破戒 遊戯王。 【遊戯王:LotD】遊戯王DMのキャラ一覧(デュエリスト)・入手可能カード・ドロップ

遊戯王テーマ考察:【破械(はかい)】

破戒 遊戯王

テーマ特徴 オリジナル笑顔 テーマの特徴を挙げると以下の通りです。 恐らくはそこまでしないといけないほど危険人物という事でしょう。 顔にまで枷がつけられているあたり相当に厳重に「封印」されている事が伺えます。 ちなみに素顔はこんなに笑顔です 見た感じアルハが男でラキアが女でしょうか。 リンクモンスターである破械神アルバと破械神ラギアは 名前からするとこの2人が獣へと変身した姿でしょうか。 隣に変身前の相方がいるあたりこの2人結構仲良しみたいですね。 そしてLINK-4のライゴウが2人が合体した存在と思われます。 このフィールドの全てを破械しつくすだけだぁ! テーマの特徴の1つとして全てのカードが破壊された時に発動する効果を持っており 破壊される事で手札やデッキ、墓地などから破械モンスターを特殊召喚可能です。 恐らくは破壊される事で「枷」が解かれるといったイメージなのでしょう。 メインデッキの破械童子アルハと破械童子ラキアは自分のカードを破壊する効果を持ち、 自分のカードを積極的に破壊して効果の発動を狙っていきます。 それに加えて破械神の慟哭や破械唱導など相手のカードを破壊する手段も豊富であり とにかく自分も相手も破壊しまくるテーマとなっています。 枷から解き放たれたら最後、敵も味方もお構いなしに「破械」しつくす様は 厳重に封印がされているのも納得の凶暴さと言えるでしょう。 お前がリンク素材になるんだよ! しかしこのテーマの最大の特徴と言えるのは 「相手モンスターをリンク召喚の素材にしてしまえる事」 これに尽きます。 破械神の禍霊は自身と相手モンスターを素材にして 闇属性リンクのリンク召喚を行う効果を持っており さらにLINK-2の破械神ラギアは破壊神と好きなモンスター2体でリンク召喚が可能であり これにより破械神の禍霊がいれば好きな相手モンスターをリンク素材にしてしまえます。 さらにこの破械神ラギアも相手モンスターをリンク素材にする効果を持ち もっと言えばそれで出せる破械神アルバも相手モンスターをリンク素材にできます。 つまり上手く状況を作り出す事が出来れば破械神の禍霊1体から 相手モンスター3体を犠牲にしつつLINK-4に繋げられるわけです。 もう爆アドってレベルじゃありませんね その破械神の禍霊も最上級モンスターでこそありますが アルハやラキアでデッキから特殊召喚が可能であり 場に出すのは難しくないでしょう。 破械神の禍霊で相手モンスターを奪いつくして 破械雙王神ライゴウを始めとする闇属性リンク4に繋げるのが このテーマの黄金パターンとなってきます。 相手モンスターを融合やシンクロ、エクシーズ素材にするカードというのはありましたが とうとうそれのリンク召喚版が来たといった感じです。 笑顔の素敵な2人を駆使してデュエルを「破械」しつくしていきましょう。 その相手モンスターと自分フィールドのこのカードのみを素材として 「破械神ラギア」以外の闇属性リンクモンスター1体をリンク召喚する。 そのモンスターを手札に加える。 その相手モンスターと自分フィールドのこのカードのみを素材として 「破械神アルバ」以外の闇属性リンクモンスター1体をリンク召喚する。 そのモンスターを手札に加える。 そのカードを破壊する。 そのカードを破壊する。 そのカードを破壊する。

次の

破械呪眼

破戒 遊戯王

1 :自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊し、このカードを手札から特殊召喚する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。 2 :フィールドのこのカードが戦闘または 「破械童子アルハ」以外のカードの効果で破壊された場合に発動できる。 手札・デッキから「破械童子アルハ」以外の「破械」モンスター1体を特殊召喚する。 1 :自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 2 :フィールドのこのカードが戦闘または 「破械童子ラキア」以外のカードの効果で破壊された場合に発動できる。 手札・デッキから「破械童子ラキア」以外の「破械」モンスター1体を特殊召喚する。 1つ目の効果は自分のフィールドのカードを破壊できる効果。 2つ目の効果は同名カードの効果で以外破壊された場合に手札・デッキから 「破戒」モンスターを特殊召喚出来る効果を持っています。 「破戒」デッキの基本戦術のエンジン的役割を果たしている2体であり、破壊された時に効果を発動する 「破戒」魔法・罠カードを破壊しながら、フィールドアドバンテージを稼いで行きます。 