プリン カラメル 簡単。 プリンが時短でできる「カラメルタブレット」♪プリンカップに入れるだけで使い方簡単[仙波糖化][TAB

固いプリンを電子レンジで作るレシピ!簡単で人気の作り方 [毎日のお助けレシピ] All About

プリン カラメル 簡単

多様に使われているカラメル 欧米では、ずっと昔から、家庭料理で使われていたカラメル。 19世紀ごろになると、飲料やビール、お菓子などにも利用されました。 日本にやってきたのは、大正~明治の初期にドイツからです。 原料を砂糖とした国産のカラメルが販売されて、佃煮などの料理に使われていました。 日本が経済成長を遂げると洋食が広がり、加工された食品も多くなってきたことから食品産業も発展して、カラメルも多様化されるようになったのです。 日本のみならず、世界各国の食品や飲料に使われているカラメルの用途として挙げられるのは、次の通りです。 飲料に使うとき、食品に使うときと、それぞれの性質に合わせて調合されています。 カラメルはお菓子以外にも、多様な使われ方をしています。 そんなカラメルは、ご家庭でも簡単に作ることができます。 次項では、カラメルソースの基本的な作り方をお伝えします。 【材料 プリン約8個分】 ・グラニュー糖 大さじ4 ・お湯 大さじ2 【作り方】 1) 鍋に、グラニュー糖を入れて弱火にかけます。 2) 鍋をゆすりながら、グラニュー糖を溶かして全体が色づくようにしましょう。 このとき、スプーンなどで、かき混ぜないでください。 3) 大きな泡が小さくなって、濃い飴色になったら、火を止めます。 4) そこにお湯を少しずつ入れて、濃度を調整します。 お湯を入れたときにハネるので、火傷に注意しながら入れてください。 5) カラメルが固まらないうちに、プリンの容器などに流し入れましょう。 カラメルソースを保存したいときは、お湯を加える工程で、お湯の分量を倍にしてください。 濃度を薄くしておけば、固まりにくくなります。 グラニュー糖があれば、簡単に作ることができます。 原材料を変えてもカラメルはできるの? お菓子を作るときに欠かせないカラメルですが、原材料が砂糖と書いていたり、グラニュー糖と書いてあったりと、どちらを使えば良いか迷いますよね。 材料が異なると、どういった味の変化があるのでしょうか。 作り方は同じで、原材料を変えたカラメルの特徴を見ていきましょう。 カラメルの王道と言って良いでしょう。 ほろ苦さは、やや弱いです。 味は黒糖のアメや、べっこう飴に近いです。 ほろ苦さよりも、風味が強く仕上がります。 王道のカラメルソースではないものの、和風のお菓子に合います。 原材料が違うだけで、それぞれ味の変化が起きました。 使う料理で変えてみても良いし、お好みのカラメルも見つかるかもしれませんよ。 では、カラメルを使った簡単レシピを見ていきましょう。 簡単!カスタードプリンの作り方 カラメルソースと言ったらプリン。 簡単で美味しいカスタードプリンのレシピです。 2) カラメルソースを、プリン型に流し入れて冷まし、カラメルを固めておきましょう。 3) 耐熱容器にグラニュー糖と牛乳を入れて、600wの電子レンジで約1分加熱します。 4) ボウルに全卵と卵黄を入れたら、泡立て器で溶きほぐし、(3)を少しずつ加えます。 このとき、泡立てないように混ぜてください。 5) (4)をこしながら、(2)の容器に流しいれます。 6) フライパンに3枚重ねたキッチンペーパーを敷いて、(5)を並べて、熱湯を方の半分まで入れてください。 7) フタをしたら弱火にかけて、12分蒸していきましょう。 軽く揺らすと表面が揺れて、バランスよく弾力がありそうなら大丈夫です。 冷蔵庫で冷やせば出来上がりです。 型から抜くときは、型が入るぐらいのボウルにお湯を入れて、型の外側を10秒浸ければ、盛り付けやすくなります。 カラメルバナナケーキの作り方 バナナの自然の甘みなので、子どものおやつにもピッタリのケーキです。 見た目は、手の込んだケーキに見えますが、作り方は簡単ですよ。 2) カラメルソースを作ります。 3) 型にクッキングシートを敷いて、カラメルを流し込み、そのうえにバナナを敷き詰めていきましょう。 4) ボウルに砂糖・塩・ヨーグルトを入れて、泡立て器でよく混ぜ、溶いた卵とレモン汁を加えて、さらによく混ぜます。 最後に、振るった薄力粉とベーキングパウダーを加えて、しっかり混ぜてください。 作り方は簡単!果物をソテーするだけ カラメルソースの基本的な作り方でも、少しお話しましたが、果物のソテーと相性抜群です。 【材料】 ・りんご 1個 ・砂糖 大さじ5 ・バター 大さじ1 ・シナモン お好み ・バニラアイスクリーム お好み 【作り方】 1) りんごの皮を剥いたら、小さめのいちょう切りにします。 2) フライパンにりんごを敷いて、砂糖を全体にまんべんなく振りかけます。 時折、混ぜながら周りが少しずつカラメル色になるまで、強火のままじっくりと待ってください。 (あまりいじらなくて大丈夫です) 3) 濃い飴色になったら火を止めて、バターを絡めて、お好みでシナモンを振りかけましょう。 4) 器に盛り付けて、バニラアイスクリームを添えれば出来上がりです。 アイス以外にも、パンにのせたり、ヨーグルトとも合いますよ。 粗熱をとってからジップ付きの袋に入れれば、冷凍保存も可能です。 簡単なのに、満足感が得られる一品ですよ。 味のアクセントになるカラメル 難しそうなカラメル作りですが、焦がさないように注意すれば、材料もシンプルで、簡単に作ることができます。 甘いデザートでも、カラメルのほんのりとした苦みがアクセントになり、上品な味わいになりますよ。 今回ご紹介した他にも、カラメルを使ったレシピはたくさんありますので、ぜひ作ってみてください。

