キヨ 後ろ姿。 ハル×キヨ3巻ネタバレ感想|無料で読むには?

真木清人 (まききよと)とは【ピクシブ百科事典】

キヨ 後ろ姿

こちらの記事では 2019年9月18日 に発売された 舞妓さんちのまかないさんの最新話『132話』のネタバレや感想、考察を 文字だけご紹介しております。 もし『文字だけではわかりにくので、 絵付きで漫画を読んでみたい』 という場合は、 U-NEXTで 今すぐ無料で読むことができますので、 ぜひ、チェックしてみてください。 舞妓さんちのまかないさんの最新話『132話』のネタバレ すみれさん、ちょっと・・・ キヨは今日も古い台所に立ってまかないを作成中、 柔らかい光が差し込む窓辺のその後ろ姿は どことなく寂しそうに見えています。 そこへお腹を空かせた面々がいつものように まかないの進捗状況をのぞきにやってきました。 「キヨさーん、おなかすいたなあ」 ちょうど出来上がったところと聞いて頬がほころび、 おおきにとお礼をいう食いしん坊たち。 早く食べたい気持ちがはやるのか お盆に揃った汁物のお椀を見て、 膳に並べる手伝いまで申し出てくれました。 そしてほかほかとお膳に並べられた今日のお昼の献立は、 豚バラの薄切りが乗った具沢山の焼きそばに モロヘイヤのお味噌汁、そしてさっぱりと口直しの浅漬け。 ほかほかと湯気を立てて美味しそうに出来上がりました。 ぞろりと膳についたみんなはお椀をどんどん、 リレー方式でめいめいに回していきます。 するとひとり、遅れてきた姐さんが膳につきながら 上のテレビがつけっぱなしであったことを注意。 それを受けて下っ端の子がいつにない不注意に頸をかしげ、 「あ、百はなが青森に行っていないから・・・」 いつもならすみれがそういうことをさりげなくチェックして 消し忘れなどないようにしていてくれたのでした。 さらに少したって別の姐さんが部屋をのぞきながら、 すみれにおけいこの曲のコピーを頼みにきたり、 おかあさんまで不在を忘れてすみれにおつかいを頼みに来る始末。 「いつも頼ってしもうとるさかい、 いてはらへんのをすごぉー感じるなあ・・・・」 おかあさんを初めとして一同はしみじみと、 何くれとなく役立ってくれていたすみれの不在を 改めて強く感じるのでした。 落ち着いてはいるけれど・・・ そんななかでポーカーフェイスのキヨ、 落ち着いた様子できびきびと働いています。 取り皿とお箸を順に皆に配る様子を見て 呆れながらも感心するめがね姉さんですが、 一人分多く取り皿と箸、汁物が揃っているのを発見。 キヨにとってはすみれがいるのが当たり前なことなんだ、と、 一歩進んだ高次元な感覚に驚くめがね姉さんでした。 どうしても一人分多く作ってしまうキヨ すみれの不在、にちょっとしたざわつきがあったものの、 無事におひるごはんがすみ、 キヨは今度は台所で洗いものの真っ最中です。 さっき、一人分多くすみれの分もお皿と汁物を用意した時に めがね姉さんたちがキヨのうっかりを指摘したことを 何となく思い出していました。 めがね姉さんたちは、すみれの分も余分に食べといたから、と 苦笑気味になかば喜んでいましたが、 キヨは実のところすみれの不在を頭ではわかっていたのです。 (わかってはいたんだけど、身体が勝手に用意しちゃったのよね・・・・) それはずっとすみれとキヨが幼い頃から一緒で、 常にごはんもともに食べていたことがあるのでした。 