アブラソコムツ。 アブラソコムツの決壊に抗ってみたが無理でした

ムツ【鯥】|釣り百科

アブラソコムツ

含有魚介類: バラハタ、 ギンガメアジなど シガテラとは、熱帯及び亜熱帯海域の主としてサンゴ礁の周りに生息する魚類の摂取によって起こる致死率の低い食中毒の総称です。 シガテラ毒の毒素をつくるのは、プランクトン 渦鞭毛藻(うずべんもうそう)G. toxicusの一種 です。 このプランクトンが付着した海草を食べることで、海草を食べる魚に毒が蓄積されます。 さらに、毒の蓄積した海草を食べる魚を、魚食性の魚が食べることで、その筋肉や内臓にシガテラ毒が蓄積されます。 これらの毒が大量に蓄積された魚を人が食べるとシガテラ中毒を起こします。 シガテラ中毒の主な症状は、下痢、おう吐、関節痛、倦怠感などで最も特徴的な症状として、温度感覚の異常があります。 これは、患者が水に手を入れるとドライアイスに触れたときのように、また温かいものに触れると冷たいものに触れたときのように感じるもので、ドライアイス・センセーションと呼ばれます。 重症の場合には、全般的な筋肉運動調節異常、麻痺、痙攣がひどくなり、昏睡、最後は死に至ります。 シガテラによる致死率は低いですが、回復が遅く、完全回復には数ヶ月を要することもしばしばあります。 テトラミン.

次の

人間失格する魚を釣りたい / 静岡県 アブラソコムツ

アブラソコムツ

約束を守れず申し訳ありません。 この間いろいろあったのですが、現時点でお伝えできる告知は以下の通りとなります。 銅蟲さんとぼくで札束で殴り合うカンジの対決になると思います。 頑張っていきますので、皆様ぜひお楽しみくださいませ。。 憧れの「アブラソコムツのからすみ」を食べた! さて、更新再開一発目は何のネタにしようかなと悩んだのですが、やはりここは ワックス行っとこうかということで こちらを紹介したいと思います。 体脂肪の大部分が人間では消化できないワックスエステルのため、食べるとお尻から不随意に液体オイルが噴出し死に追いやる(社会的に)という、お尻から何かを出す話が大好きな皆様のために存在している魚です。 好きな女の子に食べさせたい魚ランキングでは常に上位に位置しています。 や〇い魚って呼ぶのをやめろ! で、この魚、日本ではそのあらゆる部位の流通が禁止されているのですが、諸外国では食用に用いているところが少なからずあります。 その一つがお隣・台湾。 南部に位置する港町「東港」で、彼らの卵巣を使ったカラスミ 「油魚子(ヨウユーズ)」が作られています。 カラスミは一般的にはボラの卵巣で作られるものが最上級とされていますが、これはなぜかというと、ボラの卵巣にはワックスエステルが多く含まれているから。 消化こそできないワックスエステルですが、カラスミのねっとりとした強いコクはこれによりもたらされています。 なのでカラスミも食べ過ぎるとお尻からボラ汁ぶしゃーになるはずですが、そんな大量に食べるもんじゃないので(高級珍味だし)大丈夫なわけです。 結果的には大変な美味で、この油魚子とクロマグロ、サクラエビをあわせて「東港三宝」と呼び珍重するようになった、ということです。 ワックス魚には人並みならぬ因縁がある茸本、ぜひこの油魚子を食べてみたいと思っていたのですが、残念ながらなかなか手に入らず。 そもそも日本で売られることはありえず、台湾でも台北周辺ではあまり見かけることはないそうなのです。 ただ最近、ぼくの両親がしばしば台湾に行くようになりまして、お土産にカラスミを買ってきてくれるようになりました。 先日も「今年も行ってくるけど、なんかお土産要る?」と連絡をくれたので、ダメもとで「油魚子買ってきてちょ」とお願いしてみたところ、台北じゅうをめぐって見つけてきてくれました。 ありがたや、やはり持つべきものは息子のライフワークに理解のある親…… 油魚子、やはり通常のカラスミより高いらしく、このサイズで5000円ちょっとしたそうです。 まあでも、日本産のカラスミよりはずっと安いよね。 ちなみに台湾ではボラのカラスミも2000円弱で購入できます。 さすが世界最大の産地。 観察をしましょう。 色は通常のカラスミよりもはるかに濃いですが、魚臭さはむしろ少ないです。 ワックス魚、本体もあんま魚臭くないんだよね。 よくカラスミを「海のチーズ」と例えることがありますが、これは海のゴートチーズ(スキクイーン)だな。 塩気はカラスミよりまろやかで、全体的にやさしい味なのにコクが強い。 やはり、ワックス含有量がより多いためにこのような味になっているのでしょうか。 カラスミに倣い、大根の薄切りと合わせていただきましょう。 いやー素晴らしい。 さらにまろやかで食べやすくなりました。 台湾の珍味だけど、日本酒飲みたい。 ちなみに東港ではリンゴスライス・ニンニクと合わせることも多いようです。 ふむ、これもまた乙ですね。 甘いリンゴと合わせると生臭みが立つような気がするけど、全然そんなことはないです。 塩気と甘みが引き立てあって、生ハムメロンの変則アイディアというカンジ。 やっぱりカラスミの上位互換といっても問題なさそうです。 過去の投稿• メタ情報• 過去の投稿• メタ情報•

