クラリネット おすすめ。 クラリネット選びはお任せください! 選び方&おすすめモデルのご紹介

おすすめのクラリネットソロ曲【難易度別】ソロコンで金賞が取れそうな曲紹介

クラリネット おすすめ

主にクラシックを演奏したいという方には、木製のクラリネットがおすすめです。 木製のものは、やわらかく美しい音色が特徴。 そのため、オーケストラや吹奏楽といったような、クラシックを主に演奏するような場にはぴったりです。 磨き上げられた木ならではの高級感のある艶も、たいへん魅力的に感じられますよ。 また、木製の管は表現の幅も広いので、「練習してさまざまな表現をできるようになりたい!」という方にもおすすめです。 プラスチック製のものと比べると音を鳴らす際に抵抗感がありますが、練習を重ねることによって徐々に慣れてきます。 ただし、木製のクラリネットはプラスチック製のものに比べるとお値段はお高め。 さらに温度変化や直射日光によって変質し、割れたり変色してしまうことがあるため、取り扱いには注意が必要です。 日本国内の有名楽器店「下倉楽器」にて開発されたオリジナル管楽器ブランド、MARCATO。 クラリネットは台湾で製造されており、比較的安価ではありますが、正確な音程でしっかり鳴ってくれます。 見た目も美しく、コストパフォーマンス重視という方におすすめですよ。 プロ奏者の監修を受けていることもあり、音色は素直で吹きやすいのが特徴です。 ただし、吹き込んでも響きは淡白な印象で、自在に表情をつけるのはやや難しく感じられます。 表情豊かな楽曲を演奏したい際には、やや物足りなく思えるかもしれません。 比較的新しいメーカーのためまだ知名度が低く、店によっては修理を受け付けてもらえないことも。 下倉楽器に送れば修理してくれるため、その点は安心です。 プラスチック製のクラリネットは木製より軽量ですが、それでもクラリネットの演奏に不慣れな方にとってはやや重く感じられるもの。 なるべく軽い楽器を演奏したい方におすすめしたいのが、こちらの製品。 ベルの先に通常ついているメタルリングをなくしたことによって、より軽量となっています。 メタルリングをなくした構造でも、耐久性はばっちり。 その耐久性は、YAMAHA独自の破壊試験により実証されています。 木製のものと異なり傷みにくいので、「どんな環境でも使える、軽くて丈夫なクラリネットが欲しい!」という方にはぴったりです。 また、このクラリネットにはリングが付属しているため、クラリネットストラップをつける際にもアダプタ要らず。 演奏時の負担をとことん減らしたいという要望に応えてくれる楽器です。 材質 プラスチック 初心者モデルの楽器は、楽器を始めたばかりの方でも鳴らしやすいものの、上達すると物足りなく感じられることがあるもの。 初心者の時期はもちろん、上級者になっても長く使い続けられる楽器が欲しいという方におすすめしたいのが、こちらの製品です。 この楽器は、BUFFET CRAMPONの中でもプロご用達の上位モデル「R-13」を元にして作られています。 そのため、BUFFET CRAMPONの楽器の中でもとりわけやわらかくあたたかい音色が特徴です。 しかし、R-13よりも吹奏時の抵抗感が少ないのは初心者には嬉しいポイント。 R-13よりも学生向けにチューンナップされているため、比較的楽にすべての音域を鳴らすことが可能となります。 音色がとても良く、豊かな表現が可能なため、上級者にとっても飽きが来ないこの楽器。 値は張りますが、それだけの価値がある一台だといえるでしょう。 材質 木 BUFFET CRAMPONといえば、あたたかみのある音色が特徴とされるメーカー。 このE-13は初心者向けのモデルとされていますが、BUFFET CRAMPONらしい音色を存分に味わうことができます。 吹奏感はYAMAHAの初心者向けモデルやBUFFET CRAMPONのE-12よりはやや重め。 しかし、初心者の方が「楽器に息を吹き込む」という感覚を掴むには丁度いい抵抗感です。 音色はBUFFET CRAMPONの楽器の中ではやや明るめでバランスが良く、吹いていて楽しい楽器だといえるでしょう。 学生や初心者からの人気も高く、楽器としてのバランスも良いこの一台。 多少のお値段の高さを覚悟で、「せっかく吹くならBUFFET CRAMPONらしい音を奏でてみたい!」という方にはぜひおすすめしたい楽器です。 材質 木 現存する世界最古のクラリネットメーカーとして名高いLeblanc社。 