アジ演説。 全共闘/恥知らずな輩 【賢者の説得力】

アジってみたい(学生運動の演説をしたい)

アジ演説

普通、扇動 せんどう と訳されているが、プロパガンダpropaganda(宣伝)と並んで、最近ではそのまま使われることが多い。 アジという省略形で用いられることもあり、「アジ演説」「アジビラ」などがその例である。 一定の政治目的をもって大衆に対して情緒的に訴えかけ、あおりたて興奮させることによって、大衆の思想と行動を自己の思いどおりの方向へと操作すること。 あるいは、大衆を興奮させ行動へと駆りたてる技術そのものをさす場合もある。 大衆に対してそうした働きかけをするものをアジテーター(扇動家)という。 アジテーション(扇動)はプロパガンダと区別されることもあり、同じ意味、ないしはプロパガンダの一部として理解されることもある。 あるいはこの両者を結び付けてアジプロとかアジトプロップと表現されることもある。 後者はとくに、1920年9月にロシア共産党中央委員会書記局の一部局として設立された扇動宣伝部をさすのに用いられる。 それ以後、部局の名称は変わっても、大衆をイデオロギー的に方向づけ、条件づけるための諸活動という働きの面は、依然この語でよばれ、重要視されてきた。 そうした活動はしばしば、具体的なテーマを掲げるイデオロギー・キャンペーンとして展開されることがある(たとえば「修正主義反対」「反帝反封建」「覇権主義反対」「百花斉放・百家争鳴」など)。 ところでアジテーションは、情緒に訴え大衆を興奮させるように仕向けるものであるから、直接大衆に話しかける方法が有効である。 書かれた文字や印刷された文書よりも、演説が重要視され、大衆を興奮状態へと導く舞台装置や演出がたいせつとなる。 今日ではラジオやテレビが扇動家の演説や大衆の興奮状態をそのまま全国あるいは全世界に伝えることができるから、扇動の技術はますます強力となり、扇動と宣伝の区別は不分明となりつつある。 レーニンは、アジテーションを大衆向け、プロパガンダをインテリ向けとして区別し、前者にはスローガンなど単純なもので訴え、後者には学問的な教化が適当とみた。 しかし両者はともに政治闘争に不可欠の戦略であるとした。 ヒトラーにとっては、宣伝は「大衆に対してだけ向けられる」もの、そして「その内容において科学とはまったく縁遠いもの」であったから、宣伝はとりもなおさず扇動にほかならず、しかも扇動は原始的であることがよいとされた。 最近の情報技術の発達とともに、アジテーションは従来と異なる形をとりつつあることに注意しなければならない。 人々が意識しないような深層心理への訴えかけがなされ、アジテーターは「隠れた説得者」として大衆の前には姿を現さないかもしれないが、大衆は興奮し、ある行動へと駆りたてられるという可能性が増大している。 [飯坂良明].

