アクリル 絵の具。 「プラバン」に「アクリル絵の具」を塗る方法

「プラバン」に「アクリル絵の具」を塗る方法

アクリル 絵の具

どうもこんにちは!画家の岡部遼太郎と言います。 アクリル絵の具で描く絵画作品 絵を描く時にパレットを使って絵の具を混ぜる方は多いと思います。 油絵の具を使う方は絵の具をパレットに塊のままで出しっぱなしにしても、それほど早く乾くわけではありません。 なので次の日に描こうという場合、意外とまだ使えたりします。 しかしアクリル絵の具の場合だと、そうはいきません。 アクリル絵の具をチューブから出してそのまま放置すると、次の日にはカチカチに固まってしまううからです。 アクリル絵の具は乾燥が速いのが長所なのですが、逆にその面が短所に感じる場合もこういった場合にあると思います。 絵の具を混ぜて作っておいた色が、乾燥して使えなくなってしまうと不便ですよね。 今回はそのような事にならないように、 一度パレットに出した絵の具を固まらせずに保存しておける方法を紹介してみようと思います。 水で乾燥を防ぐ! 一番簡単な方法だと思うのがこれです。 用意するのは• 霧吹き• ラップ これだけです。 まずパレットの上の絵の具に霧吹きで水をかけます。 パレットの上が水で潤ったら、それをラップでしっかり密閉しましょう。 これだけで 3日、4日かそれ以上保存できます。 あまり水をかけすぎても絵の具が垂れてしまうので、ほどほどにしたほうが良いとは思います。 夏場の場合、気温が高くなり過ぎるなど環境によっては 絵の具が腐ってしまうこともあるので可能であれば冷蔵庫で保存するのも一つの手だと思います。 (実際僕も夏にアトリエにそのまま放置した絵の具が異臭を放っていた事があるので・・・) さらに乾燥を遅らせる! これは実際に僕も使っている方法です。 先ほど紹介したやり方は確かに便利なのですが、ただの水を吹きかけただけなので若干不安があります。 結構環境によって蒸発するのが速かったりしますからね。 では一体どうすればいいのか・・。 僕はこの 水自体の乾燥を遅らせるという方法を取っています。 具体的に言うと、 水に リターダーを少量混ぜるというやり方です。 リターダーというのはアクリル絵の具に混ぜることで乾燥を遅らせることのできるメディウム(アクリル絵の具の性質を変えることのできる材料)です。 これを絵の具に混ぜるのでなく水に入れてしまうのです。 この方法で作った水は普通の水と比べて乾燥が遅いので、パレットをさらに長く保存したい場合に吹きかけると良いと思います。 (もちろんラップは忘れずに。 ) 分量的には水が若干白濁するくらいがいいかとおもいます。 ただしそれぞれのメーカーのリターダーによって混ぜる量は変わってくるので、自分で大体どれくらいが使いやすいのか試してみる事をお勧めします。 乾燥の遅いアクリル絵の具 上記のやり方でも乾燥に対して不安がある方は、最初から 乾燥が遅いアクリル絵の具を選択してしまうのも1つの手段です。 ターナーというメーカーから 「ゴールデン・オープンアクリリックス」というアクリル絵の具の製品が発売されています。 この絵の具はメディウムなどを混ぜることもなく、最初から普通のアクリル絵の具よりも乾燥が遅い絵の具になります。 公式のデータでは同社の 一般的なアクリル絵の具より10倍ほど乾燥を遅らせることができると書いてあります。 僕も実際に使ったことがありますが、たしかに乾燥は遅かったです。 こういったアクリル絵の具を使った上で、パレットを湿らせてラップをかけるなどすれば安心して絵の具を保存できるのではないかと思います。 これは アクリル絵の具の乾燥が速いという長所を、若干捨ててしまう手段かもしれないので個人個人で合う合わないの問題があるかもしれません。 それでもという方は試してみるのも良いと思います。

次の

100均の絵の具9選!ダイソー・セリア別!おすすめアクリル絵の具は?