その回想がキヨの頭に鮮やかによみがえります。 小さい頃、青森の田舎で外で存分に遊び、 すみれと友達を引き連れて家に帰ると おばあちゃんは必ずお腹ペコペコの子どもたちの声にこたえて 何か食べるものを用意してくれていました。 大きなお釜にごはんをほかほかと炊き上げ、 青森の家庭でつけるみそ大根を中に入れ込んで 表面にもみそを塗った大きな焼きおむすびなどー・・・・。 手を洗った子供たちが待ちかねるなか 網でじりじりと焼いていき、 取り皿を子供たちに準備させてめいめいのお皿に、 祖母はその素朴なおやつを取り分けてくれたのでした。 祖母特製のみそ大根おにぎりは熱々で、 意外にすみれや他の友達の家ではみそ大根抜きが多かったため、 大人気のおやつ。 「あ、これみそ大根入り!」 「美味しい~」 「うちのは入ってないんだよなあ」 子どもたちのそんな歓声をにこにこと聞きながら 嬉しそうだった祖母の顔が、キヨには思い出されるのでした。 そして夜、お座敷に出る面々に慌ただしく 時間差で食べさせる夕飯を用意するキヨ。 フライパンに沢山並べて焼いているのはハンバーグ、 出勤前なので小さめに作ったところが特徴で、 味付けはポピュラーなケチャップソースです。 しかし、その数を数えていためがね姉さんがまた、 「キヨさん、また一個多いよー」 どうしてもすみれの分を作ってしまうキヨ・・・。 「うーん、どうしても身体が勝手に・・・」 困り顔のキヨを見てめがね姉さんはご心配なく、というように そんならしゃあないなあ・・・とちゃっかり自分の皿に2個盛りに。 (すーちゃん、青森でどうしてるかな) キヨはその喧騒をよそに不在のすみれに優しく思いを馳せるのでした。 舞妓さんちのまかないさんの最新話『132話』や最新刊を無料で読む方法って? 以上が舞妓さんちのまかないさんの最新話『132話』のネタバレでした! ここまで読んでいただければ、ある程度の内容はわかったかと思いますが、 やっぱり文字だけではなく、 絵も一緒に見た方が絶対におもしろいですよね。 そこでおすすめなのが U-NEXTです。 舞妓さんちのまかないさんの最新話『132話』の感想と考察 舞妓さんちのまかないさんの最新話132話は、 存在の大きさ の巻でした。 いない人の分の食事をつい用意してしまうこと、 皆さんにも覚えがあって大きく頷けたのではないでしょうか? それにしても不在の間の様子を見ていると、 すみれがどれだけ便利係のように使われているか 結構不憫に見えてしまいました・・・。 一番下っ端、しかもできる子ということなので 仕方ないことではありますが、 これをバネに立派な舞妓さんになって欲しいものです。 また焼きおにぎり、表面だけ醤油を塗るのが 皆さんのお宅でもポピュラーな作り方だと思いますが、 味噌大根を入れて中もしっかり味付けの技は頂きですよね! 次回もどんな美味しいいただきますを見せてくれるか、 楽しみにしていましょう! まとめ ここまで舞妓さんちのまかないさんの最新話『132話』のネタバレや感想、考察をご紹介してきましたが、 いかがだったでしょうか? 少し前までは漫画を無料で読める漫画村などサイトがありましたが、 今は著作権の問題で閉鎖されて見れなくなっています。 それよりも今はウイルスなどの心配もない 安全な U-NEXTの無料キャンペーンがありますので、 ぜひ活用してタダで舞妓さんちのまかないさんの最新話や最新刊を読んでみてください。

