くるぶし 英語。 ここ、なんて呼ぶの?

くるぶし を 英語

くるぶし 英語

アメリカを中心に用いられている靴のサイズ表示法。 足長はイギリス・サイズ同様、インチで表記。 ただ、起点となる「0」の位置がイギリス・サイズより12分の1インチだけかかとの方に寄っています。 したがって、例えばイギリス・サイズで7(インチ)の人は、アメリカ・サイズでは、それより大きなサイズ表示の靴がフィットすることになります。 足囲の表示はAAAA、AA、A、B、C、D、E、EE、EEEというように多種類あり、後者ほど幅広(4分の1インチ等差)になります。 また、日本のサイズ表示は足入れサイズですが、アメリカでは靴型の大きさを表示する靴型サイズとなっています。 アルバート・ブーツ[albert boots] この種の履きものは昔から各地にあり、今でもフランス人やオランダ人の間で履かれています。 アメリカでもビール製造業、染色工業など水を大量に使う工場の一部で使用されています。 木靴は各種あり、サボ(sabot)はオランダの木靴でしなの木、その他の軽い木のブロックをくりぬいて作られます。 クロッグ(clog)は、厚い木の底を付けた、がっしりしたシューサンダル、またはオーバーシュー。 クロムペン(klompen)は、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグなど水位の低い地方で履かれる木靴。 そして、パトン(patten)は、東洋の国々で履かれている木靴または木の底をつけた靴。 泥が足につかないよう、底の両端に高い歯がついてます。 キップ[kipskin].

次の

くるぶしの腫れ:医師が考える原因と対処法|症状辞典

くるぶし 英語

2-1.「足(の)~」という英語 「足の指」を英語で何というのか知っていますか? その他にも日本語の会話でも良く出てくる表現を英語にしていますので、参考にしてみて下さい。 また手の指は「finger」です。 足の親指は「big toe」、人差し指は「second toe」、中指は「third toe」、薬指は「fourth toe」、小指は「fifth toe(little toe)」となります。 柔道などの足技は「foot technique s 」となります。 短足(足が短い):short legs• 2-2.その他の「足」に関係する英語 体の部位で「足」に関係する英語を確認して下さい。 かかと:heel(ヒール)• ひざ:knee(ニー)• もも:thigh(サイ)• 股(股間):crotch(クロッチ) まとめクイズ:「足」の英語は「foot(feet)」と「leg」を使い分けるのがコツ! 「足が痛い」といっても、それが「foot」なのか「leg」なのか?それとも、両足の「feet」なのか「legs」なのか? たった一つの英単語を間違うだけで、相手への伝わり方が全く変わってきます。 よって、「足」の使い分けとその他の英語も覚えることで、相手が理解しやすくなります。 それでは、最後に次の問題を解いてみましょう! 【問題】• 「foot」の複数形は?• 「足が細い」と言いたい場合の「足(脚)」の英語は?• 「足のサイズ」の英語は?• 「もも」の英語は?• 「彼は短足です」の英語フレーズは? いかがでしたか? 今すぐ読んだ「足」に関する英語でも、多少はてこずりますよね。 答えを確認して、徐々にでいいのしっかりマスターしましょう! 【解答】• feet• leg s• shoe size• thigh• He has short legs. 」 あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか? また、英語をマスターした人だけが知っている 「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか? そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。 2つの資格とも一発取得です。 本来、英語は一番カンタンな言語です。 それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。 今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた 「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」を 無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。 ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。 これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。 短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。 机に30分も座れない・・・ テストは常に赤点(偏差値40)・・・ 英語とは無縁の人生だった・・・ そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、 正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。 興味がある方に、 今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。 このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

次の

くるぶし を 英語

くるぶし 英語

足を滑らせ肘を強く打って医者からは「打撲」と言われただけでは、英語での表現は一般的には bruise(ブ・ゥルーズ)としか言えません。 稀に、2番目の英訳例のような呼び方をする事もあります。 (意味は「打撲傷」です) 日本語でも本当は医学用語がたくさんあり、そのまま患者さんに伝えてもわかってもらえないため、わかりやすく説明(簡易的な説明)することが多いのですが、英語では非常に細かく分類されています。 ドクターは適切な医学用語を使い、わからなければそれは何かと絵で描いてくれたり、丁寧に説明してくれます。 個人的な事ですが、僕が手首を骨折したの時に単に wrist bone fracture(手首骨折)で終わらずに、「scaphoidが骨折してるね」というような感じでの説明でした。 もちろん scaphoidって何?でした。 辞書を持ってた訳でもなく、家に帰ってから辞書を引いても僕が持っていた辞書には載ってませんでした(笑) でも、ドクターは scaphoid がどの部分か、それがどれだけ fragile(壊れやすい・折れやすい)かも説明してくれました。 英語ではbruiseの中にsprainが入っています。 もっというとbruiseは数十種類あって、例えば MCL Tear(膝にホッチキス止めをするような内側側副靱帯切断)も日本語では「膝の打撲」と診断される事があります。 英語でも MCL Tear は bruise の部類に入ります。 また、おでこをぶつけたりして軽症の脳震盪を起こして「こぶ」が出来ても、日本では「おでこの打撲」になる場合もありますが、英語では Concussion という名称があります。 Concussion も bruise の一部です。 ただ日本でも簡易的な診断ではなくMRIなどを使って症状の名前が特定できたら、そのまま医学用語を伝えてくれるドクターもいらっしゃいます。 例えば、Factor II Deficiency も簡易的な診断では「青あざ」「または打撲でしょう」となる得る可能性がありますが、正確には「第II因子欠乏症」という名称があったりします。

次の