アクリル 絵の具

絵を描く道具 Ri- ポスターカラーとアクリル絵の具は同じ?この2つの違いを比べてみた 画材屋さんに行くとよく大容量サイズの アクリル絵の具とポスターカラーが同じ場所にあったり、 小さいサイズでもすぐに近いところに置いてあったりするので 「同じようなものなのかな?」 と気になったので調べた上で実際に使って 実験して みました! ポスターカラーはどんな絵の具? ポスターカラーとアクリル絵の具の大きな違いですが・・・ ポスターカラーは水彩絵の具 と言うことです。 水彩絵の具なので乾かしてからでも水で溶くことができてしまうので、アクリル絵の具のように水に強くありません! このようにポスターカラー 左 とアクリル絵の具 右 を塗って乾かしたものを用意しましたので、これに水をかけて筆で軽く擦ってみています。 同じメーカーのものを使っていますがポスターカラーは画像のように簡単に溶けてしまいました。 ポスターカラーは【不透明な水彩絵具】という扱いになります。 アクリル絵の具で例えるとガッシュ系の絵の具と同じ系統であると言うことになりますね! アクリル絵の具での透明・不透明の違いはコチラでお話しています。 ポスターカラーは紙以外にも描けるの? 私はガラス絵を描いているので気になるポイントです。 すでに上の実験でもアクリル板を使っているように紙以外にも描くことはできます! 水ぽくしても水彩絵の具よりは弾いてしまったりはしません。 ただし うっかり水をかけちゃえば絵の具が溶けてしまうのが心配! という方や 私のように 水に強いアクリル絵の具とアクリル板だから水に沈めてみよう! と考えている人には 正直なところアクリル絵の具がオススメです。 余談 もちろん使い方にクセが強くなりますが普通の水彩絵具やボールペンのインクでも描くことはできます。 したの画像ではこのシリーズの赤い絵の具を使用しています。 水彩絵具は水を加えると弾きやすくなりますし、 ボールペンのインクは種類によって差があると思いますが そして両方とも完全に乾くまで触らずにいられて、さらに水をかけない方向きです。 私にはどうも合わないのでガラス絵を描くときの具体的な使い方は説明が難しいので気になる方は実際に使って研究してみてくださいね!.

