タイレル ミニベロ。 Tyrell タイレル

Tyrell (タイレル) FX|折りたたみ自転車|SALE/入荷情報|自転車専門店カネコイングス【埼玉県】

タイレル ミニベロ

世界に誇るハイグレードな国内ブランド Tyrell とにかく軽量でハイパフォーマンスなミニベロ、フォールディングバイク、ロードバイクを展開するメーカーTyrell。 四国は香川県より世界に向けて高品質な自転車を発信しております。 日本のメーカーだからできる物作りと品質の高さを感じれる全ラインナプ、ミニベロ、フォールディング、女性向けモデル、限定ハイグレードモデルの展開など今後も楽しみなTyrellです。 ライトウェイトなミニベロを手に入れろ! 2019はNEWモデルが続々登場。 コスパがいいモデルが続々ラインナップしました、憧れのタイレルを手に入れてください! SRV タイレルディーラー、タイレルオーナー激震の1台が登場で御座います。 タイレルで培われた数々の技術のミニベロの系譜をそのまま落とし込まれた最新モデルSRV。 何が凄いかって値段と軽さ、完成車重量8. 今まで展開されておりましたFXの内容をほぼ引きついでおりますがコストダウンに成功したモデルで御座います。 5kg FX (2019) 2019年から今後のFXの内容となります。 デフォルトカラーは2タイプ、以外ですとオーダーが可能という事で御座います。 カラーチャートからお選びいただけるのでコンポーネントと共にさらに自由度が広がったという事となりました。 コンポーネントは外したくない方、ドロップハンドルがお好みの方は必然的にこちらになりますね。 ) 完成車重量:9. Tyrellを代表するフロントフォークとリアバッグの機構が回転しメインフレームの下に収まる構造。 メインフレームを折り畳まない為にフレーム剛性が一般の折畳自転車よりも高いのが特徴。 ターコイス、フレッシュライムグリーン、サルファーイエローの3色のみとなります。 5kg FSX フォールディングのベーシックモデルFXをさらにグレードアップしたFSX。 さらなる剛性化、軽量化、高速性能を実現しております。 0kg テストライド 試乗車入荷中です。 ULTEGRAドロップハンドル使用と極上とパフォーマンスです。 IVE フォールディングモデル。 女性にも扱い易いフレームデザインとサイズ。 子気味良い18inch wheel採用ですがゆったりとした乗り味です。 5kg CX 折り畳まないミニベロモデル、クロモリフレームで細身のシャープな印象のCXで御座います。 重量も軽量ですがクロモリならではのしなやかさを兼ね備えたモデルで御座います。 0kg CSI Tyrell最軽量の完成車重量7. 5kgのカーボンバッグのアルミフレームモデルCSI。 軽量さも特筆すべき点ですが加速性能も抜群、ロードバイクさながらの安定感を是非味わって下さい。 5kg PKZ チタンモデルのPKZ。 シートステーがトップチューブに接合されたチタンヨークシステムにより、チタンモデルの中でもしなやかさと粘りのある走りが特徴のモデルです。 PKZよりも高剛性なフレームのデザインがPK1です。 チタンモデルならではの軽量で剛性の高い走りをお楽しみください。 購入可能です。 お好きなだけお乗りください! Tyrell最速、最軽量モデル、こちら画像のCSIがお乗りいただけます。 お気軽にお声がけ下さい。 Tyrellのフォールディングモデルの最高峰FSX、コンポーネントがULTEGRA搭載で最高のパフォーマンスが試乗できます。 Tyrell 新着情報入荷情報はこちら.