2 :相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 その相手モンスターと自分フィールドのこのカードのみを素材として 闇属性リンクモンスター1体をリンク召喚する。 3 :フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、 「破械神の禍霊」以外の自分の墓地の「破械」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 このデッキのもう1つのキーカードです。 2つ目は相手フィールドのモンスターとこのモンスターのみを素材として闇属性リンクモンスターをリンク召喚できる効果。 3つ目はこのカードが破壊された時に墓地のこのカードと同名以外の 「破戒」モンスターを特殊召喚出来る効果です。 1つ目の効果は魔法・罠カードも含むので、後半になれば、攻撃力3000ぐらいであれば簡単にあげることが出来ます。 2つ目の効果はこのカードのメインの効果となります。 相手のモンスターをリンク素材に出来るので、無理にこのカードの1と2の効果を使う必要は無く、むしろ2つ目の効果をメインで使っていく形になります。 基本的に 「破戒」魔法・罠カードの破壊された時に発動出来る、リクルート効果でこのカードを特殊召喚する形になります。 「怪獣」モンスター 「破戒神の禍魂」で相手のモンスターをリンク素材に出来るので、破壊以外の除去手段は存在するものの、 「破戒神の禍魂」がフィールドに出せない場合、破壊耐性のあるモンスターが相手フィールドの場に存在すると、苦戦を強いられます。 「怪獣」モンスターであれば、妨害されにくく、破壊以外の除去が行える上に、相手の場に特殊召喚された 「怪獣」は 「破戒神の禍魂」などでリンク素材に出来るので、高相性です。 また 「多次元壊獣ラディアン」は 「破戒童子」の制約に引っかからない点もポイントです。 1 :「破械雙王神ライゴウ」以外のカードの効果でフィールドのカードが破壊された場合、 フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 2 :このカード以外のモンスターが戦闘で破壊された時、 フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 3 :自分・相手のエンドフェイズにフィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 リンク4 「破戒」モンスターで、このデッキのエースモンスターとなります。 1つ目の効果はこのカードと同名以外のフィールドのカードが破壊された時にフィールドのかーを対象に破壊できる効果。 2つ目はこのカード以外が戦闘で破壊された時に、フィールドのカードを破壊できる効果。 3つ目が自分・相手のエンドフェイズにフィールドのカード1枚を対象として発動しそのカードを破壊する、効果を持ちます。 召喚条件にリンクモンスターを含むので、 「破戒神」リンクモンスターの経由や相手のリンクモンスターを利用してこのカードをリンク召喚します。 全ての効果が破壊関連の効果となっており、非常に除去能力が高いモンスターである上に、 「破戒」は破壊効果に特化しているので、このカードの効果で、相手の場を大幅に削ることも可能です。 自分の 「破戒」魔法・罠カードを破壊し、フィールドに 「破戒」モンスターを展開していくと言った動きも良いでしょう。 1 :相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 その相手モンスターと自分フィールドのこのカードのみを素材として 「破械神アルバ」以外の闇属性リンクモンスター1体をリンク召喚する。 2 :フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、 「破械神アルバ」以外の自分の墓地の悪魔族モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。 1 :相手メインフェイズに、相手フィールドの特殊召喚された 表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 その相手モンスターと自分フィールドのこのカードのみを素材として 「破械神ラギア」以外の闇属性リンクモンスター1体をリンク召喚する。 2 :フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、 「破械神ラギア」以外の自分の墓地の悪魔族モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。 