ブロック エコ トークン。 ブロックエコの末路が悲惨…。2020年2月現在の最新状況を調査

ブロックエコトークンが遂に飛んで被害者が続出【11/21更新】

ブロック エコ トークン

2019年に大きな注目を集めた配当型ウォレットの一つであるブロックエコですが、すでにネット上では「 飛んでしまった」という結論が出されている模様。 ただ、もちろんユーザーとしては簡単に割り切れるものではないでしょう。 数百万を投じて幽閉されてしまったのであれば無理もありません。 ブロックエコに関しては11月頃を中心に「 お金を取り返すの手伝いますよ~」というアカウントがSNS上で多く見られ、 二次被害の注意喚起がされていました。 2020年2月時点では ブロックエコのヘルプデスクを自称する悪質なものも確認できています。 注意してください。 — スミクン presentApplei また、 CoinGeckoにおいてBLECの価格が確認できるのですが、 11月23日を境にチャートは止まっています。 しかし、2020年の1月末には遂に購入することもできず、履歴も削除されたとのこと。 集団訴訟の動きも確認できましたし、 公的機関や専門家を頼ることも選択の一つではあるかもしれません。 また、ブロックエコに投資していた方の中には、 方もいるようです。 資産が8倍になった実績も確認できていますので、興味があれば、ご覧になってみてくださいね。 2019年11月30日 補償されたBLECが減っているという情報が、SNS上に確認できました。 そのユーザーによれば、27日時点では63685. 88あったBLECが、29日の夜には58040. 21まで減っていたということです。 補償されたにも関わらず 5000以上減っているともなれば、納得できるものではありませんよね。 SNSからは怒りの声と同時に、諦めにも似た声が聞かれます。 そもそも30日にBLECで補償されるという発表でしたが、どうやら小額投資のユーザーに関しては いまだに補償がされていないようです。 その点には不平等さを感じてしまいますよね。 ここから何か動きがあれば追記してお伝えしたいと思います。 2019年11月29日 早くも BLECで補償されたユーザーが現われました。 ブロックエコは 10月から出金できない状況が続いていますが、その救済措置として 11月30日に独自トークンであるBLECにより補償されるというアナウンスがされていたのです。 今回その日時よりも早くBLECで補償されたユーザーが出てきたことになります。 画像を見る限り、BLECが多数確認できますね。 また、1BLECを試しに他の通貨へ変換したところ、変換できたということです。 しかしながら、 出金できなければ意味はありませんよね。 いまだユーザーの納得できる補償とは程遠いと言わざるを得ません。 今後出金できる方向に向かうことを願うばかりです。 以下抜粋した和訳文です。 「サーバーが長い間停止していたことをお詫び致します。 サーバーがハッキングされたことが分かった為、これを法的な問題で追求します。 この事件については深く謝罪致します。 全てのデジタル資産に責任を負い、2019年11月30日にBLECトークンで補償されます。 皆様のご理解とご協力をお願いします。 」 このアナウンスに対してユーザーからは 怒りの声が上がっています。 補償したいという気持ちが運営にあるのであれば、このユーザーの言うようにBTCなどの 主要通貨で補償して欲しいと思うものでしょう。 ここからいい方向へ向かうことを願うばかりです。 