ヘーベルハウス 台風。 ヘーベルハウスの外壁塗装

ヘーベルハウスの良い評価と悪い特徴は?外観や坪単価のブログ

ヘーベルハウス 台風

もの凄い勢いだった台風12号。 大阪はようやく通過した。 天気予報を聞いていなかったため(テレビがないのでラジオ)、寝る前は涼しくて気持ちいいと思っていた。 奥さん:「ええ風やで。 扇風機もいらんなぁ」と、のんきに窓を全開にして寝てしまった。 夜の台風12号 深夜2時頃、雨が顔にあたって目が覚めた。 かつて経験したことがないくらいの強風。 急いでシャッターと窓を閉めた。 1階はいつもシャッターを閉めているので良かったが、2階は網戸にしている。 ベランダからも強い横なぶりの雨、窓際の床はびしょびしょになった。 風と雨はどんどん強いなる。 シャッターを叩く雨音は、強風と混じって暴力的とも言えるほど。 そして、ミシミシと音がした。 奥さん:「家、揺れてない?」 私:「ほんまや、風が強過ぎる。 」 と、 風の力で家が揺れた。 勿論、地震のような揺れではない。 微かに揺れだ。 ヘーベルハウスでも揺れるとなると、木造住宅はどうなる?瓦の屋根はどうなる? オズの魔法使 今度は、シャッターに何かが当たる音がした。 奥さん:「シャッター大丈夫かな?割れへん?」 ガシャーン、ガシャーンと衝撃音。 そしてまた、揺れた。 これは一大事。 このままでは オズの魔法使のように、家ごと飛ばされてしまう?! 台風が去った朝、シャッターが気になり外に出た。 2階の窓なので、近くで見ることは出来ないが、大丈夫そう。 そして、何がシャッターにあたったのか探してみた。 すると、ゴミ箱のフタが2つ落ちている。 お隣さんのものだ。 気づかれないよう、お隣さんのカーポートに置いてきた。 ヘーベルハウスに住むようになって4カ月。 大地震、大雨、猛暑、台風と、 短期間で色んな事が起きた。 災害に強いヘーベルハウス。 過ぎたあとは、何もなかったよう。 どんな時も、家に守られている。 ヘーベルハウスにして良かった。 しかし、台風で揺れた。 お時間があれば、 から読んで下さい。 投稿ナビゲーション.

