ツー ウィークス 韓国。 TWOWEEKS(韓国ドラマ)の第15話あらすじと感想!無料動画の視聴も

TWO WEEKS (テレビドラマ)

ツー ウィークス 韓国

韓国ドラマ「 TWO WEEKS」(トゥーウィークス)は、 イ・ジュンギ主演ドラマで、イ・ジュンギ自身の演技の幅を広げたドラマです。 またイ・ジュンギだけでなく出演俳優の演技が高い評価を受けたドラマでもあります。 イ・ジュンギの元恋人役のパク・ハソンは「 」でインニョン王妃を演じていた女優です。 刑事役のリュ・スヨンとこのドラマをきっかけに結婚に至った、縁起のいいドラマでもあります。 それもそのはず、このドラマの脚本は脅威の視聴率40%超えのドラマ「いとしのソヨン」「 」をはじめ、「私の期限は49日」「検事プリンセス」「2度目の二十歳」など常に話題となるドラマの脚本を手掛けてきた脚本家ソ・ヒョンギョンです。 最近ではパク・シフ主演の「 」が再び視聴率40%超えとなりました。 「TWO WEEKS」に出演したイ・ジュンギもこれまでアクション俳優というイメージが強かった俳優でしたが、初めて演じた父親役で感情表現や心理表現をうまく演じる俳優としての評価を得ました。 このドラマのチャン・テサン役でAPAN Star Awardsの男優優秀賞を受賞しています。 生活のためにいろいろな職につき、今は質屋の雇われ店主として働いていた。 そんなある日、テサンの元にかつて恋人だったイネ(パク・ハソン)が突然訪ねてくる。 そこで娘がいることを知らされ、その娘の白血病治療のために適合する骨髄を必要としていることを明かされる。 そして父親のテサンは結合する可能性があることを知り、検査を受けることになる。 自分に娘がいたことに戸惑うテサンだったが、初めて会う娘スジンに愛おしさを感じるようになる。 検査の結果、骨髄は適合しスジンの移植手術が行われることになった。 初めて人の役に立ち、それが娘のためだと思うと娘を救う使命感が湧いてくる。 手術までの2週間は感染症にかからないように自分の身も守らなくてはならないテサンだったが、あろうことか殺人のぬれ衣を着せられ逮捕される。 このままでは娘の手術ができなくなることを案じたテサンは、潔白を証明するために護送中に逃亡をはかる。 はじめて守るものができたテサンは、娘の命のタイムリミットが2週間後と迫る中、決死の逃亡劇を繰り広げる。 警察と検察が逃亡犯としてテサンを追うと同時に、テサンに預けられたデジタルカメラを狙って刺客にも追われる身となるテサンだったが、親友まで殺されまたしても殺人容疑をかけられてしまう。 しかし、テサンを追う検察のジェギョンはテサンの殺人容疑は濡れ衣ではないかと疑問を持ち始める。 誰も信じられないテサンは、必ずスジンの手術を成功させるために自分の潔白を証明してみせると唯一イネを頼りにする。 刻々と迫るタイムリミットにテサンは無事、病院に現れることができるのか? アクションと事件が絡み合うサスペンスだけではなく、テサンが人生に意義を見つけ出し変化していく心境の変化も見どころのドラマです。 かつての恋人から娘がいることを知らされる。 殺人の濡れ衣をきせられるが逃亡する。 テサンの元恋人。 8歳の娘がいるシングルマザー。 娘の病気を治すためにテサンをたよる。 南部地検の捜査官。 過去に父親を殺される。 その時の容疑者とテサンの逃亡との接点を見つける。 強力斑の刑事。 イネの今の恋人。 逃亡したテサンを追うが、スジンの父親と知り複雑な心境。 イネとテサンの娘。 白血病を患っている。 テサンが自分の父親だということを知るがイネには内緒にしている。 こんな記事も読まれています.

次の

韓国ドラマ「TWO WEEKS/トゥ・ウィークス」あらすじ・相関図・キャスト

ツー ウィークス 韓国

2020. 2019. 2019. 2019. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2016. 28 BS12 トゥエルビ 視聴者相談センター 年末年始休業についてのご案内• 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 21 本日のプロ野球中継は悪天候のため中止となりました。 2015. 2015. 08 本日のプロ野球中継は悪天候のため中止となりました。 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 03 本日のプロ野球中継は天候不良のため中止となりました。 2015. 31 TwellVサイトリニューアルいたしました.

