寝間着 浴衣。 和装縫製工場直営店「YOKIKOTO」

昔の人は寝間着に浴衣を着ていたと聞きました。現在は浴衣は6月か...

寝間着 浴衣

そもそも寝間着って? 日本古来の呼び名は「寝巻き」 日本では寝る時は多くの人が寝間着やパジャマなどを着用するのが一般的です。 日本の旅館やホテルに宿泊すると、ほとんどの宿には浴衣が用意されており、寝間着として利用される方も多いのではないでしょうか。 しかしながら、阪神淡路大震災以降、災害時にすぐ外にでてもいいように寝間着やパジャマを着ない人が増えてきましたが、本来寝間着は睡眠環境の快適さを提供するための寝具の一つといえます。 この寝間着ですが、日本ではいつ頃から使用されるようになったのでしょうか。 文献や資料から紐解くと「寝間着」は「寝巻き」ともよばれていますが、 日本古来の呼び名は「寝巻き」で着物や和服の下着に当たるものを指していました。 寝間着は明治維新以降の文明開化によりパジャマなどが寝間で利用されたことから、寝間で身に着ける衣服という意味になり寝間着という呼び名が使われるようになりました。 最近は、ジャージやスウェットなどのルームウェアでお休みになる方が多いようですが、 本来は寝る時用に作られたウェアが寝間着であって、ルームウェアでは汗を吸わない素材や身体をしめつけるデザインなどで熟睡できない場合もあります。 また、パジャマですが、寝間着との違いは和式と洋式であるといえます。 この帷子(かたびら)とは裏地をつけない「単衣(ひとえきぬ)」の着物のことで、汗取りのために使用されました。 あるいは、この帷子を寝巻きとして使用していたのかも知れません。 この単衣の素材は夏には生絹や麻で仕立てられ、冬は寒さ対策のため練絹で作られていたといいます。 着物の下着としては、襦袢がありますが、江戸時代のころより着られ、襦袢のはじめは半襦袢でした。 その後、遊女が寒さ対策に足首まであるものを着るようになり、長襦袢が一般的になったという歴史があります。 この長襦袢も寝巻きとして使用されたようです。 浴衣の原型 すでに日本書紀にでてくる「湯帳」 浴衣の原型は古く、7世紀頃の飛鳥時代に入浴をするときに着る肌着として「湯帳」というものがあったと確認されています。 女性天皇の斉明天皇や持統天皇が、愛媛県松山市の「伊予の湯 現在の道後温泉)」に入浴された時の着用したと「日本書紀」に記述があります。 この湯帳の素材は麻であったと推定されます。 平安時代の貴族は湯ではなく、蒸し風呂に入っていたため、やけど防止、汗取り、裸を隠すために着ました。 江戸時代に入ると銭湯が普及し、裸で入浴するようになりました。 湯上り後、肌の水分をとったり、涼んだり、湯冷め防止のために湯帷子が着られるようになりました。 江戸時代の先頭の2階にはサロンのような休み処があり、ここには社交場としての役割がありましたが、帷子を着てくつろいだようです。 その後湯帷子は外でも着られるようになり、浴衣として一般的になっていくわけです。 まとめ 歴史的には、寝巻きは浴衣の原型である「湯帳」にあるといえるようですが、平安時代に暑さや寒さ対策として使用された「単衣」にもその原型はみられるといえそうです。 歴史的にも何も着ないで眠るのではなく、先人たちも汗とりとして寝間着を着て睡眠をとっていたとは驚きです。 浴衣がほぼ木綿なのに対し、寝間着は木綿や、肌ざわりが優しい、ガーゼやネル素材も使われます。 昨今のおしゃれとしての浴衣の活躍は目覚ましいものがありますが、あくまでもカジュアルなもの。 本来浴衣は家着で、外に着て行くのが許されるのは、夏の宵だけとされていました。 正装が必要な場所での着用は不向きといえます。 参考文献:書籍番号ISBN978-4-526-07694-7•

