バトル グラウンド 攻略。 【新環境対応!】今夜も勝ちたい!『ハースストーン:バトルグラウンド』講座、新環境対応版!

ハースストーン:バトルグラウンド

バトル グラウンド 攻略

メカと獣が安定、マーロックはリスキー 以下がレート6000付近から7000までの戦績です。 特定の種族に特化した部隊と混成との区別は難しいですがある程度特化していたら特定の種族の方に分類しています。 混成はうまく組めずにぐちゃぐちゃになったようなパターンも含んでいます。 一番勝ち星を稼いだのはメカで、安定して強いです。 途中からその良さに気づいて積極的に組むようになったので回数が多く、 33戦使って14回は1位か2位です。 特に メカで2位というパターンが鉄板で、これが主にレートを上げました。 これだけ回数をこなして8位が1回だけと、ほとんど大失敗しません。 メカは早熟型で早い段階から強さを持つからです。 マーロックであれば酒場グレード5や6を目指す必要がありますが、メカはそういった必要がありません。 組み方としては早い段階で 《コバルトの守護者》を取れたらメカに進み、《マジヤバ・オ・トロン》などの「聖なる盾」持ちのメカミニオンと合わせて《メタルトゥース・リーパー》による強化をぐるぐる回していくだけ。 単調な繰り返し作業です。 注意なのが 《悪夢の融合体》はあまり必要ではないということです。 メカに進んでしばらくした後で《悪夢の融合体》を取ってもなかなか売りに出ない《マジヤバ・オ・モジュール》で「聖なる盾」を付与しなければ弱いので育てるのに手間がかかります。 それなら最初から《マジヤバ・オ・トロン》を買う方が早いです。 メカは全体バフで攻撃力を上げていくので手間をかけずに育てられます。 獣部隊は完成すれば、 中途半端なごちゃ混ぜ部隊には負けない強さになります。 1位は少ないですが2位や3位を多く取れています。 キーミニオンの《巨狼ゴルドリン》《母熊》のグレードは高いですが、序盤の《ネズミ軍団》《腐肉食いのハイエナ》《群れのリーダー》が強いのでヒーローの体力が減らず、8位を取るリスクを犯す必要がありません。 仮に《母熊》が手に入らなくても、代わりに《バロン・リーヴェンデア》《ガストコイラー》などを取って断末魔軸に進めるのも良い点です。 注意点としては中盤から他の種族の強いミニオンが売られていても目移りせず、しっかり振り切ることです。 獣部隊に本当に必要なミニオンだけを買いましょう。 《悪夢の融合体》なんかは最終盤面で置くスペースがありません。 それも 12敗のうちの半分は8位という大敗で、大きくレートを下げる要因でした。 マーロックは完成すれば無双の強さですが、そこにたどり着くまでに死んでしまうことが多いです。 トリプルで《ブラン・ブロンズビアード》を手に入れた後、加速度的に強くなっていく直前に隙があり、そこを乗り切れないパターンが多数。 強化できないと微妙なサイズの何の能力もないミニオンの集団で弱いので大ダメージを受けます。 特にトリプルを狙うあまりに微妙なミニオンのペアを抱えている状態は盤面が弱くなっていて危険です。 完成すれば強いですが4位以上を目指すという点ではリスクがあります。 混成部隊は、その場で売られている強いミニオンを買えるという受けの広さがあって安定しているからかもしれません。 種族に特化すると受けが狭くなり、1ターン全てリロールするだけで終わってしまうこともあります。 全ミニオンのリストを覚える 酒場グレードごと、種族ごとにどんなミニオンがあるのかを覚えていることが重要です。 そうすれば 使っている部隊に応じて必要なミニオンが明確にわかるようになります。 つまり、酒場グレードを上げる意味、トリプルをどの酒場グレードの時に組むのか(トリプルの報酬カードで欲しいミニオンを理解している必要があります)、何のためにリロールするのかがはっきりとわかるということです。 