そんなLeblanc社が販売しているこちらのクラリネットは、クラリネットの若手天才奏者といわれるJulian Bliss氏とのコラボレーションによって生まれた楽器です。 他のクラリネットではなかなか見られない独特のベル形状「バックン・ベル」と「バックン・バレル」が、息の入りやすさと豊かな響きを実現しています。 さらに、どの音域でも音程よく均一に鳴ってくれるため、初心者にはうってつけ。 正しい音程の感覚を楽に身につけることができます。 キイの動きが軽く、指がフィットしやすいのも嬉しいポイント。 軽やかな演奏が可能で、細かいところまで気が配られた繊細なつくりのため、上級者になっても愛用し続ける方も多い楽器です。 日本ではあまりメジャーなメーカーの楽器ではありませんが、楽器としての性能の良さとコストパフォーマンスを両立したすばらしいクラリネットだといえるでしょう。 材質 木 BUFFET CRAMPONのエントリーモデルとしてラインナップされているこちらのクラリネット。 しかし、比較的安価ながらBUFFET CRAMPONならではの本格的な雰囲気をしっかり感じることができる音色です。 高音から低音まで音がスムーズにつながるよう設計されており、初心者の方でも滑らかで心地よい吹き心地を楽しむことができるでしょう。 木製でありながら耐久性が重視されているため、吹奏楽部など練習量が多い場合にもぴったり。 吹奏感は比較的軽く、無理な力を入れることなく快適に演奏を行うことができます。 また、ベルリングを廃したことで管体が軽くなっており、クラリネットの演奏に不慣れな方が長時間練習しなければならない場合にも疲れにくくなっているのもありがたいところ。 たくさん練習して上達したい方の強い味方になってくれる一本です。 材質 木 YAMAHAのクラリネットの中でも、特にコストパフォーマンスが高いのがこちらの製品。 他メーカーの入門用モデル程度の安価な価格でありながら、本格的でまろやかな音色と豊かな響きを併せ持っています。 ほどよい抵抗感があるため、上達するにつれて吹きごたえを感じられる楽器だといえるでしょう。 指かけが可動式になっているのも嬉しいポイント。 手の大きさやフォームに合わせて、親指を掛ける位置を自在に調整することができます。 キイのレスポンスも良好で、演奏時の負担もかかりにくい設計です。 管体は木目を生かしたナチュラルフィニッシュとなっており、外観も高級感抜群。 また、この仕上げがYAMAHAらしい明るい音色にさらに磨きをかけています。 初心者から上級者まで飽きが来ないこちらの楽器、おすすめですよ! 材質 木 木製の楽器はプラスチック製のものにはない美しい響きを持ちますが、耐久性に欠け、割れが生じてしまいやすいもの。 しかし、この楽器は長期間シーズニングされた割れに強い木材を使用することで、耐久性を高めています。 たくさん練習したいという方にぜひおすすめしたい一台です。 プラスチック製のJCL-700Sと同様、音孔がかさ上げされているのも嬉しいポイント。 さらに、右手親指の指掛けも可動式となっているため、手が大きくない方でも無理なくクラリネットのキイを押さえられます。 音域ごとのクセも無いので、全ての音域において無理なく鳴らすことが可能。 音程や吹奏感も良好で、学生や初心者の方でも快適な演奏を楽しむことができるでしょう。 材質 木 多くのクラリネット初心者に選ばれている、こちらの楽器。 その理由は、軽い吹奏感と、音域ごとの音のばらつきのなさにあります。 クラリネットの演奏が初めてという方でも無理なくクラリネットらしい音を鳴らせるため、しっかり正しい奏法を身につけることが可能です。 音程も良く、音の移り変わりも非常にスムーズ。 そのため、「クラリネットの演奏はまだ不慣れだけど、他の楽器からこの楽器に持ち替えたら音が快適に出せて、なんだか上手く吹けるようになった気がする!」という声も聞かれます。 管体の仕様はYAMAHAの高級モデル「カスタムVシリーズ」を元にしているので、見た目にも高級感抜群。 また、キイが軽く、操作感が良好なのも嬉しいポイント。 「クラリネットを始めたい!」という方にはぜひ一度吹いてみていただきたい、優秀な一台です。 バランスの良い音色で学生や初心者からの人気も高いモデル 安価に手に入れられる木製の楽器をお探しの方へ 初心者から上級者まで、長く楽器を使い続けたい方に メタルリングなしの軽量設計!軽い楽器が欲しい方へ 手の小さな方でも音孔を押さえやすい特殊設計 最安値.

