デュエマ デッド ゾーン デッキ。 CSダイアリーblog 赤黒デッドゾーン【デュエルマスターズ】

【デュエルマスターズ】優勝デッキレシピ 新殿堂対応赤白レッドゾーン アトシさん|デネブログ デュエマの速報・環境

デュエマ デッド ゾーン デッキ

そのターン、そのクリーチャーのパワーを-9000する。 が「不死(ゾンビ)」のの力により復活した姿。 は元となったレッドゾーンと同じくだが、になったことにより条件がのに変わっている。 になったため既存のを用いたはできなくなったが、「不死(ゾンビ)」の力によってからもできるようになっており、のとの相性が良い。 通常のと同じくからもできるため、無理にをせずともできるという選択肢の広さがの魅力。 このがされても源となるに送られるだけなので、再も容易。 何度されてもゾンビの如く蘇り、しぶとく戦い続けることができる。 と比べればや9000より大きいを持つに対しては本家ほど有効打ではないものの、あちらと違い好きなを選べる。 また、持ちや、等をできるのがあちらにはない利点である。 21000以内ならばで倒せるため、半端なならば簡単に薙ぎ倒せる。 高パワーを活かしたバトルによって除去する方式のにもがあり、ならこのカード1枚分のパワー低下で貫通する。 さらにこのが複数枚にあれば、重複してすることでを複数回放てる。 2枚重ねで出せばだけで1万8000、させたら3万をも打ち倒せるほどの範囲の広さである。 また、と組み合わせることで2万のパワー低下ができ、の破壊置換効果を無効化して破壊することが出来る。 後もパワー低下は引き継がれるため、場に残った残りの2体もまとめて破壊される。 過去のパワー低下手段に比べ格段に手軽なため、を使うプレイヤーは対策を考えておいた方が良いだろう。 このがにストックされているだけでのがいつでもを持つに変貌するため、対処する場合はとなるのを常に抑えておく必要があるだろう。 シンプルなとの高さ、そしてからの故に、を利用するのならばほとんどのに入りうるポテンシャルを持つ強力な。 の名に相応しい強さを持ち、の高さならばを超えたと言っても過言ではない。 を持つとの相性の良さは言うまでもないだろう。 を使えば最大3体のをできる。 というより、登場当初は以外に手頃な侵略元がおらず、強力なもののられやすいに依存せざるを得ないという欠点を抱えていた。 しかしに入ると持ちの、、が続々と登場したことにより侵略元不足は解消された。 の相性も良い。 重複で出せばした分だけを放てる。 他の「不死(ゾンビ)」型も同様の流れで出せるため、強力なも考えられる。 その後上記の組み合わせの強力さ、及び手軽さが災いしてか《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》と《復讐 ブラックサイコ》はしてしまった。 環境において [ ] 効果判明当初、と異なり相手のパワーによっては除去できないこと、に入る持ちの侵略元がこれと言って当時のに存在しないことから、初心者筋には低く評価する者もいた。 だが、多くのプレイヤーはやのフィニッシャーとして注目。 実際ではそのように使われたが、それらのデッキがに速度負けすることがしばしばであったことからこのカードを見くびるものも中には存在した。 においてはに出張することがざらで、主にのによってに出したから侵略した。 終期にはで活躍し、から、このカードに侵略し、に革命チェンジすることで多くのデッキの盤面や手札をしばしば壊滅させた。 が当時ののお客様になると聞けばこの組み合わせの凄さが分かるだろう。 