本当は何も欲しいミニオンがいないのに酒場グレードを上げずに無意味にリロールする、というようなことがなくなります。 酒場グレード3にはすぐに上げる 7コインになるターンに、4コイン支払って酒場グレード3にすぐに上げるのはほぼ固定です。 どんなに盤面が弱くてヒーローの体力が減っていても大抵上げるべきです。 理由としては 部隊の進路を決めていく重要なミニオンは酒場グレード3以上に存在するからです。 酒場グレード3でより多くリロールしてなるべく早く良いミニオンを探すべく、すぐに上げます。 酒場グレード2でその場しのぎをするよりもいずれ来るトップ4決定戦(トップ4が決まる時はある一戦で一斉に決まることが多いです)を通過するための戦力を整えることが大切です。 上げるターンは雇用フェイズが始まったらすぐに上げましょう。 負けパターンを理解してそれを回避する 7位や8位を取る時のパターン、危ないパターンというのを感覚で覚えておくことです。 下位を取る時の部隊は「負けるのももっともだ」というほど貧弱なはず。 大抵、ミニオンの強化ができておらず、買ったミニオンを並べただけのような状態です。 そうなってしまう前に行動を改善する必要があります。 ミニオンの強化ができないのは作りたい部隊やイメージしているレベルのミニオンがいて、それが売られていないためにリロールが多くなっているからです。 つまり受けが狭くなっているんです。 ですので、 進路を決めかねている状態である程度リロールの多さが目立つようになってきたら「そろそろ危ないかも」ということで希望するミニオンのレベルを落としていきます。 引きが良くないので、上位狙いから下位回避に目標をシフトするんです。 一番危険なのが雇用フェイズ1ターンをひたすらリロールするだけで終わるような場合で、こうなると8位が近いです。 何でもいいからコインを盤面の強化に使うことが大切です。 一つの種族に特化できたら理想ですが、ぐちゃぐちゃの混成でもいいのでとにかく盤面を強くしましょう。 上述の各種族の勝率で、混成の勝率が良かったのはこれが原因かもしれません。 種族に特化しようとすると受けが狭くなりますからね。 プールの圧縮を意識する 雇用フェイズで盤面にいる要らないミニオンを売ってからリロールするか、売らないままリロールするかです。 そのミニオンを再び買いたい場合は先に売って、引ける確率を高めます。 そのミニオンを今後買わない場合は盤面に残したままリロールします、そうするとプールにハズレを混ぜなくて済みますから。 この辺りはTCG(トレーディングカードゲーム)をやっていた人なら馴染みのある概念です。 注意なのが、売ってからリロールするとき、リロールしすぎて最後に盤面に置くミニオンがなくなってしまわないようにすることです。 最後に買うのが《マジウザ・オ・モジュール》《自己増殖型メナス》の「超電磁」ミニオンの場合は盤面のミニオンが1体少ない状態で戦闘することになるので、そうなっても良いか考えてからプレイを決めましょう。 特にメカ部隊であれば《メタルトゥース・リーパー》をプールに戻しては買ってを繰り返してぐるぐる回していくことが重要です。 ヒーロー《ダンシン・ダリル》の使い方を覚える ヒーロー選択では《希望の終焉ヨグ=サロン》《ブラン・ブロンズビアード》《キュレーター》《A. ケイ》《ネファリアン》が安定して強いです。 それら以外で、レートを上げるために積極的にマスターしたいのが《ダンシン・ダリル》です。 他のヒーローとは挙動が異なった操作感で難しいですが、 きちんと使えれば型にはまった強い盤面を毎試合作れる安定感のあるヒーローです。 他の強いヒーローとは質の異なる安定感です。 覚えればピックできた時は4位以内が固くなってレートを上げやすくなるのでぜひ練習しましょう。