次の

アブラソコムツは食べるとお尻から脂が漏れる?消化できない深海魚を紹介(3ページ目)

アブラソコムツ

尻から油が漏れることで悪評高い ホワイトツナことアブラソコムツを釣ってきました。 日本では食品衛生法で販売が禁止されているが、アメリカで寿司の大トロとしてかなり出回っていて問題になったアレです。 MV-65使ってた人もいましたが、20kgくらいまでならあれくらいの竿のほうが楽しめそうでしたね。 18kg少々と中型でしたが、サイズのわりに横に走ってなかなか引きがいいね。 30kg超えるとだいぶ違うんだろうなぁ。 ランディングして血まみれになり、既に 血が脂っぽいことに気付く。 皆で示し合わせ持ち帰る分だけ残してリリースを続け、沖上がり時に解体して分けて帰ってきました。 さて、持ち帰った肉塊を分解しよう。 見た目は非常に美味しそうではある。 しかし、沖上がりで捌いた後にも感じたのだが、既にこいつの脂が異質であることは明白となる。 ベトベトになった手を水洗いしただけで手を拭くと なにこのサラサラ感??? 普通の食用油類だと、どうしても少しベトつく感じが残ると思う。 魚の脂だって同様で、ベトつく感じがあるから中性洗剤でしっかり流したくなる。 しかしアブラソコムツの脂は、ササッと水洗いしただけである程度流れ落ち、皮膚表面に膜のように残るのだが お肌めっちゃサラサラになるのだ。 体に良いか悪いか全く不明だけどね。 でもほら、 健康志向者の大好きな天然素材だぜ! 食用より化粧品とかの方向で考えたほうが道開けるんじゃないかコイツ・・・。 さて、あまりに有名になったこの魚ですが、ネットで情報見ててもイマイチ症状がわかりにくいんですよね。 ・消化できない脂で下痢になる ・尋常ではない下痢に見舞われる ・便意とは無関係に漏れる こういったところが主なところですが、味に関しては賛否あり、食べてみないとなんとも言えません。 まぁ、死ぬような毒とは全く違うので ハイパー下痢ってもポカリでもあれば大丈夫でしょう。 いろいろ話題になり有名だから、物好きがあちこちで同じ轍を踏んでて、今さら普通にやってもあまり意味がない。 そこで実験的に食べて自分なりの答えを出したいと思ったのです。 4 症状が出るのは18~48時間後とされる。 と、ここまでは前提。 前準備として、 ほぼ1日絶食。 これで未消化物の影響を殆ど無視して アブラソコムツ君の真価を見せてもらおうではないか。 とりあえず基本の味チェック。 まずは 3切まで大丈夫と言われる 刺身。 そもそも 3切なら消化できるなどという訳がない。 3切でも必ずなんらかの反応が出るはずだ。 なるほど、想像していたのと違って身自体に旨味がある。 触った感じクタクタかと思った刺身は意外に歯触りもありつつ、料理に使い勝手の良い柔らかさと口溶け。 意外に僅かな酸味もあり悪くはないがマグロのような爽やかさには欠け、脂脂しすぎていてワックスと知らなくても沢山は食べられない。 だが正直、もっと味のない脂の塊かと思っていただけに、それよりは美味しく味わえるものだ。 しかしマグロの大トロですら3切で飽きる私にはもう十分。 ごちそうさま。 次は同船者のオススメ、 焼いて醤油かけるだけ。 船長も 焼けば大丈夫だら~とか言ってたから多少はマシなんだろう。 