コロナ疎開。 【確信的】上越市で初の新型コロナ感染者が袋叩き『4月1日に東京から帰省』コロナ疎開か…30代男性会社員【新潟県】

新型コロナ:「コロナ疎開」、首都圏の中古住宅に問い合わせ急増 :日本経済新聞

コロナ疎開

コロナ禍で多くの人が自粛生活を送るなか、謎の正義感や危機意識で感染拡大リスクを高めている「コロナ偏差値が低い」人たちがいる。 時に迷惑にもなる、彼らの謎行動をリポートする。 冷たい視線にホテル軟禁生活 東京都での新型コロナ感染拡大を受けて一時話題となった「コロナ疎開」。 都内在住のITエンジニア、木島勝さん(仮名・39歳)も、3月のうちに意気揚々とコロナ疎開した一人だ。 「『4月1日に東京都が都市封鎖に踏み切る』という噂がきっかけです。 テレビ局勤務の知人から回ってきたので、これは確かだろうと。 仕事もリモートに切り替わったので、一家で東京を脱出しました」 疎開先は沖縄。 民泊サイトで予約した古民家に一家5人で身を寄せた。 そもそも日本の法律で都市封鎖などできないことは周知の事実。 本来なら感染拡大エリアからの人の移動は避けるべきだ。 「結局、東京で都市封鎖は行われず、美ら海水族館を観光するなど沖縄を満喫してました。 旅行気分で『来てよかったね〜』なんて家族で話していたんです」 風向きが変わったのは、沖縄でも感染者数が急増した4月上旬。 さらにはある事件も重なり、現地の人たちとは明らかに異なる観光客同然の木島一家には、冷たい視線が浴びせられるようになった。 「石田純一の感染発覚ですよ。 自覚症状がありながら沖縄に滞在していたことで、東京からの訪問者は肩身が狭くなった。 海辺で子供と遊んでいたら『あんたらみたいな人のせいで沖縄でもコロナが増えた』とはっきり言われたこともあります。 タクシー運転手にも『私らも命がけですよ』と皮肉を言われる始末で……」 それでも、4つ星なのに1泊6500円で泊まれるホテルを発見して滞在先を替えるなど、なんとか沖縄生活を続けようと画策していたという木島さん。 しかし、沖縄でも緊急事態宣言が出されたことで、結果的に東京にいた頃となんら変わらない状態に。 日に日に増す疎開者への風当たりの強さもあり、22日間の疎開生活を終え、東京へ舞い戻ったという。 「空港からの帰り路で、日に焼けた3人の幼い子を連れてスーツケースを引きずっているときの周囲の視線が少々痛かったですけどね(笑)。 でも、大人になって沖縄に長期滞在できるとは思ってなかったので、コロナも悪くなかったなと」 最後まで自慢げに話す木島さんだが、沖縄の住民からすれば迷惑千万な話でしかない。

