右手 指先 の しびれ。 気になる右手の薬指のしびれにはこんな病気が隠れています!

唇と手が同時にしびれる病気|手足のしびれをケース別に分析

右手 指先 の しびれ

「なぜか右手だけにしびれを感じる。 」 「何も思い当たる事はしてないと思うが、右手がしびれる。 」 このように右手だけがしびれる場合は、 肩コリや姿勢不良からくる一時的な場合と、 何かの病気の初期症状で慢性的にしびれが続く場合が考えられます。 多くの場合は一時的なしびれに分類されますが、あなたの右手の症状を確認していただき原因を探ってもらいたいと思います。 ですが、やはり最終的には自己判断で終わらせずに、1度は医療機関を受診することをお勧め致します。 それが、あなたの辛い症状を改善していくスタートになりますよ。 そこで、ここでは右手がしびれる原因や病気について紹介していきますね。 右手のしびれ まずは『4』つの原因を挙げていきますね。 肩コリ 肩こりは右手のしびれを起こす原因のひとつです。 肩コリが生じると、肩の筋肉が固くなってしまい周囲の血管や神経を圧迫してしまいます。 特に、頚椎(首)から右腕の方に続く神経根が圧迫されやすく、右手に痛みやしびれが生じやすくなるのです。 肩コリで筋肉や血管が圧迫されていると左手に症状は表れずに右手のみしびれが表れる場合が多いのです。 このような肩コリによって生じるしびれは力を抜き、リラックスしたり、軽い運動をすると自然と改善されることが多いです。 また、根本的な原因である肩コリを解消していけば、しびれの症状の治りも早くなります。 冷え 体が冷えてしまうと血行の流れが悪くなり、しびれを引き起こす原因となります。 特に手先は心臓から離れている体の部位で、末梢血管の血行は滞りやすくしびれを引き起こしやすくなっています。 体の血液の流れや体勢によって右手のみにしびれの症状が表れることもあります。 姿勢不良 デスクワークなどで猫背などの悪い姿勢を続けていると、疲労がたまりやすくなり右手にしびれが生じやすくなってしまいます。 パソコンの操作、マウスの操作、勉強などで右手を酷使するような作業を続けていると、しびれは起きやすくなってしまいます。 このように長時間作業をするときは、姿勢を正し、適度に右手をマッサージするなどのケアを行っていくようにしましょう。 ストレス 精神的なストレスでも右手のしびれを起こす原因となります。 ストレスを溜め込んでしまうと、体の生理機能をコントロールしている自律神経が乱れてしまいます。 自律神経は血液の流れもコントロールしていますので、これにより右手の血液の流れが悪くなりしびれが生じることもあります。 右手がしびれる病気 ここからは一時的ではなく長期間症状がでてくる場合のものを挙げていきます。 右手だけにしびれが生じる場合は神経疾患や脳疾患などの病気の症状のひとつである可能性も疑われますので注意しましょうね。 多くの病気では特徴的な症状が表れますので、確認していただき医療機関を受診することをお勧め致します。 頚椎ヘルニア 人は重たい頭を首だけで支えているのですが、首には頚椎(けいつい)と呼ばれる背骨が7つあり、それぞれの頚椎のすぐそばを想像以上に多くの神経が走行しています。 頚椎ヘルニアと同じような症状のでる頚椎症という病気もあるのですが、これは加齢っや負担の集中などによる骨の変化によって肩の痛みや手のしびれなどが出る病気で、椎間板ヘルニアとは別です。 60歳以上の方でレントゲンを撮ると、4人に1人くらいは症状がなくてもレントゲン写真上では骨が変化しています。 その中でどれくらいの方に症状が出てくるかはわかっていませんが、骨の変化の上では多くの方が頚椎ヘルニアや頚椎症と診断されやすい状態になっているのです。 不良姿勢などの積み重ね• 加齢的変化• 交通事故などの外傷• 運動などによる負荷 などが、頚椎ヘルニア・頚椎症を引き起こしてしまう原因になります。 やはりまず挙げられるのは 姿勢の悪さ。 感じてしまう 猫背ですが、じつは首にかかる負担は、まっすぐ立った時に対して 約3倍に増えるのです。 ただでさえ人間の頭は6kgほどありますから、 猫背の状態では20kg近くの負荷がかかっていることになります。 猫背になりがちなデスクワークのときには1時間に1回は休憩をして、首を休ませてあげましょう。 スポーツが原因というのもよく見られます。 体をひねる水泳やゴルフ、格闘技やテニスなどのハードなスポーツに多いですね。 そのなかでも特に、プロレスラーには高い確率で頚椎ヘルニアが起こります。 ラグビーやアメリカンフットボールなどのコンタクトスポーツではとても多い外傷の一つです。 ほか、交通事故やケガによって椎間板を痛めるケースもあります。 また 加齢による骨の老化も原因となり、頚椎ヘルニアの患者で 1番多い年代は50〜60代の中高年なんです。 ヘルニアとは、「飛び出す」という意味です。 椎間板ヘルニアとは、文字どおり中身である髄核が飛び出してしまう症状です。 頚椎ヘルニア・頚椎症の原因として、20歳代からすでにはじまる椎間板の「加齢的変化」や、「不良姿勢」などの背骨にかかる負荷の積み重ねにより、線維輪がふくらんだり、亀裂が生じて中身である髄核が外にはみ出します。 