次の

『ヘーベルハウスで家を建てる』雨の日も、晴れの日も雨戸を閉める。ヘーベルハウスの断熱効果。

ヘーベルハウス 台風

省エネアドバイスのHEMSデータ化 2016年春仕様で導入したHEMSから、お客様のエネルギーデータをいただいています。 そのデータを活用したお客様への還元のひとつとして省エネアドバイスが挙げられます。 これは、エネルギーデータを手入力していただき、省エネアドバイスをお返しするという仕組みでした。 この仕組みをHEMSから得られるエネルギーデータも直接活用できる仕組みへと進化させました。 このような活動は、省エネ化の実現や、光熱費削減という経済的なゆとりを提供することにつながっていくものと期待しています。 住宅では住まい手が主役です。 私たちは、時代や社会の要請を先取りし、社会を構成されている住まい手に価値としてお届けし続けられるよう、これからも活動していきます。 エクステリアの満足度と相関が高い項目は「建物とエクステリアを合わせた見栄え」「街並みとの調和」といったビジュアルと「プライバシーとセキュリティー」であり、その両方を満たすためには植栽の活用が必須ということがわかりました。 具体的には植栽については70%の人がいろいろと反省しています。 「高木を植えればよかった」「プランターだらけになる(72%がプランター設置)」。 一方で「植栽の整った家はステキ」との意識は86%の人が持っています。 また、入居直後は半数が問題意識がなかったプライバシー・セキュリティーについては、入居3年以上では70%が気になっています(外構については、住んでから数年を経て気づく)。 お客様のエクステリアに対する意識は建物より薄く、知識も少ないため、設計担当の提案通りに70%が受け入れています。 一方で38%がもっと費用をかけられたと回答しており、設計からの提案が適切に行われるべきとの示唆が出ています。 これらの結果を踏まえ、エクステリアの設計を改善すべく「GDP」をキーワードとした外構提案をしていくことを計画しています。 G(グリーン):『まちもり』計画の思想を取り入れたみどりの設計 D(デザイン):建物と外構の調和と床のデザイン手法 P(プライバシー):建物内部や屋外テラスなど住人の生活を見せない工夫 これらは年次ごとの設計研修プログラムにも盛り込み、GDPを意識した外構設計を習得させるように努めています。 GDP重視の外構設計の例 点検品質の向上 認定点検技士によるきめ細かい点検 ~家は建てた後が大事なんだ~ ヘーベルハウスのロングライフプログラムに基づく定期点検は、一定の知識と技術を習得した「認定点検技士」という社内認定資格を持った点検員が行っています。 この認定点検技士制度は、3年ごとに更新試験が義務付けられており、定期的に点検員の知識や診断技術、お客様対応力を確認する仕組みになっています。 また認定点検技士を評価する指導者も、本社が行う点検技能検定士試験に合格した者に限定する徹底ぶりです。 「家は建てた後が大事なんだ」という信念のもと、質の高い定期点検を実施し、お客様の大切なヘーベルハウスの資産価値を守ってまいります。 認定点検技師の心得(抜粋)• 定期点検やアフターサービス業務を通じて、お客様の満足を「旭化成の住まい」のくらしの中で高める• 認定点検技師は旭化成の顔であることと常に認識し、自覚をもって行動する• 旭化成で定めている安全基準を遵守し、常に「安全第一」で業務を遂行する 点検を通してお客様のくらしの変化に対応 定期点検を通して、ヘーベルハウスの躯体や設備などのハード面だけでなく、ソフト部分であるお客様の生活スタイルやニーズの変化に即した対応ができることを目指し、点検員自身も新しい商品やサービスの知識習得に努めています。 例えば、点検員が実際に使用し良かったお掃除道具を、当社の通信販売に採用し、ヒット商品になった事例もあります。 お役立ちフェアの様子 住宅設備は毎年のように進化し、へーベルハウスの設備もその都度バージョンアップしています。 一方で、すでにヘーベルハウスに居住中のお客様にも、設備の更新やリフォーム等によって、省エネや、より快適なくらしなど、お客様にとって最適なご提案をすることを心がけています。 その取り組みのひとつが「お役立ちフェア」です。 お客様の建物を知り尽くした当社社員と、設備メーカー、施工店が協力し、お客様へ最新の設備を実際に触れていただきながら、最適な商品を提案するイベントです。 へーベルハウスにお住まいのお客様のニーズは、時の流れによって変化していきますが、最新の設備やテクノロジーによって対応することができます。 ご高齢になったオーナー様に、自動お掃除機構のついた最新鋭のエアコンをご提案するなど、お客様に最新技術を紹介することによって実現できる新しい快適なくらしを、これからも提案し続けます。 コールセンターの統合によるお客様対応の向上 2019年4月、当社のコールセンターである「ヘーベリアンセンター」を、これまでの全国8カ所から、新宿と名古屋の2拠点に集約化しました。 ヘーベリアンセンターを大型化することで、次のようなメリットがあると考えています。 ひとつはさらなるお客様サービスの向上です。 