次の

【炎上】緊急事態宣言で東京脱出する人に地方民がブチギレ激怒 / 新型コロナウイルス感染を懸念「こっち来んな!」「コロナ疎開やめて」 | バズプラスニュース

コロナ疎開

自分やを感染蔓延地域から離したいという一心であるのか、あるいはよんどころない事情があるのかはであったと思われるが、先のに結果的にをするという最悪な結果を招くもありうる、危険な行為である。 末頃からぽつりぽつりと単発的に使われていた言葉であったが、徐々に蔓延状況が深刻化していくにしたがって使用状況が増大してはいた。 そしてにの番組「」で、この頃から始まっていたの一斉休校を期に、都会に住むを持つ人々がのにを預けようとする動きについて「コロナ疎開」という言葉を用いられているを紹介した。 この放送ので、この言葉の上での使用状況が一気に上がったという。 「」という単自体は関係でよくある単でを最小限にするためにする行われる行為ではある。 、残念なことに疫病においてはそのような事は通用せず、潜伏期間が短くすぐ治るようなものならまだ、潜伏期間の長いを持ったままに持ち込んでしまうとどうなるだろうか。 そこで流行ってしまい。 医療が貧弱な場所で大量の人数が押しかけを招く危険性がある。 また、仮に流行らなかったとしても、村・地域での恒例「ごとなんぞもってきやがって・・・」といで見られたり、さらにはやの対になってしまうなどのにも遭いかねず、大変オススメしない。 「」などの番組で毎年の様に放映しているために民の大多数がにしたことがある作品「」では、疫病(の菌類の胞子)を持ち込んで感染が広まってしまった場合は、そこにある物を焼き払ってかつ、の(住処)を捨てる事態まで発展するが存在している。 そういった作品をの頃から見ているらは、感染症への警心が強い(かもしれない)。 また、だからこそを嫌う警心が意識のどこかにある(かもしれない)。 また「村八分」という言葉が存在していることからもわかるように、かをはじきにしようとする慣習は古くからに根付いている。 一部の的なには特にそういった因習が強く残っているもある。 もちろん、感染したくて感染する者は(よほどの変わり者を除いては)居らず、またどんなに安全策を取っていてもそれをすりぬけて感染してしまう実例がある以上、を安易に非難することは誤りであろう。 有識者やを守る人たちが「彼らは悪くありません」と口をっぱくして言っていることではある。 しかし、やはり「感染を広めかねない危険な行為である」事は間違いがい。 「コロナ疎開」を実行する人々の中にはそれを意識している人もいれば、全く意識していない人も居るだろうが、やはり極行わないように避けるべき行為であることは間違いない。 ちなみにで、内ですることに意味があるはほぼなくなった。 大半のでが確認されている上、確認されていないでもおそらく「症のために検を受けていないが感染している人」(症性キャ)が存在している可性は非常に高い。 さらに、の途中にを使用すればその中で感染してしまう可性も否定できない。 一部で有効性が示唆されている既存での治療法、研究が開始されているワクチンの開発と期実用化、「」を避けるなどのによる拡大などによって、いつかはこのは過ぎ去って常が戻るであろう。 そんなとき、騒動を振り返ってとして話しあっていたはずの親。 させたい大切な人を守るためにも、「コロナ疎開」は極避けよう。 の現状では、のために移動するのではなく「にいる」ことこそが最高の予防策である。。 イタリアの教訓 よりも期にが猛威を振るったでは、封鎖されることが決まった蔓延地域から帰省した人々が地元にを持ち帰ってしまい、自分たちのするや祖に感染させてしまうという悲劇が多数発生したとも言われる。 そのような悲劇の当事者となってしまったの人たちは「あのとき自分が帰らなければ」「あのときに戻ってやり直したい、帰るという決断を翻したい」と強く後悔しているだろう。 今コロナ疎開を検討している人は、こういったの人たちが心から帰りたいと願う「あのとき」にまさに身をおいている、と考えることもできる。 あなたがしたために大切なが亡くなってしまったを想像し、「そこから幸運にも時間を遡って今に戻ってきた」と考えてみよう。 後悔しない選択を。 関連生放送 には。 のの中でも「コロナ疎開」の言葉が登場した。 このは、10日前のにやなどの7都府県に対して行われていた「」の範囲を全に拡大することなどを伝えるものであった。 一部に「 コロナ疎開」と呼ばれるような、外の地域への人の動きがみられるとの摘があります。 なくを迎えますが、が多い部からへ人の流れが生まれるようなことは絶対に避けなければならない! それは最も恐れるべき事態である、「全的かつ急速な蔓延」を確実に引き起こすことになります。 先週のでも申し上げましたが、には重症化が高いと言われる高齢者の方々がたくさんいらっしゃいます。 その感染が高まれば、地域医療に大きな負担となり、ひいては民生活、および民に甚大なを及ぼす恐れがあります。 関連項目•

