田畑 政治。 水泳ニッポンの父 田畑政治(たばた まさじ)/浜松市

田畑政治は浜松からどう世界に飛び立った?19年大河主役の生い立ち

田畑 政治

田畑政治は東京オリンピック誘致の立役者!息子はNHKの元理事長 田畑政治は東京オリンピック誘致の立役者!経歴は? 元朝日新聞記者の田畑政治(たばたけまさじ)は、1964年に行われた東京オリンピックの誘致活動において多大な功績を残した人物です。 新聞記者として働く一方で、水泳の指導者として、日本代表の監督や日本水泳連盟の会長職も務めていた田畑政治。 自身の泳力も選手並みだったものの、盲腸や大腸カタルといった病を患ったため、選手としてではなく指導者として日本の水泳界を支えていました。 水泳の国内大会や世界大会などが日本で行われるようになったのも、プールが整備されたのも、田畑政治がいたからだと言われています。 戦前から、オリンピック誘致を訴えていたのも田畑政治でした。 1959年に東京オリンピック開催が決まってからは、オリンピック組織委員会の事務総長に就任。 日本チームが優位になれそうなバレーボールや柔道をオリンピック種目に採用するよう働きかけ、日本選手が活躍する場を増やしました。 しかし、東京オリンピック開催を目前にした1962年に、インドネシアで行われたアジア競技大会で、国際政治絡みの騒動に巻き込まれたため、事務総長を辞任。 以降は、オリンピック組織委員会の一委員として、ほぼ手弁当で選手たちを激励したと言います。 とはいえ、東京オリンピック誘致から実現まで尽力し続けた田畑政治は、後に、国際スポーツ連絡協議会議長や、日本オリンピック委員会会長などの要職を歴任。 ロサンゼルスオリンピックを観戦した2週間後の1984年8月に死去しました。 享年87歳でした。 田畑政治の息子はNHKの元理事長!親戚もすごかった 東京オリンピックの誘致に大きな功績を残した田畑政治には1男2女、3人の子供がいます。 長男の田畑和宏もまた、NHKに入社し、理事長にまで上り詰めたというやり手の人物です。 実は、テレビ業界で活躍したのは息子だけではありません。 田畑政治の従兄弟にあたる水野成夫は、フジテレビを創業して、初代社長を務めた人物です。 テレビのみならず、文化放送や産業経済新聞社の社長も務め、フジサンケイグループの基礎を築き上げ、「財界四天王」の1人に数えられました。 田畑政治の伝記が人気!大河ドラマ「いだてん」の主人公に 田畑政治の伝記が人気!今じゃ手に入らないレアものも 東京オリンピック開催の立役者と言える田畑政治については、これまでいくつかの本が出版されてきました。 まさにオリンピックと共に歩んだ田畑政治の半生を題材に、1985年に出版されたのが「人間 田畑政治」。 彼の幼少時代から、日本を代表してオリンピック誘致に尽くした歴史が綴られている本書は、現在は絶版となっているため手に入りにくく、中古本が高値で取引されている状況です。 しかし、入手可能なものもあります。 草思社文庫より発売されている、「東京オリンピックへの遥かな道」。 サブタイトルに「招致活動の奇跡1930-1964」とある通り、国民を元気づけるためにオリンピック開催を目指した、田畑政治ら関係者の奮闘ぶりが綴られています。 また、幸田真音の「この日のために 池田勇人・東京五輪への軌跡」は、池田勇人首相を主人公に据えた物語ですが、もう1人の主役として田畑政治が登場。 「2020年の東京オリンピックを控えてタイムリーな本」だと人気です。 田畑政治が大河ドラマ「いだてん」の主人公に!演じるのは阿部サダヲ 田畑政治らが開催にこぎつけた1964年から56年後の2020年に、再び東京オリンピックが行われることを受けて、2019年のNHK大河ドラマが「いだてん~東京オリンピック噺~」となることが発表されました。 「いだてん」では、1964年に東京オリンピックが開催されるまでの52年という歴史を、1912年のストックホルムから、1936年のベルリン、1964年の東京オリンピックを軸にドラマ化。 前半の主人公が、日本初のオリンピック選手となった男子マラソンの金栗四三で、田畑政治は、ドラマ後半の主人公として登場します。 キャスティングもすでに公表されており、金栗四三を演じるのは中村勘九郎で、田畑政治は阿部サダヲです。 彼が起用されたのは、「執念でオリンピックを東京に持ってきた熱すぎる男を暑苦しくなく、笑えるように演じてくれる」から。 阿部サダヲは「プレッシャーはすごくあるが、面白ろそう」と心境を語っています。 田畑政治の故郷・浜松市が再び熱い! 田畑政治の故郷である浜松市は、2017年に放送されていたNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の舞台となり、放送が終了してもなお盛り上がっていると言います。 さらに、2019年には、主人公の1人が田畑政治の大河ドラマ「いだてん」が放送されると決まったことで、「このチャンスを逃してはならない」と、地元の浜松商工会議所がいろいろなプロジェクトを企画中です。 現在は、「田畑政治といえばオリンピック、オリンピックといえばスポーツ、スポーツといえば健康」ということで、健康を意識した食事を推進する企画が進行中とか。 今後、「いだてん」に関するニュースが増えていけば、おのずと注目度も上がっていくことでしょう。 田畑政治は、1964年の東京オリンピックをたゆまぬ努力で勝ち取り、日本が国際社会に迎えられる契機を生み出しました。 今は亡き田畑政治が、時代を飛び越えて、今度は、2020年の東京オリンピックに向けて、日本人の健康意識を改善する立役者になるとは面白いものですね。 2020年に向けて国内が盛り上がっていく中で、脚光を浴び始めた田畑政治。 彼がオリンピック誘致に必死になった理由や、その生き様を深く知ることで、来る東京オリンピックをより楽しめるようになるかもしれません。