次の

バスクラリネットマウスピースの選び方とおすすめは?セルマー、ヴァンドレン、ヤマハの比較も

クラリネット おすすめ

主にクラシックを演奏したいという方には、木製のクラリネットがおすすめです。 木製のものは、やわらかく美しい音色が特徴。 そのため、オーケストラや吹奏楽といったような、クラシックを主に演奏するような場にはぴったりです。 磨き上げられた木ならではの高級感のある艶も、たいへん魅力的に感じられますよ。 また、木製の管は表現の幅も広いので、「練習してさまざまな表現をできるようになりたい!」という方にもおすすめです。 プラスチック製のものと比べると音を鳴らす際に抵抗感がありますが、練習を重ねることによって徐々に慣れてきます。 ただし、木製のクラリネットはプラスチック製のものに比べるとお値段はお高め。 さらに温度変化や直射日光によって変質し、割れたり変色してしまうことがあるため、取り扱いには注意が必要です。 日本国内の有名楽器店「下倉楽器」にて開発されたオリジナル管楽器ブランド、MARCATO。 クラリネットは台湾で製造されており、比較的安価ではありますが、正確な音程でしっかり鳴ってくれます。 見た目も美しく、コストパフォーマンス重視という方におすすめですよ。 プロ奏者の監修を受けていることもあり、音色は素直で吹きやすいのが特徴です。 ただし、吹き込んでも響きは淡白な印象で、自在に表情をつけるのはやや難しく感じられます。 表情豊かな楽曲を演奏したい際には、やや物足りなく思えるかもしれません。 比較的新しいメーカーのためまだ知名度が低く、店によっては修理を受け付けてもらえないことも。 下倉楽器に送れば修理してくれるため、その点は安心です。 プラスチック製のクラリネットは木製より軽量ですが、それでもクラリネットの演奏に不慣れな方にとってはやや重く感じられるもの。 なるべく軽い楽器を演奏したい方におすすめしたいのが、こちらの製品。 ベルの先に通常ついているメタルリングをなくしたことによって、より軽量となっています。 メタルリングをなくした構造でも、耐久性はばっちり。 その耐久性は、YAMAHA独自の破壊試験により実証されています。 木製のものと異なり傷みにくいので、「どんな環境でも使える、軽くて丈夫なクラリネットが欲しい!」という方にはぴったりです。 また、このクラリネットにはリングが付属しているため、クラリネットストラップをつける際にもアダプタ要らず。 演奏時の負担をとことん減らしたいという要望に応えてくれる楽器です。 材質 プラスチック 初心者モデルの楽器は、楽器を始めたばかりの方でも鳴らしやすいものの、上達すると物足りなく感じられることがあるもの。 初心者の時期はもちろん、上級者になっても長く使い続けられる楽器が欲しいという方におすすめしたいのが、こちらの製品です。 この楽器は、BUFFET CRAMPONの中でもプロご用達の上位モデル「R-13」を元にして作られています。 そのため、BUFFET CRAMPONの楽器の中でもとりわけやわらかくあたたかい音色が特徴です。 しかし、R-13よりも吹奏時の抵抗感が少ないのは初心者には嬉しいポイント。 R-13よりも学生向けにチューンナップされているため、比較的楽にすべての音域を鳴らすことが可能となります。 音色がとても良く、豊かな表現が可能なため、上級者にとっても飽きが来ないこの楽器。 値は張りますが、それだけの価値がある一台だといえるでしょう。 材質 木 BUFFET CRAMPONといえば、あたたかみのある音色が特徴とされるメーカー。 このE-13は初心者向けのモデルとされていますが、BUFFET CRAMPONらしい音色を存分に味わうことができます。 吹奏感はYAMAHAの初心者向けモデルやBUFFET CRAMPONのE-12よりはやや重め。 しかし、初心者の方が「楽器に息を吹き込む」という感覚を掴むには丁度いい抵抗感です。 音色はBUFFET CRAMPONの楽器の中ではやや明るめでバランスが良く、吹いていて楽しい楽器だといえるでしょう。 学生や初心者からの人気も高く、楽器としてのバランスも良いこの一台。 多少のお値段の高さを覚悟で、「せっかく吹くならBUFFET CRAMPONらしい音を奏でてみたい!」という方にはぜひおすすめしたい楽器です。 材質 木 現存する世界最古のクラリネットメーカーとして名高いLeblanc社。 