早期 妊娠 検査 薬 薬局。 【2020年版】もう悩まない!おすすめの妊娠検査薬を薬剤師が解説|使い方と選び方もご紹介

妊娠検査薬でフライングしたい!Pチェック?ウーマンチェック?おすすめ早期妊娠検査薬

早期 妊娠 検査 薬 薬局

妊娠検査薬とは? いつから使えるのか知りたい 妊娠すると、体内でhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが作られ始めます。 hCGは赤ちゃんとママをつなぐ胎盤の絨毛の細胞で作られるホルモンで、男性や妊娠していない女性の体内では作られません。 hCGの量は受精卵が着床して妊娠するとどんどん増えていき、尿の中や血中のhCGの濃度が高くなっていきます。 妊娠検査薬はこの仕組みを利用し、妊娠しているかどうかを判断しています。 一般の妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後から使用することができます。 妊娠検査薬には、使用説明書が同梱されています。 これを読まずに使うと、判断を誤ることとなり、正確な結果を得ることができません。 面倒でも必ず読むようにしてくださいね。 妊娠検査薬に関する先輩ママの体験談を聞いてみよう! 先輩ママは妊娠検査薬をどんなふうに使っていたのでしょうか。 口コミをご紹介します。 スティックに尿をかける手が緊張で震え、長いスティックだと手が汚れなかったなあと思ったのを覚えています。 線があまりにもはっきり出たので驚きました。 主人にもすぐに見せて、次の日2人で病院に行き、妊娠がわかりました」(30代 たすくママ) 「長年、妊活をしていて、あらゆる妊娠検査薬を試しました。 陰性が明らかにでても諦めきれなくて、3日後に再検査することもしばしば。 1回分を購入すると高いので、2回分とかなるべくたくさん入っているものを購入していました。 海外のもののほうが安かったのですが、こういった繊細なものは国産がいいと思っていたので、毎回、日本のものを購入していました」(40代 ななこママ) 「第2子の妊娠を望んでいたときに、生理予定日が近づくと気になって仕方なく、なんどもフライング検査を行ってしまいました。 早期妊娠検査薬を使えばよかったのですが、お高めだったので毎回は使えなかったんです。 海外のものも使用したりして、うっすら線が見えるような見えないような結果が続き、毎回もやもやしていましたね。 結局、第1子のときにも使用していた一般妊娠検査薬で妊娠がわかりました」(30代 さらママ) 妊娠検査薬の種類 妊娠検査薬には通常の「一般妊娠検査薬」と「早期妊娠検査薬」があります。 一般妊娠検査薬 卵の成長スピードなどによって個人差はあるものの、一般妊娠検査薬は次の生理予定日の1週間後から使用することができます。 これは、時期によってhCGの量が異なることを利用したもので、hCG値が50IU/Lを超えると陽性反応が出るものが一般的な妊娠検査薬です。 このタイミングより前に測ってしまうと、hCG値が基準値に達してないため、反応がでないことになります。 早期妊娠検査薬 一方、早期妊娠検査薬は生理予定日当日から使うことができます。 「早期妊娠検査薬」はhCG感度が高く、尿中のhCG値が25lU/L程度でも陽性反応を示します。 早く利用できるのがメリットですが、一般妊娠検査薬と比べて正確性が落ちるという点に留意しなくてはなりません。 妊娠検査薬は薬局で買えるの? 一般妊娠検査薬も早期妊娠検査薬も、どちらも薬局で購入することができます。 