タラレバ 娘 シーズン 2。 東京タラレバ娘シーズン2【ACT7/令和の男】最新話あらすじネタバレ!

東京タラレバ娘シーズン2 ACT9 ネタバレと感想!|漫画市民

タラレバ 娘 シーズン 2

こんにちは~^^ 今週の土日は彼氏もおらず、一人きりの時間を過ごしています。 やはり、一緒に暮らす人がいた方が、生活リズムは整うし張りがあるな、と感じるのでこればっかりはバランスだなーとも思います^^; さて、最近はふと気が緩むと 「仕事辞めたい、仕事辞めたい、etc・・・」 となっているあたしですが、まあこれはいつものことですw ただ、最近思うのは、辞めてどうするのかっていう事。 辞めた後のセミリタイアの展望については、以前に何度も記事に書きました。 配当金収入を得たり、派遣やバイトをすることで稼ぐ…。 時間の余裕のある暮らしをする。 趣味の絵を描いたり、物語を作る。 そういった展望を持っています。 ただ、たまに思います。 「そうなったら、あたしは幸せなのか?」 そんな時に、「東京タラレバ娘 シーズン2」をLINE漫画で読みました。 このお話は、アラサーの独身女性が主人公で、結果的に婚活に突き進んでいく話が中心なのですが、その中で頻繁に出てくるのが「君の夢は何?」という言葉。 戸惑う主人公に、続けて相手は言うのです。 「例えば憧れの職業に就くとか、優しい男と結婚したいとかって夢があったとして、それをかなえたとして、その先にもうひとつ大きな夢を持たないと、人生80年だよ。 このセリフはすごく刺さったんですよね。 人生を通して持てる夢。 それって、すごく大事ですよね。 あたしも今、仕事を辞めたいってなってて(社会人なってから8割がたそう思ってる)、セミリタイア目標にしてて、その手段として投資を楽しんでて、それが叶ったら悠々自適に暮らして・・・ ただ、セミリタイアは「組織社会からの脱出」であり、投資は「安全な生活を得るための手段」なんですよね。 だから、目標ではあるけど、夢ではない。 どちらかというと、そのあとの「絵をかいたり物語を作る」ってのが夢にあたるんですよね。 あとは、夢であげるなら、幸せな家庭をつくること。 暖かい人間関係に囲まれながら過ごしたい。 これも人生を通しての夢ですね。 家庭を作ることに関しては、順調にいっていると思います。 そして、セミリタイアに関しても、このままあと10年我慢しながら働いたら、遠からずの夢ではあると思っています。 ただ、「絵をかいたり物語をつくる」っていうのは、今は特に何の努力もできてない。 文章力を鍛えるという意味では、このブログを書いてること、くらいかなあ。 昔は、できれば現実ではなく物語の世界の中で生きていきたいと思っていた。 だけど年々、その願望は薄まっているような気がします。 気力が失われてる? このまま家庭をもって、仕事に追われて、こどもができたら余計「あたしは大人」になってしまって、「小さいころの夢」を忘れていってしまうのではないか。 そのあたしが、10年後にセミリタイアして、時間を持てたとして、そこから絵や物語を書いて幸せになれるのだろうか。 最近そう思います。 芸術や音楽など、好きなことだけをして生きていくことや、やりがいを持つことは、裏を返せば、生活のリスクがつきまとうことで。 じゃあその生活のリスクをとらずに、安定を得てから、好きなことだけをする。 あたしは後者を選んで、今進もうとしているのですが、ふと思います。 その間に、好きなことが好きじゃなくなったら、興味がなくなったら、本末転倒じゃなかろうか…。 ちなみに、あたしの夢は繰り返し「絵をかいたり物語をつくること」と書いてますが、実はこれちょっと足りなくて、本当は 「絵をかいたり物語を作ることで、人を感動させること」 が小さいころからの夢だったのです。 自分自身、素敵な芸術や音楽、作品に触れた時の、あの震えるような感動や、充足感、日常の嫌なことを忘れられる時間ってのは、小さいころからの無くてはならないもので。 そういった体験を、自分の力で生み出せたら、と思っていたのです。 それを今から、ましてや40歳以降から、できるようになるのかなあ…。 本当は今すぐにでも、仕事を辞めて、アルバイトからでもそっち方面に進めればいいんだろうけど、そんな勇気はなく。 結婚したからには、自分の生活のみならず相手の生活もある。 大体、結婚式には会社の人に来てもらうし、その前に仕事辞めるなんてありえないし、今の安定した仕事を辞めるなんて、親戚も相手の親戚もがっかりするだろうし。 それに、今から子どもを設けることを考えたら、産休・育休は今の会社でとった方が経済的には絶対良い。 なんて、できな言い訳を並べて、はがゆくなった結果、ストレスとプレッシャーを最近よく感じています。 結局、何を並べたって、自分の覚悟と努力が足りないだけなんですけどね^^; 幸せって、なんなんだろう? と、最近思います。 恵まれてるとは思ってます。 素敵な恋人にも巡り合えて、結婚も予定してて。 ただ、仕事に関しては、「ここじゃないよっ」てシグナルが、もう何年も前からなり続けているような気がします。 無視し続けてるけど。 心の底から、 「あー、あたしの望んでいた人生はこれだった!」って 堂々と言える、そんな人生の最後を迎えられるような生き方をめざしたいです。 すみません、今日は支離滅裂な文章になってしまいました。