次の

田畑政治(たばたまさじ)プロフィールと経歴|家系図と子孫は?|はぐれめたる

田畑 政治

2019年NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』の主人公・田畑政治の熱い生涯! 戦前・戦後と日本のスポーツ界の発展に尽力し、1964年の東京オリンピック招致を成功に導いた田畑政治。 その最も身近に接してきた著者が、『田畑政治オリンピック回想録』出版に向けて田畑政治みずからが語った原稿を元に、オリンピックに生涯をささげたその熱い生きざまを描く。 新聞記者、水泳指導者として活動し、1932年ロサンゼルスオリンピックで水泳監督を務めた。 1939年、大日本水泳連盟理事長、1947年には日本水泳連盟の会長に就任。 1956年メルボルンオリンピックでは日本選手団団長を務める。 戦後、東京へのオリンピック招致を訴え、招致活動の中心人物として活躍、東京開催が決定すると、その組織委員会の事務総長に就任し、開催に向けて活動した。 1973年~1977年には日本オリンピック委員会(JOC)委員長を務めた。 (モクダイテツオ) 1927年東京生まれ。 スポーツニッポン新聞社評論担当、OYC(オリンピック青年協議会)理事長、メーデースポーツ祭典大会理事長などを歴任。 1964年、東京オリンピックに際しては、東京オリンピック選手強化対策本部幹事、選手村情報センター長、選手村新聞編集長として大会運営に参画。 また、世界青年平和友好祭では、1962年(フィンランド)日本スポーツ団長、1968年(ブルガリア)日本代表団長を務め、1965年、日ソ青年バイカル湖祭典には日本代表として訪ソするなど、この間数十度にわたって、ソビエト・ヨーロッパ・アジアの各国を訪問、海外のスポーツ事情の視察、交流に尽力した。 1998年死去。 著書に、『モスクワへの招待』『ハンガリーへの招待』『弁証法的練習法』、共訳書に、ア・スヴェトフ『スポーツの魅力』などがある。