以降はに手を焼くようになったため、素出しでの封印を外すためのクリーチャーとしての性質が強くなった。 でトップメタであったのフィニッシャーとしての印象が強く、当時のは5マナが貯まったらから走り出すの動きをしていた。 の天敵であるもやのからのでどうとでもなったのである。 のようなギリギリの打点で攻めるデッキが多い環境においては、存在下においてのだけ使って退場しても悪い選択ではなく、によってを用意すればあちらので遅れを取り戻せる。 ところがになって流行した、、などで長期戦を行うことを視野に入れた型のではこのカードを全抜きするケースが少なくなく、ここに来てがに引っかかることが重く見られるようになった。 通常のの方はでもであるが、こちらの採用枚数が2枚に抑えられることがざらで、サブ扱いになりつつある。 そしてでが登場すると立場が一変。 侵略の開始点となるがより広く、封印外しでより器用に動けるあちらに立場を譲り、でも仲間外れにされる結果となった。 DMBD-10発売前は《SSS級天災 デッドダムド》の比較対象にされ、《SSS級天災 デッドダムド》がの強化パーツになるという声もあったが、ここに来てついに環境から死滅してしまった。 素出ししやすくに強いという旨味も、全盛で対処が容易になった・期環境では活かしづらい。 その他 [ ]• デッドゾーンの未来の姿であるとも相性は良好、相手が踏み倒してくればでノーコストで場に出しつつ、との連携で相手をカウンター気味に制圧しつつ優秀な侵略元として働いてくれる。• 《ZEROの侵略 ブラックアウト》を複数体並べるなどして侵略元が余っており、さらにこのカードよりパワーの大きい相手のしたクリーチャーがある場合は、そのクリーチャーへのチャンプアタックと墓地からの侵略を繰り返すことで相手の盤面を枯らせるのが1つの手である。 してもからされ、してもからされ、なのでのほとんどを受け付けない。 有効な手段がかぐらいなので対処が難しい。 と同じく、普通にしても付きのと強力であり、状況によっては普通にさせることも考えられる。 この場合の使い勝手はに近いだろうか。 を使えば3目に出せる。 2目にやを使って《S級不死 デッドゾーン》をに置いてみるのもいいだろう。 同様の事がでも可能になった。 手札をすべて捨ててしまうが、「不死」で墓地からできるためさほど問題はないだろう。 デッキがこのの入っているを相手にする場合は殴らずに返しのターンに除去されるともったいないので、敢えてを恐れずにするも一考の余地がある。 はである。 等には注意。 ではがの手によってとなり復活した姿。 後にに力を分け与えられ、その忠実な僕であるへと変貌を遂げた。 ちなみに開発主任の川崎氏によると、または本人ではなくそのデータを元に作られた別型のクローンのようなものらしい。 例えば、《レッドゾーンZ》はクローンをスピード特化型にして再侵略に用いられたもの。 このがオリジナルの《レッドゾーン》である。 のの「第二、第三のレッドゾーンが…」というのは決して比喩ではなく、クローンである《レッドゾーンZ》《レッドゾーンNeo》のことを示していたという。 バイク が復活したので、通称《廃車》と呼ばれることがある。 「デュエマTV」ではダイキが使用。 前のターンにでからに送られたが、それを活かしてからので墓地からバトルゾーンに出る。 このカードを3枚出したことで、効果を3回発動し、ワンコップのブロッカー3体を全て破壊し、シールドをT・ブレイクする活躍を見せた。 関連カード [ ]• 収録セット [ ]• illus.

