いたずらごころ トリック。 オーロンゲ

【ポケモン剣盾】レパルダスの育成論と対策【一瞬で相手を抜き去るダイマックス妨害猫】

いたずらごころ トリック

とくせい:「いたずらごころ」 悪タイプ以外に補助技が優先度プラス1で打てるようになる。 つまり先制技と言われる。 優先度プラス2以上の技以外全て先制で補助技が打てる。 オーロンゲは、「みがわり」「でんじは」「ひかりのかべ」「リフレクター」「ビルドアップ」など様々な変化技を覚えるため、かなり器用に立ち回ることが出来る。 すばやさが半分になるので、中速抜きエースを通しやすくなる。 「ひかりのかべ」「リフレクター」は後続積みエースのための起点作り。 壁があれば積み技も安全に積むことができる。 「みがわり」は有利対面で置いておくと、相手が交代した時に大きなアドバンテージがとれる。 他にもダイマックスの時間稼ぎに使える。 「いたずらごころ」で相手より先に「ビルドアップ」が積めるので、物理ポケモンの対面で積んでいける。 減ったHPは、「ドレインパンチ」で回復できる。 はがねタイプの「ドリュウズ」や、フェアリータイプ「ミミッキュ」などの火力の高いポケモンは受けきれない。 アーマーガアとかに任せよう。 「リフレクター」で壁張りをして「ビルドレイン」という自分の役割を遂行しても良いし、その他の補助技で後続のサポートもできる。 ちょっと役割的には中途半端で「ドリュウズ」も多いので今の環境で活躍できるのは微妙。 ダイジェットですばやさを上げる「ギャラドス」「トゲキッス」などの抜きエースにも有効。 役割遂行後は、壁を張っても良いし「でんじは」を撒いても良いし、殴っても良い。 「かみなりパンチ」は「ギャラドス」を意識して採用も有り。 技枠と相談。 「こだわり」系のアイテムと違い技を打ち分けられるのが良いところ。

次の

【ポケモン剣盾】オーロンゲの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

いたずらごころ トリック

わざ1 わざ2 わざ3,4 育成論と使い方 いたずらごころを活かして起点作り いたずらごころの効果でやどりぎやみがわり、アンコールなどを先制して起点を作る型。 削り性能も高いので、後ろの エースの火力が微妙に足りないという場合にも役立つポケモンだ。 あくタイプには変化技が効かない 注意したいのは、いたずらごころの効果によって悪タイプ相手には変化技が無効になるということ。 やどりぎは草だけでなく悪にも効かない。 あくタイプ相手にはタイプ一致のムーンフォースで弱点を突こう。 みがわりかまもるどちらかは必須 やどりぎと相性がいいみがわりかまもるの最低でもどちらか一つは欲しい。 どちらか片方を選ぶなら、 連打してダイマックスターンを枯らせる身代わりがおすすめだ。 誰を対策するのか、どう戦うのかで決めよう。 サザンドラ抜きまでS調整も選択肢 サザンドラはフェアリー4倍弱点のあくタイプなため、素早さ関係で相性が大きく変わる敵。 ただ、エルフーンはムーンフォースを持つ可能性が高いため、弱点は突かれてしまう。 ダイマックスは使わないで戦う こちらがダイマックスしてエルフーンを攻撃しようとすると、先制のみがわりでターンを消費させられる。 エルフーン相手にダイマックスを切るのは勿体無いのでやめておこう。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾】オーロンゲの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