次の

東京タラレバ娘 シーズン2(1)

タラレバ 娘 シーズン 2

「タラレバばっかり言ってたらこんな歳になってしまった!」 と、恋に仕事に悪戦苦闘したあの日々から3年 2020年 夏 タラレバ娘が帰ってくる!!! 33歳になった倫子〈吉高由里子〉、香〈榮倉奈々〉、小雪〈大島優子〉の3人。 平凡だけど幸せな家庭を作る。 普通の未来。 (吉高)「私は、シーズン2とか(連ドラからの)スペシャルドラマ化っていうのを経験したことがなくて、今回が初めてなんです。 その初めての作品が東京タラレバ娘で、すごくうれしかったです」 (榮倉)「連ドラが終わったとき、3人でいつかまたやれたらいいねと、タラレバ話をしていました。 そこが視聴者の皆さんも楽しみにしてくださっているひとつだと思うのですが、3人のマシンガントークが本当にプレッシャーです」 (大島)「この3年間に、『東京タラレバ娘、観てました』とか、『すごい好きだったんです』っていう声を直接聞くことがたくさんあったので、帰ってくることが出来てとてもうれしいです。 私、このために前髪を伸ばしてたんですよ 笑。 終わってしばらく経った時に、もしかしたらスペシャルドラマがあるかも?みたいな話が出始めて。 プライベートでも会ってご飯したりして、こんなにキュッ!と仲良くなることなかったのかなって」 (吉高)「確かに!こんなに仲良くなるとは思わなかった。 終わってから3年経っても、ご飯ちょこちょこ行ったり、おうちに遊びに行ったりして。 明るく楽しいドラマを届けられるように頑張ります!」 (大島)「また3人のドタバタ劇が始まるわけなんですけれども…それぞれが、自分が追い求める『幸せ』っていうものを見つけようとあがいていますので、その姿に是非とも注目してください!」.

次の

東京タラレバ娘シーズン2【3話/思い出せない女】最新話あらすじネタバレ!