次の

田畑政治は東京オリンピック誘致の立役者!故郷・浜松が大河ドラマ「いだてん」をバックアップ

田畑 政治

東京オリンピックの前年、2019年に放送される宮藤官九郎脚本の大河ドラマ「いだてん」。 地元浜名湾から世界へ、田畑政治は日本水泳界のキーマン 田畑政治(たばた まさじ)は1898年(明治31年)12月1日に静岡県浜松市中区成子町の造り酒屋で生まれます。 地元でも有名な名家で知られており、とても裕福な家庭で育ちました。 かつての浜名郡舞坂町に別荘を持っており、そこからほど近い浜名湾の存在が、その後の彼の人生を大きく左右するのでした。 浜名湾で育ったエース水泳選手、しかし若くして選手生活を断念 別荘近くの浜名湾で子供の頃から水泳を始めた田畑政治。 田畑も「遠州学友会水泳部」に参加します。 すると、子供の頃からの水泳経験もあってか相当な腕前を発揮してゆきやがて「遠州学友会水泳部」のエースと言われるほどに成長してゆきます。 しかし、中学(浜松北高校)4年生の時、慢性盲腸炎と大腸カタルを併発してしまい、水泳選手としての道は閉ざされてしまいます。 それは医者が「泳いだら死ぬ」とまで言うほどに重い症状だったのです。 子供の頃から浜名湾で鍛え上げてきた水泳選手として、この先いっさいの水泳を断念するにはあまりにも早すぎました。 田畑政治、水泳指導者として浜名湾から世界へ しかし、さすが東京オリンピックを招致し成功に導いた男、これくらいの事で水泳を諦める事はありません。 水泳指導者の道を目指す事にしたのです。 その目標は大きく、「水泳で浜名湾を日本一にする」というものです。 彼は地元の旧制浜名中学の後輩の育成に注力し、地元大会での優勝を実現してみせます。 さらに田畑は周辺の水泳部を盛り上げる活動を始め、「浜名湾遊泳協会」を組織します。 これは全国規模の組織「日本水泳連盟」の設立より8年も早い出来事です。 田畑は東京帝国大学(現在の東京大学)に進学しますが、休みになれば浜名湾に戻り後輩の指導、水泳の普及に努めていきます。 このころから、スポーツを組織、運営していく才の片鱗をのぞかせます。 ついには水泳全国大会の開催を企画、記念すべき第一回大会で日本一の称号を獲得することはかないませんでしたが、幾度となく挑戦し遂には田畑の浜名湾チームが日本一を達成します。 しかしそこでも田畑の挑戦は終わりません、次は世界一をめざしたのです。 しかし、戦争という抗いようのないとても大きな壁が田畑の前に立ち塞がります。 田畑政治の苦悩:戦時中の日本オリンピック招致。 スポーツを通して敗戦後の日本復興の希望を作る。 東京帝国大学を卒業した田畑は朝日新聞社に入社し、政友会を担当します。 政治家とのパイプづくりを進めながらも、やはり休みには浜名湾に戻って後輩の育成に力を入れます。 やがては「日本陸上水上競技連盟」の理事となり「オリンピック第一主義」を提唱し、昭和3年アムステルダムオリンピック、昭和7年ロサンゼルスオリンピック、昭和11年ベルリンオリンピックで日本水泳チームを主導します。 これらの国際大会で日本チームは華々しい活躍を見せ、水泳大国日本を世界に大きくアピールすることに成功しました。 そして昭和15年、いよいよ日本でのオリンピック開催を目指して田畑は動き出しますが、昭和12年から続いていた日中戦争が障害となります。 幻の東京オリンピック 当時日本は紀元2600年記念行事(神武天皇即位紀元(皇紀)2600年を祝った一連の行事)として、昭和15年、1940年に東京でのオリンピック開催を目指し招致活動を行っていました。 開催に名乗り出た都市は「日本」「ヘルシンキ」「ローマ」の3都市。 この時の最有力候補はローマでした。 ローマから開催地を勝ち取るのは非常に難しいとされましたが、この当時のイタリア首相ムッソリーニに日本政府が働きかけ、ローマは開催から辞退するこになりました。 そしてヘルシンキとの招致対決に勝ち、昭和15年、1940年東京オリンピック開催が決まります。 しかし、複雑な国際情勢から国内からも反発の声が上がってきます。 昭和12年の国会で、後の日本陸上競技連盟の会長でもある衆議院議員河野一郎が「今日のような一触即発の国際情勢において、オリンピックを開催するのはいかがと思う」と発言。 実際にこの年の7月に盧溝橋事件が勃発、日本と中国は戦闘状態になり、さらに戦域は拡大していき日中戦争に突入していきます。 日中戦争が長期化するにつれ国内の資源も枯渇してゆき、オリンピック競技会場の建設資源もままならなくなってしまいました。 水泳だけでなくスポーツ全体にも軍部から圧力がかり、スポーツ自体が禁止になるまで事態は悪化。 やむなく1940年東京オリンピックは開催中止となってしまいました。 ちなみに開催地はヘルシンキへと変更されましたが、これも第二次大戦の激化に伴い中止となっています。 そんななか田畑はオリンピック中止に落ち込むこともなく、まだ日本には経験が足りていなかったんだと前向きに考えていたようです。 