次の

「ハル×キヨ」最終回のネタバレと感想!凸凹コンビもこれで見納め|ささやんのマンガ倉庫

キヨ 後ろ姿

志村は一目惚れしてしまったふわふわちゃん(小春)を忘れられない様子 峯田と一緒にいたところ(後ろ姿)を激写していたので問い詰めます。 知らないふりをする峯田 志村に諦めされようと合コンの設定を組みます。 幹事として人数合わせで参加させられる峯田 しかしその場面を小春は目撃してしまい落ち込みます。 誤解は解け、ラブラブな2人 近くにいた志村は小春の顔を見て、自分が一目惚れをしていたのが小春だと気付きショックを受けるのでした。 2月になり世の女子たちはバレンタインで盛り上がります。 恋人ができて初のイベントに小春の妄想も勢いが増します。 バレンタイン当日 峯田の下駄箱にぎっしりのチョコレートが・・・ しかし峯田はバレンタインという行事を知りません。 妬んだ志村は峯田に嘘の情報を教えます。 バレンタインデーのチョコを受け取ったら「告白OK」で交際が成立してしまうと。 真面目な峯田は信じてしまい、一日中気にしてしまいます。 一方の小春は、せっかく作ったチョコを志村に踏まれてしまい(事故)ロッカーの中に入って落ち込みます。 志村からチョコなんかより男が喜ぶものがあるとアドバイスをされ、勇気を出し峯田のおでこにキス!! 「・・・・ななるほど。 こういうのもあるのか。 悪くないな」 初デートにバレンタインと順調に過ごす2人の前にイギリスに留学中の峯田の兄(怜一)が現れます。 峯田を10倍ほどパワーアップしたかのような兄は峯田以上にややこしい奴で・・・ 小春を見て『珍獣』『クマ』などと呼び、弟がバカになるから別れろ!!などと言います。 弟を溺愛する兄は峯田をイギリスに連れて帰ろうとしますが、兄のことを嫌っている峯田は無視を続けます。

次の

第84話 「キヨと、やり直す気は、ありませんか?」

キヨ 後ろ姿

ただ、卒業するのはするのですが、相変わらず峯田は海外に行っています。 しかも、寮に鬼・・・じゃなくてお母様と兄が突如襲来。 この来訪は予感していなかったので、完全に硬直。 ただ、ここでも母親は不器用ながら、峯田のレポートを褒めるんですよね。 私なら合格点だ、ということで。 さらに、小春を連れてくれば、とかサラッと付き合っているのを認めているような発言も。 突然の来訪や小春の話で、頭がパンクしそうでしたが、母親なりの気遣いということを察する峯田なのでした。 そして、卒業式当日。 残念ながら峯田は間に合いませんでしたが、楽しい卒業式となったのは、志村のおかげ。 同時に、志村は志村で身を引く覚悟を固めていました。 さて、卒業式に間に合わなかった峯田ですが、実は飛行機が遅れてしまっていただけ。 小春に電話をして、そのことを伝えたら猛スピードで教室にやってくるんです。 こうして2人とも無事に再会し、卒業式のパーティーへと出席。 帰り道では・・・良い雰囲気。 加えて、ある言葉もお互いに口にするんです。 そして、時は過ぎて2年後。 そこには、小春の肩口まで大きくなった峯田と、さらに2cm大きくなった小春の姿。 ラストシーンでの2人は相変わらずって言う感じ。 あ、そうでした。 小春が髪を切って、さらに両目とも出ている姿が描かれているんですよ。 可愛らしいですよー! 帰り道で2人が一緒に寝転んで話していた時に言った言葉。 ラストシーンでの相変わらずの2人のやりとり。 詳しい話の流れは、ぜひ単行本を覗いて確かめてみてください。 [AD2] 感想について ほぼエピローグっぽい感じのまとめ方となりました。 最後のシーンとか、なんだか「となりの怪物くん」をふと思い出してしまいました。 あちらは、後ろ姿でしたけれどね。 こういう 2人が共に歩む姿を示唆するシーンをラストに持ってくこられると、卑怯だ! と、思わず叫びたくなってしまいます。 私、弱いんですよ、こういった演出に。 だから、もうジ~ンと胸が熱くなってしまいましたね! しかし、いつまで小春は伸びるんでしょうーか。 このままだと180cm台を突破して、190cmに届きそう。 下手したら2m超えるのでは・・・・? そこまで行ってしまったら峯田が追いつこうにも、追いつけなくなってしまうぞ。 一応、20代半ばまでは伸びるらしいけど、流石にあと10cmを2,3年以内でっていうのはキツイ・・・よね。 シークレットブール履いちゃう?履いちゃう? と、煽ったら殴られそうなんで、止めておきましょう。 まとめ 凸凹コンビもこれで見納め、ということになりました。 そういえば、Twitterでも何やらあとがきっぽいのがあったみたいで。 それも含めると、より作品が幸せなエンディングを迎えていることが分かるでしょう。 やっぱり少女漫画のエンディングは、こうじゃなくちゃねっ! という結末でしたので、大満足でした。 [AD1].

次の