次の

TWOWEEKS(韓国ドラマ)の第15話あらすじと感想!無料動画の視聴も

ツー ウィークス 韓国

三浦春馬さんが主演を務めるドラマ「TWO WEEKS(トゥーウィークス)」がスタート! 原作は韓国で放送された同名作品です。 今期は原作が韓国の作品が多いですね。 原作の韓国版もめちゃくちゃおもしろいんですよね~。 今回はドラマ「TWO WEEKS(トゥーウィークス)」のネタバレあらすじ最終回の結末まで、韓国の原作から核となる部分だけを、ざっくり解説していきます。 ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。 スポンサーリンク TWO WEEKS(トゥーウィークス)ネタバレ【はじまり】 チンピラの端くれのような生活を送っていた 結城大地(三浦春馬)のもとに、元恋人・ すみれ(比嘉愛未)が現れます。 8年前。 大地はある出来事をきっかけに、すみれに一方的に別れを告げました。 すみれは、その時妊娠をしており、大地には内緒で娘・はなを産み育てていたのです。 すみれから、はなが白血病を患っていると聞いた大地は、はなに会いに生き、父性が芽生えます。 そして、大地のドナーが一致したため、2週間後移植手術が行われることになりました。 生きる希望を見出した大地でしたが、悲劇に見舞われます。 【濡れ衣】 実業家の 柴崎(高嶋政伸)は、国会議員の 久我早穂子(黒木瞳)とつながり、麻薬の密輸を計画していました。 圧倒的権力を持つ久我とつながりがあれば、成功させ大儲けできると考えていた柴崎でしたが、愛人の 柏木愛(立花恵理)が、二人の密会の様子をカメラで撮影。 刑事の 月島楓(芳根京子)は、8年前自身の父が命を奪われ柴崎が犯人ではないかと睨み、愛をスパイとして送っていたのです。 しかし、愛がスパイであったことを知った柴崎は、逆上し愛の命を奪います。 そして、自身の罪をかつての部下であった大地になすりつけ、大地は犯人として逮捕されてしまいます。 大地は護送車が事故を起こしたのに便乗し、逃走を図ります。 スポンサーリンク 【8年前の真実】 8年前。 大地は柴崎が起こした事件の犯人として刑務所に入れられました。 この時、大地はすみれの命を引き換えに脅されていたため、すみれを守るために一方的に別れを告げたのです。 最初は冷たかったすみれでしたが、8年前の真実を知り、大地を許し協力していきます。 【結末】 柴崎に命を奪われた愛は、柴崎と久我の密会を撮影したカメラを残していました。 そのことを知った大地は、自身の無実を証明するため、カメラの居場所を探します。 最初こそ敵対していた楓も大地が無実であることを知り、協力していきます。 柴崎らと何度も対決を繰り広げ、幾度となくピンチに陥りますが、大地はその都度窮地を乗り越え、カメラを入手。 また柴崎の手下が、犯行時の柴崎の証拠品を提出したこともあり、自身の無実を証明することができたのです。 真犯人・柴崎を逮捕へと追い込むことができ、久我も密輸に関与したとして逮捕されたのでした。 こうして、はなの手術も無事に終えることができ、3人で8年間の時間を取り戻すかのように過ごします。 (おわり) スポンサーリンク TWO WEEKS(トゥーウィークス)【感想】 原作韓国版は全16話で構成されており、ハラハラ・ドキドキ、幾度となく絶体絶命のピンチに陥りながらも主人公は乗り越えていきます。 ストーリーとしてはかなり面白いので、できる限り原作に寄せて作って欲しいですね。 てっきり一緒になるものだと思っていたので、この展開にはビックリしました。 家族で生きていくというハッピーエンドになってほしかったですが、そう簡単にハッピーエンドにならず一筋縄にいかないのが韓国ドラマの魅力でもありますね。 いずれにしても、三浦春馬さんが主演ですし、日本版リメイクも楽しみにしたいと思います。 スポンサーリンク.

次の