次の

「プラバン」に「アクリル絵の具」を塗る方法

アクリル 絵の具

絵を描くことが趣味、という人も増えていますが、絵画というと水彩画や油彩画というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?しかし、近年は急速に質が良くなり、「アクリル絵の具」でも透明水彩や油彩に負けない表現ができるようになっています。 アクリル絵の具は学生の時にポスターを描くことで使っただけ、という人も多いですよね。 そこで今回は、あなたの表現の幅を驚くほど広げてくれるアクリル絵の具を10選、厳選してご紹介します。 絵の具メーカーとして人気のターナー色彩が発売しているアクリルガッシュから、プロも長年愛するリキテックス、初心者におすすめのサクラクレパスなどを、それぞれの特長を解説しつつご紹介します。 初心者から新しいメーカーのものに挑戦したい上級者の方まで、画材を選ぶ人にお役立ちの「アクリル絵の具の選び方」も一緒にご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね! 透明なアクリル絵の具と比較して、絵の具に含まれているアクリル樹脂液の量が少なく、その分、顔料が多くなっているのが、不透明(ガッシュ)と呼ばれるアクリル絵の具です。 絵の具の塗布時に筆跡・筆ムラが出にくいので、広い面を塗る場合に美しい仕上がりにしやすいことが特徴ですよ。 ガッシュを使用した後には上から油絵具も使用ができるので、表現の幅も広がりますね。 また、ガッシュは基底材の色や、下に塗った色を覆うことができるので、テキスタイルデザインなどのデザイン画を描く時によく選ばれる絵の具です。 描いた後はマットな仕上がりになるので、プラモデルやフィギュアなどの着色に使う人も多いようですね。 ただし、ガッシュは透明絵の具より柔軟性が低いので、布類などに使うと、曲がった部分で絵の具の割れが起きることもあります。 アクリル絵の具は基本的に、紙・布・キャンバスなどには、非常に発色よく描くことができます。 さらに、アクリル絵の具は板や石・皮革などにもイメージ通りに着色をすることが可能で、これはアクリル絵の具の大きな特長です。 またメディウム類を使うと絵の具を盛り上げるような表現もでき、油絵のような表現が時間をかけずに可能になります。 ただ一方で、アクリル絵の具にも不得意な付着素材があります。 それは、描画面に油のコーティングなどがされている素材や、油性の塗料で下処理がされている油絵具用のキャンバスなどです。 さらに、アクリル絵の具もメーカーによって、金属は得意だけれどプラスチックには付着しにくいということもあります。 アクリル絵の具を選ぶ際には、そうした「描ける素材」の得意・不得意もチェックしましょう。 アクリル絵の具は速乾性があることが大きな特長です。 ですから、制作の途中で必要な色が不足した場合には、逆に大変なことになりかねません。 原色で色を塗っている場合は良いかもしれませんが、混色を使っている途中に必要な絵の具がなくなると、新しい絵の具を用意している間に作品が乾いて、同じ色味が出せなくなってしまいますよね。 チューブ式のアクリル絵の具は、多くが1本あたり10ml~11mlの内容量です。 自分がどのくらいの大きさの作品を描きたいのか、またその際にどの程度の絵の具の量が必要なのか、制作をする時にはしっかりとイメージしておきましょう。 特に白色は大量に使用する場合が多いので、セットで購入する時は白色が余分に入っているものもおすすめですよ。 24色セットのこのアイテムは明るいカラーが多く、さまざまなデザインを描くのにぴったり。 光沢感のある仕上がりが特徴で、紙や木などの表面にしっかり付いてすぐに乾きます。 36ml入っているので、たくさん使う方にもおすすめの商品です。 種類 - 対応基底材 キャンバス・紙・木・セラミックなど 内容色 24色:チタンホワイト・レモンイエロー・イエローミッド・イエローオーカー・オレンジ・バーミリオン・スカーレット・クリムゾン・マゼンタ・パープル・フタロブルー、・ディープシアンブルー・ランプブラック・ペインズグレー・ヴァンダイクブラウン・バーントアンバー・バーントシエナ・ローシエナ・フタログリーン・サップグリーン・ライトグリーン・モナストラルグリーン・ビリジアン・セルリアンブルー 内容量 36ml/本 ロイヤルターレンスの大作用絵の具ブランドであるアムステルダムの、使いやすい12色が揃ったセットです。 