次の

【デュエマ】アルティメットクロニクルデッキ2019はどっちが強い?買うならオススメは?

デュエマ デッド ゾーン デッキ

そのターン、そのクリーチャーのパワーを-9000する。 が「不死(ゾンビ)」のの力により復活した姿。 は元となったレッドゾーンと同じくだが、になったことにより条件がのに変わっている。 になったため既存のを用いたはできなくなったが、「不死(ゾンビ)」の力によってからもできるようになっており、のとの相性が良い。 通常のと同じくからもできるため、無理にをせずともできるという選択肢の広さがの魅力。 このがされても源となるに送られるだけなので、再も容易。 何度されてもゾンビの如く蘇り、しぶとく戦い続けることができる。 と比べればや9000より大きいを持つに対しては本家ほど有効打ではないものの、あちらと違い好きなを選べる。 また、持ちや、等をできるのがあちらにはない利点である。 21000以内ならばで倒せるため、半端なならば簡単に薙ぎ倒せる。 高パワーを活かしたバトルによって除去する方式のにもがあり、ならこのカード1枚分のパワー低下で貫通する。 さらにこのが複数枚にあれば、重複してすることでを複数回放てる。 2枚重ねで出せばだけで1万8000、させたら3万をも打ち倒せるほどの範囲の広さである。 また、と組み合わせることで2万のパワー低下ができ、の破壊置換効果を無効化して破壊することが出来る。 後もパワー低下は引き継がれるため、場に残った残りの2体もまとめて破壊される。 過去のパワー低下手段に比べ格段に手軽なため、を使うプレイヤーは対策を考えておいた方が良いだろう。 このがにストックされているだけでのがいつでもを持つに変貌するため、対処する場合はとなるのを常に抑えておく必要があるだろう。 シンプルなとの高さ、そしてからの故に、を利用するのならばほとんどのに入りうるポテンシャルを持つ強力な。 の名に相応しい強さを持ち、の高さならばを超えたと言っても過言ではない。 を持つとの相性の良さは言うまでもないだろう。 を使えば最大3体のをできる。 というより、登場当初は以外に手頃な侵略元がおらず、強力なもののられやすいに依存せざるを得ないという欠点を抱えていた。 しかしに入ると持ちの、、が続々と登場したことにより侵略元不足は解消された。 の相性も良い。 重複で出せばした分だけを放てる。 他の「不死(ゾンビ)」型も同様の流れで出せるため、強力なも考えられる。 その後上記の組み合わせの強力さ、及び手軽さが災いしてか《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》と《復讐 ブラックサイコ》はしてしまった。 環境において [ ] 効果判明当初、と異なり相手のパワーによっては除去できないこと、に入る持ちの侵略元がこれと言って当時のに存在しないことから、初心者筋には低く評価する者もいた。 だが、多くのプレイヤーはやのフィニッシャーとして注目。 実際ではそのように使われたが、それらのデッキがに速度負けすることがしばしばであったことからこのカードを見くびるものも中には存在した。 においてはに出張することがざらで、主にのによってに出したから侵略した。 終期にはで活躍し、から、このカードに侵略し、に革命チェンジすることで多くのデッキの盤面や手札をしばしば壊滅させた。 が当時ののお客様になると聞けばこの組み合わせの凄さが分かるだろう。 