次の

四国は”SANUKI”へミニベロを求めて

タイレル ミニベロ

始まりは何気ない好奇心だった ~タイレル・ブランドストーリー~ Velo(ベロ)とはフランス語で自転車のことをさす。 MiniVelo(ミニベロ)はホイールが20インチ程度以下の小径自転車のことである。 小径自転車は漕ぎ出しが軽いためトップスピードが出やすく、小回りが効くことから、とりわけ都市部でのコミューターやレジャー用途として人気がある。 今でこそ、スタイリッシュで走行性能も高いミニベロが国内外のブランドから数多く販売されているが、2000年当時は、本格的なミニベロは、海外の数少ないメーカーから輸入・販売されているだけであった。 また当時の日本でミニベロと言うと、いわゆる安価で性能の良くないミニサイクル、というイメージが一般的であった。 そんな中、2004年、社名をアイヴエモーション(IVE emotion Co. ,Ltd)として、当地で創業し、国内では数少ないスポーツバイクの専門メーカーとして香川県さぬき市で産声をあげた。 子供の頃は野遊びが好きな一方、プラモデルづくりが大好きだった。 また脚が速くスポーツは万能で、学校の代表として優秀な記録を残していた。 地元の高校を卒業したあと関東の国立大学に進学、大学院を修了後、東京の都市計画コンサルタント会社に就職した。 コンサルタントして、全国の自治体等へ出向き、忙しい日々を送る生活を送っていたが、40歳を目前にした2003年の夏、故郷にUターンすることを決意した。 地元に戻って半年ほどのんびりと過ごし、都会の喧騒から離れた暮らしの中で彼の頭に浮かんだのは、大好きな自転車、とりわけミニベロの製作だった。 東京で暮らしていた1995年代頃、廣瀬の生活の足は自転車であった。 洗足池から五反田までが通勤路で、週末は、近くの多摩川の自転車専用路を、お気に入りのピナレロ・プリンスでサイクリングを一日楽しんでいた。 気がついたら、自宅に3台の高級車が鎮座していた。 当時は、ちょうどヨーロッパブランドの高級小径自転車が日本で流行りはじめた頃でもあった。 駐車場の心配がなく、渋滞の車の群れを横目に風を切って走る自転車通勤は、思った以上に快適であった。 Uターン後、「香川でも好きな自転車を楽しみたい、どうせならコンパクトなミニベロがいいだろう」と、ミニベロの購入を決意するが、結局購入にはいたらなかった。 見た目も性能面でも所有欲を満たすものがなかったのである。 そんな何気ない好奇心から、廣瀬は独学で自転車の勉強をスタートした。 時間はたっぷりある。 まずは自分の自転車を分解しながら構造の研究に明け暮れた。 専門書を読みあさり、設計も独学でマスターした。 こうして自転車製作のノウハウ習得にのめり込む日々のなかで、廣瀬は人生の目標を見つけた。 それは世界一軽量で高性能な究極のミニベロを作ること。 そしてなによりカッコいいこと。 廣瀬は自分が理想とする自転車のフレームを図面に描き上げた。 こうして誕生したのが、タイレルに今も脈々と受け継がれるオリジナルのデザイン、「スラントデザイン」である。 試作模型 次の課題はこのフレームを試作してくれるメーカー探しだった。 最近の高性能なロードバイクには、航空機に使われるアルミ合金やカーボン、チタン合金など多彩な素材が用いられている。 メーカー探しは難航した。 やっとの思いでチタン合金の加工が出来るという東大阪のメーカーを探し当てた廣瀬だったが、フレーム製造の経験はなく、結局満足できるフレームは出来なかった。 メーカー探しとともに、素材の購入も一筋縄ではいかなかった。 大手製鋼メーカーにかたっぱしから電話やメールで問い合わせるものの、結果はどれも同じであった。 自転車用のチューブはさまざまな肉厚をもった特殊な構造のため、国内ではどこも作っていなかったのである。 作ってくれるというところも中にはあったが、少数の生産には応じてくれなかった。 「日本では製造はおろか、素材の調達すらできない。 日本では作れない。 当時台湾では、欧米の大手自転車メーカーのフレーム製造が盛んで、自転車製造が国の主力産業となっているという情報を耳にはさんだのである。 早速台湾のメーカー数社に連絡を取り、試しに図面を送ってみたところ、図面に修正を加え送り返して来たメーカーがあった。 廣瀬はこの時ようやく、「できる!」と確信した。 さっそく台北で行われていた国際自転車ショーに出向き、その会社を訪問した。 彼らは快くフレームの試作を引き受けてくれ、ようやく自転車の骨組みとなるフレームの完成にこぎつけた。 できあがったフレームに必要なパーツを取り付け、1年がかりでなんとか試作車が完成した。 大きな夢が現実の形となった。 そもそも、自分を満足させるために始めた自転車作り。 それがいつの間にかビジネスチャンスを生んでいた。 2004年5月、廣瀬は故郷に自身の会社を立ち上げた。 「趣味から始まった自転車作りが、まさか本業になるなんて」、廣瀬は笑いながら当時を振り返る。 会社設立とはいえ、立派な社屋などというものはなかった。 本社として実家の住所を登記した。 オフィスは木造の納屋、社長兼社員1名での出発である。 その後、アルバイト1名が手伝ってくれることになる。 映画の中では、テクノロジーの集大成であるアンドロイドが心をもち、人間以上に人間らしくふるまおうとする様子が描かれている。 かたや、進化を続けながらもその基本構造が誕生以来変わらない乗り物、自転車。 デジタルとアナログ、進化と普遍性という相反する面をもつ点において、この両者には共通項がある。 クリエートは止まらない こうしてバイクビジネスのスタートを切った廣瀬は、市場の反応を探るために2005年3月、財団法人日本自転車普及協会自転車文化センター主催の「ハンドメイドバイスクルフェア2005」に出展した。 出展スペースは共用ブースの一角を使った小さなものであったものの、サイクリングシティバイク部門で最優秀賞を受賞した。 初出展でいきなりの快挙であり、廣瀬はマニアの間で一躍時の人となった。 スポーツバイクの新たなカテゴリーとして定着しているmini Velo 小径車 にフォーカスし、独創性と機能性を高いレベルで引き出すことを目標にTyrellは開発されました。 理想のかたち、卓越したライディング、時代を超え継承されるmini Veloのニュースタンダード。 すべてにおいて先取りしていくことが、「Design For Next Advance」。 Tyrellの次にくるのはTyrellだけなのです。 TYRELLの先進性はどこにあるのでしょうか。 フレームの素材選びからカラーリングまで。 きめ細かなつくりによる確かなクオリティと個性的でありながら普遍的な美しさをたたえるデザインプロポーションに、自由な発想と自在の技術でミニベロの概念を超えた新しい価値を発見してください。 まさしく【Design For Next Advance】が私たちの追求すべきテーマなのです。 同一思想のもとにデザインされたスラントデザインと呼ばれる独自のフレームジオメトリーは、高いフレーム剛性を実現しているばかりでなく、適切な乗車姿勢を提供しつつTYRELLの際立った存在感を乗る人見る人に感動として与えてくれるはずです。 エレガントでしなやかな強さを秘めたこのスタイリング、そして小径車の枠を超えた抜群の走行性能、TYRELLバイクは、きっとあなたの想像をはるかに超えた深い満足と喜びをもたらしてくれることでしょう。