「破戒」リンクモンスターで1つ目の効果は相手モンスターを対象に、このカードと同名以外の闇属性リンクモンスターをリンク召喚出来る効果。 2つ目はこのカードが破壊された場合に、このカードと同名カード以外の悪魔族を墓地から手札に加える事が出来る効果です。 相手ターンメインフェイズで効果を発動出来るので、この効果を使い相手の、行動を阻害していきます。 各「破戒」魔法・罠カード 破械雙極 通常罠 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :自分の手札・墓地から「破械」モンスター1体を選んで特殊召喚する。 2 :セットされたこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。 デッキから「破械」モンスター1体を特殊召喚する。 「破戒」魔法・罠カードの2つ目の効果は、固有効果となり、 「破戒」カードの効果で破壊することで、デッキから 「破戒」モンスターを特殊召喚する事が出来ます。 固有の効果と共通効果の2つがありますが、状況に応じて、使い分けたり、ブラフとして伏せて置くのも良いでしょう。 補給部隊 1ターンに1度自分のモンスターが戦闘、効果で破壊された時に、自分のデッキから1枚ドローする事が出来ます。 「破戒」とは非常に相性が良く、このカードを複数枚並べれば、毎ターン複数枚ドローする事も可能です。 スポンサーリンク 「破戒」デッキの回し方 「破戒童子」モンスターで 「破戒」魔法・罠カードを破壊し、 「破戒神の禍魂」を特殊召喚し、相手モンスターをリンク素材にしたり、 「破戒」カードで、相手のカードを破壊し、アドバンテージの差で押し切るテーマとなっております。 また 「破戒」リンクモンスター以外にも闇属性リンクモンスターを採用しているので、そちらも状況に合わせて、リンク召喚すると良いでしょう。 「破戒」デッキを改造するなら? 破壊された時に効果が発動するカードや墓地でも効果が発動出来るカードを採用するも良いでしょう。 また闇属性リンクモンスターは、他にも強力なモンスターが多いので、そちらを採用してみると、対応力が上がるかと思います。 またこちらでは別途「破戒」テーマについての紹介を行なっております! デッキを組む際にこちらも是非参考にしていただけたらと思います! 登録していただけると最新情報がいち早く手に入ったり、LINEでしか聞けない情報が手にはいつかも!! そしてLINEアット登録者様限定で「こんな記事があったら嬉しい」という声や「こんな記事を書いてくれ!」と言う声を送って頂ければ、内容次第では記事になるかも知れません!! 例「現在の「シーラカンス」を使ったデッキを紹介して!」 「昔のカードの考察をして欲しい!」 「遊戯王のこのネタについて記事にして!」 と言う声を気軽に送ってください!! こちらの企画はLINEアット登録者様限定で行なっていくつもりなので、その様な要望がある方は是非是非登録よろしくお願いします! 最近の投稿• 今週の人気記事一覧!!•

次の

【悲報】遊戯王の大会必須戦術トップ10、糞過ぎるwwwwww

破戒 遊戯王

遊戯王ライターの11番です。 【破械】デッキ のカード効果・デッキレシピ・回し方・相性の良いカードなどをまとめていきます。 「破械(はかい)」は、 「」で登場する、悪魔族で統一されたリンク召喚テーマです。 自分のフィールドのカードを破壊して展開する効果と、相手のモンスターを素材にリンク召喚を行う効果が特徴です。 このページでは、「破械」のカード効果、大会優勝デッキレシピを紹介し、【破械】デッキの動かし方・回し方や、 相性の良いカードをまとめて解説しました。 このページを読めば、【破械】デッキがどんなデッキで、どのようにデッキを組めばいいのか、どのように強化・改造すればいいのかがわかります。 【破械】デッキを作ろうとしている方は、ぜひデッキ構築の参考にしてください。 ご参加お待ちしております! — ホビーステーション仙台駅前店 HBSTsendai 「破械(はかい)」とは まずは、 「破械(はかい)」がどんなテーマで、どんな効果のカードがあるのか簡単に紹介します。 「破械」は、「」で登場する、悪魔族で統一されたリンク召喚テーマです。 メインデッキに入る「破械」モンスターは、自分フィールドのカードを破壊する効果を持ち、さらに破壊されることで効果を発動します。 また、リンクモンスターは、相手ターンに相手モンスターと自身を素材にリンク召喚をする効果を持ちます。 「破械」の魔法・罠カードは以下の共通効果を持っており、自身のフィールドのカードを破壊するカードと組み合わせることで展開する戦術を得意とします。 セットされたこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。 デッキから「破械」モンスター1体を特殊召喚する。 最終的には、《破械雙王神ライゴウ》で相手盤面を大量破壊し、勝利します。 「破械」カードの画像・効果 「破械」に関連するモンスター・魔法・罠カードの効果を以下にまとめました。 1 :自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊し、このカードを手札から特殊召喚する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。 2 :フィールドのこのカードが戦闘または 「破械童子アルハ」以外のカードの効果で破壊された場合に発動できる。 手札・デッキから「破械童子アルハ」以外の「破械」モンスター1体を特殊召喚する。 1 :自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 2 :フィールドのこのカードが戦闘または 「破械童子ラキア」以外のカードの効果で破壊された場合に発動できる。 手札・デッキから「破械童子ラキア」以外の「破械」モンスター1体を特殊召喚する。 2 :相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 その相手モンスターと自分フィールドのこのカードのみを素材として 闇属性リンクモンスター1体をリンク召喚する。 3 :フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、 「破械神の禍霊」以外の自分の墓地の「破械」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 1 :相手メインフェイズに、相手フィールドの特殊召喚された 表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 その相手モンスターと自分フィールドのこのカードのみを素材として 「破械神ラギア」以外の闇属性リンクモンスター1体をリンク召喚する。 2 :フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、 「破械神ラギア」以外の自分の墓地の悪魔族モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。 1 :相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 その相手モンスターと自分フィールドのこのカードのみを素材として 「破械神アルバ」以外の闇属性リンクモンスター1体をリンク召喚する。 2 :フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、 「破械神アルバ」以外の自分の墓地の悪魔族モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。 1 :「破械雙王神ライゴウ」以外のカードの効果でフィールドのカードが破壊された場合、 フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 2 :このカード以外のモンスターが戦闘で破壊された時、 フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 3 :自分・相手のエンドフェイズにフィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 《雙王の械(そうおうのかせ)》 通常魔法 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :デッキから「破械」カード1枚を手札に加える。 2 :セットされたこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。 デッキから「破械」モンスター1体を特殊召喚する。 《破械神の慟哭(はかいしんのどうこく)》 永続魔法 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :自分が「破械」リンクモンスターのリンク召喚に成功した場合、 フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 2 :セットされたこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。 デッキから「破械」モンスター1体を特殊召喚する。 