エクセル グラフ 凡例 追加。 Excel|グラフの凡例を表示・移動・配置する

エクセル グラフに凡例を表示する

エクセル グラフ 凡例 追加

長い項目名を見やすくする方法 今回は下の表の赤枠部分を使用して、 下の集合縦棒グラフを作成しました。 商品名が長いため項目が自動で斜めになり後半部は欠けている箇所があります。 これをどうにかしてみましょう。 文字を小さくする 考えられる1番簡単な方法は、文字を小さくすることです。 数字の一覧だと「6」までしか表示されないので、右側の[フォント サイズの縮小]ボタンを使用した方が良いでしょう。 ある程度文字を小さくすれば、全ての項目名が表示されるはずです。 今回のグラフの場合は下のようにフォントサイズ「3」でやっと表示されました。 文字が小さくて読めません。 今回の場合は使えない方法になりますが、フォントサイズを少し小さくしただけで、うまく収まる場合もあります。 とりあえず試したい方法です。 グラフの幅を広げる もう一つ単純な方法が、グラフの横幅を広げる方法です。 グラフをクリックして表示される右側の ハンドルにマウスを移動して、右に引っ張ります。 今回の場合は、かなり広げないと1行に表示されませんでした。 さすがに横幅長すぎですね。 軸の書式設定を利用する 斜めの状態でも良いので全ての項目名を表示したい場合は、こちらの方法です。 項目軸の上で右クリックして、ショートカットメニューから [軸の書式設定]を選びます。 右側に表示される[軸の書式設定]作業ウィンドウで、 [サイズとプロパティ]に移動して、 [ユーザー設定の角度]を調整します。 最初は角度が小さいので項目名が省略されてしまうのですが、 そのまま調整を続けると、徐々に全ての項目が表示されます。 悪くないですね。 縦書きにする 同じ設定画面で項目を縦書きにすることもできます。 項目軸で右クリックして[軸の書式設定 作業ウィンドウ]を表示したら、 [サイズとプロパティ]に移動して、• すると、項目名が縦書きになり、左から文字が並ぶので読みやすくなります。 項目名を途中で改行する もし、元の表の形を変更して良いのであれば、項目名を途中で改行してしまうのがベストです。 表の 改行したい場所にカーソルを置いて、「Alt」キーを押しながら「Enter」キーを押します。 これでセル内で改行されます。 すべて改行したのが下の画像。 元の表を変更するとグラフも自動で反映されるので下のようになります。 あれ?やっぱり省略されている。 少し横幅が狭かったようです。 グラフの幅を広げてあげましょう。 どうでしょうか。 1番見やすくなったのではないでしょうか。 長い凡例を見やすくする方法 凡例の場合も、今説明した項目軸の設定とほとんど同じです。 下の表で作成した、 集合横棒グラフで説明します。 凡例も、文字サイズを小さくすることで対処するのが1番簡単です。 書式設定で文字を斜めや縦にする場合は少し設定場所が項目軸と違います。 凡例で文字を斜めにしたり縦書きにする方法 凡例の上で 右クリックして[凡例の書式設定]をクリック。 右に表示された[凡例の書式設定]作業ウィンドウで、 [文字のオプション]に移動します。 後は、項目名の設定と同じです。 文字列の方向や縦書きが設定できます。 設定すると分かるのですが、項目名と違い 文字方向の変更や縦書きはあまり有効ではありません。 例えば、斜めにしても表示領域はあまり変わりませんし、 縦書きにするとグラフエリアからはみ出てしまいます。 位置を調整しても下のように・・・。 いまいちですね。 凡例を途中で改行する 項目名と同じように、元の表の文字列を改行するのも一つの方法です。 結果がこちら。 凡例を下に表示していると、下部が表示されません。 [凡例の書式設定]作業ウィンドウで、 凡例の位置を上にすると、 下の画像のようにちゃんと表示されます。 右の位置もおすすめですよ。 まとめ いかがでしたか。 様々な方法が考えられますね。 その時のグラフの種類や文字数に応じて対処すべき方法が変わります。

次の

エクセルグラフに凡例を追加(消去した凡例を復活させたい!)