以降はに手を焼くようになったため、素出しでの封印を外すためのクリーチャーとしての性質が強くなった。 でトップメタであったのフィニッシャーとしての印象が強く、当時のは5マナが貯まったらから走り出すの動きをしていた。 の天敵であるもやのからのでどうとでもなったのである。 のようなギリギリの打点で攻めるデッキが多い環境においては、存在下においてのだけ使って退場しても悪い選択ではなく、によってを用意すればあちらので遅れを取り戻せる。 ところがになって流行した、、などで長期戦を行うことを視野に入れた型のではこのカードを全抜きするケースが少なくなく、ここに来てがに引っかかることが重く見られるようになった。 通常のの方はでもであるが、こちらの採用枚数が2枚に抑えられることがざらで、サブ扱いになりつつある。 そしてでが登場すると立場が一変。 侵略の開始点となるがより広く、封印外しでより器用に動けるあちらに立場を譲り、でも仲間外れにされる結果となった。 DMBD-10発売前は《SSS級天災 デッドダムド》の比較対象にされ、《SSS級天災 デッドダムド》がの強化パーツになるという声もあったが、ここに来てついに環境から死滅してしまった。 素出ししやすくに強いという旨味も、全盛で対処が容易になった・期環境では活かしづらい。 その他 [ ]• デッドゾーンの未来の姿であるとも相性は良好、相手が踏み倒してくればでノーコストで場に出しつつ、との連携で相手をカウンター気味に制圧しつつ優秀な侵略元として働いてくれる。• 《ZEROの侵略 ブラックアウト》を複数体並べるなどして侵略元が余っており、さらにこのカードよりパワーの大きい相手のしたクリーチャーがある場合は、そのクリーチャーへのチャンプアタックと墓地からの侵略を繰り返すことで相手の盤面を枯らせるのが1つの手である。 してもからされ、してもからされ、なのでのほとんどを受け付けない。 有効な手段がかぐらいなので対処が難しい。 と同じく、普通にしても付きのと強力であり、状況によっては普通にさせることも考えられる。 この場合の使い勝手はに近いだろうか。 を使えば3目に出せる。 2目にやを使って《S級不死 デッドゾーン》をに置いてみるのもいいだろう。 同様の事がでも可能になった。 手札をすべて捨ててしまうが、「不死」で墓地からできるためさほど問題はないだろう。 デッキがこのの入っているを相手にする場合は殴らずに返しのターンに除去されるともったいないので、敢えてを恐れずにするも一考の余地がある。 はである。 等には注意。 ではがの手によってとなり復活した姿。 後にに力を分け与えられ、その忠実な僕であるへと変貌を遂げた。 ちなみに開発主任の川崎氏によると、または本人ではなくそのデータを元に作られた別型のクローンのようなものらしい。 例えば、《レッドゾーンZ》はクローンをスピード特化型にして再侵略に用いられたもの。 このがオリジナルの《レッドゾーン》である。 のの「第二、第三のレッドゾーンが…」というのは決して比喩ではなく、クローンである《レッドゾーンZ》《レッドゾーンNeo》のことを示していたという。 バイク が復活したので、通称《廃車》と呼ばれることがある。 「デュエマTV」ではダイキが使用。 前のターンにでからに送られたが、それを活かしてからので墓地からバトルゾーンに出る。 このカードを3枚出したことで、効果を3回発動し、ワンコップのブロッカー3体を全て破壊し、シールドをT・ブレイクする活躍を見せた。 関連カード [ ]• 収録セット [ ]• illus.