次の

レート10000に到達する攻略法:数をこなす【ハースストーン バトルグラウンド】

バトル グラウンド 攻略

Contents• オススメヒーロー ・A. ケイ ヒーローパワー(常動型):最初の2ターンは何もしない。 酒場のグレード3と4のミニオンを1ずつ得た状態で開始する。 1番厄介だと感じたヒーローです。 グレード3と4のミニオンは3ターン目でも十分に強力。 ヒーローTier1筆頭候補。 ・リッチキング ヒーローパワー:コスト1 次の戦闘開始時、味方の一番右のミニオンに蘇りを付与する。 断末魔ミニオンや、強力な効果を発揮するミニオンと相性〇。 リッチキングで1位を3回も取れたので、初心者にもオススメ。 言わずもがな、マーロックと相性が良いヒーロー。 バトルグラウンドは断末魔が強力で、勝利にかなり左右されます。 それが1マナで使えてしまう、とても強いヒーローパワーです。 このヒーローを選んだら、マーロックの戦隊長を必ず取りましょう! ・ネファリアン ヒーローパワー:コスト1 次の戦闘開始、敵のミニオン全てに1ダメージを与える。 バトルグラウンドでかなり厄介なのが、「聖なる盾」です。 終盤になると必ずといっていい程、複数のミニオンに付与されています。 このヒーローパワーを使用すると、「聖なる盾」を無効化することができるので、非常に使いやすいヒーローです。 バトルグラウンドで簡単かつ強力なシナジーを持つのが「メカ」です。 また「超電磁」を持つミニオンも複数いるので、メカを上手にピックできたら無双状態に! オススメミニオン こちらのオススメミニオンでは、各グレードごとに3~4体に絞って紹介していきます。 もちろん色んなシナジーがありますが、プレイして強力だったと感じたミニオンを紹介します! ・酒場グレード1 オススメしたいのが、この3体。 タイドハンターと野良猫は、雄叫びでもう1体ミニオンを召喚できます。 召喚されたミニオンも、売却が可能となっておりコインが必要なときの金策が可能です。 また、「卑俗なホムンクルス」はグレード1ではスタッツが最も優れているので、 ピック出来れば2ターン目まで負けを減らしてくれます。 バトルグラウンドでは、「回復や下位の救済」というものが無いので、序盤でも 勝つに越したことはないと思います。 ・酒場グレード2 「ネズミ軍団」から、また獣が生まれるというところが〇。 獣シナジーで、召喚時のバフがかかるので、コンボが揃うと手が付けられない。 そのコンボも比較的簡単で、酒場グレード3、もしくは6のミニオンをピックするだけ! 「シールドロボ」はシンプルに強いです。 メカバフ、超電磁、強化するとガチムチシールドロボに。 「ハイエナ」は獣シナジーを選ぶと、1体は必ず欲しいミニオンです。 断末魔で獣召喚が多数いるため、「右側配置」でとんでもないスタッツへ変貌。 「融合体」は一番のグレード2オススメミニオンです。 種族シナジーが重要なバトルグラウンドで、全種族対応のミニオン「融合体」。 「毒々フィン」で猛毒を付与したり、 「マジウザ・オ・ジュール」で聖なる盾と挑発を付与することもできます。 うーん強い! ・酒場グレード3 いつでも大人気「手動操縦のシュレッダー」。 コスト2のミニオンに断末魔を持つミニオンが多く、場残りに長けています。 メカシナジーも使えて、万能ミニオン! 「コバルトの守護者」で苦しんだ人も多いのでは? メカが召喚されると聖なる盾を獲得するので、処理が難しい。 悪魔シナジーの星「ソウルジャグラー」 ジャグラーの名のもと、悪魔が死ぬ度3ダメージを飛ばしてきます。 「トリプル合体」をすると6ダメージになるので、かなり厄介な存在。 悪魔シナジーは個人的に難しいと思いますが、 「ソウルジャグラー」をピックできたら是非、悪魔シナジーを利用してみては? ・酒場グレード4 最強効果猛毒付与「毒々フィン」。 猛毒があるとき、ないときだと勝率がかなり左右されてきます。 そして、確実に付与できるのが、このミニオンのみ。 「融合体」やマーロックシナジーを選んでいると、必須ミニオン。 「洞窟ヒドラ」は盤面処理能力に長けています。 1度に3体のミニオンを除去できるポテンシャルを秘めており、 上手くバフができると、最強アタッカーに! 「アルガスの守護者」はバフと挑発付与が同時にできます。 常動型ミニオンなど、守りたいミニオンが居るときに大活躍。 マーロックは、挑発を付けることが難しいので、 「アルガスの守護者」は貴重なミニオンです。 最強ミニオン筆頭候補「ジャンクロボ」 はい、最強です。 メカシナジーを構築する際は、必ず入れましょう。 勝利にグッと近づくでしょう!! ・酒場グレード5 グレード5のミニオンに関しては、ピック状態にかなり影響してきます。 突出したミニオンが居ない為、スルーします!w 強いて言えば「ゴルドリン」ですかね… ・酒場グレード6 獣たちのマザー「母熊」 断末魔の獣を取ったら、マストピック! ガチムチ獣が相手を襲う要注意ミニオン。 波状攻撃で、勝負を有利に進めろ!! 「ガストコイラー」と戦うと、永遠に終わらないんじゃないか…? と錯覚するほどしつこいミニオンです。 1体雑に置くだけでも、強いです。 スタッツも良い。 形成逆転が狙える、重要ミニオン。 「ザップ・スライウィック」とかいうシナジー破壊ミニオン。 挑発を超えて攻撃できる、唯一無二のミニオン。 「母熊」「ジャンクロボ」「バロンリーヴェンデア」「カドガー」など、 挑発で守られて、安心しきっているミニオンを破壊できる。 育つ前や、効果を発揮される前に倒せば、「ただの雑魚」 以上、攻略でした! また更新します。