次の

固いプリンを電子レンジで作るレシピ!簡単で人気の作り方 [毎日のお助けレシピ] All About

プリン カラメル 簡単

いろんな作り方がありますが、めっちゃ簡単に作れるなら作りたいですよね! 手作りプリン食べたいなぁと思っている方、必見! 材料は3つ、卵と牛乳と砂糖だけ。 調理はレンジだけ。 プリンの作り方の中で今のところ一番簡単なんじゃないか?!と思っています。 材料 【カラメル】1個分• 砂糖 大さじ1• 水 小さじ1• お湯 小さじ1 【プリン】2個分• 卵 1個• 砂糖 大さじ2• 牛乳 150cc カラメルの作り方 耐熱容器1個分の作り方です。 混ぜません。 2分未満でも、焦げ茶色になったところでストップして取り出します。 カラメルを放置している間にプリン液を作ります。 プリン液ができました。 泡立てないようにそっと入れます。 加熱しすぎるとなめらかな食感ではなくなるので注意です! レンジから取りだして、容器を傾けると全体的にぷるぷると動きますが、、、大丈夫です! 明らかに液体の場合はレンジで10秒~30秒ずつ様子を見ながら再加熱してみてください。 表面にカラメルの茶色が見えますが、、、大丈夫です! 完成! 冷蔵庫から出して、お皿を被せてひっくり返します。 平べったいw 見た目は容器の形でいろいろ変わってきます。 やわらかすぎず少しもちっとしています。