やブロックエコのように 出金停止となった案件や既に 運営が飛び詐欺にあってしまった方が、資金を取り返すための ようなので、ご興味のある方は相談してみるといいかもしれません。 2019年11月20日 ついに アプリの更新も止まってしまったのではないかという声がSNSに確認できました。 ブロックエコは 約二か月前から出金ができない状況が続いていますが、アプリ内の表示が全て0になってしまっています。 運営が飛んでしまった為、アプリの更新すらも止まってしまったのでしょうか? 運営が日本ユーザーから資金を絞り上げることに限界を感じたという見方もできますよね。 いずれにしても、資金を預けているユーザーからすれば納得できるものではないと思います。 SBLOCKのように 出金停止となった案件や既に 運営が飛び詐欺にあってしまった方が、資金を取り返すための ようなので、ご興味のある方は相談してみるといいかもしれません。 2019年10月11日 凍結される可能性のある NGルールの存在や運営の最新情報が明らかになりました。 というのも、下記の情報がSNS上に出回ったのです。 現在出金できない状況の続くブロックエコですが、一部の情報によれば 国外で操作することによって、 出金が可能になるという噂もあるようですね。 それに対して、今回国外に移すことは、ルール上NGということが明らかになりました。 もしこれに違反することがあれば、資金が凍結することもあるということですので 注意が必要です。 日本ユーザーからの資金が多く集まっている中、運営としては日本ユーザーからの 出金を阻止したいという意図もあるのかもしれませんね。 また、他にも ベトナムオフィスと運営は存在しているという情報も含まれ、さらに運営元は運営継続の意思があるということです。 SNS上では運営が飛んだという情報と飛んでいないという情報が錯綜している状況ですので、今後の動向も気になるところですね。 何か新たな情報がわかり次第お伝えしたいと思います。 2019年10月7日 ブロックエコの運営より、現状について説明がされました。 その内容としては、主に 資金ロックのバグ・ツアー・出金遅延に関するものです。 となっています。 この発表に対して、SNSからも様々な声が上がっている状況です。 すでに運営が飛んでしまったという意見もあれば、まだ運営は飛んでおらず復活に向けて尽力しているという両極端な意見となっています。 果たしてここからの復活はあるのかどうか?新たな情報が入り次第お伝えしましょう。 最低投資額は単一銘柄で500ドル以上となっています。 特徴としては資金を引き出せないようにロックする必要がなく、いつでも引き出せるという点にあります。 ロックに関しては任意で選択することができ、ロックの時期によって月利のパーセンテージが変わる仕組みです。 配当をBLECで受け取り、そこから他の通貨への交換が可能です。 現在、日本のバーレスク東京や韓国のスターバックスコーヒー、オリーブヤングで支払いができます。 自分が直接紹介した場合、紹介された人が受け取る 報酬の100%が紹介した人にも還元される仕組みです。 また、紹介した人がさらに他の人を紹介し、その人が得られる報酬の20%も、還元されるようになっています。 HantesFinance社• Ignescent社• BlockCharter社• その中でもブロックエコを運用しているのが、BlockCharter社です。 BlockCharter社のホームページによると、CEOはJames Ryman氏ですが 経歴などは不明となっています。