次の

コロナ疎開しちゃった主婦が反省。「子供のために」と思ったけど…

コロナ疎開

コロナ疎開とは? ついには学校に休校要請まで飛び出すなど、事態が懸念されている、コロナウイルス。 各種イベントの中止が相次ぐほか、ネット上のデマによるティッシュペーパー、トイレットペーパー買い占め騒動など、健康面だけにとどまらず、経済面での悪影響も計り知れません。 間違いなく、ここ 10 年くらいの日本では、最悪の自然災害だといえるのではないでしょうか。 そんななか、コロナ疎開なるものが注目されているといいます。 コロナ疎開とは、読んで字のごとく、コロナウイルスから逃げるための疎開のこと。 疎開というと、戦争をイメージするため、やや大げさな気がしなくもありませんが、政府や自治体が、国民、住民に向かって、よそへ疎開することを積極的に推奨でもしているのかと思ったら、いくらなんでも、さすがにそういうことではありませんでした。 コロナ疎開については、くわしくは後でご紹介してまいりますが、あくまで、民間のペンションがそういうサービスを提供していたということだったのですね。 たしかに、ある程度、生活スタイルに余裕があるノマドワーカーや高齢者とかであれば、コロナ疎開も悪くないかもしれません。 でも、働いている人、学生、子供などとなれば、いくらコロナウイルス対策とはいえ、かんたんに勤務地、通学地、居住地から、ほかの土地へ疎開というわけにはいかないでしょうから、何かと大変そうな気がしてしまいますけどね。 一方、そんなコロナ疎開には、批判も出ていたといいますから、次でこのことを見てまいりましょう。 コロナ疎開に批判も コロナ疎開に対する批判とは、いったい、どういうものだったのでしょうね。 キッカケは、 2020 年 3 月 3 日に放送された『羽鳥慎一モーニングショー』でした。 『羽鳥慎一モーニングショー』で、コロナ疎開という言葉がネット上で話題だということが紹介されたのです。 ところが、これに対して、皮肉にも、逆にネット上では、そんなことは初耳だとか、かえって不安になってしまう、といった声が出ていたのでした。 これはたしかに、ネット上の意見のほうが妥当だといえるでしょうね。 ただでさえ国民が不安になっていて、ティッシュペーパー、トイレットペーパー買い占め騒動なども発生してしまったなか、こんな報道があれば、ますますみんな混乱しかねません。 メディアにはくれぐれも、視聴者を扇動したり、そう受け取られかねない言動はよく考えてほしいものです。 コロナ疎開ができる青森の施設の場所は? さて、批判もあったコロナ疎開ではありますが、これができるというペンションとは、どこだったのでしょうか? それは、青森の岩木山ペンションワンダーランドというペンションなのでした。 施設の場所ですが、青森県弘前市大字常盤野字黒森 12-5。 弘前市といえば、青森県では、青森市、八戸市に次ぐ第 3 位の人口を持つ都市で、県の南西部に位置しています。 そこにある岩木山ペンションワンダーランドは、ただ客を宿泊させるだけではなく、各種イベントもサービスしているという、ペンションでした。 高地に位置しており、温泉もあることから、経営者が、衛生的な観点からも、コロナ疎開を受け入れようと考えるに至ったそうです。 コロナ疎開ができる青森の施設の宿泊料金プランの値段や条件は? ということで、コロナ疎開ができるという、青森のペンション、岩木山ペンションワンダーランド。 こちらにコロナ疎開する場合、宿泊料金プランの値段や条件は、どうなっているのでしょう? 基本プランとしては、宿泊期間は 3 泊 4 日から。 食事は 1 日 3 食。 宿泊料は、大人が 7000 円、子供が 6000 円でした。 なお、当初は子供だけを想定していたものの、結局、家族単位での受け入れになったとのこと。 コロナ疎開は、けっして、義務付けられているわけではありません。 しかし、検討したいという方であれば、このサービスは、渡りに船となりそうですね。 この記事でコロナ疎開という言葉を初めて知った方もいらっしゃることでしょう。 しかし、くどいですが、義務ではありませんし、現状、国内のコロナウイルス感染は疎開までしないといけないレベルになってもいませんので、ぜひ、安心していただきたいと思います。 もっとも、安心しすぎるのも問題ですから、手洗いうがいはしっかりしておきたいですけどね。

次の