軍部から解散を命じられていた「日本陸上水上協議会」も解散させる事なく、なんと終戦の2ヶ月後には「日本水泳連盟」と名称を改め、水泳、そしてスポーツ全体の復興を目指してゆきます。 国際舞台復帰の交渉 田畑は終戦から2年後の昭和22年に、日本オリンピック委員会の総務主事に就任します。 1948年ロンドンオリンピックへの参加を目指しましたが、イギリスは大戦の敗戦国である日本、ドイツの選手団の参加を認めません。 田畑はこれに激怒し抗議しますが、「スポーツと政治は別」というスポーツの常識は通用しませんでした。 さらに当時の日本には、「フジヤマのトビウオ」とも呼ばれていた古橋廣之進選手がおり、日本選手権大会において「400m 4分38秒」という世界記録を樹立するも、日本が国際水泳連盟からも脱退させられていたため公式記録として認められませんでした。 田畑は再び日本が国際大会、なによりオリンピックに復帰する目標を果たすべく奔走します。 まずは日本の、国際オリンピック委員会(IOC)加盟が認められなければなりません。 田畑は巧みな政治力を発揮しその道を進み出しました。 手始めに、親交のあったアメリカ水泳チームの監督に働きかけ国際水泳連盟に復帰します。 早速ロサンゼルスで開催される水泳大会への参加を計画します。 しかし、その当時の日本はGHQの占領下にあり、様々な規制を受けている状況下にあっては、水泳チームのアメリカ遠征など夢のまた夢のように思われました。 ところが田畑は知っていたのです。 GHQ総司令ダグラス・マッカーサーがスポーツに明るい人物であるという事を。 各方面からマッカーサーにコンタクトを取り続けた結果、「徹底的にアメリカ選手をやっつけろ」といった激しいエールも受け取り、結果ロサンゼルス大会に参加することができました。 結果は、古橋廣之進、橋爪四郎による数々の世界記録樹立という輝かしいものでした。 このことにより、世界中に日本水泳チームの存在をアピールすることができたのです。 この日本水泳チームの活躍や、マッカーサー司令のIOCへの日本の復帰要請などもあり、日本は昭和27年、ヘルシンキオリンピックにて念願のオリンピック復帰をはたします。 念願の東京オリンピック開催へ ヘルシンキオリンピックから帰国した田畑はある野望を胸に抱いていました。 それは一度は潰えた東京でのオリンピック開催です。 ヘルシンキオリンピックはそれほど大きな規模の大会ではなく、これならば東京でもやれると確信していたのです。 そして、「オリンピックは金になる」というヘルシンキオリンピック会長の言葉に背中を押され、当時の総理大臣岸信介らを説得し国家事業として東京オリンピック招致へ向けて動きだします。 狙いは昭和39年、1946年の東京オリンピック開催です。 1946年開催を巡っては、「デトロイト」「ウィーン」「ブリュッセル」との招致合戦となりました。 招致活動では祖国思いの日系2世であり実業家のフレッド・イサム・ワダが、私費を投じて中南米各国を訪れ票集めに奔走。 11都市中うまくいけば10票は集めれるだろうという最高の結果をもたらします。 ヨーロッパでの活動は、元皇族の竹田恒徳が投票権をもっていた貴族達に働きかけ説得を試みました。 そしてIOCでのプレゼンテーションでは、日本は15分という短い時間で東京をアピール、見事東京でのオリンピック開催を勝ち取ったのです。 田畑は即座に東京オリンピック組織委員会を発足。 自身は事務総長の座につきます。 田畑は、日本が多くのメダルが獲得できるようにと、女子バレーと柔道を正式競技に採用するよう働きかけるなどオリンピックの内容変革に向けても尽力します。 しかし、お金が絡めば政治が絡むのは必然。 戦後の複雑な国際情勢なども絡み、田畑は東京オリンピック組織委員会事務総長を辞任する事となってしまいます。 辞任してもなお田畑はこう言い残したといいます。 「レールは敷いた。 後は誰が事務総長をやっても、事務局さえしっかりしてくれればできる」と。 その後、無事に開催された東京オリンピック。 田畑政治はオリンピック組織委員会の最前列に立ち選手達を応援しました。 まとめ:田畑政治の人生 浜松湾で水泳選手を目指すも病気で引退、戦争で無くなった幻の東京オリンピック、1946年東京オリンピック招致後の政治闘争、など一連の社会変動の中心で波乱万丈な人生を送った田畑政治。 晩年の昭和59年、ロサンゼルスオリンピック開会間際に危篤状態に陥ったものの、なんとか開会直前に意識を取り戻します。 その時、病室でオリンピック開会式を観戦する目には涙が溢れていたそうです。 田畑はロサンゼルス・オリンピック閉会式までしっかりとみとどけ、その閉会式が終わった2週間後にこの世を去りました。 浜松から世界へ、オリンピック第一主義を貫いた東京五輪の立役者、田畑政治。 2019年の大河ドラマでは阿部サダヲさんがどのように演じてくれるのか、今から楽しみですね。

次の