ミニマリスト 寝具。 ミニマリストがベッドを断捨離しない理由。捨てたほうがいい人は?

ミニマリストは布団よりマットレス派がダントツその理由とは?|ミニマリストの森

ミニマリスト 寝具

広告 大きければ大きいほどインパクトがありますし、 心置きなく寝っころがるためにも欠かせないアイテムです。 しかしながら、このこそが にとって頭の痛い問題なのです。 を持つべきか否か になろうとすると、 必ずの中で目につくものがです。 布団で寝ている方にはあまりピンとこないかもしれませんが、 があるとそれだけで「物を持っている」という感覚になります。 逆に言えば、を処分すればの中はすっきりとして、 いつも片付いた状態になります。 布団は丸めたり畳んだりして コンパクトに収納できますが、 は折り畳み対応でないかぎり、 簡単に出し入れすることはできません。 基本的に、は一年中その場に置きっぱなしにするものです。 のほとんどがで占められているの場合、 ミニマルというよりも物に空間を占拠されている状態です。 したがって、の多くはを処分し、 布団もしくは寝袋などに形を変えて睡眠をとっています。 さすがに寝袋はないだろう…という意見もありますが、 最近の寝袋は厚みやクッション性があり、枕なども 標準装備されているものが多いので、 布団がかさばって仕方ない場合は寝袋に替えても良いかもしれません。 を処分する代わりにふかふかの布団を購入しても良いですし、 そこにクッションや枕があっても良いと思います。 の中には寝心地を重視する方もいますから、 が空間を占有することに我慢ができない時は、 コンパクトで寝心地の良い布団に替えてみるのも良いと思います。 重くて大きなから、軽くて折り畳みができる に買い替えた方もいます。 床に雑魚寝をするのが嫌いな方は、 という点にはこだわりつつも、 にあって邪魔にならない物をチョイスすれば問題ないでしょう。 決して、自体が悪というわけではありません。 しかし、みんなの憧れである大きなは、 いざという時(突然の引っ越しなど)にコンパクトに 持ち運べるものではなく、心から気に入って買ったのに 急に引っ越しをすることになって泣く泣く手放す… という悲しい結末も十分に考えられます。 しかも、若いうちは引っ越しなどの急な転居が いつどこで訪れるか分からないので、 万が一に備えて身の回りの物はすべて持ち運びが 可能な物に限定しておくと安心かと思います。 を処分するメリットとデメリット ミニマム生活 実際にがなくなると、 どのようなメリットがあるのでしょうか? ㈰が広くなる が占有していた箇所がすっきり無くなるので、 以前とは比べものにならないくらいにが広くなります。 ㈪定位置がなくなり、だらだら過ごさなくなる を定位置にしていると、ついそこで余暇時間や 趣味の時間をだらだらと過ごしてしまいますよね。 でもが物理的になくなれば、定位置が消えてしまうので、 だらだらと過ごす時間に終わりがやってきます。 「終わり」というとなんだか残念な響きに聞こえますが、 実際にはムダな時間がお金を稼ぐ時間や、大切な人との付き合い、 新たな発見などに繋がるため、たくさんのメリットが享受できます。 ㈫帰宅後の過ごし方が変わる ㈪と少し似ていますが、仕事や学校帰りにに 直行して眠りについていた方は、がなくなることで 「まずお風呂に入ろう」 「とにかく食事を済ませよう」 など、やるべきことを優先できるようになります。 (これは私の実体験でもあります;) 帰宅後に時間をどのように使うかによって、 一日の充実度や翌朝の疲労度にも変化が出てきます。 「疲れたらすぐに入ってたくさん寝る」 という方も多いのですが、たくさん寝るから スッキリするというわけではなく、 きちんと食事をしてお風呂に入り、 清潔な状態で眠ることが、 良質な睡眠を得るためのベストな方法なのです。 次に、を処分するデメリットについて考えてみたいと思います。 ㈰ががらんとする 今まであったものが無くなると、なんとなく寂しさを感じます。 時間とともに慣れてくるものですが、 派の方には布団で眠ることに違和感を感じるかもしれません。 ㈪他の手段で代用するようになる ムダな空間を占有していたを手放した結果、 捨てるんじゃなかったという後悔や寂しさが募り、 結果として他の手段で代用する可能性があります。 他の手段というのは、机やハンガーラックと一体化した 「ロフト」あるいは収納やソファーと一体化した 「ソファー」など、にある以外の 機能を一ヶ所に集めた家具です。 ロフトもソファーも一見便利ですが、 ミニマルとは程遠いうえに引っ越しに持ち運びにくい欠点があります。 いかがでしたか? に対する思いは人それぞれではありますが、 捨てた結果激しく後悔したり、 結局買い直すような事になってはあまり意味がありません。 ミニマルに憧れているとはいえ、誰もがいきなり寝袋に チェンジできるわけではないので、寝心地や満足度、 生活への必要度などを総合的に判断し、 熟考してから処分を行う必要がありますね。