一般妊娠検査薬は「通常タイプ」と呼ばれ、薬局でも店頭に並んでいます。 早期妊娠検査薬は、薬局の薬剤師による対面販売で購入できるものになり、使用方法の説明を受けたうえで、名前・住所といった個人情報を記載し、購入することとなります。 海外の妊娠検査薬も 最近ではインターネットで購入する人も増えており、ネット上ではたくさんの口コミなどが飛び交っています。 日本製の妊娠検査薬との大きな違いは、価格と入手のしやすさです。 一般的に、薬局等で流通しているものは日本のメーカーのもの。 日本のものはスティックタイプが多く、スティックに尿をそのままかけられるのが特徴です。 精度は99%以上とかなり信頼できる結果を得ることができます。 価格は1本500円、2本で800円前後が多いようです。 一方、海外の妊娠検査薬は、尿を入れた容器にストリップを浸すタイプが多く、容器を用意したりとやや手間のかかるものが多いようです。 精度はFDA(アメリカ医薬品食品局)が認定していることから信頼できるといえるでしょう。 10本で900円前後とリーズナブル。 早期検査にも対応しており、排卵検査薬とセットになっているので、計画的に妊活を行っている方には割安感があるといえるでしょう。 難点は、日本の薬局では手に入れられないこと。 信用のできるサイトを探し注文をしなくてはなりません。 おすすめの妊娠検査薬8選 インターネットや日本の薬局で購入することができる、人気の日本製妊娠検査薬を9つをご紹介します。 いずれも妊娠診断の補助に使用するものであり、確定するものではないことに留意して使用してください。 時間が経過すると正確な表示がされなくなるものもあります。 使用法をそれぞれよく読んでご使用ください。 アクラス チェックワン アラクス 参考価格:¥398 チェックワンシリーズとも呼ばれる、有名な妊娠検査薬です。 朝・昼・晩いつでも使うことができます。 3秒間尿をかけ、わずか1分で判定結果がわかり、判定は99%以上の正確さを誇ります。 尿をかけるスティックはスリムで持ちやすく、尿の跳ね返りもありません。 生理予定日の約1週間後から検査が可能です。 時間が経過しても検査薬の判定結果が残るタイプなので、帰宅した旦那様に見せるなどもできます。 ・第2類医薬品 ・1回用・2回用あり ・生理予定の薬1週間後から使用可能 ロート製薬 ドゥーテスト ロート製薬 参考価格:¥2,540 たった2秒でしっかり尿をキャッチし、約1分で判定。 採尿部が大きいため尿をかけやすく、ハネにくい構造です。 スティックの後ろにキャップをつければ、さらに長くちやすくなり、尿が手にかかるのを防ぐことができます。 正しく検査が行われたかも確認サインが教えてくれるので安心です。 朝・昼・夜いつでも検査が可能。 判定確率は99%以上。 時間が経つと結果が変わることがあるので、10分以内に判定を行ってください。 ・第2類医薬品 ・1回用・2回用あり ・生理予定の薬1週間後から使用可能 オムロン クリアブルー オムロン OMRON 参考価格:¥273 世界ナンバーワンシェアで、世界50か国で発売されている商品です。 イギリスのユニパス社が開発した尿中hCG(感度50mlU/ml)検出の技術を採用しています。 朝・昼・晩いつでも検査が可能。 サンプラー部分に尿を5秒程度かけたら、平らなところにおいて終了確認の窓に青い線がでるまで、1分待ちます。 判定窓に青い線がでたら陽性反応です。 判定確率は99%以上。 