次の

【デュエマ】既存のカードを使ってデッドディザスターを改造するよ

デュエマ デッド ゾーン デッキ

そのターン、そのクリーチャーのパワーを-9000する。 が「不死(ゾンビ)」のの力により復活した姿。 は元となったレッドゾーンと同じくだが、になったことにより条件がのに変わっている。 になったため既存のを用いたはできなくなったが、「不死(ゾンビ)」の力によってからもできるようになっており、のとの相性が良い。 通常のと同じくからもできるため、無理にをせずともできるという選択肢の広さがの魅力。 このがされても源となるに送られるだけなので、再も容易。 何度されてもゾンビの如く蘇り、しぶとく戦い続けることができる。 と比べればや9000より大きいを持つに対しては本家ほど有効打ではないものの、あちらと違い好きなを選べる。 また、持ちや、等をできるのがあちらにはない利点である。 21000以内ならばで倒せるため、半端なならば簡単に薙ぎ倒せる。 高パワーを活かしたバトルによって除去する方式のにもがあり、ならこのカード1枚分のパワー低下で貫通する。 さらにこのが複数枚にあれば、重複してすることでを複数回放てる。 2枚重ねで出せばだけで1万8000、させたら3万をも打ち倒せるほどの範囲の広さである。 また、と組み合わせることで2万のパワー低下ができ、の破壊置換効果を無効化して破壊することが出来る。 後もパワー低下は引き継がれるため、場に残った残りの2体もまとめて破壊される。 過去のパワー低下手段に比べ格段に手軽なため、を使うプレイヤーは対策を考えておいた方が良いだろう。 このがにストックされているだけでのがいつでもを持つに変貌するため、対処する場合はとなるのを常に抑えておく必要があるだろう。 シンプルなとの高さ、そしてからの故に、を利用するのならばほとんどのに入りうるポテンシャルを持つ強力な。 の名に相応しい強さを持ち、の高さならばを超えたと言っても過言ではない。 を持つとの相性の良さは言うまでもないだろう。 を使えば最大3体のをできる。 というより、登場当初は以外に手頃な侵略元がおらず、強力なもののられやすいに依存せざるを得ないという欠点を抱えていた。 しかしに入ると持ちの、、が続々と登場したことにより侵略元不足は解消された。 の相性も良い。 重複で出せばした分だけを放てる。 他の「不死(ゾンビ)」型も同様の流れで出せるため、強力なも考えられる。 その後上記の組み合わせの強力さ、及び手軽さが災いしてか《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》と《復讐 ブラックサイコ》はしてしまった。 環境において [ ] 効果判明当初、と異なり相手のパワーによっては除去できないこと、に入る持ちの侵略元がこれと言って当時のに存在しないことから、初心者筋には低く評価する者もいた。 だが、多くのプレイヤーはやのフィニッシャーとして注目。 実際ではそのように使われたが、それらのデッキがに速度負けすることがしばしばであったことからこのカードを見くびるものも中には存在した。 においてはに出張することがざらで、主にのによってに出したから侵略した。 終期にはで活躍し、から、このカードに侵略し、に革命チェンジすることで多くのデッキの盤面や手札をしばしば壊滅させた。 が当時ののお客様になると聞けばこの組み合わせの凄さが分かるだろう。 以降はに手を焼くようになったため、素出しでの封印を外すためのクリーチャーとしての性質が強くなった。 でトップメタであったのフィニッシャーとしての印象が強く、当時のは5マナが貯まったらから走り出すの動きをしていた。 の天敵であるもやのからのでどうとでもなったのである。 のようなギリギリの打点で攻めるデッキが多い環境においては、存在下においてのだけ使って退場しても悪い選択ではなく、によってを用意すればあちらので遅れを取り戻せる。 ところがになって流行した、、などで長期戦を行うことを視野に入れた型のではこのカードを全抜きするケースが少なくなく、ここに来てがに引っかかることが重く見られるようになった。 通常のの方はでもであるが、こちらの採用枚数が2枚に抑えられることがざらで、サブ扱いになりつつある。 そしてでが登場すると立場が一変。 侵略の開始点となるがより広く、封印外しでより器用に動けるあちらに立場を譲り、でも仲間外れにされる結果となった。 DMBD-10発売前は《SSS級天災 デッドダムド》の比較対象にされ、《SSS級天災 デッドダムド》がの強化パーツになるという声もあったが、ここに来てついに環境から死滅してしまった。 素出ししやすくに強いという旨味も、全盛で対処が容易になった・期環境では活かしづらい。 その他 [ ]• デッドゾーンの未来の姿であるとも相性は良好、相手が踏み倒してくればでノーコストで場に出しつつ、との連携で相手をカウンター気味に制圧しつつ優秀な侵略元として働いてくれる。• 《ZEROの侵略 ブラックアウト》を複数体並べるなどして侵略元が余っており、さらにこのカードよりパワーの大きい相手のしたクリーチャーがある場合は、そのクリーチャーへのチャンプアタックと墓地からの侵略を繰り返すことで相手の盤面を枯らせるのが1つの手である。 してもからされ、してもからされ、なのでのほとんどを受け付けない。 有効な手段がかぐらいなので対処が難しい。 と同じく、普通にしても付きのと強力であり、状況によっては普通にさせることも考えられる。 この場合の使い勝手はに近いだろうか。 を使えば3目に出せる。 2目にやを使って《S級不死 デッドゾーン》をに置いてみるのもいいだろう。 同様の事がでも可能になった。 手札をすべて捨ててしまうが、「不死」で墓地からできるためさほど問題はないだろう。 デッキがこのの入っているを相手にする場合は殴らずに返しのターンに除去されるともったいないので、敢えてを恐れずにするも一考の余地がある。 はである。 等には注意。 ではがの手によってとなり復活した姿。 後にに力を分け与えられ、その忠実な僕であるへと変貌を遂げた。 ちなみに開発主任の川崎氏によると、または本人ではなくそのデータを元に作られた別型のクローンのようなものらしい。 例えば、《レッドゾーンZ》はクローンをスピード特化型にして再侵略に用いられたもの。 このがオリジナルの《レッドゾーン》である。 のの「第二、第三のレッドゾーンが…」というのは決して比喩ではなく、クローンである《レッドゾーンZ》《レッドゾーンNeo》のことを示していたという。 バイク が復活したので、通称《廃車》と呼ばれることがある。 「デュエマTV」ではダイキが使用。 前のターンにでからに送られたが、それを活かしてからので墓地からバトルゾーンに出る。 このカードを3枚出したことで、効果を3回発動し、ワンコップのブロッカー3体を全て破壊し、シールドをT・ブレイクする活躍を見せた。 関連カード [ ]• 収録セット [ ]• illus.

次の