この結果、脊髄や神経根を圧迫して症状があらわれるのです。 そして、7つの頚椎の上から数えて4番目、5番目、6番目、7番目にあたる神経は、手や腕に繋がっているため、圧迫されてしまうと、手や腕のしびれ、握力低下などが生じます。 一方、上から1番目、2番目、3番目までにある神経は、頭に繋がっており、これらが圧迫されると、 頭痛・吐き気・眼精疲労・視力低下・耳鳴りなどの、頭部を中心とした症状が起きます。 このように、症状が頚椎ヘルニアの特徴の一つです。 手根管症候群 右手の親指、人差し指、中指など親指側の半分にしびれが生じる場合は手根管症候群の疑いが持たれます。 手のひらと手首の境目ぐらいに手根骨と横手根靭帯がありこの間がトンネルみたいになっており、そこを正中神経が通っています。 この正中神経が手を使い過ぎることで筋肉が硬くなっていき、筋肉とセットになっている腱が太くなることで神経を圧迫して痛みが出てくることを手根管症候群と言います。 ただ先ほど述べたように手首を酷使するデスクワークなどを仕事にしている人が手に痛みや痺れが出てきたとします。 しかし、 同じ労働環境の同僚は痛みや痺れは一切出ないことも意外と多いのです。 特に、朝起きたときに症状が強く感じるという特徴があるので確認してみましょう。 肘部管症候群 一方で、小指、薬指など小指側半分がしびれる場合は肘部管症候群の疑いが持たれます。 肘部管症候群は肘を曲げたときに症状が強くなり、さらに夜や明け方にもしびれが生じやすくなるのが特徴です。 また、肘の内側を軽くたたいたときに右手の小指側にしびれが出る場合は肘部管症候群の可能性が高いです。 肘部管症候群は野球などのスポーツや加齢によって肘が変形し、尺骨神経が圧迫されてしまうことで起こります。 自律神経失調症 精神的ストレスによって自律神経が乱れてしまい、それが右手のしびれの原因となります。 さらに、この症状が悪化すると自律神経失調症になってしまい、慢性的な右手のしびれとともに以下のような症状も表れます。 体がだるくなる• 手足のしびれ• 眠れなくなる• 不安になりやすくなる• やる気が起こらない このように、身体的にも精神的にもさまざまな症状が表れてくるのです。 なので、ストレスによりしびれが生じている場合は、自律神経失調症の症状が悪化する前にしっかりと対処していくようにしましょう。 対処法としては、根本的な精神的ストレスを解消していく方法がおすすめです。 睡眠時間をしっかり確保し、適度な運動を心がけるだけでも大きく変わってきますのでぜひ実践してみてください。 胸郭出口症候群• 斜角筋症候群• 肋鎖症候群• 小胸筋・過外転症候群 胸郭出口症候群では、首から肩にかけての部分で神経、血管圧迫により手にしびれが出たり、冷え、肩コリ、腕の痛みなどの症状があらわれる病気です。 特に右側の胸部での圧迫が原因となると、右手がしびれる症状が初期に表れやすいのです。 症状が急激に現れることは少なく、この場合も肩こりくらいですが、徐々に指先や手のしびれ、だるさ、冷えが出てきたりします。 さらに悪化すると、指先や手の感覚異常、ペットボトルのキャップが開けられないというような力が入りにくいなどの症状も現れます。 吊革につかまる、高い所に洗濯物を干すように手を挙げたり、重い荷物を肩に掛けたりすると悪化し、お風呂などで温めると楽にな場合がみられます。 長時間のデスクワークやスマホの操作時などに、背中を丸めてしまい体の前面が圧迫される姿勢になり、首から鎖骨にかけて胸郭出口と呼ばれる部分が狭くなってしまい、それに伴って血行不良が起こるのです。 骨格上、なで肩の女性や筋肉質な男性で起こりやすい病気とされています。 脳疾患 くも膜下出血、脳腫瘍、脳出血など脳の疾患が原因で右手にしびれが生じている可能性も考えられます。 脳血管が何らかの原因で動脈硬化により血液が行き渡らなくなったり、出血したりしてしまうと、そのダメージを受けた脳の部位によってさまざまな障害を引き起こしてしまうのです。 右手のしびれはそのうちの症状のひとつであり、悪化すると吐き気や頭痛、めまい、体の他の部位のしびれといった症状も表れてきます。 脳疾患は重大な病気につながることも多いので、早期に病院で治療を行うことが大切です。 まとめ 以上に挙げた原因などに当てはまらなくても、右手のしびれが気になる場合や長期的に症状がある場合は、病院で検査してもらうことをお勧めします。 何もないようでしたら一安心ですし、何かあった場合は手遅れになる前に対応できますからね。 投薬等でもなかなか改善せず、悪化するようなら手術も考えなければいけなくなる場合もあります。 そうなるととても不安ですし手術をして症状が再発しなくなれば良いですが、それも難しいと思います。 右手の症状が改善するに越したことはありませんので、ほったらかしにすることだけはやめましょうね。 そうなる前に1度当院にご相談下されば、きっとあなたのお役にたてると思います。 少しでも改善のお役に立てると幸いです。 新着記事•