プロも使用する品質で価格もリーズナブルなことが魅力。 はじめてアクリル画にチャレンジする方にもおすすめですよ。 種類 不透明 対応基底材 紙・キャンバス・布・木・革・石・金属・ガラス・フィルム・コンクリートなど 内容色 12色:チタニウムホワイト・ブライマリーイエロー・アゾオレンジ・ナフトールレッドミディアム・ブライマリーマゼンタ・ウルトラマリン・ブライマリーシアン・パーマネントグリーンライト・パーマネントグリーンディープ・イエローオーカー・バーントシェンナ・オキサイドブラック 内容量 20ml/本 練りが硬いこのアクリル絵の具は、乾燥した後に耐水性になるのが特徴。 乾いた絵の具の上から色を重ねても混ざらないので、創作の幅が広がりますね。 発色が鮮やかな36色セットとなっているため、内容が充実したセットをお求めの方はチェックしてみてください。 種類 色によって透明・不透明・半透明有 対応基底材 紙・キャンバス・布・木材・石・コンクリートなど 内容色 36色:ライトポートレイトピンク・アクラマゼンタ・アクラレッド・ナフソールレッドライト・カドミウムレッドミディアム・カドミウムレッドライト・スカーレットレッド・イエローオレンジアゾ・カドミウムオレンジ・カドミウムイエローミディアム・イエローミディアムアゾ・イエローライトハンザ・カドミウムイエローライト・パーマネントグリーンライト・フタロシアニングリーン・クロミウムオキサイドグリーン・フーカスグリーンヒュー・ブライトアクアグリーン・ブリリアントブルー・セルリアンブルー・コバルトブルーなど 内容量 20ml/本 はっきりとした発色が魅力の24色セット。 単色としても使いやすく、色あせがしにくいためプロにもおすすめできるアイテムです。 乾燥までの時間が短いので、重ね塗りなどデザインの幅が広がりますよ。 ペイントブラシが3本付きで、すぐに使いたい方も要チェックのアイテムです。 種類 不透明 対応基底材 Tシャツ・スニーカー・ジーンズ・木材・プラスチックなど 内容色 24色:チタンホワイト・イエローオーカー・サップグリーン・レモンイエロー・朱色・クリムゾンレッド・ブラントアンバー・バイオレット・ビリジアン・セルリアンブルー・ウルトラマリンブルー・ローシエナ・バーントシエナ・ローアンバー・フレッシュティント・オレンジ・スカーレット・フタロシアニン・コバルトブルー・エメラルドグリーン・ランプブラック・ミディアムイエロー・グレー 内容量 12ml/本 全113色ある中から厳選された扱いやすい12色のセットとなっています。 思い通りの色を表現できる視覚的な部分はもちろん、 滑らかな描きやすさや耐久性など絵の具自体の品質も重視したアクリル絵の具です。 色を混ぜても濁らないナチュラルな色合いが特徴。 割れや剥離がしにくい優れた粘着性で、素材を選ばずに使用することができます。 多様な表現をする創作にぴったりのアイテムなのでぜひ、試してみてはいかがですか。 種類 透明 対応基底材 紙・布・石・木・粘土・金属など 内容色 12色:ナフトールレッドディープ・ナフトールレッドライト・ハンザイエローライト・イエローオーカー・フタログリーン・ミドルグリーン・フタロブルー・ウルトラマリンブルー・ジオキサジンバイオレット・バーントシェンナ・マースブラック・チタニウムホワイト 内容量 12ml/本 文具メーカーとして知られるぺんてるから発売されているこの商品は、計13本入りのセットです。 基本的な色である11色に、 色を混ぜる際に減りやすい白が2本入っていることがポイント。 たっぷり使えるので嬉しいですね。 筆ムラが出にくいアクリルガッシュは、 広範囲を塗るときでも綺麗な仕上がりにすることができます。 初心者でも使いやすい色が多く入っているので、ぜひ検討してみてくださいね。 種類 不透明 対応基底材 紙・木材・プラスチック・石材・紙粘土など油がついた面以外 内容色 12色:ホワイト・パーマネントイエローディープ・パーマネントレモンイエロー・イエローグリーンライト・ビリジアン・セルリアンブルー・コバルトブルー・バイオレット・パーマネントレッド・パーマネントスカーレット・バーントシェンナー・ジェットブラック 内容量 11ml/本 有名文具メーカーサクラクレパスのアクリル絵の具は、12色13本セットのアイテム。 