タラレバ 娘 シーズン 2

夢もなくぼんやり生きてきた過去。 忘れていた自分の夢を思い出し、夢を叶えるために婚活に励む!今回も読み終わりましたので、ネタバレしていっちゃいます。 婚活しようにも相手が選べない、ボーイズバーの『よしお』たち数人とデートして、なお一層そう強く感じた令菜。 そもそも中身が無さすぎる自分に自分自身が恋してないから…野暮な女だから…と気づき、途方にくれていた。 そんな令菜の前に現れた『よしお2号』彼には、他の『よしお』には感じない何かを感じる令菜だった、というのが、前回までの話。 短大時代の令菜。 自動車学校に通っていました。 そこで見かける男はいつもパーカーのフードをすっぽりかぶって、講義の最中寝てばかりいるような人でした。 夜のバイトでもしているのか、いつも眠そうにしていて、自動車学校にも令菜よりも前から通っているようだったけど、まで免許が取れないでいるようでした。 偶然、令菜の家の近くのカラオケ屋でバイトしている事をしり、なにげなく声をかけてみたら、彼も令菜の事を覚えていて、ドリンクをおまけしてくれたりして。 それから令菜はそのカラオケ屋に通うようになり、彼の帰りに一緒にごはんを食べたり彼の家に遊びにいったりして、なんだかんだで2年くらい付き合った末、彼が海外にいくとかゆーて自然消滅…したのだそう。 図書館に現れた、『よしお2号』パーカーのフードをすっぽりかぶった彼の姿に、昔の男を思い出していたのでした。 …つまるところ、令菜にとって、この男『よしお2号』は 非常に嫌いじゃない!!(彼の笑顔に、ドオオオオンと衝撃を受ける令菜w) 令菜のタイプ、だったようです。 森田が「2号、なんで店辞めたんだ。 店長の女を取ったって噂は本当か」と聞き、もう店にはいないのか、とがっかりする令菜。 2号は「なんですかその噂」と笑いながら言います。 「詳しく聞かせろ」と自販機コーナーに移動する3人。 飲み物を飲みながら話します。 オーナーと女取り合ったということに関しては否定、そして 「僕、全然モテないのに。 彼女だっていたことないですよ」 令菜の方を見ながら言います。 ゴクっとのどを鳴らす令菜…2号は「彼氏いますか?」と令菜に聴いてきます。 森田が「いない婚活中」と答えると、2号は笑って「はは、じゃ仲間だ」と言います。 「せっかくだから令和元年に結婚したかったけどもう間に合わなさそうだね」と軽い調子で言います。 その時2号のスマホが鳴り、「お呼びが」と立ち上がりました。 彼はWberとして働いているらしい。 「好きな時間にはたらけるんでいいっすよ」と言うと、フードをかぶり、「じゃ、良かったです、お会いできて」と二人に手を振って立ち去ろうとします。 「あっ」と立ち上がる令菜。 「LINE聞かなくていいのかレイチェル」と森田。 タイプなのか?と森田に聴かれ、タイプです、と答えた令菜、2号にLINEを聴くべく、追いかけました。 が、すでに2号は自転車にまたがり、はるか遠くにいってしまっていました。 その後ろ姿をスマホで映す令菜。 (久しぶりに食べ物以外の写真を撮った)後ろ姿も映っていない写真だったけど、別に2号が運命の人だなんておこがましいことを言うつもりはないけれど、ドキッとして、タイプだなと思って、LINE聞こうと走ると言う、動けた自分に驚き、改めて夢を持つってすごいと考える令菜…平成の自分は廃人だったと。 興奮から、森田を飲みに誘う令菜。 令菜が2号に一目ぼれしたらしいという話をよしお達にします。 特に、納得がいかない様子の店長よしお1号。 2号のどこに魅力を感じたのか、と聞きます。 令菜「何か色気がすごいなって思って…」 ないないないない…必死で否定する店長。 店長が言うには、あれはただの怠け者のダメダメ感、そして本当の色気そしてエロスは僕みたいな男にある、と力説します。 令菜に言わせると、店長のエロスは海外仕様だそうで。 とにかく、令菜にとっては他のよしおは、ハイスぺ過ぎて…2号は昔の彼に似ている事もあり同じ世界の人という気がしたんだそう。 そして、気になった彼にLINEを聴こうとガンダッシュしたそんな自分も、こうやってここにきてお酒を飲んでいる自分も好きだと嬉しそうに話します。 そんな令菜に「恋しちゃったんですか?」と語りかける、(ハイスぺな方の)よしお達。 そんな風に夜は更けていくのでした。 翌日、図書館にWberイーツの届けが! 森田が昼ご飯を頼んでいたのでした。 依頼した本人も驚くほどの速さでもってきてくれたよしお2号。 あいかわらず髪はぼさぼさでグレーのパーカーといういで立ち。 届け先が図書館だったので、森田に呼ばれたと気づき、自分から行こうとしてくれたらしい。 3人で昼を食べることに。 がっついて2号にLINEをきこうとする令菜。 森田は、がっつくならバーガーのほうにしろ、と頼んだバーガーを旨いうちに食べる事の方が大事らしい。 よしお2号はあんまりLINEとかしないから…と言いながらも、教えることは全然いいらしい。 「聞き方が無粋なんだ、恋が始まる気がしない…」と森田が言うので、焦った令菜はちがうんです、と誤魔化しながら、「とりあえず2号さんのファンとして活動をしていこうかなーなんて」焦りながら話す。 そんな令菜を見て、「はは、おもしろいな、あなた」と笑う2号に「廣田令菜です、令和の令の令菜です」と自己紹介する令菜。 「うん、覚えた。 令菜さん」という2号に令菜の胸がときめく!2号は去って行ったが、LINE交換できたこと、行動出来たことに満足し、森田に感謝して礼を言う令菜でした。 そこに、店長よしお1号の登場! 「あーんなやつのどこがいいんだか」 と言います。 店長は令菜につかつかと歩み寄り、騙されちゃだめ、あんな男に惚れたってあんたの夢は叶わない…と言います。 店長が言うには、彼には夢が無いだから彼をクビにした、のだそう。 「夢が無い…」そう繰り返す令菜。 店長は「夢が無い男を好きになったら大変だぜ」と言います。 「夢が無い男と付き合ったって何も進まない。 あいつは根を張ってない。 興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。 と思った回でした。 でも、森田も良い奴ですよね、2号に魅かれているが行動を起こせないでいる令菜に華麗なアシスト。 でも、令菜にとってそんなに2号は魅力的だったのかなーなんて。 昔の彼に似てる?ひどい形じゃなくて自然消滅で別れたから、いい思い出になっているのかな? なんで、そこまで店長が令菜に固執しているのか分かんないですけど。 ナルシスト店長は、自分以外のよしおに魅かれる女に逆に固執するのかな?俺の魅力に気づけ!みたいなね。 今後の展開予想です。 2号と出会い、自分から行動を起こせた令菜。 これからもドンドン近づいていくんだろうな…でも、2号のような人って、彼女いないとか言って、遊んでる女は切らしてないようなタイプだったりしそうなので、深入りすると痛い目に合いそうだけど…。 『家庭を作って楽しく暮らす』一番簡単なようで難しい、令菜の夢。 夢を叶えるには一人じゃかなえられないから…夢を叶える相手が、2号だったらいいな、と期待。 そううまくいかなさそうですけどね、続きが楽しみです。

次の