お問い合わせの内容が一元化されるとともに、それぞれが持っていたノウハウが集まることによって、その中のベストプラクティスが明確になり、これらを全員で共有し、お客様対応に活かすことができます。 例えば、ある担当者が蟻の大量発生のご相談に苦慮していた時に、過去に対応経験のある社員のアドバイスによってスムーズに対処できたなどです。 ふたつ目は、教育プログラムの充実です。 社員のレベルに応じた教育プログラムを作成し、専門性の向上や対応品質の向上を図ることは、大規模組織であるからこそ実現できるものです。 さらに、大型コールセンターを2カ所に設置することで、万一の災害時においても機能不全に陥ることなく、受電業務を継続することが可能になっています。 へーベル電気の余剰電力買取の概要 現在、くらしには多くの電力が必要です。 太陽光発電はこれら家庭の電力を賄うとともに、余剰電力を政府が一定期間、高価で買取る、電力固定価格買取制度(FIT)のもとに普及しましたが、今まさに終了期限を迎えるご家庭が増えています。 買取制度が終了すると、買取価格が従来よりも低下し、結果的に太陽光発電設置のメリットが減少します。 そこで、当社では電力にかかわるお客様のご心配を低減し、安心して太陽光発電を設置し、電力を低コストでご利用いただけるよう、電力の橋渡しができるサービスを展開しています。 電力供給サービスは、電力小売事業者と提携し、家族人数や月々の電気使用量にかかわらず、一律にリーズナブルとなる独自の料金プランを設定したほか、オーナー様専用サイトで月々の使用量・料金を確認できるなどの特徴があります。 2018年6月より関東・関西地区にて試験的に提供してきたものを、このたびヘーベルハウス・ヘーベルメゾンの全販売エリアに拡大し、本格展開しました。 太陽光発電は、FIT終了後もクリーンな電力の安定的な供給に寄与するだけでなく、災害時にも利用が可能であり、蓄電池などと併用することによって、有事における強靭な都市づくりに貢献する設備です。 こういった社会的なメリットのある設備を普及し、継続して利用していただけるよう、新しいサービスを開発していきます。 工場における品質管理の取り組み 旭化成ホームズグループの各工場では、ロングライフ住宅を支え、お客様に信頼いただける製品をご提供するために、さまざまな品質管理の取り組みを実施しています。 旭化成住工の取り組み 旭化成住工では、ヘーベルハウスの構造体である柱、梁、制震フレームや屋根パネル、断熱材、開口パネル、ユニット配管などの部材加工を行っています。 ISO9001に基づいて、毎年前年度の振り返りを行い、課題を明確にし、旭化成ホームズ生産技術室とその課題を共有し、今年度は以下の取り組みを行います。 これらの発生を防止するため、2016年から継続して自働化の推進をしています。 大臣認定部材である開口パネルでは、ねじの必要使用本数や締付トルクなどにIoT技術を活用して、人による判断をなくす活動を旭化成生産技術本部協力の下に導入しました。 厳しい品質を求められる溶接においては、住宅の構造上重要な梁を製造する工程に、溶接外観の判定に画像処理を導入し、本格稼働に向け現在データ収集を行っています。 今後も組立工程など、自働化によって不具合品を流出させない仕組みを展開していきます。 その中でも『非定常作業』は、トラブル対処、特注対応など、通常と異なる作業をいいます。 労働災害や品質不適合の中には、非定常作業中のものが多く含まれます。 『非定常作業』にはさまざまなケースがあるため、非定常時に必ず実施する作業ポイントを決め、確実な報告、確認等ができる仕組みを構築し、『完全品質』を目標に取り組んでいます。 旭化成建材の取り組み 旭化成建材は現在、茨城県の境工場とネオマフォーム工場、岐阜県の穂積工場、山口県の岩国工場の4工場体制でホームズ向けの外壁材・屋根・床版(へーベル)および断熱材(ネオマフォーム)の生産を行っています。 旭化成建材は旭化成ホームズの信頼と満足を高めるために、品質方針を以下のように定めています。 検査員検定の様子 へーベルハウスの品質管理は、独自の『ロングライフ住宅品質管理システム規定』(LLQCS:ロングライフクオリティーコントロールシステム)により実施されています。 これは、本社が検査の仕組みを厳格に規定し、一定の品質を確保する仕組みです。 LLQCSの仕組みでは現場での品質検査は、検査の手法や検査員のレベル向上に重きをおいています。 そのため検査手法については本社にて検査における手順と検査内容を明確に規定し、マニュアルや動画を整備することで、一連の動作の中で無理なく漏れのない検査が確実に行えるように準備しています。 特に構造上最も重要な基礎・躯体工事の品質と完成品質の検査に関しては、現場管理者に対する検査員制度を設けています。 知識の理解度を筆記試験、検査手順や動きを実地試験で厳しく評価し、その結果により検査員の資格を取得できなければ検査することができないルールとしています。 また、本社主催の入社1~2年目社員向け研修カリキュラムに検査員検定を組み入れ、全員合格するまでフォローする体制をとっています。 これらの厳格な品質管理体制の運用により、最高品質のヘーベルハウスを造り上げ、一日でも早くお客様へ快適な生活をお届けすることが私たちの使命と考えています。 