次の

Block Eco Token (ブロックエコトークン)とは?登録・運用方法解説!

ブロック エコ トークン

ブロックエコが警察の捜査対象に 2020年2月19日 更新 ブロックエコは運営が飛んでいることがほぼ確実です。 そんな中、日本の警察が「 ブロックエコについて捜査を始めた」という情報が入りました。 久々のツイート。 皆さんに助けて頂いたスマホ代も今月で停止する為、今持っている情報をとにかく残しておきます。 日本の警察もブロックエコ詐欺の調査に1月の段階で動きはじめました。 ようやくか。 と言う思いもありますが、捜査範囲は運営元に加えて、紹介者も対象になるそうです。 — ブロックエコ 死にかけ Qs5CPDmBTYW5hFV ツイートによると、警察はブロックエコの運営元・紹介者も対象に捜査を行うとのこと。 これが本当であれば資金が返金される可能性も。 ブロックエコユーザーは情報提供ができるように準備しておきましょう。 それ以外にも、ブロックエコのオープンチャットで情報共有すると進展があるかもしれません。 ただ、これまでの仮想通貨詐欺案件で 返金まで行きつけたケースはかなり稀です。 それならば、1週間で 「672万円」稼げたと評判の情報サイトを利用した方が、資金を回収できる可能性は高いかもしれません。 ユーザーを混乱させたいだけにしか見えません。 それ以前に 今さらBLECをもらっても意味がない。 なぜなら、 BLECはどこの取引所にも上場していないからです。 そのため「ブロックエコはもう終わった」と判断できるでしょう。 しかし、このまま泣き寝入りするのも癪です。 何か出来ることがないか考えてみましょう。 ブロックエコに返金させる! 一番良いのは ブロックエコから資金が返金されること。 例えば、メディアを動かせたら返金の可能性は高くなるはず。 過去「D9クラブ」という投資詐欺案件では、マスメディアで取り上げられるほどのニュースになりました。 運営元が逮捕された結果、資産の一部が返還されると報道。 世間の関心が高くなれば、それだけ問題が大きく取り上げられ解決に繋がりやすくなります。 他にも「ビットマスター」の破産案件もあります。 現在、運営元の残資産の調査が行われ、被害者へ返金される可能性も出ています。 ビットマスターは「破産」という形を取っていますが、元々詐欺まがいの投資案件で有名でした。 これらに共通しているのは「 メディアに取り上げられるくらいのニュースになった」ということ。 つまり、ブロックエコも被害者たちが声を上げてマスコミを動かすことができれば、返金の可能性も出てくるはずです。 現在、LINEのOPENCHATには「 ブロックエコ被害者の会」が設立されています。 実際に参加して内容を見てみましたが、 ・訴訟するための証拠保全 ・アンチ、他案件紹介、愉快犯の追放 ・消費者センターへの相談 などを目的として活動しており、具体的に訴訟のために動いているのが確認できました。 被害通報の件数が多ければ警察も動かざるを得ないでしょう。 また、ブロックエコ被害者は日本人だけではありません。 現地警察が動いてくれる可能性もあります。 実際、中国では「インターネット詐欺特別捜査班」というものが存在し、 2,400万円を詐欺被害者に返金した事例もあります。 so-net. マスコミに取り上げてもらうのは、間接的にブロックエコ被害の返金に繋がると言えます。 ブロックエコの被害を少しでも抑えるために、出来ることから実践していきましょう! 1.BLOCKeco ブロックエコ とは BLOCKecoは、ウォレット、取引所の一つです。 その最大の特徴は、BLOCKecoの運営を4つの会社が共同で行っているという点です。 ユーザーはウォレットに投資することによって、日利0. 33~0. 67%の配当を受け取ることができ、その配当は4つの会社がそれぞれで行っている事業収益から分配されることになっています。 また、得られた配当に一定期間のロックをかけることによって、独自トークンの「BLEC」を獲得することができます。 BLECは、他の通貨に両替することが可能です。 2.BLOCKeco ブロックエコ の口コミ評判 ブロックエコから出金できなくなっているため、怒りを表すユーザーが多数見受けられます。 ハッキングされて失った資産をBLOCKecoから取り戻すために、Twitter上では「現地に行ってBLOCKecoと直接交渉する」と表明する人物が現れました。 既に被害に遭っている人たちに対して、さらに追い打ちをかけるというやり方に、 「 ありえない」「 被害者をこれ以上追い詰めるな」といった多くの非難が集まりました。 今後、出金停止になってしまったウォレットから「お金を取り返してくる」と言って、 手数料だけ持ち逃げする詐欺が増えていくかもしれません。 そういった際には、すぐに相手を信じ込まず、早まった決断をしないようにお気を付けください。 3.BLOCKeco ブロックエコ の運営者情報 BLOCKecoは以下4つの別会社によって共同運営されています。 本当に4つの企業が運営しているのか、確証が持てませんでした。 5.BLOCKeco ブロックエコ のまとめ 現在の状況を考えると、ブロックエコはほぼ間違いなく飛ぶ(飛んだ)でしょう。 出金も換金も出来ないようなトークンだけ持っていても仕方がありません。 しかし、このまま泣き寝入りして終わるのではなく、返金させる可能性を高めることはできます。 ここで前例が作れると今後にもつながっていくため、行動してみてはいかがでしょうか。 口コミ投稿フォーム.

