クララ バートン。 クララ・バートン : 赤十字の母

Top 10 Hotels Closest to Clara Barton National Historic Site in Bethesda (from ¥8,931/night)

クララ バートン

Clara Barton National Historic Site(クララ・バートン国立史跡)は、アメリカ赤十字の母の自宅兼オフィスを保存する国立史跡である。 ポトマック川川岸の高台に建つこの家は、クララ・バートンが亡くなるまでの15年間を過ごした家である。 クララ・バートンは、1821年12月25日にマサチューセッツ州のOxford(オックスフォード)の町に奴隷解放論者の両親に5番目の末っ子として生れた。 クララは、恥ずかしがりやの利発な子供で、学校には行かず、家庭で教育を受け、15歳のときから教壇に立った。 クララが11歳のときに兄が大怪我をし、2年間看病をしたのが、南北戦争前の唯一の看護経験であった。 1850年にいったん教師を辞め、1年間ニューヨークの学校で学び直した。 1852年からニュージャージーの私立学校で再び教鞭をとったが、多くの子供が学費を払えないため、学校に行けないことを知ると、無料で学ぶことができる学校を始めた。 1855年からは、ワシントンの米国特許庁で働いていたが、1861年に地元マサチューセッツの連隊に医療物資の配布を始めたのがきっかけで、翌年には軍医総監から特別の許可を得て、南北戦争に従事する兵士の看護を行うようになった。 そして兵士とともに、、、の戦場で看護活動を行った。 アンティータムでは、倒れた兵士に水を飲ませようとしたところ、銃弾がクララの裾を貫通し、助け起こした兵士が被弾して即死したという危機一髪の経験もしている。 南北戦争が終了すると、今度はジョージア州ので亡くなった身元不明の兵士の身元割り出しの作業を手伝い始め、さらにはこれを南北戦争中に行方不明となった兵士の身元の確認作業に拡大した。 南北戦争中から働きづめであったクララは、健康を害し、ヨーロッパに転地療養に赴いた。 ここでクララの運命はまた変わる。 1870年に普仏戦争が勃発し、救済活動に参加するうちに、国際赤十字に出会った。 アメリカに帰国し、さらに療養の後、健康を回復してからは、クララは赤十字の活動を米国政府に認めさせる運動を開始した。 米国政府は、南北戦争のような大きな戦争を経験したばかりであったため、戦場で中立的な立場から兵士の看護に当たる赤十字のような組織は不要であるとの立場をとった。 このため、クララの啓蒙活動は困難を極めたが、クララは赤十字のような組織があれば自然災害時の救済活動にも役に立つとの議論で米国政府を説得し、1881年にの多額の寄付をもとに、ようやくアメリカ赤十字が誕生し、クララは初代会長に就任した。 同年の9月にはミシガン州の山火事により5,00人が家を失うという災害が生じ、アメリカ赤十字は早速救済活動を始めた。 自然災害に赤十字が救済活動を行うというクララの考え方は、逆に1884年に国際赤十字に取り入れられることとなった。 1889年のペンシルベニア州のの際にも、アメリカ赤十字は救済活動に大活躍をした。 1898年には、米西戦争が勃発し、アメリカ赤十字はキューバの戦場に赴いた。 また、クララは、黒人の権利向上や女性の参政権の獲得にも力を入れた。 クララは、1904年にアメリカ赤十字会長を退くが、1905年にはNational First Aid Association of America(全国アメリカ応急手当協会)を設立し、名誉会長に就任し、応急手当法と救急箱の普及に尽力した。 現在どの過程にもある救急箱は、クララの発明によるものである。 1912年4月12日に、90歳で亡くなるまで、救済活動に力を尽くした。 クララ・バートンの邸宅は、1891年にグレンエコーを開発したボルツリー兄弟が彼女のために建てた家である。 クララは、この家を当初アメリカ赤十字の救援物資をしまっておく倉庫として使用した。 1897年に、クララはこの家に越して来て、事務室兼自宅にリフォームをした。 この家は、1904年にクララがアメリカ赤十字会長を退くまで、アメリカ赤十字の本社の機能を果たした。 クララがこの家に移り住んでからも、救援物資用の倉庫としても使用し続けたため、この家には至るところに、日本で言うところの押入れがある。 そしてあちこちの押入れに、毛布、医薬品、寝具、衣服、缶詰、金槌、釘、鍬、種子などが所狭しと詰まっていたという。 いつもスタッフやボランティアが出入りし、彼らの多くは仮設ベッドで寝泊りをしていたという。 この邸宅は、公私の区別なく、救済活動に一生を捧げた彼女の生活が見てとれる。