次の

ファントムブレイカーバトルグラウンド攻略マップでご案内

バトル グラウンド 攻略

Contents• オススメヒーロー こちらでは、優先ヒーローを「tiar1」「tiar2」に分けて紹介します。 tiar1 1. まず安定して上位を狙えるのが、『キュレーター』です。 『ミニオンとして出てくる融合体』が最重要ミニオンとして位置付けられているこのモードで、 初めから召喚されているというのは、序盤を生き抜くということに関しても優秀です。 積極的に、バフをしてくれるカードをピックして、強化していきましょう。 序盤にバフをしていると、今後の動きが非常に楽になります。 今回の修正で一気に便利なヒーローに生まれ変わりました。 獣にバナナは非常に強力なミニオンを作り出すことが出来ます。 また、洞窟ヒドラを狙ってバナナを貯めておくと、お手軽に最凶ミニオンを作ることが出来ます。 ここまで便利になったキングムクラは、名前に恥じないヒーローになっていくでしょう。 メカ種族を取らなければならないですが、このヒーローもやはり強力です。 メカシナジーを意識しつつ、序盤で盤面を作りながら、酒場グレード4に上げていきましょう。 グレード4になると、ジャンクロボが出現するのでジャンクロボをピックします。 グレード3では『コバルトの守護者』 グレード4では『警備ローバー』が出現するので、出たら必ず取りましょう。 tiar2 1. 今回の修正で、ヒーローパワーのコストが1増えて「2コスト」になりました。 修正前であれば、モニキ的には圧倒的No1ヒーローでした。 修正後を使用しましたが、ヒーローパワーを使うことが気軽に出来なくなりました。 ただ、ヒーローパワーを使った場合、修正前よりも1体多くミニオン選べることが出来るようになりました。 コストは高くなったものの、非常に強力なヒーローパワーということは変わりはないので、 被ダメージが少なかったり、盤面が強力であれば酒場グレードをなるべく早く5にしましょう。 尻上がりヒーローのケイちゃん。 3ターン目に、コスト3とコスト4を選択できるカードが貰えます。 モニキの場合は、コスト4から見るようにしています。 ジャンクロボや鉄の師匠といったミニオンがいるので、コスト3でシナジーがあるカードを取るといった感じです。 コスト4でオススメなのが、 ジャンクロボ 鉄の師匠 警備ローバー 洞窟ヒドラ スカイ・ゴーレム 妥協でシージブレイカー です。 コスト3でオススメなのが、 コバルトの守護者 スクリュージャンククランカー 自己増殖型メナス 群れのリーダー 妥協で花形選手 です。 特徴は、体力が1. ただそれだけ、それがパッチウァーク先輩。 このモードで大切なのが、如何に5位以下をとらないことです。 カードピック運が悪く、速攻負けてしまうということを防いでくれます。 事故らないように、慎重に組み立てることができれば、ねばりの体力で上位に導いてくれます。 また、ヒーローパワーが無いということで、種族に縛られない動きができるのも良いです。 ムーブ 1ターン目 第一優先ピックミニオンは、2体召喚できる 『マーロックのタイドハンター』と『野良猫』です。 どちらも出てきたときは、盤面に強い『タイドハンター』、 後々の獣シナジーに繋がる『野良猫』お好きな方に。 次点で、『ロックプールハンター』、『卑俗なホムンクルス』です。 残りのミニオンは マイクロマシーン>メカンガルー>ダイアウルフ>ヴォイドウォーカー>献身の英雄>有徳の守護者>マーロックのタイドコーラー>憤怒の織屋 の順番でピックしています。 『憤怒の織屋』に関しては、悪魔シナジーを狙うときかキュレーターであれば取るときがあります。 2ターン目 酒場グレードを上げましょう。 それだけです。 3ターン目 5コインあります。 パッチウァークなら、ミニオンを売ってグレードアップしても良いです。 あとは、相手の右のログを見てグレードアップしているなら、一緒にグレードアップしましょう。 基本的には、『融合体』を狙うのと、 次のターンは6コインなので、酒場のミニオンをリセットして『欲しい2体』をピック出来る状態で凍結するのがベストです。 4ターン目 先ほど述べたように、欲しいミニオン2体をピックします。 オススメは 融合体>ネズミ軍団>ブーマーロボ=ハイエナ>やさしいおばあちゃん、です。 メカを1体以上取れてるのであれば、『メタルトゥースリーパー』もオススメです。 横並び出来ている場合は、『ン=ゾスの落とし子』も候補です。 5ターン目 酒場グレードを3にして、ミニオンを1体ピックします。 保険になるので、序盤でトークン召喚ミニオンは貴重な存在と言えます。 6ターン目 コインを8枚持っている状態です。 理想はトリプル候補を探すことです。 トリプル候補がリセットせずに出てきたのであれば、ミニオンを売って酒場をグレード4にしてからトリプルを作りましょう。 もしトリプル候補が無ければ、シナジーを作れそうなミニオンを取っておき、 リセットでトリプル候補があれば、キープして次のターンにグレードアップ後トリプルにしましょう。 グレード5のミニオンは、 『ブランブロンズビアート』と『光牙の執行者』を狙いに行きましょう。 獣シナジーなら、『巨狼ゴルドリン』 マーロックがいるなら、『原始フィンの見張り番』 ダメージをかなり受けているのであれば、『アニヒランのバトルマスター』を取ってもいいでしょう。 以上、序盤の動きでした。 7ターン目以降は、正直ムーブが無数にありすぎます。 基本は、バフです。 強力なミニオンを何体作れるか、生み出せるかに懸かっています。

次の