エクセル グラフ 凡例 追加

この記事の目次• グラフにある凡例の名前(系列名)を変更するやり方 それでは始めていきましょう! 凡例の名前を変更するグラフをクリックして選ぶ まずは 凡例の名前を変更するグラフを クリックして選びましょう。 「グラフ ツール」の「デザイン」タブをクリックして選ぶ 凡例の名前を変更するグラフを選んだら 「グラフ ツール」のタブが表示されます。 その表示されたタブの中から 「デザイン」タブをクリックして 選んでください。 「データ」グループの「データの選択」アイコンをクリックして選ぶ 「デザイン」タブを選んだら 「データ」グループの 「データの選択」 アイコンをクリックして選びます。 凡例の名前(系列名)を変更する凡例項目をクリックして選ぶ 「データの選択」アイコンを選んだら 「データソースの選択」ダイアログが 表示されます。 表示されたダイアログにある 「凡例項目(系列)」欄の中から 凡例の名前(系列名)を変更する 凡例項目をクリックして選びましょう。 今回は 「札幌」を選びます。 「凡例項目(系列)」欄の「編集」ボタンをクリックして選ぶ 凡例の名前(系列名)を変更する凡例項目を 選んだら、「凡例項目(系列)」欄の 「編集」 ボタンをクリックして選んでください。 「系列名」欄で変更する凡例の名前(系列名)を入力する 「編集」ボタンを選んだら 「系列の編集」ダイアログが 表示されます。 その表示されたダイアログ内にある 「系列名」欄のボックスへ 変更する 凡例の名前(系列名)を入力しましょう。 今回は 「北海道」と入力します。 「系列の編集」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして選び 変更する凡例の名前(系列名)を入力したら 「系列の編集」ダイアログの 「OK」ボタンを クリックして選んでください。 「データソースの選択」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして終了! 「OK」ボタンを選んだら 「データソースの選択」ダイアログの 「OK」ボタンをクリックして選びます。 そうすると、 グラフにある凡例の名前(系列名)を 変更することができます。 まとめ• 凡例の名前を変更するグラフをクリックして選ぶ• 「グラフ ツール」の「デザイン」タブをクリックして選ぶ• 「データ」グループの「データの選択」アイコンをクリックして選ぶ• 凡例の名前を変更する凡例項目をクリックして選ぶ• 「凡例項目(系列)」欄の「編集」ボタンをクリックして選ぶ• 「系列名」欄で変更する凡例の名前を入力する• 「系列の編集」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして選び• 「データソースの選択」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして終了! お疲れ様でした。 グラフにある凡例の名前(系列名)を 変更できましたでしょうか? 「系列の編集」機能を使えば グラフにある凡例の名前(系列名)を 変更できるので活用していきましょう。 あなたの作業が、つまづくことなく 進められることを心より応援しております。

次の

グラフの凡例の設定

エクセル グラフ 凡例 追加

データを追加する• データを削除する• データの非表示や選択する データを追加する ワードとエクセルのデータを元にして 作成されたグラフがあります。 これにアクセスのデータを貼り付ける方法とデータの選択から追加する方法を紹介します。 貼り付けから アクセスの [データ] をコピーします。 データの選択から グラフを選択した状態で [デザイン] タブをクリックし、データグループにある [データの選択] をクリックします。 [グラフデータの範囲] を削除します。 そのまま新しいデータを範囲選択して [OK] をクリックします。 アクセスのデータがグラフに追加されます。 スポンサーリンク データを削除する Delete キーで削除する方法とデータの選択から削除する方法を紹介します。 Delete キーから 削除したいグラフの [系列] をクリックします。 Deleteキーを入力すると、そのグラフだけが削除されます。 データの選択から グラフを選択した状態で [デザイン] タブをクリックし、データグループにある [データの選択] をクリックします。 削除したい [系列] をクリックし、[削除] をクリックして [OK] をクリックします。 そのデータを削除できます。 データの非表示や選択する グラフを選択した状態で [デザイン] タブをクリックし、データグループにある [データの選択] をクリックします。 非表示にしたい [系列] のチェックを外して [OK] をクリックします。 チェックを外したデータが非表示になります。 チェックをするとまた表示されます。

次の