次の

ミニマリストの寝具はエアリーマットレス一択?人気の理由を解説!|ミニマリストの森

ミニマリスト 寝具

2.なぜベッドで寝ないのか? 理由は2つです なぜベッドで寝ないのか?というと、 理由は以下の2つです。 実際、ベッドで寝てた時より寝つきも寝起きも良く 夢を見ることも減ったので、 少なくとも僕には合っているのかなと思ってます。 柔らかいのがNGな体みたいで、 ベッドを色々変えたりしてみましたがダメでした。 本当、ベッドで寝ると翌日体がシンドいんです。 だからと言って、 「床で寝る=体痛そう」と思うかもですね。 確かに直で寝ると、細い人は骨が当たって痛いかもです。 でもマットレスを挟むことで全然痛くないんです。 3.色んな組み合わせを試して失敗してきました 色んな組み合わせをやってみました ベッドがダメなら布団とかマットレスとか、 いろいろ寝具はあるじゃん!と言われそうですが、 一通り試してきました。 以下試した結果を載せておきます。 15mmのヨガマットは自然と、 硬すぎない高反発を実現してるのかもしれないですね。 最後に高反発で折り畳めるマットレスと、 15mmヨガマッットを載せて終わりにします。 もし寝具で試行錯誤中で、 未だにしっくりきてない方は試してみてください。