そんなLeblanc社が販売しているこちらのクラリネットは、クラリネットの若手天才奏者といわれるJulian Bliss氏とのコラボレーションによって生まれた楽器です。 他のクラリネットではなかなか見られない独特のベル形状「バックン・ベル」と「バックン・バレル」が、息の入りやすさと豊かな響きを実現しています。 さらに、どの音域でも音程よく均一に鳴ってくれるため、初心者にはうってつけ。 正しい音程の感覚を楽に身につけることができます。 キイの動きが軽く、指がフィットしやすいのも嬉しいポイント。 軽やかな演奏が可能で、細かいところまで気が配られた繊細なつくりのため、上級者になっても愛用し続ける方も多い楽器です。 日本ではあまりメジャーなメーカーの楽器ではありませんが、楽器としての性能の良さとコストパフォーマンスを両立したすばらしいクラリネットだといえるでしょう。 材質 木 BUFFET CRAMPONのエントリーモデルとしてラインナップされているこちらのクラリネット。 しかし、比較的安価ながらBUFFET CRAMPONならではの本格的な雰囲気をしっかり感じることができる音色です。 高音から低音まで音がスムーズにつながるよう設計されており、初心者の方でも滑らかで心地よい吹き心地を楽しむことができるでしょう。 木製でありながら耐久性が重視されているため、吹奏楽部など練習量が多い場合にもぴったり。 吹奏感は比較的軽く、無理な力を入れることなく快適に演奏を行うことができます。 また、ベルリングを廃したことで管体が軽くなっており、クラリネットの演奏に不慣れな方が長時間練習しなければならない場合にも疲れにくくなっているのもありがたいところ。 たくさん練習して上達したい方の強い味方になってくれる一本です。 材質 木 YAMAHAのクラリネットの中でも、特にコストパフォーマンスが高いのがこちらの製品。 他メーカーの入門用モデル程度の安価な価格でありながら、本格的でまろやかな音色と豊かな響きを併せ持っています。 ほどよい抵抗感があるため、上達するにつれて吹きごたえを感じられる楽器だといえるでしょう。 指かけが可動式になっているのも嬉しいポイント。 手の大きさやフォームに合わせて、親指を掛ける位置を自在に調整することができます。 キイのレスポンスも良好で、演奏時の負担もかかりにくい設計です。 管体は木目を生かしたナチュラルフィニッシュとなっており、外観も高級感抜群。 また、この仕上げがYAMAHAらしい明るい音色にさらに磨きをかけています。 初心者から上級者まで飽きが来ないこちらの楽器、おすすめですよ! 材質 木 木製の楽器はプラスチック製のものにはない美しい響きを持ちますが、耐久性に欠け、割れが生じてしまいやすいもの。 しかし、この楽器は長期間シーズニングされた割れに強い木材を使用することで、耐久性を高めています。 たくさん練習したいという方にぜひおすすめしたい一台です。 プラスチック製のJCL-700Sと同様、音孔がかさ上げされているのも嬉しいポイント。 さらに、右手親指の指掛けも可動式となっているため、手が大きくない方でも無理なくクラリネットのキイを押さえられます。 音域ごとのクセも無いので、全ての音域において無理なく鳴らすことが可能。 音程や吹奏感も良好で、学生や初心者の方でも快適な演奏を楽しむことができるでしょう。 材質 木 多くのクラリネット初心者に選ばれている、こちらの楽器。 その理由は、軽い吹奏感と、音域ごとの音のばらつきのなさにあります。 クラリネットの演奏が初めてという方でも無理なくクラリネットらしい音を鳴らせるため、しっかり正しい奏法を身につけることが可能です。 音程も良く、音の移り変わりも非常にスムーズ。 そのため、「クラリネットの演奏はまだ不慣れだけど、他の楽器からこの楽器に持ち替えたら音が快適に出せて、なんだか上手く吹けるようになった気がする!」という声も聞かれます。 管体の仕様はYAMAHAの高級モデル「カスタムVシリーズ」を元にしているので、見た目にも高級感抜群。 また、キイが軽く、操作感が良好なのも嬉しいポイント。 「クラリネットを始めたい!」という方にはぜひ一度吹いてみていただきたい、優秀な一台です。 バランスの良い音色で学生や初心者からの人気も高いモデル 安価に手に入れられる木製の楽器をお探しの方へ 初心者から上級者まで、長く楽器を使い続けたい方に メタルリングなしの軽量設計!軽い楽器が欲しい方へ 手の小さな方でも音孔を押さえやすい特殊設計 最安値.