次の

全共闘/恥知らずな輩 【賢者の説得力】

アジ演説

『希代のアナーキスト、トマス・ペイン』 私が驚いたのは、作者のトマス・ペインが、この本を出版するわずか数年前にアメリカにやって来た、生粋の英国人であるという事だ。 アメリカ生まれのアメリカ人が独立を主張するならまだ分かる。 本書を貫く徹底した英国への憎しみは、半端ではない。 彼は生粋のアナーキストなのだ。 『希代のグローバリスト、トマス・ペイン』 彼は英国では職を転々とし破産状態で渡米する。 米国が独立を果たした後はイギリスに戻り、次にフランス革命が起きるとそれに熱狂し渡仏するが、危うくギロチン台に送られそうになり偶然に命拾いする。 最後は米国に戻りNYで寂しく生涯を閉じるという、正に国境にこだわる時代は終わった、と云わんばかりのグローバリストである。 『いつやるの?今でしょう!』 この完訳の面白いところは、佐藤健志氏の超訳にある。 「清水の舞台から飛び降りる」や「鬼に金棒」など、まだ可愛い方だ。 「やられたら、やり返す!倍返しだ!!」とか「偽装転向・・・・」や「いつやるの?今でしょう!」まで飛び出す始末である。 『英国VSアメリカ=米国VS日本』 しかし佐藤氏の狙いはこうだろう。 現代日本に溢れ返る表現を敢えて用いる事で、まるで平成の世に出た、民衆への独立への決起を促す檄文、として捉えられるのを期待したのである。 つまり本書のイギリスが現代のアメリカであり、本書の独立前の米国が、現代の日本として描かれているのだ。 『植民地アメリカ=戦後日本』 独立当時のアメリカは東部13州の植民地であり、現代の50州の超大国の姿とは異なる。 しかし南北に細長く大西洋を介してイギリスと介する当時のアメリカの姿は、今日の太平洋を介した日米関係と瓜二つに感じられる。 『親米保守=親英アメリカ人』 この著作の中でコケにされているのは、親英アメリカ人である。 彼らの姿は、何から何まで平成日本の親米保守派とそっくりなのだ。 やれイギリスは偉大な大国だから、それに付き従っていれば安泰だとか、英国議会にも新米派の議員がいるとか、最近の日本でもよく聞く話ばかりである。 当時はアメリカもイギリスの一部だから当然であるが、それに比べると日本の親米保守の情けなさが際立つ。 『ジョージ三世=安倍総理』 ここで気になるのは、当時のアメリカ人の英国王ジョージ三世に対するイメージが、今日の日本における安倍総理のイメージと重なるのである。 ジョージ三世は悪くない、周りの取り巻きの大臣が悪いとか、安倍政権の政策には反対するが、安倍総理は絶対支持!なんてやっている、日本の保守論壇そのもの雰囲気と重なるのだ。 本書は安倍ポリアンナ症候群の患者達を、トマス・ペインが論破しているようにも読める。 『アメリカという名の新興宗教』 本書を貫く柱のひとつにキリスト教原理主義がある。 旧大陸では各宗派に分かれて血なまぐさい争いが絶えなかったキリスト教に対して、各宗派の争いを根絶して、本来のキリスト教に帰ろうという姿勢を非常に強く感じる。 国際社会における米国のはた迷惑な理想主義の原点が、キリスト教原理主義なのだ。 『アメリカという名のアナーキズム』 そしてもう一つが徹底したアナーキズムである。 私が本書で、気になったのは、社会と政府を分離している点である。 王様は悪い事をするヤツだから政府はいらない!でも我々が生きて行く為の社会は必要、という考えなのである。 これは日本のような自然国家とは全く相容れない思想だろう。 『結局は税金が払うのが嫌なヤツら』 私は、米国の本質は、英国の重税に怒った植民地の住民が起こした暴動から派生した反税国家だと考えている。 結局、彼らには税金を払うのが嫌という以外、何も大義が無いのだ。 それに対しトマス・ペインは、宗派ごとに対立していたキリスト教の統合という大義を与えたのだと思う。 アナーキズムと宗教原理主義の統合でもある。 『佐藤健志のアジ演説』 しかしながら、本書の本質は、別のところにある。 戦後日本の対米従属に対する姿勢に対する、佐藤健志のアジ演説そのものなのだ。 トマス・ペインの語り口は、そのまま現代日本の保守も左翼もひっくるめて攻撃の対象となっている。 特に、第五章のクェーカー教徒のパンフレット部分は、憲法九条を後生大事に奉っているサヨクをやり玉に上げているように感じられる。 『トマス・ペイン守護霊かく語りき』 いわば、本書は、某宗教団体の教祖がよくやる守護霊に色々語らせる例の手法を用いた、徹底的な佐藤健志による戦後体制に対する批判なのである。 戦後日本はアメリカの植民地に過ぎず、独立する実力と環境が整っていながら、保守も左翼も怖じ気づいて言い訳ばかりしている様をあざ笑っているのだ。 佐藤健志の挑発にこれから我々が、どのように応えるか各人の覚悟が求められている。 (了).