次の

寝巻き 浴衣|寝巻(寝間着)と浴衣の違いと特徴

寝間着 浴衣

暑い夏、快適にそして過ごすために皆さんはどんなことをしていますか? 海や山へのレジャーのおでかけを楽しんだり、図書館や美術館など涼めるところに行くのもいいアイデア。 また家の中ではエアコンを上手に使ったりしてできるだけ快適に、そして特に夜は、上質な睡眠をとれることを考えて工夫していることかと思います。 エアコンは使いすぎると体調を崩します。 かといって無しでは、この蒸し暑い日本を乗り切ることは不可能。 また、よく眠れないと夏バテにもなりやすいですし、暑いのが苦手な方にとっては、なんとなく体もだるくなる季節でもあるかもしれません。 そんななか、夏を快適に過ごす、心地よい眠りに誘ってくれるという、浴衣についてご紹介したいと思います。 浴衣と言ったら夏には欠かせない、夏を彩ってくれるとても素敵なもの。 夏祭り、花火大会には欠かせない、特に素敵なデザインやカラーの浴衣姿の女性をたくさん見受けられますよね。 見ているだけで涼やかに感じる浴衣。 夏だけに着るのは勿体無いような感じもします。 この浴衣ですが、実は元々は 湯浴み着なのです。 バスローグのようなものですね。 また、浴衣は寝巻きとしてもちいることもあります。 温泉に行けば、必ず、寝間着用にこの浴衣が揃えれれていますよね。 温泉に行ったときぐらいしかきないかも、という方も多いかと思いますが、着てみるとなんとなく心地もいいし、動きにくいようでそうでもない、なんだかリラックスできるような感覚になりませんか? この浴衣を寝巻きにとして利用している人も結構多いようです。 パジャマがわりに浴衣を着るというライフスタイルをはじめてみませんか? スポンサーリンク 夏に浴衣で寝るメリット、デメリット!? では、夏に浴衣を着て寝るメリット、そしてデメリットについて考えて見たいと思います。 ますメリット• 通気性がいい 浴衣の素材は麻や棉など肌触りもよく、通気性がとてもいいのです。 体を冷やしすぎない 夏だからと言って何も着ないで寝たら、風邪をひいてしまったなんてことはありませんか? 浴衣なら程よい涼しさを与えてくれるとともに、体温もキープできるので冷えすぎることはないのです。 古くなった浴衣ならリフォームして寝間着にできる 昔着ていた浴衣でも簡単にリフォームして寝間着にできます。 女性用の浴衣は、丈が長く作られているので、通常の浴衣を着るときにおはしょりができますが、この部分をカットしてなくせば、温泉できるようなサイズに。 エコに活用できるのが浴衣なのです。 なんだか着て寝て見たくなりますよね。 ではデメリットとは?• 朝起きたときにはだけやすい これが一番浴衣を寝間着にしたくない点なのかもしれません。 ボタンがついていない浴衣はどうしてもこの可能性が。。。 シワになりやすい 素材が原因でシワになりやすいということも。 寝間着ですからそんなに気にしなくてもいいかもしれません。 浴衣を寝間着にするのはいいポイントもたくさんです。 しかし寝巻きとして浴衣を使用した際、デメリットにあげた、どうしても気になってしまうのはだけてしまうという点が。 はだけるのを防ぐには、 浴衣を腰のあたりでシワのないように左右に引っ張ります。 男性は、骨盤のあたり、女性は腰のあたりをぐいっと締め上げるようにしましょう。 そうすることによってはだけてしまうのを防ぐことができます。 慣れれば、快適に眠ることができますよ。 汗をかいても、さらっとした通気性の良さを感じる浴衣、夏場にはぜひ寝間着として活用してもらいたいものです。 スポンサーリンク.

次の

寝巻

寝間着 浴衣

・『寝間着』は和式 ・『パジャマ』は西洋式 このように、寝る時に着る衣類、寝衣を表す事が多いようです。 『パジャマ』って何語? では、『パジャマ』ってそもそも何語なのでしょうか? パジャマの語源を調べてみると、 語源はペルシャ語の「Payjama」でズボンの意味。 そこから、 ヒンズー語のパージャーマー「Paayjaamaa」になりました。 ちなみに 「Pyjamas」はイギリス英語、アメリカ英語では「Pajamas」とスペルが違いますので知っておいてくださいね! スポンサードリンク 寝間着と浴衣の違いとは? 『寝間着』は寝る時に着る和式の衣類です。 だとしたら、とっても似ているものに『浴衣』がありますよね。 では、この違いは何でしょう? 着古した浴衣を寝間着として再利用する場合もあるようですが、外出時に着ることもある浴衣と違い、 寝間着は寝る時限定ですので、寝間着として作られたものには、寝やすい工夫がされているんです。 まず、 素材は、浴衣が概ね木綿なのに対し、寝間着は木綿をはじめ、肌ざわりが優しい、ガーゼやネル素材もよく使われます。 又、女性物の浴衣の袖には「身八つ口」と言う開きがありますが、 寝間着は男女とも開きの無い筒袖で、女性の浴衣にある「おはしょり」も寝間着にはありません。 おはしょり:着丈 きたけ より長く仕立てた女物長着を着るときに、腰のあたりでたくしあげた部分をいう。 出典・コトバンク 日本大百科全書 ニッポニカ の解説 気になる現代の「寝間着」事情! ここでは、パジャマも含めての最近の「寝間着」事情について考えてみます。 パジャマには、上下に分かれた物や、ワンピース型のネグリジェなどがありますが、最近は、 パジャマの代わりにジャージを着て寝たり、Tシャツに短パンなどを着て寝る人も多いようです。 部屋着用にした服でそのまま寝てしまうという人も多いのではないでしょうか? 一方で、和装の寝間着は、旅館や、病院などでは使われていますが、年々減って来ている気がしませんか?デパートなどでも、見かける機会は減ってきましたね。 スポンサードリンク まとめ 『パジャマ』と『寝間着』の違いは、簡単に言うと、『洋』と『和』の違いなんです!でも、パジャマも寝間着の一種だとお分かりいただけましたか? 筆者は、着崩れが気になるので、旅館でも自前の寝衣を持参する派です。

次の