次の

クラリネット愛好家が教える!クラリネットおすすめランキング10選

クラリネット おすすめ

スポンサードリンク クラリネットソロ曲 初心者におすすめの曲 春の歌:メンデルスゾーン 初心者の方におすすめのクラリネットソロ曲はメンデルスゾーン作曲の 「春の歌」です。 結構有名な曲なので、どこか聞いたことがあると思います。 テンポも速くもなく遅くもなく、 ちょうどいい速さなのでぜひ挑戦してみてください。 初心者の方におすすめの曲なのですが、クラシック音楽なので初心者の方でも 少し経験を積んだ方におすすめの曲です。 美女と野獣:ディズニー音楽 そのほかに初心者の方におすすめのクラリネットソロ曲は、世界的に有名なディズニー映画の 「美女と野獣」です。 とても有名な曲なので、練習曲としてもコンテストやイベントで演奏しても 観客受けする曲です。 「美女と野獣」以外にもディズニー音楽のクラリネットソロの楽譜は、難易度の高いものから低いものまで数多く販売されていますので、ぜひ楽器屋さんで楽譜に目を通して ご自分で演奏できそうなレベルの曲を見つけてください。 クラリネットソロ曲 中級者におすすめの曲 クラリネット協奏曲第3番第1楽章:シュターミッツ 中級者の方におすすめのクラリネットソロ曲はシュターミッツ作曲の 「クラリネット協奏曲第3番第1楽章」です。 曲のスピードはあまり速くありませんが、全体的に高音域で演奏するところや連譜が多めに出てくるので、 難易度は高めですが練習しがいのある曲です。 ネット上に動画も公開されているので、ぜひ一度視聴して見てください。 テンポはゆっくりめで、 これぞフランス音楽と言えるような名曲です。 曲自体は全部で4楽章で構成されています。 作品はサン=サーンスが好んだ簡潔なテクスチュアで書かれ、晩年に作品だけにどこかしっとりとして澄み渡った響きが印象的な曲です。 第1楽章始めののクラリネットの響きにマッチした旋律もとても綺麗です。 クラリネットソロ曲 ソロコンで金賞取るならこの曲がおすすめ! クラリネットソナタ:フランシス プーランク 曲の構成は全部で3楽章からなり、全曲を通して通奏すると約13分かかるので 演奏時間もちょうどいいと思います。 曲が始まったばかりの慌ただしい雰囲気から一転して、今度は緩やかなスピードでしんみり聴かせると思えば、また慌しく高音域での連譜が登場しまくるなど、テンポや雰囲気の移り変わりがあるので 曲としての難易度は高いです。 また曲のスピードが緩やかになってくると 「音を聴かせる」ことになるので、曲や強弱、緩急などの表現力も必要になってきます。 難易度の高いテクニックが必要になりますが、挑戦しがいがある曲なのでぜひ挑戦して見てください。 ネット上にこの曲を演奏している動画も公開されているので、ぜひ一度視聴してイメージをつかんでみてください。 まとめ おすすめのクラリネットソロ曲を難易度別でご紹介しました。 どの曲もソロコンで金賞が取れそうな曲です。 (完成度によりますけどね^^) いかがだったでしょうか? ソロでの演奏は文字通り一人で演奏しないといけないですし、失敗すると目立ってしまうので勇気がいると思います。 しかしいい度胸付けになりますし、自分のレベルが丸裸になるので、いまの 自分の実力を知ることができるいい機会になります。 また一人だからこそ他の人に気を使わずに 完成度を高めることができ、 自分の音楽性を追求することができ、表現することができる機会にもなります。 ぜひソロでの演奏に挑戦して、 観客の賞賛を独り占めしてください。

次の