次の

もし左翼がカップ焼きそばの作り方のアジ演説をしたら

アジ演説

一方、あれほど激しかった安田講堂攻防戦でも、学生側に死者は出ていないし、重軽傷者も機動隊の方が遥かに多かった。 日本の左翼学生にとってもカリスマ的権威であった毛沢東の説く、「造反有理」・「革命無罪」のテーゼと紅衛兵のしたい放題の運動は、過激派学生を鼓舞した。 さらにアメリカでベトナム反戦を主軸とした学生運動の高揚、文革に触発されたフランスの「学生革命」などもただちに日本に伝染した。 神田の日大経済学部本館の封鎖解除で狭いビルとビルの間を通り抜けようとした機動隊員に、4階にいた学生らが人間の頭くらいのコンクリートを次から次に投げ落とした。 その1つが西条の頭に当たって数日後に亡くなる。 当時は社会党も共産党もメディアもみんな学生寄りで、機動隊は悪の権化、公的暴力装置などと呼ばれていた。 僕は3,200人の機動隊を預かっていたが、終わってみると5人の隊長のうち3人が投石や鉄パイプ・火炎ビンでケガをしていた。 隊員でも立っていられるのは半数ほどというひどい目にあわされた。 そしてこれを動機に、各派セクトの70年安保闘争方針は武装闘争となり、テロ・リンチはより陰惨・残酷になる。 若い人の間には、ああいう人の迷惑も考えないはね上がりの破廉恥は少ないように思う。 既成のものや確固としたものを嫌い、伝統的な型を崩すことや否定すること自体に意義を見出した。 堅実な生活は嫌われ、ヒッピーに見られるような放浪と場当たり的な生き方が求められ、権力や富や支配や戦争と名が付くだけでやみくもに否定した。 国家や権力に叛逆すること自体を目的とし、「アメリカ帝国主義」は反抗し否定すべき最高の目標であった。 「社会主義国」がどんなに侵略戦争をしようと、内部でどんなに弾圧や圧政があろうと、無関心を装い批判しなかった。 いまでも飲み屋なんか行くと、ぼくらの世代でいるでしょう?あのとき、安田講堂で石投げたとか。 ちょうど戦争の思い出話みたいな調子でしゃべっている。 小説家なんかも、ずいぶんアジった。 そのときは聞いてて、すごく心地よいわけね。 でも終わってみると、なんにも残っていない。 70年ごろだよね。 アホらしくってさ。 僕は今でも腹を立てている。 中核派や革マル派の書いたものを読み比べて、こっちの世界観がすばらしいから入ろうなんて人、1人もいない。 だいたい大学でワーワーやっている人たちとたまたま知り合いだったとか、友達が、あるいは郷土の先輩が、あるいは何かかわいい女の子がいたとか、そういうのでちょっと見に行ったら楽しそうに見えたとか、そんなもの。 わざとデモの先頭に出して機動隊に殴らせるとか。 そうすると「あっ、おれは国家権力にやられた、抑圧された」とか思い込んで、活動家になると言い出す。 そういうノウハウがうまい。 だから集団主義で、集団を維持していくのが得意なのだ。 でも未だに酒場では、 「こう見えてもおれは、若いころに3回パクられた」とか自慢げに飲んでいる。 あれほどみっともないこともない。 日大で授業料不正使用問題、東大でも医学部の学生処分問題をきっかけに全共闘が結成された。 その運動は燎原の火の如く全国に広がり、高校にも波及した。 全国大学の8割に当たる165校が紛争状態に入り、そのうち70校がバリケード封鎖され、大学内を解放区と称しそこで自主講座を行ったりもした。 米国は泥沼のベトナム戦争にのめり込み、米国内外で反戦運動が盛り上がった。 連日全共闘の活動家たちが、アジ演説、インターナショナルを歌う。 そしてヘルメットにタオルマスク・ゲバ棒(角材)を持ったスタイルで隊列を組み、蛇のように左右にくねるジグザグデモを繰り返しながら、「安保粉砕、闘争勝利!」といったシュプレヒコールを連呼する。 まず「自己否定」せよ。 そして「非日常化」の世界を作り出し、新たな自己を確立する、と… 「今の社会は矛盾に満ちており、このままでは人間存在の疎外がますます深刻になり、我々人間は経済社会の歯車になってしまう。 体制に組み込まれた大学を解放し、人間性や個性を回復し、新たな体制を築こう」彼らの言わんとするところはこんなことだったと思う。 全共闘運動のリーダーは大抵隠棲してしまった。 残った全共闘世代の転向組には異端がいない。 居るのは徒党を組む連中だけだ。 団塊の世代には、政治家にも経営者にも他の世代に比べ同世代を引っ張るようなリーダーが生まれていないのは事実であり、その原因はこのあたりにあるのかもしれない。 が、再建はしなかった。 であるから、我々は廃墟みたいな場所で勉強をせねばならなかった。 高校も同様だ。 私が通っていた都立高校は、殆ど全ての進学教育と生活指導を放擲した牧場じみた空間になっていた。 