陽性であれば判定窓に線がはっきり現れるのが特徴です。 10分以内に判定をしてください。 ・第2類医薬品 ・1回用/2回用あり ・生理予定の薬1週間後から使用可能 ミズホメディー P-チェック・S ミズホメディー 参考価格:¥433 尿をかけやすい大きな採尿部が特徴。 スティックも長く、持ち手がすべりにくい構造のため、初心者でも使いやすくなっています。 スティックは白色の商品が多いなか、こちらはピンク色で女性らしいデザインとなっています。 生理予定の約1週間後から使用可能。 朝・昼・晩いつでも使用できます。 99%以上の診断確率です。 10分以内に判定をしてください。 ・第2類医薬品 ・1回用/2回用/5回用あり ・生理予定の約1週間後から使用可能 不二ラテックス ウー・マン チェック ウー・マン 参考価格:¥647 持ちやすい親指グリップがついており、初めての人でも使いやすい形です。 採尿部分が大きく、かけやすいのも特徴。 1日中いつでも検査可能で、99%以上の正確さがあります。 1本あたりの価格もリーズナブル。 判定窓の脇に検査結果を示す表示があるので、説明書を見なくてもわかるため便利です。 ・第2類医薬品 ・1回用/2回用あり ・生理予定の約1週間後から使用可能 タケダ ハイテスターN ハイテスターN 参考価格:¥713 持手部分が長いロングタイプ。 判定方法がスティックに記載されているので、判定窓に出た結果と見比べることができます。 判定窓の右側には判定終了を示す窓もあるので、待ち時間を測る必要もありません。 終了窓の表示が出たら結果をみましょう。 採尿部も大きく、尿がかけやすい構造となっています。 5秒以上尿をかけ、1~3分待つと結果がでます。 10分を過ぎての判定は避けてください。 線が薄くて判断できないということがなく、初心者でも使いやすといえるでしょう。 1箱で3回用なので、フライング検査などをしてしまったときにも続けて使用することが可能。 チェックスティックをリーダーに入れ、尿を5~7秒かけ、1~3分後に検査結果が表示されます。 検査結果は1時間経過すると消えますのでるため、注意してください。 デジタルであることから一般の商品より価格は高めですが、わかりやすい結果を得たい方におすすめです。 ・第2類医薬品 ・3回用(リーダー、チェックリストスティック3本) ・生理予定の約1週間後から使用可能 アクラス チェックワンファスト チェックワンファストは日本製で唯一の「早期妊娠検査薬」です。 薬剤師のいる薬局でのみ取り扱いを行っており、インターネットで購入することができません。 薬局で薬剤師から使用説明を受け、名前や住所などの記入をしてからの購入となり、やや購入のハードルは高いかもしれません。 尿を3秒かけて1分間で結果がでます。 「生理予定日の1週間後まで検査を待てない」という方は、ぜひこちらをご使用ください。 ただし、あくまでも妊娠診断の補助試薬として用い、妊娠の確定診断は他の臨床所見等と合わせて総合的に判断するものとなります。 取扱店はより見ることができます。 ・第1類医薬品 ・生理予定日より使用可能 妊娠検査薬は、使いやすさ・価格などを基準に選んで 妊娠検査薬の種類はそれほど多くないものの、どれも信頼できる精度で調べられるようになっています。 よって、使いやすさや価格、早期に使用できるかどうかなどの観点で選ぶのが良いでしょう。 時間が経過すると正確な表示がされなくなるものもあります。 使用法をそれぞれよく読んでご使用ください。 文/藤崎じゅん.