《破械唱導(はかいしょうどう)》 通常罠 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :自分フィールドの「破械」モンスター1体とフィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカード2枚を破壊する。 2 :セットされたこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。 デッキから「破械」モンスター1体を特殊召喚する。 《破械雙極(はかいそうきょく)》 通常罠 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :自分の手札・墓地から「破械」モンスター1体を選んで特殊召喚する。 2 :セットされたこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。 デッキから「破械」モンスター1体を特殊召喚する。 《破械童子アルハ》3• 《破械童子ラキア》3• 《破械神の禍霊》2• 《多次元壊獣ラディアン》2• 《魔界発現世行きデスガイド》1• 《クリッター》1• 《増殖するG》3• 《灰流うらら》2• 《雙王の械》3• 《破壊神の慟哭》3• 《補給部隊》2• 《ブラック・ホール》1• 《死者蘇生》1• 《破械唱導》3• 《破械雙極》3• 《無限泡影》2• 《神風のバリアーエアーフォース-》1 【エクストラデッキ】(15枚)• 《破械神ラギア》3• 《破械神アルバ》3• 《破械雙王神ライゴウ》3• 《ヴァレルロード・ドラゴン》1• 《見習い魔嬢》1• 《ヴァレルソード・ドラゴン》1• 《トロイメア・ユニコーン》1• 《トポロジック・トゥリスバエナ》1• この効果の発動後、ターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。 そのカードを破壊する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 手札・デッキから「破械童子ラキア」以外の「破械」モンスター1体を特殊召喚する。 デッキから「破械」モンスター1体を特殊召喚する。 そのカードを破壊し、このカードを手札から特殊召喚する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。 手札・デッキから「破械童子アルハ」以外の「破械」モンスター1体を特殊召喚する。 《破械童子アルハ》は、自分フィールドのカードを破壊しながら特殊召喚する効果を持つ「破械」モンスターです。 手札から破壊効果を使えるので、非常に優秀なカードです。 破壊されてもリクルート効果を発動できるため、初手に引き込みたいです。 《破械童子アルハ》と何かモンスターを合わせることで、リンクモンスターの展開を狙っていきましょう。 そのカードを破壊する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 手札・デッキから「破械童子ラキア」以外の「破械」モンスター1体を特殊召喚する。 《破械童子ラキア》は、自分フィールドのカードを破壊する効果を持つ「破械」モンスターです。 《破械童子アルハ》と違い手札から発動し特殊召喚する効果は持ちませんが、相手ターンでも発動できるという特徴があります。 相手ターンにリクルートして、エンドフェイズに自分の「破械」魔法・罠カードに繋げられます。 《破械童子ラキア》と「破械」魔法・罠カード1枚さえあればリンク2に繋げられるので、非常に安定感のあるデッキにできそうです。 その相手モンスターと自分フィールドのこのカードのみを素材として 「破械神ラギア」以外の闇属性リンクモンスター1体をリンク召喚する。 そのモンスターを手札に加える。 そのカードを破壊する。 デッキから「破械」モンスター1体を特殊召喚する。 そのカード2枚を破壊する。 デッキから「破械」モンスター1体を特殊召喚する。 その相手モンスターと自分フィールドのこのカードのみを素材として 「破械神ラギア」以外の闇属性リンクモンスター1体をリンク召喚する。 そのモンスターを手札に加える。 《破壊神ラギア》は、相手メインフェイズに、相手フィールドの特殊召喚されたモンスターと自身の2体でリンク召喚できる効果を持つ、「破械」リンクモンスターです。 基本はこのカードを立て、相手が展開してきたらリンク3に繋げながら妨害していくのが理想です。 破壊されても墓地の悪魔族モンスターを回収できるので、「破械」モンスターだけでなく使いやすい悪魔族モンスターを採用していくと良いでしょう。 そのカードを破壊する。 デッキから「破械」モンスター1体を特殊召喚する。 