いたずらごころ トリック

構築 一瞬でわかるこの記事のポイント ・まねっこトリルを軸にしたトリパ セキタンザンもいるよ! ・2ターン目以降のまねっこを視野に入れる為、 レパルダスより耐久で勝るチョロネコを採用 ・イエッサンが重すぎて笑った ・ランク順位5000位からランク順位3桁までは来れるぐらいの構築。 ほどほど。 構築の流れ チョロネコ採用の流れ キョダイゲンガーのダイウォールにまねっこをして滅びの歌をするパーティを知る。 流石にトリル要員がゲンガーだけだと不安なので、トリル要員兼トリルアタッカーであり第二のまねっこトリルの始動にも便利な キョダイブリムオンをまず採用。 いたずら嘘泣きが効かない悪タイプに対してブリムオン・アシレーヌ・ローブシンの3匹が弱点を突けるのが良い感じ。 最後の枠はとても悩んだ結果、 キョダイセキタンザンを採用することでゲンガーのトリルをカモフラージュすることに。 一見セキタンザンをアシレーヌで起動するパーティにも見える。 まあ普通に起動しても良いんだけど。 というわけで6匹が確定。 選出・動かし方 基本の流れ まず初手はゲンガーとチョロネコ。 相手はチョロネコの2足歩行に気を取られるので、トリルを警戒することは不可能。 チョロネコで猫騙しorうそなきをして、キョダイゲンガーで攻撃! 相手次第では嘘泣きキョダイゲンエイを繰り返すだけで勝ててしまうぐらい強力。 S関係をひっくり返したら、後は嘘泣きキョダイゲンエイで相手を攻撃しても良いし、チョロネコがイカサマをして相手を殴りに行っても良い。 トリルをした後はトリルが切れる前にさくっと相手を倒してしまおう! ちなみにゲンガーの部分をブリムオンにしてもほぼ同じ。 アクジェで起動してそのまま勝利! あれだね、イメージとしては「別に叩きメインじゃないけど一応袋叩きを持ってるエルフーンとテラキオンが同居してるパーティ」でエルテラ選出するみたいな感じ。 戦績 ランク5000ぐらいから初めてとりあえず3ケタまでは行けるぐらいな感じ。 イエッサンがとにかく重いので、そこを解決出来ればもうちょっといけたかなあと思うんだけど…。 まあ詳細は個別解説で。 ちょっと遅い代わりにフェアリーに強くて火力の高いドラパルト。 まねっこトリル警戒兼アクジェ起動セキタンザン警戒でとにかくトゲキッスが初手に出てくるので、そこを嘘泣きダイアシッドで養分にするのがとても気持ちいい ダイマックスされるとギリギリ耐えられるので注意。 素早さがなんとも微妙で、速くすれば初手の嘘泣きゲンエイで倒せる範囲が広がるものの、トリル後の動きがしづらくなる。 遅くすればトリル後の動きがしやすくなるものの、初手の嘘泣きゲンエイがしづらくなる。 ドリュウズ抜きにしてるけど、トゲキッス抜きぐらいまで落としても良かったかなあ。 キョダイゲンエイの影踏み効果は相手の補助ポケモンを縛れるといい感じなんだけど、チョロネコはエルフーンのムンフォでやられるしゲンガーはオーロンゲのイカサマでやられるし、どうにも縛って美味しい相手というのが少なかった気がする。 もしかしたら普通にダイホロウを撃たせてイカサマの火力を上げた方が良かったのかなあ。 実際の戦闘だと初手からまねっこトリルすることは少なくて、うそなきキョダイゲンエイで1匹飛ばした後、2~3ターン目でまねっこトリルをする流れが多かった。 初手以外でも起動出来るのが強いんだよねこれ 重要。 ま、二足歩行は俺の方が上手いけど。 猫には負けていられないわな 突然のイキり。 基本的には初手に出して、サポートをして退場するポケモン。 耐久種族値が 41-37-37というピカチュウ 35-40-50 と同等か、あるいはそれ以下という恐ろしい脆さ。 しかし気合の襷をゲンガーが持っているので仕方なく耐久に振って進化の輝石を持たせてみたところ、どういうわけか相手の攻撃を 毎回ちょうどよく1ターン耐えるという絶妙な耐久になってくれた。 元が低いので努力値の恩恵がすごいとはいえ、まさか ドリュウズのダイアースも普通に耐えるとは思わなかったな…。 っていうかぶっちゃけこれ以外はそこまでS下げる必要あったか…?という感じがしないでもないのだが…。 トリルをした後、レパルダスだとトリル後の行動が補助一辺倒になってしまうけれど、チョロネコであればイカサマで相手を刈り取ることが出来る。 特にゲンガーの天敵のドラパルトをイカサマでワンパン可能なのは大きい。 まあドラパルトは別にレパルダスでも下をとれるんだけど、最遅チョロネコ S63 ~最速レパルダス S173 の間には相当な数のポケモンがいるので、そいつらに上からイカサマを叩きこめるのはやっぱり強い。 