次の

敷布団もマットレスも断捨離~ミニマリストのふとんはこれだけあればよい

ミニマリスト 寝具

ベッドは不要?ミニマリストがマットレスを愛用する理由を追求! ベッドを手放してしまったら、どこで寝ればいいの? というのが多くの人の不安で、一番の疑問でしょう。 ベッドで寝ることが一般的になった今、ベッドを捨ててしまったらどうすればいいか困ってしまう人も多いと思います。 ミニマリストはベッドを断捨離する代わりに、マットレスを愛用しています。 ミニマリスト御用達は『エアリーマットレス』オススメする5つの理由 公式サイトはこちらをクリック>> マットレスの中でも、アイリスオーヤマの「エアリーマットレス」がミニマリストのなかでは非常に人気! 厳選されたものだけで暮らすミニマリストが選ぶなら、何か理由があるはずです。 コンパクトに収納できる コンパクトに収納できることが、エアリーマットレスの第1のメリット。 エアリーマットレスには厚さ5cm、9cm、12cmと3種類が用意されています。 収納するときは三つ折りにして専用の収納袋にしまうので場所を取りません。 しかも立てかけて収納することも可能。 布団であれば横にして収納するため、どうしても押し入れやクローゼットのなかで幅を取ってしまうのが悩みです。 3次元スプリング構造という機能で身体にかかる圧力を分散させることができるため、圧力が背中や腰に集中せず、理想的な寝姿を実現しているんだとか。 高反発マットレスは寝返りがしやすく体への負担が小さいため、これまでのマットレスに比べて体にやさしいのが特徴。 通気性が高くてメンテナンスしやすいのも特徴です。 収納のスペースを取らない上に寝心地もいい、とてもすぐれものマットレスと言えます。 ソファー代わりにもなる よし! エアリーマットレスシングル2つを 無印の掛け布団カバーに 入れたらこの状態。 座ってもしっかり。 お子が多いときにいたします。 — akaneirodoki 一粒の麦 akaneirodoki エアリーマットレスの使い方は、実はベッド代わりとしてだけではないんです。 三つ折りの状態で置けば、 ソファーの代わりにもなります。 三つ折りにしたエアリーマットレスを床に置き、オシャレな布をその上に敷けばステキなソファーに早変わり。 座るとマットレスが動いてしまうことがあるので、ズレ防止用のラバーマットを100均やホームセンターなどで購入して敷くとよいですよ。 ミニマリストはできれば大きな家具は手放したいというのが本音ですよね? ベッドとソファーの両方の機能を兼ね備えるエアリーマットレスはまさに一石二鳥のアイテムではないでしょうか。 折りたたみ式だと形が自由自在 ベッドにもソファーにもなるメリットの理由は、折りたたみ式であり形が自由自在に変えられるためです。 ソファーとして使う際も、三つ折りのひとつを伸ばすことで足を伸ばすことができますし、その使い道はたくさんありそうですね。 自由自在な形を利用して、自分の生活スタイルに合った使い道を探すのも楽しくなりそうです。 軽くて持ち運びに適している もうひとつのメリットは、軽くて持ち運びに向いていること。 厚さ5cmのシングルサイズの場合、重さはたったの約4. 5kg。 実際に持ち上げてみると思わず「軽っ」と言ってしまうほど軽く、持ち運びに適しています。 これならひとりで折りたたんで動かすこともまったく問題ありませんよね。 上げ下ろしが布団と比べて格段にラクですので、毎日苦労することもなさそうです。 掃除の際もラクに動かせる その軽さのため、掃除をする際にも簡単に動かすことができます。 部屋の隅に置いてあると言っても、重いとなかなか動かして掃除をする気分にもならないかもしれません。 エアリーマットレスならラクに動かすことができるため、 掃除機を掛ける際もその移動がまったく苦になりません。 また、マットレス自体も洗濯することができます。 重くて移動するのも大変だと洗濯するのも一苦労です。 だけど、軽くあつかいやすい素材のエアリーマットレスなら洗濯も楽ちん。 リバーシブル生地だとオールシーズン使える さらにリバーシブルカバーを採用したタイプもあります。 メッシュ生地とニット生地が裏表でリバーシブルになっているため、オールシーズン使えるのが特徴。 ひとつ買えば1年を通して使用できるのはとても便利でうれしいですよね。 ベッドを手放すメリットとデメリットについて、くわしく見ていきましょう。 メリット 室内が広くなる まず、室内が広くなります。 一度部屋を見渡してみてください。 寝室にベッドがドーンと場所を取り、それだけで他にスペースがないなんてことはありませんか? このベッドがなくなり、すべてがスペースになるのですから、室内が広くなることがメリットであるのは当然ですね。 引越しなどがラクになる 引っ越しがラクになるのもメリット。 大きな家具はなかなかひとりでは運べません。 どうしても専門の引っ越し業者さんにお願いすることになります。 大きなベッドがなくなれば身軽に引っ越しができ、もしかしたら業者さんにお願いする必要もなくなるかもしれません。 また、スペースさえあればどこでも敷くことができます。 楽にインテリアを変えることができるのもうれいですよね。 だらけた生活を送らなくなる ベッドを辞め、マットレス生活にするそもそもの理由は何でしたか? 部屋の中にスペースを作り、スッキリとした生活を送ることでしたよね。 