舌 血豆 原因。 舌癌と口内炎の違いや見分け方を知りたい。|ハテナース

舌に血豆がよくできる?!原因と治し方は?癌の可能性もあるので要注意!

舌 血豆 原因

Contents• 舌に血豆のようなできものができる原因とは? 舌に血豆のようなできものができると、一見ただの口内炎の一種と思いがちです。 ですが、実は口内炎だけが原因のものとは限りません。 考えられる原因をあげてみました。 内出血 血豆の原因で1番多いのがこれでしょう。 血豆は舌に限らず、いろいろなところで発生します。 小さくつまんだり、挟んだりと、ごく小さな皮膚面積に急激な外圧がかかり、 皮膚裂傷は起きないまま、内部で出血が起きるものです。 それと同じことが舌に起こることで、血豆となって出現するのです。 その原因のほとんどが、 誤って噛んでしまうことによるものです。 また、噛んでしまうのは舌に限らず、頬の内側など噛める場所なら どこでも起こりうるのです。 口内炎 口内炎が悪化して、血豆となることもあります。 口内炎ができるということは、炎症部分に 細菌がたくさん繁殖しているということです。 その細菌の繁殖がさらにひどくなると、血豆まで発展してしまうこともあります。 外傷 舌を噛んでしまって起きる傷とは別の原因で傷を負ってしまうことです。 口に入れたものが原因となったり、外部から何かが強く当たり衝撃を受けたことで 傷ができてしまったり。 そんな傷が時間とともに悪化してしまい、血豆となることもあります。 また、歯列矯正のためにつけている器具が接触していたり、 歯並びの悪い歯が当たることで刺激を与えることも、血豆の原因となります。 血液疾患や癌 血液の病気や癌といった大きな病気が原因となって血豆が現れることもあります。 血液疾患で考えられる病気には、突発性血小板減少性紫斑病や、 再生不良性貧血などの病気があります。 いずれも、血液中の成分である血小板や、赤血球、白血球の減少がみられるものです。 そのせいで、出血が起こっても止血されにくく、口の中に血豆ができやすくなるのです。 癌である場合、血豆が 血腫である可能性があります。 血腫が良性ではなく悪性腫瘍であると、その血豆は癌という診断が下ります。 舌のできもの 対処法とは?放置しておいても大丈夫? 舌に血豆を発見すると、正直びっくりするものです。 とりあえずできる対処法は、 様子を見ることしかありません。 明らかに噛んでしまったという記憶や、外傷によるものだとわかっている時は 特に様子を見ながら 自然治癒を待ちます。 自分で無理に潰したりすることは、逆に症状を悪化させかねません。 食事の時に負担にならないよう気を付けながら、ゆっくり様子を見ましょう。 舌に血豆ができる時は、 思い当たる原因がある場合と、 突然何の前触れもなくできる場合があります。 突然何の前触れもなくできる血豆は、本人にとっては少々不気味でもあるでしょう。 ですが、考えられる原因は1つではありませんし、血豆が内出血によるものなのか、 または血腫なのかどうかも分からない状態です。 そんな状態のまま、自分で潰すなどの処置をすることは極めて危険です。 まずは、経過観察でしばらく様子を見るようにしましょう。 舌のできものがなかなか治らない場合、何科を診断? 舌にできたできものがなかなか快方に向かわない場合は、 口腔外科を受診しましょう。 特に血豆が繰り返しできるような時は、病気が潜んでいる可能性も高くなりますので、 早期の受診が必要です。 癌などの悪性腫瘍の診断は、口腔外科でできます。 また、口腔外科では、血豆を切除するなどの処置をしてもらうこともできます。 レーザーなどを使っての切除も可能です。 自然治癒が期待できるのは、個人差がありますが、 だいたいは 1週間ほどと考えていいでしょう。 それ以上経過しても変化が見られない、 もしくは悪化するような場合はすぐ受診することをおすすめします。 また、血豆が頻繁にできるような場合も同じで、病気が潜む可能性があります。 受診の際は、どれくらいの頻度で血豆ができるのか、 いつから繰り返すのかをちゃんと説明できるようにしておきましょう。 まとめ 舌に何の前触れもなく、突如血豆が出現するとびっくりするものです。 見た目もグロテスクであるうえ、敏感である舌にこのような異物が出現するのは 本当に不快で、気になるものです。 一刻も早く何とかしたい気持ちになるでしょう。 血豆に思い当たる節があればいいのですが、そうでないとなおさら気になるものです。 そのほとんどが良性で問題のないものと言われますが、そうでない場合も充分にあるのです。 自分で無理な処置を施そうとせず、まずは経過観察で自然治癒を待ちましょう。

次の

舌に血豆がよくできる?!原因と治し方は?癌の可能性もあるので要注意!