高い粘着性があるため紙はもちろん、金属やプラスチックなどさまざまな素材への使用が可能です。 不透明で艶のない均一なアクリルガッシュは、色を重ねやすくはっきりとした仕上がりになります。 乾くと水に強くなりにじまないので、Tシャツをアレンジするなど、絵画以外の工作にも使いたい方にぴったりですよ。 種類 不透明 対応基底材 金属・紙・木・布・プラスチックなど 内容色 12色:ホワイト・ブラック・バーミリオン・カーマイン・レモンイエロー・イエローディープ・ライトグリーン・パーマネントグリーン・コバルトブルー・セルリアンブルー・モーブ・バーントシェンナ 内容量 12ml/本 発色のよい16色のカラーに加えて、ペイントブラシが3本セットになっていて、手元に用意してすぐに塗り始めることができる商品です。 色を混ぜたり水で溶いて色合いを変えたりと、好みに応じた使い方を楽しめますよ。 色あせしにくく、乾燥も早いため作業をスムーズに進められることが魅力です。 急いで作品を仕上げたいときにも慌てずに対応できますね。 手に取りやすい価格なので、アクリル絵の具を試してみたい方や練習用としてもおすすめのアイテムです。 種類 不透明 対応基底材 ガラス・石・木材・プラスチック・壁・Tシャツ・スニーカーなど 内容色 16色:レモンイエロー・イエローオッカ・ネイビーブルー・ビリジャン・ホワイト・ブライトグリーン・オレンジ・オレンジレッド・スカイブルー・バーントシエナ・ローアンバー・ブラック・フレッシュピンク・レッド・パープル・ダークパープル 内容量 12ml/本 色鮮やかな24色に耐久性のあるペイントブラシが6本付いているのが特徴です。 均一で滑らかな描き心地と水での溶かしやすさで、お子さまでも手軽に扱えるアイテムです。 乾燥するのが早く、しっかり定着するので水分がついてもにじまない点が魅力。 水に溶けなくなるため、 重ね塗りをしても色が混ざりにくい点も嬉しいですね。 普段使いには十分な色が揃っているので、色を買い足す手間もありません。 Amazonの口コミでは、思った通りの発色で綺麗との声も。 単色使いでもそれぞれの色を楽しめる商品をお探しの方は要チェックです。 種類 - 対応基底材 壁・Tシャツ・キャンバストートバック・ネール・石・スニーカー・木材など 内容色 24色:チタンホワイト・レモンイエロー・イエローオーカ・朱色・深紅色・ビリジャン・フーカスグリーン・コバルトブルー・ウルトラマリンブルー・バーントシエナ・ローアンバー・ランプブラック・ミディアムイエロー・フレッシュティント・オレンジ・スカーレット・フタロシアニン・セルリアンブルー・エメラレドグリーン・暗緑色・バイオレット・ローシエナ・バーントアンバー・グレー 内容量 12ml/本 1946年に創業された絵の具・塗料メーカーのターナー色彩から発売されているアクリル絵の具です。 学校教材としても使用されており、 鮮やかな発色のカラーと艶消しのマット感が特徴。 高い接着力と色の付きやすさに加え、ムラになりにくいことも魅力的です。 水に溶かして濃淡を工夫するのはもちろん、乾きの早さと耐水性の高いことを生かし重ね塗りも自由自在。 ポップなイメージも落ち着いたイメージも思い通りに描けるアイテムです。 ECサイトの口コミでは、12色で十分混色できて、どんな色でも再現できるとの声も。 凡用性の高い基本的なカラーが揃っているので、初心者にもおすすめです。 創作意欲を掻き立てるアクリル絵の具をぜひチェックしてみてくださいね。 「アクリル絵の具の種類」の項目でも触れていますが、アクリル絵の具には「一緒に使うことで、描く絵の表情が変わる」ような補助絵具があります。 そうした補助絵具は、一般的に「メディウム類」と言われ、たくさんの種類が販売されています。 ぴったりのメディウムを使えば、透明アクリルを使ってよりガラスのような透明感が出る表現をしたい時、ガッシュを使ってひび割れのあるような表現をしたい時などに、望んだ表現を思うままにすることも可能です。 各メーカーは、自社のアクリル絵の具に合うようなメディウム類を、同じブランドで発売していることが多くなっています。 同じメーカー・ブランドのメディウム類を選べば、間違いなく使っているアクリル絵の具になじみます。 でも、色々な表現を求めて、あえて異なるメーカーのメディウムを使うのも面白いですよ。 アクリル絵の具は使えば使うほどに、面白い発見がある画材です。 ぜひ色々な表現方法を試してみてくださいね!.

次の