次の

妊娠検査薬のおすすめ8選!海外製や早期検査薬も【体験談あり】|Milly ミリー

早期 妊娠 検査 薬 薬局

妊娠検査薬について 妊娠検査薬は、尿中のhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンを測定することによって、妊娠をしているかどうかを判定する目安になるものです。 「赤ちゃんが欲しいと待っている妊活中の方」 「生理が予定日になっても来ないな」 「ちょっと体調がおかしいな」 もしかしたら妊娠したかもと思ったら、まず試したい妊娠検査薬。 薬局やドラックストア等で販売しており、手軽に妊娠しているか判定できます。 チェックワンやクリアブルー、ドゥーテストなどいろいろな種類があります。 妊娠検査薬って、どんな仕組みなの? 女性の体内では、妊娠すると「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」というホルモンが分泌され始めます。 hCGホルモンは妊娠すると急激に増え始めます。 妊娠検査薬では尿のなかに含まれるhCGホルモンに反応し、規定値よりもhCGホルモンが多く含まれると陽性反応があらわれます。 いつから、陽性反応が出るの? 一般的な市販の妊娠検査薬は「生理予定日の約1週間後から」判定できるとされています。 それは、一定以上の尿中hCG濃度がないと正確な判定が難しいためです(妊娠していても陽性反応が出ないなど)。 hCGが尿中に検出されはじめるのは妊娠4週頃からで、生理予定日の約1週間後からhCGの分泌量が大きく増え、妊娠検査薬でほぼ正確に検知することが可能な濃度になります。 妊娠前の最終生理開始日を妊娠0週0日と数えますので、妊娠4週0日は次の生理開始予定の日にあたります(平均的な28日周期の場合)。 1日でも早く知りたいという気持ちを抱くのは当然のことですが、陽性が出たからと言って妊娠が確定したわけではないので注意が必要です。 妊娠反応があったものの、超音波検査で妊娠が確認される前に、生理様の出血とともに流産してしまうこともあるからです。 これは化学(的)流産と呼ばれる状態です。 「陽性反応が出た」「生理が遅れている」「生理がこない」「妊娠かな」と思ったら、まずは病院を受診してください。 早期妊娠検査薬とは? 早期妊娠検査薬とは、一般的な妊娠検査薬が生理予定日から1週間後に使用するものに対し、1週間以前から使用できるものになります。 1日でも早く知りたいという場合には、早期妊娠検査薬を使用されると良いでしょう。 日本製の早期妊娠検査薬の場合、一般的な妊娠検査薬と使い方は同じです。 早期妊娠検査薬と一般の妊娠検査薬は一体何が違うのでしょうか? それは、それぞれのキットが反応するhCGホルモン濃度が違うのです。 一般妊娠検査薬の場合は、多くのものが濃度50mIU/mLで反応するようになっています。 それに対し、早期妊娠検査薬ではその半分の濃度25mIU/mLで反応するようになっています。 つまり、早期妊娠検査薬では少ないホルモンに反応するということ。 ホルモン分泌の少ない早い時期でも、検査が可能であるということになります。 一般的な妊娠検査薬は「第2類医薬品」のため病院や薬局、ドラッグストア、インターネットでも購入可能です。 一方、早期妊娠検査薬に関しては「医療用体外診断用医薬品に」あたるため薬剤師のいる薬局でしか購入出来ません。 早期妊娠検査薬を購入されたい場合には、薬局で取り扱いがあるか問い合わせてみましょう。 早期妊娠検査薬 チェックワンファスト(株式会社アラクス) 現在、唯一の【日本製】早期妊娠検査薬「」です。 生理予定日当日から使用することができ、非常に高感度です。 スティックタイプなので衛生的で、使いやすい点も魅力です。 薬事法の改正により、薬剤師さんのいる薬局でしか購入することができませんので、購入の際はご注意ください。 病院での妊娠検査内容は? 妊娠判定のために初診で行くと、一般的には以下の内容を検査することになります。 初診時に、どういう条件がそろえば、妊娠となるのでしょうか? 医師が重視するのは、赤ちゃんの心拍が確認できるかどうかです。 子宮内に「胎嚢(たいのう)」と呼ばれる赤ちゃんが入る袋が確認できたとしても、その袋の中で赤ちゃんが生存していなければ妊娠成立とは判断されないのです。 妊娠検査初診時の費用は? 妊娠・出産は正常な経過であれば、健康保険適用外となり自費診療となります。 妊娠検査初診時に、妊娠反応が陽性の場合、 妊婦健診扱いとなりますので初診妊婦健診料6,000円となります。

次の

妊娠検査薬って、どれくらいの確率で当たる?フライングはいつから?

