寒咲幹 胸。 永瀬康(King & Prince)主演!映画「弱虫ペダル」胸アツな全力メイキング映像初解禁!

寒咲幹【弱虫ペダル】のプロフィール・名シーン、通販のコスプレも紹介

寒咲幹 胸

累計2500万部突破の大人気スポーツ青春漫画「弱虫ペダル」。 2008年に週刊少年チャンピオン(秋田書店)にて連載開始され、連載は今年で12年を迎え、現在までで67巻が既刊されている大人気コミックス。 アニメ、アニメ映画、舞台、小説、ドラマなど様々なコンテンツでメディアミックスされているが、満を持して初の実写映画化。 主人公・アニメ好きの高校生・小野田坂道役をKing & Prince の永瀬廉が主演を務め、坂道の良き仲間でライバル・今泉俊輔役に伊藤健太郎、自転車競技部のマネージャー・寒咲幹役に橋本環奈。 )、幹の父親役に皆川猿時と人気実力ともに急上昇中の個性豊かな俳優陣が集結した。 この度、ついに解禁となった本予告映像には、「ひとりぼっちの僕がー」との言葉とともに切ない表情をした坂道の姿から始まる。 そして、仲間と出会い、自転車との出会いによって、誰かと走る楽しさを覚え、成長していく坂道を永瀬廉が見事に演じ、俳優としての新しい一面を魅せる。 また、自分の役割を果たすため自転車で激坂を疾走する坂道や、必死で練習に励むも過去の自分に捕らわれ続け奮闘する今泉(伊藤健太郎)、「チームのために死ぬって決めたんや」と葛藤を抱えながら突き進む鳴子(坂東龍汰)など、それぞれが想いを心に秘めながらも大切な仲間のために、ゴールを目指し走り続ける雄姿には目が離せない。 苦難を乗り越えて、本気で自転車競技に挑んだキャスト達の全力疾走と仲間との熱い絆にも注目だ。 さらに、主題歌にKing & Prince の新曲『Key of Heart』が決定、本作のために書き下ろされた新曲『Key of Heart』は、さわやかで明るいメロディで聴いているだけで元気がもらえる一曲。 本曲に、永瀬は「とても良い曲で、歌っていてすごく楽しかったです!テンションが上がって、思わず口ずさんでしまう曲に仕上がったと思います。 」とコメント。 そして、「この映画は、チーム総北の皆といくつもの苦難を乗り越えながら、ロードレースの疾走感も大事にして撮影をしたので、きっとその熱量が伝わると思います。 是非劇場で青春を体験・体感して欲しいです。 」と想いを語った。 また、チーム総北集結の本ポスタービジュアルも初解禁、「青春を走れ。 希望をつなげ。 」のキャッチコピーも相まって、青春溢れる爽やかなビジュアルが完成した。 映画館での展開は、7月10日(金)より順次展開予定。 併せて、前売り券(ムビチケ)の発売も7月10日(金)に決定。 詳細は映画公式サイトをご覧いただきたい。 本作のノベライズも角川文庫より7月16日(木)に発売することが決定した。 (児童向けは、岩崎書店より発売。 ) <永瀬廉(King & Prince)コメント> ・主題歌「Key of Heart」の感想 とても良い曲で、歌っていてすごく楽しかったです!撮影のことも思い出しましたし、とにかく楽しかったので何回も歌ってしまいました。 テンションが上がって、思わず口ずさんでしまう曲に仕上がったと思います。 そして何より、「弱虫ペダル」に沿った歌詞にして頂けて感謝しています。 曲の冒頭は、僕のパートなのですが、「坂道」という歌詞が出てくるので、もし歌番組で披露させて頂く機会がありましたら、自分を指差しながら歌おうと思います(笑)。 ・撮影を終えて そこまでたくさんの経験があるわけではないのですが、今までの現場でダントツで大変でした!(笑)しかし、その大変だったことも今は良い思い出です。 チーム総北の皆といくつもの苦難を乗り越えてきましたし、とにかくロードレースの疾走感を大事にしながら撮影をしたので、きっとその熱量が伝わると思います。