《破壊神の慟哭》は、リンク召喚に成功するとフィールドのカード1枚を対象として破壊できる「破械」永続魔法カードです。 【破械】デッキでは、相手ターンにリンク召喚しながら妨害していくのが特徴のテーマのため、自分のターンと相手ターンを合わせて効果の起動を狙い、相手の盤面を崩壊させましょう。 また、共通効果である破壊された時に効果も状況に応じて積極的に狙っていきたいです。 そのカード2枚を破壊する。 デッキから「破械」モンスター1体を特殊召喚する。 《破械唱導》は、自分フィールドの「破械」モンスター1体とフィールドのカード1枚の合計2枚を破壊できる「破械」罠カードです。 「破械」モンスターは破壊された場合の効果を持っているため、実質ノーコストフリーチェーンで1枚破壊できます。 【破械】デッキの非常に強力な罠カードです。 そのカードを破壊する。 そのカードを破壊する。 そのカードを破壊する• その相手モンスターと自分フィールドのこのカードのみを素材として 「破械神アルバ」以外の闇属性リンクモンスター1体をリンク召喚する。 そのモンスターを手札に加える• そのカードを破壊する。 そのカードを破壊する。 そのカードを破壊する。 《破械雙王神ライゴウ》は、相手のフィールドのカードを破壊する効果を3種類持つ「破械」リンク4モンスター です。 1つ目の効果は、《破械雙王神ライゴウ》以外の効果でフィールドのカードが破壊された場合、フィールドのカード1枚を対象として破壊ができます。 「破械」カードだけでなく、《サイクロン》や、相手の《ペンデュラム・マジシャン》などにも誘発して効果が発動するため、相手のカードを破壊できる回数は非常に多くなります。 2つ目の効果は自身以外が戦闘で破壊された時にフィールドのカード1枚を対象に破壊できる効果です。 この効果があるので、他のモンスターを実質攻撃対象には選べなくなります。 3つ目の効果は自分・相手のエンドフェイズにフィールドのカード1枚を破壊する効果です。 このカードがフィールドに残り続ける限り相手フィールドのカードをどんどん破壊できます。 相手モンスターを素材にリンク召喚する効果があるので、リンク2、3、4と相手フィールドにモンスターが出ていれば続けてリンク召喚を狙いやすいでしょう。 その相手モンスターと自分フィールドのこのカードのみを素材として 「破械神アルバ」以外の闇属性リンクモンスター1体をリンク召喚する。 そのモンスターを手札に加える。 《破械神アルバ》は、相手フィールドの表側表示モンスターと自身を素材にリンク召喚できる効果を持つ「破械」リンク3モンスターです。 《破械神ラギア》との違いは、対象に取るモンスターが特殊召喚されてなくても構わない代わりに、起動効果となってます。 そのため、 相手ターンに発動ができません。 理想の展開は、《破械神ラギア》効果で《破械神アルバ》をリンク召喚し、ターンが返ってきたら《破械神アルバ》効果で《破械雙王神ライゴウ》に繋げていく流れです。 《破械神アルバ》は破壊されても墓地の悪魔族モンスターを回収できるため、相手の手札を消耗させて、こちらは後続を準備できるのも強みです。 デッキから「破械」モンスター1体を特殊召喚する。 《破械雙極》は、手札・墓地から「破械」モンスター1体を特殊召喚できる「破械」罠カードです。 一度正規召喚したリンクモンスターも蘇生できるので、大型リンクモンスターをしつこく展開して盤面制圧を狙っていきましょう。 相手メインフェイズに墓地から《破械神ラギア》を特殊召喚して、不意打ちで相手の特殊召喚モンスターをリンク素材にするといった動きも可能です。 《トーチ・ゴーレム》 …相性の良いポイント:展開後も《トーチ・ゴーレム》を素材にリンク召喚できる• 《多次元壊獣ラディアン》 …相性の良いポイント:対象耐性や破壊耐性モンスターの突破ができる。 「破械」リンク2・3は悪魔族回収効果もあるため再利用可能• 《補給部隊》 …相性の良いポイント:破壊を軸に動くのでドローが可能• 《妨げられた壊獣の眠り》 …相性の良いポイント:一層しながら展開。 相手の場の壊獣もリンク素材にできる• 《神風のバリア -エア・フォース-》 …相性の良いポイント:相手はバックを割りにくい。 「壊獣」 …相性の良いポイント:相手の厄介なモンスターを問答無用で除去できる。 壊獣はリンク素材にできる• 自分フィールドに「トーチトークン」(悪魔族・闇・星1・攻/守0)2体を 攻撃表示で特殊召喚する事によって相手フィールドに特殊召喚できる。 このカードを特殊召喚するターン、自分は通常召喚できない。 《トーチ・ゴーレム》は、トークンを生み出せる悪魔族モンスター です。 1枚で《鎖蛇龍-スカルデット-》のリンク召喚に繋げることができ、非常にパワーのあるカードです。 