早期 妊娠 検査 薬 薬局

早期妊娠検査薬はいつから使えるの? いつから使える? 一般の妊娠検査薬は、 「生理開始予定日の1週間後以降」から使用することができます。 それに対して早期妊娠検査薬は、 「生理開始予定日」や「生理予定日の4日前」から使用できる商品が販売されています。 発売されている商品によって違いがあるのですが、一般の妊娠検査薬よりは早い時期に妊娠しているかどうかを知ることができるのですね。 日本でもよく利用されている早期妊娠検査薬には、 「チェックワンファスト」「ドクターズチョイス ワンステップ」「クリアブルー デジタル」の3つの商品があります。 hCGは妊娠をすると胎盤絨毛細胞から分泌されるホルモンなのですが、妊娠検査薬はこのhCGに反応するように作られているのですね。 それでは、早期妊娠検査薬それぞれの特徴を見ていきましょう。 チェックワンファスト チェックワンファストは「アクラス」から発売されている商品です。 「アクラス」は、頭痛薬のノーシンなどを販売しているメーカーですね。 チェックワンファストは、 日本の薬局で購入できる唯一の早期妊娠検査薬となっています。 ただ医療用体外診断用医薬品に該当するので、薬剤師との対面販売のみで購入できます。 店頭には陳列されていないので、薬剤師さんに「購入したい」と声をかけましょう。 チェックワンファストの特徴や使用方法• 生理開始予定日当日から検査ができます。 尿を3秒間かけるか、紙コップなどに採取した尿に5秒間浸すだけの簡単な操作で検査できます。 1分間で陽性か陰性かを判定できます。 薄くても判定表示部分に赤紫色の線があらわれた場合は陽性と判定できます。 このように使用方法は特に難しくありません。 一般の妊娠検査薬と同じ方法で利用すればいいので、簡単に検査をすることが出来そうです。 希望小売価格は、1,500 円(2本入り)となっています。 1本当たり750円ということですね。 「生理開始予定日の4日前」から使用できるので、一般の妊娠検査薬よりも10日ほど早くフライング検査ができますね。 しかし「生理開始予定日の4日前」での使用では、検査精度がかなり落ちてしまいます。 「生理開始予定日」での検査ならばほぼ正確な結果が出るので、 正確な結果が知りたいときは「生理開始予定日」での使用をお勧めします。 ドクターズチョイス ワンステップは日本では認可されていないので、日本の薬局では購入できません。 インターネット通販で購入する必要がありますね。 1の妊娠検査薬」というフレーズで有名ですね。 オムロンが輸入元となりクリアブルーと言う名の妊娠検査薬を日本でも発売していますが、クリアブルーの早期妊娠検査薬が「クリアブルーデジタル」となります。 デジタルの名前がついているように、 表示がアナログ式の線(ライン)ではなく、デジタルになっていることが特徴です。 「生理開始予定日の4日前」から使用できるのですが、正確さを求めるなら「生理開始予定日」からの使用をお勧めします。 クリアブルーデジタルもドクターズチョイス ワンステップと同様に日本では認可されていないので、日本の薬局では購入できません。 インターネット通販での購入が必要となるということですね。 早期妊娠検査薬を「生理開始予定日」に使用した場合、検査結果の精度はかなり高いようです。 オンラインショップなどの商品説明ページでは、「 精度99%」などとよく記載されています。 ただ正確なデータ(出典)は見つからなかったので、「精度99%」が本当かどうかは正直なところ不明です。 チェックワンファストは、本キットと同一感度を有する同社製品「hCG テスト テイゾー」と比較して、100%の一致率が見られたようです。 (こちらはアクラスの商品紹介のサイトに記載されています。 ) 先輩ママのチェックワンファストの体験談を見てみると、かなり判定精度が正確なようなので、その精度も信頼できるのではないでしょうか。 先輩ママの体験談とアドバイス 生理予定日3日前に使用したのですが、くっきり陽性の線が出ていました 私は第一子を授かった時に生理予定日まで待ちきれず、早期妊娠検査薬を使いフライング検査をしました。 私が使用したのはアラクスのチェックワンファストです。 念のため2回用を購入しました。 生理予定日3日前に使用したのですが、この段階でもうほとんどくっきり陽性の線が出ていました。 