うだつが上がらない。 「うだつが上がらない」の語源「うだつ」は屋根の部分の名称│街の屋根やさん所沢店

うだつが上がらない

うだつが上がらない

うだつが上がらないとは「 出世の機会に恵まれない、稼ぎが悪く金銭的に豊かでない。 または、そのように感じるようなしょぼくれた見た目をしている」という意味です。 「うだつ」は「梲」または「宇立」「卯建」と書き、日本建築の瓦屋根に取り付ける小柱のことを指します。 この「うだつ」という言葉は室町時代のころから言われるようになりました。 どういうものを「うだつ」と呼ぶのかは時代によって異なっていますが、おおよその意味としては、隣の家との境目になっていて防火壁の役割を果たすものを指します。 江戸時代になると、家に大きな「うだつ」を据え付けて派手な装飾を施すのが、その家の金銭的豊かさを示すステータスになっていきました。 つまり、「うだつの上がった家」の者は裕福な生活を送っており、そうでない家は豊かではないということになります。 ここから「うだつが上がらない」という慣用句が生まれたというわけです。 また、「うだつ」は梁と棟木の間に取り付けるのですが、この様子は「うだつが上から押さえつけられている」ように見えます。 そこから、上司に押さえつけられて出世できない様子をたとえて「うだつが上がらない」と言った、とする説もあります。

次の

うだつが上がらないの語源・由来は?意味や使い方を紹介!

うだつが上がらない

うだつが上がらないとは「 出世の機会に恵まれない、稼ぎが悪く金銭的に豊かでない。 または、そのように感じるようなしょぼくれた見た目をしている」という意味です。 「うだつ」は「梲」または「宇立」「卯建」と書き、日本建築の瓦屋根に取り付ける小柱のことを指します。 この「うだつ」という言葉は室町時代のころから言われるようになりました。 どういうものを「うだつ」と呼ぶのかは時代によって異なっていますが、おおよその意味としては、隣の家との境目になっていて防火壁の役割を果たすものを指します。 江戸時代になると、家に大きな「うだつ」を据え付けて派手な装飾を施すのが、その家の金銭的豊かさを示すステータスになっていきました。 つまり、「うだつの上がった家」の者は裕福な生活を送っており、そうでない家は豊かではないということになります。 ここから「うだつが上がらない」という慣用句が生まれたというわけです。 また、「うだつ」は梁と棟木の間に取り付けるのですが、この様子は「うだつが上から押さえつけられている」ように見えます。 そこから、上司に押さえつけられて出世できない様子をたとえて「うだつが上がらない」と言った、とする説もあります。

次の

美馬市 観光情報|うだつの町並み

うだつが上がらない

「あの人は毎日一生懸命働いているのに、うだつがあがらない」のように、なかなか出世しない、またはいい境遇に恵まれないことを表す言葉です。 この表現に含まれる「うだつ」とは、屋根の両端につけられた防火壁のこと。 平安時代までは「うだち」と呼ばれていましたが、室町時代以降はそれがなまって「うだつ」と呼ばれるようになったそうです。 江戸時代までのうだつの役割は、屋根が強風で吹き飛ぶのを防ぐことでした。 江戸時代以降になると防火壁として隣家との境に設置されるようになり、さらに装飾が施されるようになったといわれています。 豪華な装飾のうだつを設置するにはそれなりの経済力が必要だったので、家の経済力を誇示するために立派なうだつを屋根に飾る人が増えたそう。 おのずと、立派なうだつを設置できない家は、出世していないということに。 そのような様子を「うだつが上がらない」と表現したと伝えられています。 そのほかにも、梁と棟木の間にあるうだつが上から押さえつけられているように見えるからという説や、掘り井戸の土台の枠が「うだつ」と呼ばれており、常に下積みになっている様子をたとえたからという説があるそうです。 ちなみに、豪華なうだつが施された住宅が並ぶ街が、岐阜県美濃市にあります。 として有名なこの町では、当時の豪華なうだつが建ち並ぶ住宅の数々を見ながら散策を楽しむことができます。 「ありがとうございます」など、お礼や感謝へ返す言葉として、よく耳にする表現ですね。 この言葉は、江戸時代から使われているといわれています。 例えば、江戸時代の滑稽本には、お茶をすすめられた時に「どういたしまして」と答える場面があります。 これは、「どうして私のためにお茶を淹れてくださる必要があるのでしょう」と遠慮する言い回し。 現代のように、感謝に対する返事だけではなく、遠慮や謙遜の意味でも使われていたようです。 「どういたしまして」という言葉を分解してみると、「どのように」「どうして」という意味の「どう」、「する」という意味の謙譲語「いたす」、丁寧語の「ます」、反問的な意味を持つ終助詞「て」に分けることができます。 これをつなげてみると、「(私はあなたのために)何かをしたでしょうか、いえ、何もしていません」という意味の言葉に。 そして「ですから気になさらないでください」という意味も含むものとなっています。 このような謙遜した意味合いを含むのは、日本語ならではであり、日本語の美しさといえますね。 ちなみに、「どうして」という言葉は、江戸時代には現代と同じように使われていたそうです。 しかし、「どうして」のみではぞんざいな印象を与えてしまうため、丁寧な表現として「どういたして」と変化し、やがてさらに丁寧な「どういたしまして」という言葉になったと伝えられています。 今回紹介した表現は、日本独特の文化を感じられる昔の住宅や言い回しが語源となっていました。 今ではあまり見られなくなった文化や言い回しが語源であっても、言葉自体は現在も残っているもの。 今もなお使用されているのは、日本語の妙といえるかもしれませんね。

次の