786頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 区で配布している、としまくらしの便利帳にペットの避難について記載されている。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (1,462頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 千代田区のHPでは、避難所での適正飼育ルールを公開している。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (19,953頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 区のHPには、災害時動物救護マニュアルが掲載されており、避難所に同行できるペットの種類なども掲載。 その種類に入っていないペットを飼っている飼い主は、自宅で待機するなどの別の避難方法を考える必がある。 また、ペットの心のケアやペットの防災用品などもあり、飼い主は一度見ておくと混乱を防げるかもしれない。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (25,834頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 リードを各避難所で用意しているが、こちらは放浪犬や迷子犬のためのものだと想定するので、飼い主は自分で準備しておいた方が良い。 基本的には、犬の受け入れを想定しており、身体能力の高い猫の避難はあまり想定していない様子だった。 大田区のHPにペット災害対策ガイドラインがあり、飼い主が備えるべきことや災害時での対応すべきことなどが書いてあるので、一読しておくことをオススメする。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (21,266頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 自宅が危ない場合には、各震災救援所でも同行避難を前提に対応していただくように呼びかけている。 対応に関しては、各避難所で話し合って決めており、マニュアルを作ってもらっている段階。 詳しい内容は、近くの震災救援所で防災訓練に参加して訊くことをオススメする。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (6,847頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 荒川区では、飼い主のためのガイドラインがしっかりとある。 また、ペットを同行避難させることができない飼い主のために、動物救護センターを荒川自然公園内に設置され、ペットの鳴き声が大きい場合なども飼い主に了承を得たうえで救護センターに送られる仕組みがある。 飼い主の役割も定まっているので、ガイドラインを読んでおくことをオススメする。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (6,084頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 ペットの対策に関しては、地域防災計画に一部記載あり。 OK 一部の避難所で 同行避難が可能 (14,300頭) 一部の避難所でペットとの同行避難が可能。 (現在は77か所)各避難所ごとに同行避難の受け入れOKかを定めているので、近くの避難所に直接問い合わせてみることをオススメする。 避難所における動物飼育のガイドラインあり。 OK 一部の避難所で 同行避難が可能 (8,327頭) 約60か所の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要があり。 災害マニュアルの作成は各避難所で行っているが、実際の避難所生活に関しては、飼い主のマナー意識が重要となる。 OK 一部の避難所で 同行避難が可能 (11,755頭) 避難所でのペットの受け入れは52か所中、9学校が可能。 また、各避難所へ運営マニュアルを具体化するよう促進をしている。 全避難所が同行避難可能ではないため、ガイドラインに目を通した上で避難ができる場所を事前に確認しておくことをオススメする。 OK 一部の避難所で 同行避難が可能 (37,075頭) 基本的には同行避難で受け入れの方針を示しているが、避難所ごとに受け入れを検討している。 実際の受け入れ状況については、世田谷区まちづくりセンターに確認しておくことをオススメする。 世田谷区のHPでは「災害時にペットを守るために」ページを公開している。 OK 一部の避難所で 同行避難が可能 (10,184頭) 基本的には同行避難で受け入れの方針を示しているが、現状は避難所ごとに受け入れを検討している段階。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 港区のHPでは、ペットの災害対策パンフレットを公開している。

次の

東京都品川区東大井のハザードマップ【地震・津波・土砂災害】

品川 区 避難

ご注意ください 閉じる• 掲載されていない自治体からも避難に関する情報が発表されている場合がありますので、各自治体の発表する最新の情報もあわせてご確認ください。 発表されている情報について 警戒区域 設定した区域への立ち入りを制限、禁止またはその区域から退去を命ずるものです。 従わない場合、罰金または拘留の罰則が科せられます。 避難指示 避難指示(緊急)。 人的被害の危険性が非常に高い状況です。 直ちに避難しましょう。 外出することでかえって命に危険が及ぶ状況では、自宅内のより安全な場所に避難しましょう。 避難勧告 避難場所などの安全なところへ速やかに避難しましょう。 避難準備 避難準備・高齢者等避難開始。 いつでも避難できるよう、非常用持ち出し品を用意し家族や近所の人と連絡を取るなどの準備をしましょう。 避難に時間を要する人(ご高齢の方、障害のある方、乳幼児をお連れの方など)は避難を開始しましょう。

次の