相手フィールドに残った《トーチ・ゴーレム》は、《破械神の禍霊》によってリンク召喚すれば綺麗に処理できます。 2 :相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、 このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。 3 :「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。 4 :1ターンに1度、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。 自分フィールドに「ラディアントークン」(悪魔族・闇・星7・攻2800/守0)1体を特殊召喚する。 このトークンはS素材にできない。 《多次元壊獣ラディアン》は、相手モンスターをリリースして特殊召喚ができる悪魔族モンスターです。 対象耐性や破壊耐性、強力な制圧効果持ちのモンスターでも問答無用で除去できます。 「破械」リンク2・3のモンスターは破壊されると墓地から悪魔族を回収する効果を持つので、《多次元壊獣ラディアン》を再利用ができます。 《多次元壊獣ラディアン》は悪魔族であるため、「破械」下級モンスターの特殊召喚制限に引っかからないのもポイントです。 Amazonの情報を掲載しています 《妨げられた壊獣の眠り》 通常魔法(制限カード) 「妨げられた壊獣の眠り」は1ターンに1枚しか発動できない。 1 :フィールドのモンスターを全て破壊する。 その後、デッキからカード名が異なる「壊獣」モンスターを 自分・相手のフィールドに1体ずつ攻撃表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは表示形式を変更できず、 攻撃可能な場合は攻撃しなければならない。 2 :墓地のこのカードを除外して発動できる。 デッキから「壊獣」モンスター1体を手札に加える。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。 《妨げられた壊獣の眠り》は、フィールドのモンスターを全て破壊し、デッキからカード名が異なる「壊獣」モンスターをお互いのフィールドに特殊召喚する魔法カードです。 「破械」モンスターのリクルート効果を狙いつつフィールドを一掃できます。 相手のフィールドに特殊召喚されたモンスターは、「破械」リンクモンスターのリンク素材にしてしまえば問題ありません。 Amazonの情報を掲載しています 《神風のバリア -エア・フォース-》 通常罠 1 :相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て持ち主の手札に戻す。 《神風のバリア -エア・フォース-》は、相手の攻撃宣言時に発動できる罠カードで、相手の攻撃表示モンスターを全て手札に戻せるカードです。 【破械】デッキを相手にした場合、相手の魔法・罠ゾーンのセットカードを破壊するとはあまり考えづらいです。 なので、強力な攻撃反応罠カードとの相性は良さそうです。 《神風のバリア -エア・フォース-》なら破壊耐性や対象耐性を持つ苦手なモンスターも除去できますし、対応しきれないほど大量展開された場合でもリセットできます。 Amazonの情報を掲載しています 相性の良いおすすめテーマ 「壊獣」 「壊獣」は、「EXTRA PACK 2016」でカテゴリ化されたテーマで、相手モンスターをリリースして展開できるテーマです。 【破械】デッキは、破壊耐性や対象耐性を持つモンスターが苦手です。 そういったモンスターが環境に多くいる場合は特に「壊獣」の強みが光るでしょう。 相手のフィールドに展開した「壊獣」モンスターも、「破械」リンクモンスターのリンク素材にすることで簡単に処理できます。 《呪眼の死徒 サリエル》で相手の特殊召喚されたモンスターをフリーチェーンで破壊できるのが強みですが、デメリットとして次のスタンバイフェイズに自分フィールドのカードを破壊する必要があります。 「呪眼」のデメリット効果で「破械」魔法・罠カードを破壊すれば、展開に繋げられます。 「破械」リンクモンスターは悪魔族を回収する効果も持つので、《呪眼の死徒 サリエル》を再利用できるのも強みです。 自分で情報を調べる必要がないので、とってもラクチンですよ。 今だけ参加特典として、 きりぶろLINE限定情報をプレゼント中。 すでに 6,000人以上のデュエリストが参加しています。 【破械】デッキはワンキルや1ターンでの爆発的な展開力はないものの、使いやすく高性能なカードが多く、じわじわとアドバンテージ差をつけられるテーマです。 デッキの自由度も高く、様々なデッキ構築が思い浮かぶような良いテーマですね。

次の