次の

手の指先がしびれる9つの原因!重大な病気に注意しよう!

右手 指先 の しびれ

人差し指がしびれる3つの原因 指にしびれが生じると何か深刻な病気ではないかと不安になってしまいますが、血行不良などの生理的な原因であるケースが多いです。 そこでまずは病気以外でしびれが生じる3つの原因についてお伝えしていきます。 血行不良 人差し指がしびれてしまうよくある原因は血行不良によるものです。 手や手首、腕を長時間圧迫したり、不自然な体勢を取り続けていることにより人差し指に血が回らなくなり、しびれが生じてしまうのです。 正座をしていて足がしびれてしまったり、腕を枕のようにして寝ていて手がしびれてしまったりといった経験がある方も多いのではないでしょうか。 これも血行不良によるしびれにより起きていて、同様の原理で人差し指にしびれが生じてしまうことがあるのです。 血行不良によるしびれの場合は基本的に安静にして放っておけば自然と治るので特に心配する必要はありません。 冷え 指は体の中心部から離れており、とても冷えやすい部位です。 指が冷えると血液の巡りも悪くなり、ジーンと指がしびれるような症状があらわれることがあります。 冬場に起こるしもやけと同じ原理ですが、 自覚している以上に指先は冷えていてしびれを感じることがあるので注意しなければなりません。 冷えによって人差し指がしびれてしまった場合は、やはり温めることが一番効果的です。 カイロやホットタオルを当てたりして指を温めることでしびれを解消できるはずです。 指神経麻痺 しびれが長時間続く場合は指神経麻痺である可能性が考えられます。 指神経麻痺とは、何らかの原因で指の神経が慢性的に圧迫されてしびれが生じてしまうことを言います。 また、しびれだけでなく症状によっては痛み、腫れ、指に力が入らない、といった症状もあらわれるのが特徴的です。 指神経麻痺は、指をたくさん使った後などに起こることが多いです。 代表的な原因は以下のようなことがあげられます。 長時間キーボードをたたきすぎた• 長時間筆記をしていた• 楽器の練習をしすぎた 他にも家事や仕事などで指神経を長時間圧迫することにつながらるとしびれが生じてしまうのです。 人差し指がしびれる病気 人差し指のしびれが頻繁に起きる場合、慢性的に続く場合は何かの病気が原因となっていないかチェックする必要があります。 そこで、ここでは人差し指にしびれを生じさせる代表的な4種類の病気についてお伝えしていきます。 手根管症候群 手の人差し指がしびれる病気で最も可能性が高いのが手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)という病気です。 手根管症候群になるとまず初めに人差し指のしびれが生じます。 そこから徐々に中指や親指、薬指へとしびれや痛みが広がっていきます。 特にこの指のしびれの症状は朝、起床時に生じやすいのが特徴的です。 なので、寝起きに人差し指にしびれが生じるようであれば手根管症候群を疑ってみましょう。 そもそも手根管とは、手首にある指を曲げるための筋肉の腱の通り道です。 この手根管の中で神経が圧迫を受けることにより手根管症候群となってしまうのです。 