中学生だった私にとって、 全共闘の学生たちの破壊的な行動力と難解なボキャブラリーは、ただただカッコ良く見えた。 思春期の男の子にとっては神みたいな存在だった。 共産党は安保共闘という共闘組織にオブザーバーとして参加を認められていたにすぎない。 精神的外傷を持った者たちは、それに犯罪の認定が施された者は当然のこととして、潜入先はそう多くはなかったと思うかもしれない。 しかしそうではなかった。 「体制」はすでに異常なまでに繁殖していて、メディア産業がその好例であるように「体制を批判するための体制」を作り上げていった。 ベビーブーマーの反体制派の多くは、そうした体制内反体制の部署へと場所を移していった。 そして今や、かつてあれほどに嫌悪してみせた管理職に就いている。 彼らは他人の意見や経験にさして注意を払わない。 それが彼らをして「孤独知らずの自我主義者」にしている場合が多い。 しかし彼らもじきに老境に入り、否応もなく孤独に放り込まれ、自我の現し所も少なくなる。 戦後の復興を担ったのは明治生まれの人たちである。 革命を夢見た一味は捕まり、刑事罰に加え、民事訴訟で約5千万円の賠償支払いが命じられたが、その後20余年間、彼らは空とぼけてきた。 彼らの多くは地方公務員になって、高額退職金を手にする段になって、裁判所がその退職金を差し押さえに出た。 募金者はテロ集団のネット口上に引っ掛かった者が多い。 死んだのではない。 殺されたのである。 あそこで歴史的に紡いできた日本人の美質の1つが完全に断ち切られた。 (60年安保の時はまだよかった。 彼の理屈に従えば、 下の者が上の者を暴力的に打倒することは正義であり、世界の人民がそれに邁進しなければならなかった。 信号が赤だったが、人数が多いからみんな衆を恃んでどんどん渡ってしまった。 すると向こうから車が来て、びっくりして急ブレーキをかけて停車した。 その車を学生たちが蹴った。 そうしたら車から2人、怖いお兄ちゃんが降りてきた。 そして「こらぁ、今車を蹴ったやつ、だれだぁ」と叫び始めた。 その2人が学生たち1人をつかまえて、「蹴ったのはお前か」と訊く。 学生は2人に囲まれて「いや、ぼくじゃないです」と言い逃れる。 すると次の学生を挟んで「じゃあ、お前か」「いや…」といった調子で1人1人を脅かしてゆく。 最初、他の学生たちは後ろの方で笑っていた。 でも「そんなやつら、やっちゃえよ」とか無責任に言っていたやつが、「じゃあ、蹴ったのはお前か」と言われると、「あ、違います…」と青くなる。 そんなふうにしているうちに2千人がじりじりと下がって、やがて算を乱して逃げ出し始めた。 ある世代の人たちが世代単位で「俺たちの言うことを聞け」と声高に権利要求をしたというだけ。 集団をつくって、衆を恃んで威張る。 団塊の世代以上の高齢者の犯罪なのだ。 団塊以上の世代、即ち60代から70代の殺人犯率は他の年齢層に比べて著しく高い。 それ以降の世代では殺人犯率は低下の一途を辿っている。 つまり、 この世代の人々こそが、少年期から老境にいたるまでずっと人を殺し続けている得意な世代といえる。 そういう記事を読むたびに、連中と延べ何十時間も討論して彼らの思考停止ぶりをイヤというほど知っている私は、「ウソをつけ!」と心中ののしりつつ、腹にすえかねる思いをしていた。 女子大へオルグ(宣伝・勧誘)に行って、「よし革命のためだ!」とかって、みんなヤッちゃうとか。 津田塾は入れ食いだったとか、酔うにつけめちゃくちゃな話が出てくる。 彼女は最初の頃に「革命のため」といって半ば強姦されている。 連合赤軍の政治指導者は、「オレとセックスしないということは、お前は政治意識が低い」と言って関係を迫るわけである。 むちゃくちゃだが、当時の左翼の間では、そういう理屈が通っていた。 西部邁だってもてた。 林さんもまた孤独な村上氏の一面を覚えている。 「春樹さんは団塊の世代には珍しく、群れるのが嫌いな人で、ポスト団塊と呼ばれた僕らとも気の合うところがありました。 銃声一つない安全な場所で、せいぜい機動隊との小ぜり合いごっこを演じていただけの話だ。 自国こそ世界の悪玉という通念がアメリカ人の手足をしばった。 当時あれほど大騒ぎする国際的要因は、アジアにも世界にもまるでなかった。 いかにも、ひとり合点の、でっち上げられた危機であり、まず大方の外国人には話の通じようのない、おかしな日本的空騒ぎにすぎなかった。 彼らが国家論を教えられていないからである。 国家論とは戦略的に世界を見ることである。 戦後日本の復興と経済成長をもたらした戦前の国家教育を受けた人々が、引退したからである。 上の世代の知的な若者が反政府的な運動をしていたのを、内容が分からずとも何かカッコいいものに見えた。 「何か違う」と気づくまでに、何十年の時間が必要だったことだろう。

次の