次の

失われた30年から新しい仕組みへ|イケちゃん|note

ブロック エコ トークン

Block eco Token(ブロックエコトークン)とは? ブロックエコトークンは、2019 年 6 月にリースされた配当型の仮想通貨ウォレットで、仮想通貨を入れておくだけで毎日ブロックエコ独自の時のトークン( BLCE )が貰えます。 BLCEは購入することができず、現在のところ配当で手に入れる以外に方法がありません。 配当で得た BLCE は、仮想通貨と交換することができます。 2019 年 8 月末現在、世界中の利用者が投資している金額は、 100 億円を超えると言われています。 さらに、運営側は 1BLEC の価格を 300 ドルまで上げることを目指しているそうです。 高配当の仮想通貨ウォレットとしては、珍しくロックせずに運用できるのが人気の秘訣です。 ) しかし、ロックした方が通常よりも高い配当( BLEC )が貰えます。 スポートと免許証など顔写真付きの身分証明書を使って事前にKYC登録しておくと、指定仮想通貨への交換ができます。 Block eco Token は MLM の仕組みを導入しています。 MLM とはマルチレベルマーケティングの訳です。 つまり自分が紹介するほど紹介報酬が多くもらえるということです。 Wallet 系はこの MLM の仕組みを導入しているものが多いです。 実際にチームを作って wallet 系のマーケティングに取り組んでいる人もいます。 Block eco Token は、オンラインカジノの会社であるサンシティグループと提携していると資料には書かれています。 韓国やマカオなどの世界のカジノでも使える通貨になるそうです。 ブロックエコトークンの口コミや評判は? ブロックエコトークンに投資する前に知っておきたいのは、実際に利用している人たちの口コミや評判です。 是非参考にしてくださいね。 良い評判 配当が高いと噂のブロックエコトークンですが、実際に運用している方の中で良い評価の口コミをまとめました。 BLOCKECO ブロックエコ ブロックエコトークンは非常に危険? ブロックエコトークンは、 2019 年に始まったばかりの投資であり、大きなリターンを得る可能性がある一方、リスクも高いです。 リターンとしては、トークン(BLEC)の価値が上がる可能性が高いので、始めるのであれば早いに越したことはないでしょう。 大きなリスクとしては、口コミの中にもありますが配当を指定の仮想通貨に交換するのに非常に時間がかかっていること、ローンチされて間もないのでアプリが安定していないことなど、先行きが不透明です。 ハイリスク・ハイリターンでギャンブル要素が強めの仮想通貨ウォレットです。 僕がいつもお世話になっている投資家の方に「 Block eco Tokenは稼げそうですか?」 と聞いたところ Block eco Tokenはスルーすると言っていました。 その投資家の方は、僕に wo tokenという有料案件を紹介してくれていつも有益な情報を教えてくれます。 彼は walletの案件だけで日給50万円を稼ぎ出しています。 日給50万円とか意味わからないですよね。 月収にしたら1500万円です。 運営会社についても確認してもらったところ、信頼するには判断が難しいと言っていました。 その理由としては会社の情報が不明確だからです。 オンラインカジノという時点で少々怪しさはありますよね。 Wa tokenをはじめとする高配当 wallet系の案件は、大元が不明である場合は飛ぶ可能性が非常に高いです。 実際に僕も絶対に飛ばないと言っているにも関わらず飛んでいる案件をいくつも見てきました。 そういったポンジスキームの案件多いので注意が必要です。 ただ wallet系の案件は、価値が上がりきる前に先行的に投資したが方が儲かるので自己判断でお願いします。 やはり長期的な目線で見て判断すると良いと思います。 ハイプをやるにして飛ぶということを大前提として行う必要があります。 そうしなければ飛んで資金を損してしまう可能性が非常に高いので注意してくださいね。 プレオープン期間が3ヶ月間あるので、その間に紹介者や資金を入れて仕組みが飛ぶ前に稼ぐやり方なら大丈夫だと思います。 投資が投機にならないように本当に稼げる案件を見極めてくださいね。 追記 ブロックエコトークンが出金停止の事態に ブロックエコトークンが出金の事態に追い込まれています。 これまでも運営側が不安定な動きを見せていましたが、遂に出金できない事態に陥っているようです。 おいおーい ビット先生 ワンコロ 、完全に逃げに走ってんなー、逃げんじゃなくて運営元いって出金出来るように何とかして来いよ、スタートアップの時打合せしてたんだろ運営とよぉ! ここまで目立ってたらもう詐欺だし逃げらんねーぞ ってか逃がさないけどね! — hEllo Mr hElloMr49594558 ブロックエコの首脳陣は西海岸で打ち上げパーティーやってる。 誰もがこうなる事はわかってた事ではあるが、、。 3ヶ月ロック明けたら元金回収。 その後、福利運用。 しかしロックが解除できない。 もう少しだったのに。 あっぱれブロック首脳陣。 — 翔んじゃらす Rsk7X1ixSJ3PrGf ツイッターでは、このようにブロックエコトークンが出金できない、飛んだという声が相次いでいます。 中には出金が遅れているだけと言っている人もいますが、4ヶ月間続いていた配当が止まっていることについて公式側からのメッセージは特にありません。 もともとブロックエコトークンはカジノグループである 「ソレアリゾート」と提携していると公式が発表していました。 しかし、9月に入って 「ソレアリゾート」がブロックエコトークンとは、関係ないと正式に否定をしました。 それに対してブロックエコトークンの運営側が謝罪や言い訳をしますが 「ハッキングされた」と発表をして資金を引き出せなくなりました。 この時点で明らかにハイプ案件である可能性が高いですよね。 現在も出金停止になっているプラストークンもハッキングされたと言っていたので、配当型ウォレットは飛ぶ時にはハッキングを言い訳にするのでしょうか。 日本ではブロックエコトークンはかなり広い範囲で紹介されていますから何とかして欲しいですよね。 また最新の情報があったらシェアしていきます。 あなたが本当に投資で稼ぎたいなら 「これまで仮想通貨の投資で騙された」「投資で上手くいっていない」という方は僕が提供しているFX自動売買システム企画に参加することがお勧めです。 月利30万円以上を稼ぐFX自動売買システム、プロのトレーダーによる徹底サポートを提供していています。 実際に企画に参加をして利益をあげている人はたくさんいます。

次の