次の

【レンジで簡単】材料3つだけで作る「ほろ苦カラメルのプリン」

プリン カラメル 簡単

プリンはとろりとして甘くて美味しいですよね。 子どもたちにはもちろん、高齢者のためのおやつにもピッタリです。 卵と牛乳が入っているから栄養満点! 最近は、コンビニやスーパー、デパー地下には、おいしいプリンがたくさんあります。 でも、お菓子作りが好きな人なら、「自分で作りたい」と思うのでは? 私もその一人です。 ただ、問題は カラメルソースですよね。 あの香ばしくて、ちょっと渋みのあるカラメルソース、これがないとプリンの味が引き立ちません。 ところが、カラメルソースってちょっと油断すると、飴みたいにコチコチに固くなっちゃうんですよね、、 どうしたら上手にさらさらのカラメルソースが作れるのでしょう? そこで、このページでは、 プリンのカラメルソースをさらさらに仕上げるコツと、固まってしまったカラメルソースを復活させる方法を伝授いたしましょう! 【カラメルソースの材料】 砂糖 大さじ2 水 大さじ1 足し水 大さじ2ぐらい(あらかじめ熱する) まず、砂糖と水を鍋に入れて中火にかけます。 沸騰して、ややあめ色になったら火を止めます。 熱した足し水を入れて、鍋ごとゆするようにして混ぜます。 きれいなあめ色になれば完成です。 簡単でしょう! でも、砂糖と水を火にかけてじっと待つのって、なんだか物足りないと思いませんか? 私も、どうしてもかき混ぜたくなってしまうのですね。 そのために何回も失敗しました…。 お菓子作りの先生が言っていました。 「ここが肝心、何があってもじっと色が変わるのを待つのです!」 カラメルソースは 途中でかき混ぜると、砂糖が再結晶してザラメみたいになってしまうのですね。 かき回すのではなく、 鍋全体をゆするように混ぜるのがコツです。 足し水が少ない、あるいは忘れると、コチコチの飴のようなものが出来上がります。 基本の足し水は小さじ2ですが、場合によってはもう少し多い方がいい場合もあります。 温めたカラメルソースが固い時は、多めの水を足す方がいいですね。 プリンのカラメルソースがカチカチに固まったらどう対処すればいい? カラメルソースがカチカチに固まってしまった! 焦りますよね。 「誰も見ていないうちに捨てちゃおうかな?」 そう思うかもしれませんね。 でも大丈夫なんです。 お砂糖のようになったカラメルソースは、 水かお湯を加えて煮溶かせばいいのです。 もう一度ゆっくり温めてあめ色になるまで加熱すれば、ちゃんとしたカラメルソースになります。 あめ色になってから固まってしまったものも、もう一度温めてゆるんだところに水を加えて混ぜれば、みごとに復活させることができます。 失敗!と思っても復活法があるのは本当に嬉しいですね。 あまりにコチコチで、スプーンですくえないほどではなく、多少固めの時は問題ないです。 プリンカップに固めのカラメルソースを入れて、プリンの材料を入れて普通に蒸します。 蒸している間に、カラメルソースが水分を吸うので、出来上がりは滑らかなプリンが作れますよ。 プリンのカラメルソースが固まらないコツは? それにしても、始めから固まらないカラメルソースを作りたいですよね(笑) そこで問題になるのは、鍋にかける火力です。 砂糖と水を混ぜて加熱するとき、 火力が弱いとカチカチになりやすいんですよ。 ただ、あまりに強火すぎると、あっという間に焦げてしまうことがあります。 中火ぐらいが適当ですね。 あとは、砂糖と水を煮る時、 じっとあめ色になるまで辛抱強く待つことですね。 沸騰し過ぎて茶色になると、カラメルソースが苦くなってしまいます。 そのちょっと手前で火からおろすことがポイントです。 でもちょっと手前というのは、やってみないとわかりませんね。 何回かやってみると、これ以上熱するとキケン!というのがわかるようになります。 最初は経験者と一緒にやって、覚えるのが近道かもしれません。 プリンのカラメルソースが固まる まとめ プリンのカラメルソースは、砂糖と水を火にかけて、ゆっくりあめ色になるまで煮てから足し水をして作ります。 かき混ぜないで、鍋をゆするようにして混ぜれば完成です。 火力が弱いとカチカチになることがあるので注意してください。 もしカラメルソースがカチカチに固まってしまっても、水を足して再度煮れば、復活させることができます。 コツをつかんで、さらさらなカラメルソースを作って、おいしいプリンを楽しんでくださいね。 プリンを手作りしたとき、カラメルソースとともに失敗しがちなのが、 プリンが固まらないことではないでしょうか? プリンが固まらない時の対処方については、で詳しく紹介しています。 また、プリンを作るときに材料に バニラビーンズを使うことが多いですよね。 でも、バニラビーンズをわざわざ買うのも面倒クサイ… そんなとき、 バニラビーンズの代わりに使えるものは何か? バニラビーンズなしでもおいしいプリンができるのかをで紹介しています。 こちらもぜひ、おいしい手作りプリンの参考になさってくださいね。

次の