舌 血豆 原因

舌にときどき血腫が出来ます。 画像は私のものです。 大きい時は3cm程の血腫が出来ました。 最近は画像のように小ぶりです。 3年位前から時々出来ます。 間食が多かったり、コーヒーを飲んだりして胃に負担が掛かっている状態で食べていると、食べている瞬間に突然違和感があり、鏡で確認すると出来ています。 噛んだり固い食物に触れたりしていないのに出来るので、とても不思議です。 口腔外科に行きましたが、出来ていない時に行って写真だけ見てもらったので、原因不明で様子見で終わってしまいました。 その後も上記のように胃に負担を掛けると食事中に出来る事があります。 下記HPによると血液の病気の可能性があるようです。 思い当たることは、5年半前、大学病院で塩化ナトリウムの原液を点滴されていたことです。 点滴はひと月ほどされていましたが、最後の頃は血管が固く針が通らなくなり、やっと点滴が出来たと思ってもすぐに漏れてしまう状態でした。 その後退院してからも血管は細くなったままで、採血にも苦労する状態です。 以前は太い血管で血は勢いよく出ていました。 アドバイスお願いします。 補足>>特に数カ所にわたり、何回か繰り返すとなると、血小板、血液凝固因子、血管の異常など疾患である事もあります。 まさに繰り返し、場所もまちまちに出来です。 上記の可能性があるとのことですが、それ以外の場合はどんなことが考えられるでしょうか? 血腫を見る限りでは、知らない間に寝ているときに噛んでいるようにも見えますが、 頻繁に血腫が生じる場合、「特発性血小板減少性紫班病」や「再生不良性貧血」などの血液疾患で生じる口腔内症状の可能性が無いとは言い切れません。 特に数カ所にわたり、何回か繰り返すとなると、血小板、血液凝固因子、血管の異常など疾患である事もあります。 症状がつづくようでしたら、血液内科、歯科口腔外科で、口腔やのどの状態のほかに、血小板を含め血液凝固に関する精密検査を受けられることをお勧めいたします、お大事に。

次の

血豆.com【原因・出血・悪性血腫】

舌 血豆 原因

口の血豆が出来る原因について 頬の内側や舌に血豆 血腫 ができてしまったという経験のある人は多いと思いますが、その原因は大きく分けて4つあります。 口内を噛んでしまう。 1つは噛んでしまった、噛み合わせが悪いことによる刺激によるものです。 頬の裏側を噛んでしまうことにより、毛細血管が切れて内出血を起こしている状態がそれにあたります。 食べ物を噛む時に間違えて噛んでしまうことは問題ないのですが、人によってはストレスにより無意識に頬の内側を噛んでいることがあるので注意が必要です。 口内炎の悪化 2つ目は口内炎が悪化することによります。 口内炎は炎症を起こしている状態です。 そこに細菌などによって症状が悪化すると出血を帯びることがあり、その場合血豆となります。 外部からの衝撃によるもの 3つ目は外部からの衝撃です。 打撲や衝撃により、頬の内側などに内出血が起きてしまった状態なので、1つ目と同じく時間の経過と共に治ります。 病気によるもの そして4つ目は病気の可能性です。 まず考えられるのは悪性の血腫です。 良性と悪性の見分け方は、長期で存在するか否かです。 いつの間にかできていて、いつまでも治らない場合は専門の診察を受けることが望ましいです。 また、血腫のできる頻度がかなり高い場合には、再生不良性貧血や特発性血小板減少性紫斑病が原因ということも考えられます。 4つ目の病気の可能性はそこまで高いわけではないですが、3つの症状どれにもあてはまらないのに口の血豆が出来た場合ありえます。 なかなか治らなかったり原因がわからない場合は病院に行った方が良いでしょう。 口の中の血豆の治し方 これらの血豆の治し方は、 基本的には何もしないのが一番です。 というのは、血豆というのは良性の血腫です。 放置しておけば人間の自然治癒力で皮膚や組織が再生して元通りに戻ります。 とはいっても血豆を噛まないように気をつけたり口の中を清潔にしておくなど最低限はしておいた方が良いでしょう。 一方、口内炎は細菌やウィルスにより炎症している状態なので腫れの状態で別物です。 血豆の状態で、皮膚を傷つけて血液を絞りだすと治りが早いと思う人もいるかもしれませんが、 傷から細菌が入って、炎症を起こしてしまう危険があります。 そしてその後は痕になってしまう可能性が高くなるので、それはせずに放置しておく方が綺麗に再生します。 悪性の血腫だった場合は、いわゆる癌ですので早急に手術で切除することが必要となります。 あまりない事ではありませすが、口の血豆にはこういった可能性もあるという事を覚えておいてください。 出来てしまった血腫が ・良性か悪性かという診断、 ・レーザーで除去する場合の処置、頻発するので診てほしい、 ・皮膚が破れて血が出て止まらない、 など全てが対象となります。 ただし、悪性の血腫だった場合には血液内科でも診察の対象となります。 また、皮膚科や耳鼻咽喉科でも診察可能な場合もあります。 一方口内炎についても、基本的には口腔外科ですが、皮膚科や耳鼻咽喉科でも診察が受けられるところが多くあります。 その場合の治療は血腫と同じく自然治癒を促す、または炎症を抑える塗り薬を処方されることが多いのですが、 炎症が酷い場合には抗生物質を処方されることもあり、血腫に比べて治療方法が多岐に渡るという特徴があります。 ともかくまずは口腔外科に行き血豆の状況について診察してもらいましょう。 まとめ.

次の