施工現場における台風対策 2018年の台風24号は当社の進捗現場においてもさまざまな影響をもたらし、近隣のみなさまにもご心配をおかけしました。 気候変動が顕著になる昨今では、これまでにない大型台風などの影響を考慮し、事前対策を進めていくことが必要であると考えています。 これまでは台風発生に応じ現場ごとに対策を講じていましたが、今後は台風の想定ルートやレベルによって行う対策を明確化し、台風が去ったあとに現場をいち速く適正な状況戻すかといった、的確な対応ができるようになりました。 そのためには初動が肝心となるため、台風対策の要・不要の考え方を「風速」に対して必要な対策を打つこととしました。 具体的には「暴風域」と「強風域」で分けています。 (暴風域:風速25m以上、強風域:風速15m以上) 例えば施工現場の足場を囲っているメッシュシートに関しては、「強風域」では4隅を開放し、「暴風域」ではさらなる特別対応として全周折りたたみまで実施するというルールにしました。 仮囲いでは「強風域」の時には杭の打ち込み状況確認で堅固に固定し、「暴風域」では仮囲いを完全に外す特別対応としました。 ガイドラインでは「台風対策・復旧行動フロー」も制定しました。 フローの概略は右記の通りです。 自社専用アプリを開発し、iPadやスマートフォンを使って現場状況をタイムリーに報告することが可能です。 写真を現場で撮影して報告書に貼り付けができるので、皆が現場に行って確認できなくても対策や復旧の確認が可能です。 短時間で現場の把握が可能となりました。 そうすることで社会的責任をまっとうし、台風による「物損被害」やご近隣も含めた「第三者災害」をゼロとするのを目標に取り組みを進めていきます。 従業員の健康に関する取り組み 2018年度の当社グループの定期健康診断受診率は99. 7%となりました。 今後も全員受診を目指し、社員の健康保持や改善を推進していきます。 診断結果の特徴として、肥満、脂質異常症、糖代謝異常の上昇が挙げられます。 これらに対しては、3カ月間ウォーキングイベント(チャレンジウォーキング)を実施し、主体的な健康改善を推進しています。 2016年度からはストレスチェックを実施、開始以来、受診率は90%程度です。 希望者には産業医との面談とその後のケアも行っています。 その他、禁煙推進活動(一日禁煙デー)を実施し、喫煙率の低下を目指しています。 今後も、社員が健康でいきいきと活躍できるよう、支援していきます。 パートナー会社との協力による品質向上 住宅建築の現場では非常に多くの種類の部材を利用するため、国内外の多くのメーカーから部材調達を行っています。 国内外を問わず製造委託先の工場には、定期的に赴き、材料・生産・品質の管理状況や法令遵守の状況などを確認し、品質と安定供給の確保に努めてきました。 特に重要な部材については、原材料の調達から当社で取引先を指定し、その品質確認を行うことで品質レベルの維持・向上を果たしています。 さらに当社では、毎年実施している購買先調査の中で経営・品質・供給面について評価し、フィードバックを行うことでサプライチェーン全体の強化に取り組んできました。 また昨年度からは、取引先の開発力・提案力およびアフターサービス対応力も評価対象とし、住宅を購入いただいたお客様に対しての商品価値の向上活動も活性化させています。 輸送活動における安全・品質の取り組み 施工部材を輸送いただく物流会社とは、重要なステークホルダーとして、安全・品質の改善活動に共同して取り組んでいます。 輸送活動には積み込みや荷降ろしなどの作業があり、労働災害などの事故の防止や、配送する部材の品質を維持することに関して重要な役割を担っています。 これらの労働災害・品質事故ゼロを目標として定め、物流会社とともに安全品質向上会議を年2回開催しています。 また全国の配送拠点ごとに当社の物流部担当者も参加しての月例会議を開催して、ヒヤリハット事例の共有やリスクアセスメント等の活動を行っています。 また昨今では、夏の猛暑対策が重要な課題として上がってきており、啓発ポスターや対策品の支給などを行い、熱中症予防活動を積極的に推進しています。 最近の物流業界の問題として、ドライバー不足が深刻となっています。 そのため、優秀な人材の確保と維持を重要な課題ととらえ、輸送会社と共同して取り組んでいます。 2017年度より「優良ドライバー認定制度」を実施し、輸送業者が推薦する候補者から、「鉄骨」「ヘーベル」「開口パネル」「内装部材」の4区分ごとに、作業品質だけでなく、行動やマナーも評価対象とする検定を行い、合格者を優良ドライバーとして認定しています。 2019年度上期までの累計で700名以上が認定され、輸送品質の向上に大きく寄与いただいています。 輸送拠点で発生する廃棄物の取り組みも必須課題です。 廃棄物の不適切な処理は環境へ大きな負荷を与えます。 また排出企業は社会的責任を問われ、大きな影響を受けるおそれがあります。 そのため廃棄物管理は重要な課題と考えます。 発生を予防するため2018年度に全輸送拠点の管理体制を確認し、以降は定期パトロールを行うことで課題への取り組みを継続していきます。