次の

キンプリ永瀬がママチャリで登場 映画「弱虫ペダル」キックオフイベントを取材

寒咲幹 胸

映画『弱虫ペダル』は、渡辺航による同名のスポーツ青春漫画を原作とする作品。 永瀬は今作で、千葉から秋葉原までママチャリで通っていたアニメ好きの高校生・小野田坂道を演じる。 )、皆川猿時らも出演している。 イベントには、永瀬、伊藤、橋本、坂東、竜星、栁俊、菅原と、三木康一郎監督が登場。 永瀬は劇中で使用していたママチャリに乗り颯爽と現れ、久しぶりの愛車との再会に「撮影で使用した自転車だったので坂道に戻った気分になりました」と話した。 今作で自転車競技に初挑戦したことについて、永瀬は「やるしかないと思いました。 暑かったり、寒かったり、雨が降る中だったりとさまざまな状況での撮影は過酷でしたが、みなさんの協力で作品が完成して今は安心感があります」と回想。 1年生エースである今泉役を演じた伊藤も「体力というよりも気持ちでどれだけ行けるかという状況でした。 苦しい表情もあると思いますが、それもお芝居の域を超えたものなのでぜひ観ていただきたいです」と自信をのぞかせた。 マネージャーの幹役を演じた橋本が「近くで見ていてとても過酷だなと感じました。 本当に急な坂を上っていて、過酷すぎて胸が痛む思いをしました」と撮影中の様子を熱く語ると、三木監督は「あなたは楽しんでたよね」とカットイン。 橋本は「それは監督ですよね! みんなきつそうだよねって笑ってました」とすかさず反論し会場を沸かせた。 そんな橋本について永瀬は、「撮影現場で橋本さんが元気づけてくれて、テンションがあがりました!」と、役柄そのままに撮影現場を盛り上げた彼女の手腕を褒め称えた。 ハードな撮影について、三木監督は「最初はCGを使った撮影をしようとしたのですが、全員にやってもらおうと思い直しました」と告白。 伊藤が監督から「本気できついからマジで練習しなよ」と言われたことを話すと、永瀬は「CGという案があったことすら知らなかった」と驚きの表情を見せた。 また、イベントでは本作のコピーである「青春を走れ。 希望をつなげ。 」にちなみ、出演者が青春にまつわる裏話を披露した。 永瀬は「高校生の頃、海辺で朝まで過ごしたら雨が降ってきてレジャーシートでしのいだ」というまさに青春らしいエピソードを披露。 伊藤も「車で海に行って何もせず帰ったりしましたね」と海にまつわる思い出を続けた。 坂東から「電車通学で見かけた女性に一目ぼれし、3年間片思いしていた」という甘酸っぱい恋の話が飛び出すと、橋本は「仕事で福岡と東京を往復していて、今どっちにいるかわからなくなったりするくらい忙しかったのですが、そんなときにお弁当を作ってくれる友達がいて嬉しかった」と友情の話が。 竜星が撮影中の青春エピソードとして「3年生チームで大阪にドライブに行って同期の仲を深めた」という裏話を明かし、栁や菅原が「楽しかった」と振り返ると、坂東が「撮影中のこっちは雪降ってたんですよ!」と思わず本音を叫ぶ一幕も。 栁は自身の学生時代を振り返り、「高校がとにかく楽しくて楽しくて……。 高校時代に戻れるなら戻りたいです」と笑顔で懐かしんだ。 続けて菅原は「完成した弱虫ペダルの映像を観て、何かを育てたいと思って植物を育て始めました」と明かした。 最後に永瀬が伊藤、坂東の1年生チームで神社へ参拝したエピソードを披露。 あれは青春でした」と撮影中の思い出を笑顔で振り返った。 そして三木監督は「インターハイが中止になり悔しい思いをしている高校生もいると思います。 登場するメンバーが必死に努力している姿を見せているこの作品で、そのような高校生をはじめとして観ていただいた全ての方の背中を押す作品になったら嬉しいです」と思いの丈を打ち明けた。 イベントの最後は、永瀬が「全力で自転車に挑んで、ロードレースの疾走感を大事にしました。 青春の尊さやがんばろうという気持ちを思い出させてくれる作品になっていると思うので、みなさんぜひ観てください」と締めくくった。 shochiku. あることをきっかけに、自転車競技部に入部することになった坂道は、自転車選手としての思わぬ才能を発揮することになる。 あなたもきっと応援したくなる、誰かに想いを伝えたくなる、今年一番熱い青春ストーリー!.

次の

永瀬廉と橋本還奈の撮影での関係は?実写映画・弱虫ペダルでの共演が熱い!

寒咲幹 胸

概要 の新入生であり、と同じく高校一年。 坂道の隣のクラスの女子生徒で、総北高校自転車競技部の マネージャー。 大の自転車オタクで、海外の名レースについて友達に語る等、自転車の話になると目の色が変わる。 自転車で秋葉原までの往復90kmを通うという坂道の話を聞き、興味を持ち、坂道の自転車に改造を施したりする。 とは幼少時からの顔見知りである。 作中では、やからセクハラを受ける描写もある。 実家は自転車販売店。 彼女自身も、制服の上にエプロンを付けて店を手伝っている。 店員である兄のは総北のOBであり、金城らが一年生の時の主将。 そのため、合宿所への移動や用具の運搬を担ったり、レースの際には店の車を移動用車両として繰り出すなど、店ごと部のバックアップを行っている。 幼い頃の夢は自転車屋さん。 関連イラスト pixivision• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-17 04:01:20• 2020-07-17 04:00:03• 2020-07-17 03:56:02• 2020-07-17 03:41:14• 2020-07-17 03:39:56 新しく作成された記事• 2020-07-17 04:09:36• 2020-07-17 03:16:27• 2020-07-17 01:30:20• 2020-07-17 02:39:45• 2020-07-17 00:27:49•

次の