次の

【楽天市場】小径車(ミニベロ) 折り畳み タイレル FSX 2013 中古:サイクリー

タイレル ミニベロ

私も今までそうでした。 ですが、実際に全車種を試乗して分かった事は、 『折り畳みより折り畳みでないモデルの方がずっといい』 という事でした。 なので、折り畳んで小さくして輪行する、という用途でないのなら、 断然、1本フレームのモデルの方がいい、という事ですね。 タイレルの折り畳みは本当に『最速なの?』 タイレルの折り畳みははたして本当に『ミニベロ最速クラス』なのでしょうか。 街乗りを想定してIVEは除いて、タイレルFXとFSXについての事として 書いていきますね。 車重は折り畳みミニベロ最軽量 車重は8. 5~8. 9キロで、折り畳み自転車の中では最軽量といってもいいです。 輪行での移動を考えると軽いのは本当に助かります。 自転車の持ち運び時、1キロの差はあなたが思っている以上に大きいです。 タイレルは通常の折り畳み自転車と比べると2~3キロ軽く、 その点は非常に優秀です。 走行性能は並よりちょっと上くらい タイレルFX、FSXは、街乗り用の折り畳み自転車、 ブロンプトン、5links2、KHS、等と比べると明らかに良く走ります。 ですが、 『走行性能』を全面に出した折り畳みミニベロと比べると 決して走行性能は高くありません。 MR4Rやタルタルーガ、ニューワールドツーリストやポケットロケットと 比べると乗り心地、走行性能共に1歩2歩劣ります。 なので、タイレルの折り畳みミニベロ(FX、FSX)は軽量でそこそこ走る 折り畳みミニベロ、という事ですね。 それぞれのモデルで全然性格が違います タイレルはモデルによって全然フレームの性格が違います。 それぞれ、別のメーカーが作ったの?と思える程です。 タイレル各機種の性能一覧表 加速…主にフレームの加速性能です。 ペダルを踏み込んだ時、どれだけ力が 逃げないで ダイレクトに加速するかの性能です。 安定…安定感です。 走行中、どれくらい安定するか?の性能です。 折畳易さ…折り畳みのし易さの指標です。 折り畳みでない モデルは-と表記しています。 衝撃吸収…段差や路面の衝撃をどのくらい緩和してくれるかの性能です。 値段…購入時の概ねの値段です。 コスパ…性能と値段を比較してどのくらいお買い得か?の指標です。 全ての指標は私の主観なので(値段以外)その点、ご理解の上、 参考して下されば幸いです。 加速 安定 折畳易さ 衝撃吸収 値段 コスパ FX 3 3 2 2 約20万円 3 FSX 3 3 2 2 約30万円 1 IVE 2 3 4 4 約15万円 3 CX 3 3 — 3 約20万円 2 CSI 4 3 — 3 約30万円 3 PK1 5 2 — 2 約45万円 1 PKZ 3 4 — 5 約48万円 1 どうしてもタイレルブランドのミニベロはどれも値段が高め、 なのでどうしてもコストパフォーマンスとなると低めになって しまいますが…。 でも、どのモデルでも一定の性能はあるので、 どのモデルを選んでも『うわあ、やってしまった!』というような事は ないと思いますよ。 それぞれのタイレルのモデルのインプレはこちらから それぞれのタイレルの詳しいインプレッションも ありますので、気になったモデルが見つかったなら、 こちらも読んでみて下さいね。 タイレルFXのインプレッション タイレルFSXのインプレッション タイレルIVEのインプレッション タイレルCXのインプレッション タイレルCSIのインプレッション タイレルPK1のインプレッション タイレルPKZのインプレッション.

次の