手根管症候群を発症してしまう主な原因は手や指の使いすぎです。 パソコンやスマホの使いすぎや仕事や家事で手を酷使するような場合に発症しやすいのです。 手を使いすぎると、手根管内の内圧が増してしまったり、腱鞘炎を起こして手根管症候群につながってしまうのです。 また、妊娠や出産によってもホルモンバランスの変化が影響して手根管症候群は起こりやすくなります。 参考: 胸郭出口症候群 胸郭出口症候群とは、鎖骨のあたりにある指に続く末梢神経が圧迫されることでしびれやだるさを感じてしまう病気です。 特に、電車のつり革につかまるときなど腕をあげる動作をしたときにしびれを感じることが多くなります。 20〜30代の女性に多く、なで肩で首が長いと発症するケースが多いとされています。 頚椎椎間板ヘルニア 頸椎椎間板ヘルニアは、頚椎(首の骨)で起こる病気で椎間板が神経を圧迫してしまうことで人差し指にしびれが生じてしまうことがあります。 指のしびれとともに肩や首に凝りや痛みがする場合は頚椎椎間板ヘルニアを疑うようにしましょう。 特に30〜50代の世代で起こりやすいとされています。 参考: 糖尿病 糖尿病の合併症のひとつである糖尿病神経障害によっても人差し指にしびれが生じます。 糖尿病神経障害は糖尿病の合併症の中でも症状が早期にあらわれやすく、発症頻度も高いので注意しなければなりません。 糖尿病神経障害が起こるメカニズムは未だ明確にはなってしませんが、指先につながる末梢神経が障害を受けることで、手足に「じんじん」「ぴりぴり」といったしびれや痛みが生じます。 人差し指にしびれがあるときの対処法 安静にする 人差し指にしびれを感じた場合は、まずは手を休めて安静にすることが大切です。 単発的に人差し指がしびれるとき多くの場合は血行不良や冷えが原因となっています。 特に不自然な体勢を取っていたり、手を酷使したという自覚がある場合は腕全体をリラックスさせることが重要です。 人差し指をマッサージする 指先は血の巡りが悪くなりやすく、血行不良によりしびれを感じてしまうことがよくあります。 そこで、しびれを感じる部分を中心に優しく揉みほぐすようにマッサージをすることで血液の流れを促進させることができます。 指先を温める 冷えや血行不良による場合、指先を温めることで症状を改善させることができます。 他にも、肩こりや首こりを感じる場合は頚椎椎間板ヘルニアによる指先のしびれも原因として考えられるので、温かいお風呂に入浴して凝りをほぐすといいでしょう。 病院へ行く しびれが頻繁に起こる場合、しびれの症状が激しい場合、痛みや腫れなどの他の症状も伴う場合は病院を受診するようにしましょう。 このような場合は、手根管症候群などの病気である可能性も考えられるので念のため検査してもらうことをおすすめします。 手のしびれは何科に受診すればいいのか迷ってしまうかもしれませんが、 内科あるいは 整形外科に行けば問題ありません。 ただ、内科や整形外科の検査で原因がはっきりと分からなかった場合や、より精密に検査したい場合は神経内科や脳神経外科で受診するといいでしょう。

次の

指先のしびれ(ピリピリする)は病気やストレスから発生。左手と右手で違う原因に要注意!