それなのにマットレスをずっと敷きっぱなしにしていたら、結局ベッドを使っているのと同じ……毎日マットレスを折りたたみ収納する癖がつくことで、だらけた生活を送ることがなくなります。 気づいたら休みの日に一日中ベッドの上でごろごろしていたなんてこともなくなり、生活にメリハリがつきますね。 デメリット 新しい寝具を検討しないといけない これまでに使っていたベッドを手放すことになりますので、一緒に使っていた寝具も手放すことになります。 その代わりにマットレスに合った寝具を選ぶ必要が出てきます。 エアリーマットレスの場合、通気性がよいので寒い日は毛布などで防寒対策が必要です。 快適な睡眠を得るためにも、自分の生活に合った寝具をじっくり選びましょう。 寝床の準備をするという手間がある 毎日マットレスを畳んでスペースを作ると言うことは、毎日寝るためにマットレスを広げる必要があるということです。 そのためマットレスを毎日敷き、寝床を準備する手間があるのは事実です。 広いスペースで快適に過ごすのと引き換えに、ひと手間掛かるということをじっくりと検討してからベッドを断捨離することをオススメします。 寝具を選ぶ5つのチェックポイント ベッドを断捨離し、毎日折りたたむことで部屋にスペースができる寝具としてマットレスを紹介してきました。 そのマットレスを選ぶ基準はどうでしょうか。 後悔しない寝具の選びかたを5つのポイントと共にご紹介します。 寝心地のよいマットレスの厚さ まずは自分にとって寝心地のよいマットレスの厚さを知ることからはじめましょう。 一般的に薄いと床に近いため、硬いと感じてしまうかもしれません。 高反発マットレスは体が沈まないような設計が特徴なので、基本的には薄くても問題なく使うことができます。 自分の体と相談し、 もし腰痛で悩んでいるようであれば少し厚めのものを選ぶのがいいかもしれません。 一度実際に寝転んでみて、自分にぴったりの厚さのものを選ぶのがいいでしょう。 収納のしやすさ 紹介したエアリーマットレスは三つ折りにできるので、コンパクトなサイズでの収納が可能です。 一度自分の収納を見直して、どのぐらいのスペースが確保できるのか確認してからそれに合ったマットレスを選ぶことも大切。 当然ですが、マットレスが薄ければ薄いほど収納スペースも少なくなります。 自分の体にあった厚みのマットレスであることに加え、収納のしやすさを考えて自分の生活にぴったり合ったものを選びましょう。 もしどうしても収納がない場合はソファー代わりにして、昼はソファー・夜はベッドといった2度おいしい使いかたをするのもオススメです。 確保できる居住スペースの広さ 確保できる居住スペースの広さは、寝具を買う前に確認すべき重要な点と言えます。 マットレスと一言で言ってもその種類はたくさんあり、そのサイズもさまざま。 同じエアリーマットレスでも、シングル用からダブル用までサイズが揃っています。 メーカーごとに大きさもまちまちですので、まずは居住スペースに合ったものを選ぶようにしましょう。 洗濯ができるかどうか 洗濯できるかどうかはとても大切なポイント。 夏場は特に汗をかきますので、清潔さを保つためにもマットレス自体を洗うことができるかは確認しましょう。 エアリーマットレスの場合、丸洗いできる素材なのでそのまま洗濯ができます。 手軽に洗濯ができることで、ストレスも軽減されますね。 返金保証や定額制のサービスが可能かどうか 寝具選びは、お店に行って体験してもなかなかむずかしいですよね? 数分間横になっても安眠できるかどうかはわかりません。 とくに通販だと「失敗したぁ」という人も多いです。 最近は、メーカーによっては、返金保証だったり、定額制(サブスクリプション)のマットレスもあります。 エアリーマットレスも、30日間の返金保証がついているのも人気のひとつでしょうね。 では、寝具を選ぶ5つのチェックポイントを理解できましたか? それでは、あなたにオススメのマットレスを紹介します。 エアリーマットレス ミニマリストに1番人気のマットレスが『エアリーマットレス』。 100万枚販売しているベストセラー商品です。 もう説明は不要ですね。 使用感• 寝心地のよさ• コスパ ミニマリストに憧れるあなたにピッタリの商品です。 5kg 中材 エアロキューブ ポリエーテルエステル系繊維 洗濯 丸洗い可 2. 90日間の返金保証付き高反発マットレス『モットン』 元プロ野球選手の山本昌さんも使用している『モットン』。 腰痛や肩こりがあり薄手のマットレスだと心配というあなたにオススメします。 エアリーマットレスと比べると90日間の返金保証は、かなり魅力的ですね。 5kg 中材 ウレタンフォーム 洗濯 外カバーは取り外し洗濯可能 5. 敷くだけ湿気対策!【モットン除湿シート】 最後に紹介するのは、マットレスではありません。 ミニマリストの場合、床に直接マットレスを敷くことが考えられます。 布団には、夏場も冬場も湿気がたまってしまいます。 エアリーマットレスなど湿気対策可能な商品もありますが、毎日使うものだから湿気によるカビなどに注意しないといけません。 カビは湿度60%を超えると急激に増殖します。 くり返し使えて経済的• 干し時が分かる湿気お知らせセンサー付き• アンモニアに対する消臭性が特に強い• 耐久性が高く、吸水・吸湿の繰り返しや天日干しの光による吸水性能の低下がみられません• 塩分の含まれた寝汗もしっかり吸収.

次の