次の

ヘーベルハウスは一番強いのでしょうか

ヘーベルハウス 台風

もの凄い勢いだった台風12号。 大阪はようやく通過した。 天気予報を聞いていなかったため(テレビがないのでラジオ)、寝る前は涼しくて気持ちいいと思っていた。 奥さん:「ええ風やで。 扇風機もいらんなぁ」と、のんきに窓を全開にして寝てしまった。 夜の台風12号 深夜2時頃、雨が顔にあたって目が覚めた。 かつて経験したことがないくらいの強風。 急いでシャッターと窓を閉めた。 1階はいつもシャッターを閉めているので良かったが、2階は網戸にしている。 ベランダからも強い横なぶりの雨、窓際の床はびしょびしょになった。 風と雨はどんどん強いなる。 シャッターを叩く雨音は、強風と混じって暴力的とも言えるほど。 そして、ミシミシと音がした。 奥さん:「家、揺れてない?」 私:「ほんまや、風が強過ぎる。 」 と、 風の力で家が揺れた。 勿論、地震のような揺れではない。 微かに揺れだ。 ヘーベルハウスでも揺れるとなると、木造住宅はどうなる?瓦の屋根はどうなる? オズの魔法使 今度は、シャッターに何かが当たる音がした。 奥さん:「シャッター大丈夫かな?割れへん?」 ガシャーン、ガシャーンと衝撃音。 そしてまた、揺れた。 これは一大事。 このままでは オズの魔法使のように、家ごと飛ばされてしまう?! 台風が去った朝、シャッターが気になり外に出た。 2階の窓なので、近くで見ることは出来ないが、大丈夫そう。 そして、何がシャッターにあたったのか探してみた。 すると、ゴミ箱のフタが2つ落ちている。 お隣さんのものだ。 気づかれないよう、お隣さんのカーポートに置いてきた。 ヘーベルハウスに住むようになって4カ月。 大地震、大雨、猛暑、台風と、 短期間で色んな事が起きた。 災害に強いヘーベルハウス。 過ぎたあとは、何もなかったよう。 どんな時も、家に守られている。 ヘーベルハウスにして良かった。 しかし、台風で揺れた。 お時間があれば、 から読んで下さい。 投稿ナビゲーション.

次の