生理予定日にももう一度使用するとくっきり陽性が出ました。 早期妊娠検査薬は普通にドラッグストアの検査薬のコーナーでは売っていなくて、私の場合は薬局の処方せんコーナーで名前を記入し購入しました。 少し値段も高いですし、気軽に買う事ができないため購入するのに少しハードルが高いように感じました。 ですが早くに結果を知る事ができるという点は妊活をしている時にはかなりうれしい点だと思いますので結果的に使ってよかったなと思っています。 大阪府 A. S しっかり仕組みを理解し、正しく使用することが大事だと感じます アクラス社から出ている製品を利用していました。 海外製の物より高価なのですが、何より近所のドラッグストアで購入できる点が良かったです。 着床したかの確認から検査をしたかったので基礎体温を測り、高温期12日目と思われる日から生理予定日まで朝の決まった時間に使用しました。 結果、陰性の時は全くといっていいほど反応せず真っ白。 陽性だと細くても色のついた線が出ました。 妊娠しているかどうかはデリケートな問題で、切実に悩む方も多いと思います。 私もその1人でした。 気になって何度も検査したくなる気持ちもとても良くわかります。 しかし検査薬を正しく理解して使用しないと新たに不要な悩みを抱えてしまうことも。 しっかり仕組みを理解し、正しく使用することが大事だと感じます。 アラクスのチェックワンファストを、生理予定日に使用しました アラクスのチェックワンファストを、生理予定日に使用しました。 陽性反応が出ました。 生理予定日という早い判定で心配でしたが、本当に妊娠していました。 妊活をしてたので、判定がしっかりでてくれ嬉しかったです。 チェックワンファストは生理予定日から使用できるとの事ですが、判定もきちんとでたので、早く妊娠したか確認したいという方にはお勧めです。 赤ちゃんの健康な成長の為にも、早めに妊娠を知ることはとても良いことだと思います。 (東京都 C. N) 初めて陽性が出た時は、割とすぐにハッキリと現れました 私はチェックワンファストをドラッグストアで購入しました。 不妊治療中というのと、甲状腺疾患の治療をしていたので、少しでも結果を早く知りたくて。 始めてしばらくは、毎回陰性。 もちろん、その度にリセットでした。 初めて陽性が出た時は、割とすぐにハッキリと現れました。 念のため翌日に通常の判定薬を使用した所、うっすらと陽性に。 産婦人科を受診したところ、胎嚢が確認できました! フライングだけでは正確な事は分からない事もあります。 また、科学流産を知る事もあり得る為に、精神的な負担を感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、不妊治療をされている方の中には、受精や着床ができたのか知る目安にもなる場合があるかと思います。 (長野県 M. Y) 薬剤師さんが居るところでしか売っていませんでした 最初に購入したのは、妊娠を意識しだしてから初めて生理が3日遅れた時に、チェックワンファストを出先の薬剤師さん在中の薬局で購入しました。 この時は陰性でした。 二度目に購入したのは、妊活を始めて体外受精をした後です。 判定日まで待てずに、近所のドラッグストア(薬剤師さん在中の)で購入し、陽性判定でした。 早期妊娠検査薬は、普通のドラッグストアではあまり売っておらず薬剤師さんが居るところでしか売っていませんでした。 安値で販売されているインターネットで海外製品を購入する方も多いようですが、より正確性を求めるならドゥーテストかチェックワンファストが良いと聞いたので、私はチェックワンファストを購入しました。 (大阪府 F. M) まとめ 早期妊娠検査薬は、 「生理開始予定日」「生理開始予定日の4日前」から使用できる妊娠検査薬のことです。 日本でもよく利用されている早期妊娠検査薬には、「チェックワンファスト」「ドクターズチョイス ワンステップ」「クリアブルー デジタル」の3つの商品があります。 「チェックワンファスト」は日本の薬局でも購入できるのですが、「ドクターズチョイス ワンステップ」「クリアブルー デジタル」は日本の薬局では購入できないので、インターネット通販での購入となりますね。 「生理開始予定日」での使用なら、その正確性・精度も高いようなので、フライング検査をしたい方は通常の妊娠検査薬よりも、専用の早期妊娠検査薬を使うことをお勧めします。

次の