次の

クララ

クララ バートン

第六マサチューセッツ州はワシントンD. に到着した時、1861年に、兵士たちは、道に沿って小競り合いで自分の持ち物の多くを失っていました。 クララバートンは、この状況に対応することで、彼女の南北戦争のサービスを開始しました:彼女は、戦いの後、広く成功した宣伝、軍のための物資を提供するために働くことにしました。 彼女は、彼女は個人的に負傷し、病気の兵士に物資を分配させることに外科医-一般の話を、彼女は個人的に介護サービスを必要な一部の人の世話しました。 来年までに、彼女は将軍のサポート得ていた とジェームズワズワースを、彼女は再びも負傷看護、いくつかの戦いのサイトへの物資と一緒に旅していました。 彼女は看護師の監督になるために許可を与えました。 南北戦争を経て、クララ・バートンは、軍やを含め、いかなる公式の監督なしで、あらゆる組織の一部であるなしに働いていた 彼女は両方と密接に働いていたものの、。 彼女は他の州での戦闘で時折バージニア州とメリーランド州で主に働いていた、と。 彼女は病院や戦場で存在したときに、必要に応じて、彼女は看護をしたのに彼女の貢献は、看護師として主にありませんでした。 彼女は衛生用品のワゴンで戦場や病院に到着し、主電源配達の主催者でした。 彼女はまた、家族が自分の愛する人に何が起こったのかを知ることができるように、死者や負傷者を識別するために働きました。 連合の支持者が、負傷した兵士を提供するには、彼女は中立的な救済を提供することで両面を務めました。 彼女はとして知られるようになった「戦場の天使。 」 1869年、クララ・バートンは、彼女が1866年に設立されていたが、米国が署名していないいたジュネーブ条約、およそ初めて聞いた彼女の健康のためにヨーロッパに旅しました。 この条約はまた、バートンは最初、彼女はヨーロッパに来たときのことを聞いたものだった国際赤十字を設立しました。 赤十字のリーダーシップは、ジュネーブ条約のための米国の支援のために働いについてバートンと話を始めたが、その代わり、バートンは解放され、パリに含め、様々な会場に衛生物資を届けるために、国際赤十字と関わるようになりました。 ドイツ、バーデンに国家元首で彼女の仕事のために光栄、およびリウマチ熱と病気、クララ・バートンは1873年に米国に戻りました。 牧師ヘンリー・ベローズ 1866年に国際赤十字に関連したアメリカの組織を設立していたが、バートンは彼女の病気から回復し、彼女はジュネーブ条約の批准との確立のために働き始めた後、それだけで1871年まで生存していました米国赤十字社の関連会社。 彼女は説得 条約をサポートするために、そして彼の暗殺後、上院での条約の批准のために社長アーサーと協力し、最終的にはその時点で1882年にその承認を獲得し、米国赤十字社が正式に設立され、クララ・バートンは、最初の大統領になりました。 組織の。 彼女はマサチューセッツ州の女性の刑務所監督として機能するように1883年の短い休憩して、23年間、アメリカの赤十字を指示しました。 クララバートンは、赤十字のキャンペーンを整理するために彼女の個人的な努力を使用することに非常に成功したものの、彼女は成長していると、進行中の組織の管理ではあまり成功しました。 彼女は多くの場合、組織の執行委員会に相談せずに行動しました。 組織内のいくつかは、彼女の方法と戦ったとき、彼女は彼女の反対を取り除くためにしようと、戻って戦いました。 財務記録管理およびその他の条件についての苦情は、1900年に米国赤十字社を再添加し、改善された金融手続を主張議会に達しました。 クララバートンは最終的に1904年に米国赤十字社の社長を辞任し、彼女は別の組織を創設考えられているが、彼女はグレンエコー、メリーランド州に引退しました。 そこに彼女はグッド1912年4月12日(金曜日)に死亡しました。