遅いので猫騙しの打ち合いには弱め。 まあそんなことよりモーションがあざとすぎてヤバいので見てほしい。 この技に救われたことは何度もあるし、この技に泣かされたことも何度もある。 面白いけど癖が強すぎるんだよなこの技…。 魅せプをしようとしてまねっこを選択すると大体負ける。 あくまで基本は襷トリルor嘘泣きキョダイゲンエイで、本当に一瞬の隙を突いてまねっこトリルをするってイメージかなあ。 遅いチョロネコ・速いレパルダスを比較すると… 【遅いチョロネコ】 ・トリルをした後にイカサマを叩きこめる ・耐久がほどほどに低い 1発は耐える 【速いレパルダス】 ・悪戯心ミラーで先にまねっこを選択しやすい ・非トリル下で相手にイカサマをぶち込むのが速い ・襷がゲンガーに取られているので耐久がこころもとない キッスのWダメシャインで吹っ飛ぶレベル こんな感じ。 悪戯心ミラーで先にまねっこを撃てるのは強いんだけど、エルフーンが最速だったら結局抜けないという問題もある。 まねっこダイウォールは2ターン目以降の始動がとても強かったことを踏まえると、耐久が全くないのも考え物だなあという感じ。 なので遅いチョロネコと速いレパルダスを比較すると、チョロネコに軍配が上がるかな。 …遅いレパルダス? 【遅いレパルダス】 ・トリル下での素早さはほどほど 無振S126~最遅でS99 ・悪戯心ミラーでオーロンゲより先に猫騙しが打てて、まねっこも先に発動出来る ・耐久は輝石チョロネコ以下。 輝石チョロネコ:148-126-105 比較用のHPを揃えた耐久全振りレパルダス:148-112-94 なんとも言えない。 ドリュウズのダイアース耐えとトゲキッスのWシャイン耐えを両立出来る耐久があるのは輝石チョロネコで、出来ないけどまねっこダイウォールがオーロンゲやアシレーヌのアクジェに邪魔されないのが遅いレパルダスって感じかなあ。 …じゃあやや速いチョロネコが最高なのでは? 【やや速いチョロネコ】 ・S無振りにして性格ものんきではなくわんぱくに変更 ・オーロンゲよりも速く猫騙し・まねっこが出来る ・耐久は輝石を持つことで良い感じの固さになる これが一番いいのかもしれない。 最遅チョロネコと比較するとデメリットはS種族値60付近のS無振りポケモンにトリル下でイカサマを先に打てるかどうかだけなので。 チョロネコの嘘泣きとブリムオンの珠キョダイテンバツが組み合わさった時の威力は絶大。 ダイサイコを撃つと嘘泣きが通らなくなるという欠陥もあるのだが…。 ま、特に説明不要ですよね~みたいなノリでローブシンを入れられる環境、本当に第五世代って感じだな…。 注意点として、うるおいボイスは音技のみが対象なので、このアシレーヌがダイマックスすると ハイパーボイスがダイアタックになってしまう。 まあこの構築はキョダイゲンガーとキョダイブリムオンとキョダイセキタンザンがいるのでそこまでアシレーヌがダイマックスしないから良いかな。 ちなみにこの構築で一番種族値が高い。 それはどうなんだ…。 可哀想。 威力60の一致攻撃で戦う姿には涙を誘われる。 とてつもなくセキタンザンが刺さってそうなときに選出。 そういう時はセキタンザンが刺さっているので、活躍する。 ので、結果的に選出された時の活躍回数は一番多いかもしれない。 流石にセキタンザン浮いてない…?文化祭準備中の俺か…?という意見も出たのでセキタンザンがいないバージョンも使ってみたんだけど、結局セキタンザンを入れてる時が一番勝率がよかったんだよな…。 選出誘導など、見えないところで活躍していたのだと思われる。 配信 使って配信などしてました。 自分もコメント欄もチョロネコが攻撃を耐えるたびに困惑する配信でしたね…。 雑感 まねっこトリルが意外と実戦でも通用することがわかったのが収穫。 初手に使うイメージだったけど、2ターン目以降に使うまねっこトリルが特に強いというのは実際に使ったからわかることかもしれない。 ただ、 イエッサンがとにかく重くて、サイコフィールドで猫騙しも嘘泣きも無効化されるし、この指止まれでまねっこトリルも防がれるし、なんならアクジェ起動のセキタンザンも封じられるという地獄。 トゲキッスはまだゲンガーから打点があるからなんとかなるのだが…。 あと、当たり前のことではあるけど トリルをしないと負けるので、そのトリルの起動サポートがチョロネコしかいないのはちょっと考えなおした方が良かったかもしれない。 まねっこは本当に楽しかった。 なんか催眠術とか打てたし。 ミ・3・ミ<では! なぜかあるチョロネコの関連記事.

次の