右手 指先 の しびれ

参考: 2. 手根管症候群 手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)、あまり聞きなれない病気ですが、指先のしびれの原因として多い病気の一つです。 手の神経は手首の部分にある手根管という管を通って繋がっているのですが、その手根管の中で神経が圧迫されると、指先にしびれや痛みを感じるのです。 手根管で圧迫される神経は親指から薬指の中指側半分を支配している為、親指から薬指に強いしびれが現れ、小指にはしびれが出ない、手のひらにしびれを感じるが、手の甲側にはしびれを感じないといった特徴があります。 夜間と早朝にしびれが現れやすく、妊娠や出産時の女性が発症するケースが多いことから、女性ホルモンと何らかの関連があると言われていますが、詳しいことはまだ解明されていません。 手根管症候群の怖いところは、症状がすすむとしびれをあまり感じにくくなるところです。 結果、治ったと勘違いして、放置され、水面下で症状が進行してしまうケースがあります。 ですので、上記のような症状が出た時は早めに病院に行き、適切な処置を受けましょう。 参考: 3. 指神経麻痺 指神経麻痺とは、指の神経が刺激を受けることによって起こる感覚障害です。 指の神経には、正中神経と尺骨(しゃっこつ)神経という2本の神経がありますが、これらの神経のどこか一部を常に圧迫するような動作をするとしびれが発生します。 道具や楽器を継続して同じ動作で使用すると、指の一部に強い刺激があたり、その部分の指神経が圧迫されるのです。 この場合は、負担が軽くなるような工夫をすることで改善されます。 糖尿病 糖尿病の症状として、手足の指先にしびれが発生する場合があります。 私たちは食事をすると体内で必要なブドウ糖を生産し、膵臓で作られているインスリンで身体の細部にまで運んでくれるのですが、糖尿病になるとインスリンが正常に働かなくなり、血液に糖が溢れ、血管に負担をかけることによる血行不良でしびれが発生すると言われています。 この場合の特徴としては、 しびれが指先から中心部にひろがっていく、左右同時に発生する、全ての指でしびれを感じるといったものがあります。 症状が悪化すると、痛みに変わったり、指先から身体の中心部にまで症状が進行したりします。 さらに悪化すると、神経が麻痺してしまい、感覚がなくなってしまいます。 とても怖いですよね。 早めに病院に行って相談をしましょう。 参考: 5. 脳障害 脳梗塞などの脳障害の場合にも指先にしびれが出ることがあります。 脳梗塞とは頭の血管が詰まることで、脳に血液が行かなくなることで発症します。 動脈硬化により、脳に流れる動脈の内腔が細くなった部分があると、血圧の変動などにより、脳へ運ばれる血液の量、血流が減少します。 減少した血流の先が手足の感覚をつかさどる場所の場合、発作的に手足にしびれが出ます。 脳の病気が原因で指先がしびれる場合は、片手や片足など、両側に起きずに片側で起きる、激しいしびれはない、何かに覆われているような感覚がするといった特徴があります。 鈍いしびれの為、見逃しがちですが、頭痛や吐き気、食欲不振などが同時に現れたら、そのまま放置せずにすぐに病院に行って相談しましょう。 参考: 6. 狭心症 狭心症とは、心臓付近にある冠動脈が狭くなってしまうことで、心臓が正常に働かなくなることで発生する病気です。 その狭心症が原因で、指先にしびれが発生することがあります。 特徴としては、関連通と言われるものがあります。 これは臓器に何か問題が発生した際に脳が勘違いを起こして、違う部分の痛みだと認識をしてしまう現象です。 ですので、心臓付近の臓器に問題が起きた時は、関連通として、腕や手、肩や首などの上半身に症状があらわれ、痛みやしびれを感じるのです。 狭心症が原因の場合は、心臓に負担がかかっている時にしびれをかんじる場合が多いので、激しい運動などをした時は一気に血液が体内をめぐるので、注意が必要です。 ストレスが原因のことも 過度のストレスを受けると、血管が傷つき、緊張状態になり、身体に血液や酸素が運ばれにくくなります。 そういった時に大きな病気は発生しやすくなります。 それくらいストレスが私たちの身体に与える影響は大きいのです。 仕事や勉強、対人関係など、様々なことでストレスを抱えがちになる時もあると思いますが、日頃から自分に合った上手はストレス解消法を見つけておくのは、そういった時の一助となります。 いかがでしたでしょうか? 指先のしびれといっても色々な症状がありましたし、そのうち命にかかわる大きな病気もありました。 その場合そのしびれにどう対応できるかが大きなカギとなります。 違和感を感じたら、早めに病院にいきましょう。

次の