次の

クララ・バートン

クララ バートン

She is perhaps not as well known, however, for her role in establishing a bureau for tracing missing soldiers following the Civil War. At the close of the Civil War, the United States did not have in place any agency responsible for accounting for what had happened to the innumerable men who had served in the military during the war, and many families had no idea as to the fate of their loved ones. Families were forced to agonize endlessly over where their loved ones were, what kind of shape they were in, whether or not they would return, and what had happened to them. Clara Barton developed a system for using print media to publish the names of soldiers known to have been wounded or killed during various battles of the Civil War. She was prepared to publish names that she herself had gathered on the battlefield as well as information gathered from others. She made numerous unsuccessful attempts to interest various government officials in her plan. However, it was not until Henry Wilson, a senator from the state of Massachusetts, took up her cause and presented her plan to President Lincorn that her plan was implemented. With Lincorn's assistance, Clara Barton was set up in a small government office with funding for a few clerks and the authority to examine military records. She and her clerks gathered and compiled information from military records and battlefield witnesses and published it in newspapers and magazines. Clara Barton operated this missing persons bureau for four years, from the end of the war in 1865 until 1869. During this period, she and her staff put out more than 100,000 printed lists, answered more than 60,000 letters, and accounted for more than 20,000 missing soldiers. 彼女の努力に、クララ・バートンは南北戦争とアメリカ赤十字を設立することにおける彼女の役割のために看護師として戦場で顔が広いです。 彼女は南北戦争に続いて、追跡の行方不明の軍人のために局を設立することにおける自分の役割でおそらくまた、しかしながら、知られていません。 南北戦争の閉鎖では、合衆国は適所でどんな政府機関も戦争の間に軍役に服していた無数の男性に起こったことのための会計に責任があるようにしませんでした、そして、多くの家族が彼らの親類の運命に関して分かりませんでした。 彼らの親類がどこにいたか、そして、彼らがどういう形でいたか、そして、彼らが戻るだろうかどうかと、何が彼らに起こったかの上で家族はやむを得ず際限なく苦脳しました。 クララ・バートンは、負傷したのが知られているか、または南北戦争の様々な戦いの間に殺された軍人の名前を発表するのに活字メディアを使用するために体系をたてました。 彼女は彼女自らが戦場で集まらせて、情報が他のものから集めた名前を発表する用意ができていました。 彼女は様々な役人の関心を持たせる頻繁な失敗の試みをプランにしました。 しかしながら、ヘンリー・ウィルソン マサチューセッツ州からの上院議員 が彼女の原因を始めて、彼女のプランをリンカーン大統領に提示したとき、彼女のプランは初めて、実行されました。 リンカーンの支援、クララ・バートンと共に、小さな政府オフィスで数人の事務員のための基金と軍歴を調べる権威に上がっているセットがいました。 彼女と彼女の事務員は、集まって、軍歴と戦場目撃者から情報をコンパイルして、新聞と雑誌でそれを発行しました。 クララ・バートンは4年間1865年の終戦から1869までこの尋ね人の局を経営していました。 この期間、彼女と彼女のスタッフは、10万以上の印刷されたリストを出して、6万個以上の手紙に返事を出して、2万人以上の行方不明の軍人の原因になりました。

次の