フライパンにはもちろん油など引く必要はなく、あっという間に油で煮焼きしてるような状況になる。 焼いたものは多少縮み身が締まるが、隅々まで行き届いた脂のおかげで柔らかい。 香ばしい香り、極表面のカリッと感にフワフワの身。 脂の味にはギンダラなど深海性魚類のこってりさは無いながらも、肉には少しマグロを思わせる旨味が感じられ、足りない部分を醤油の塩分と旨味が補ってくれてバランスよく、確かにこれならたくさん食べられそうだ。 ただ、美味くたって耐え難い弊害があるなら意味がない。 ぶっちゃけ、脂の旨さなら相模湾のを知ってる今ではもてはやすレベルに感じない。 とりあえず素材の味はわかったし、単純摂取すれば 異次元のオイル漏れになるのは明白。 失敗すれば自然にそうなることはしなくていい。 ということで、3. 5kgもあるので実験でイロイロやって胃袋を通してみることに。 今回の課題はいかに 「症状を出さず」 「たくさん」 「美味しく」 食べられるかということ。 まず、ワックスエステルが消化できないというが、ワックスエステルは安定な物質だけど酸を触媒として加水分解するらしいので順当にいけば胃液の塩酸で1段階は分解されてると予想。 ・・・てことは、分解されたワックスの何らかが消化不良ということになる? =摂取前に加水分解を促し、問題の物質Xを減らせないか? もしくは胃の負担を減らせないか。 試しに切身を酢で洗ってみたら激しく白く濁って沈殿したので、何か起こっているっぽい。 ワックスエステルヒドロラーゼとかなくてもなんとかなってくれるといいんだが。 あくまでも料理ということでクエン酸代表梅干し君に手伝ってもらい、煮こぼしてみた。 触媒なので常識の範囲内なら温度の上限は関係ないはず。 ブランクとしてただの湯でもやってみたが、どちらも1回目の加熱のアクや脂の浮き方が凄まじい。 そして2回目の加熱ではどちらも浮いた脂は激減したが、なんか見た目に差を感じるので、なんらかの違いは出ていそうな期待がある。 で、茹で上がったものを食べ比べ。 茹でこぼしたら味も抜けるんじゃないかと思っていたが、まだ濃いシーチキンみたいな味がする。 そして、僅かにブランクのほうが脂っこい? これだけ味があればまだ使えると思い、同分量の味醂と麺つゆだけでシンプルに煮てみた。 左が梅干あり、右がストレート。 結果、2回も茹でこぼしたのに、ブリの腹身食べてるような旨味。 脂っぽさは程よく抑えられ、オッサンにはこれくらいのほうが嬉しい。 とりあえず梅使用の250gを食べ、テストなのでブランクは味比べに止めて様子見。 翌朝の一発目から、早速アブラソコムツの影響が出始めた。 便に 赤いラー油のような油が大量に浮いている。 しかも臭いは完全に 機械油! 酸化したグリスや工場に放置されている機械油のニオイそのものです。 <画像はラー油によるイメージです> これはヤバイ。 だが闘いは始まったばかりだ! この日は崖を這いずり回りキノコ探し、更に夜は新ウナギ仕掛のテストまでやって歩いていた。 腹痛どころか、便意すら殆ど無い。 しかし油がスタンバってる可能性が高いので、膨満感を感じたとしてもうっかり屁もできないのです。 崖で滑ってコケそうになる度に力が分散し 人間失格の危機が無言で迫ってきます。 集中力が続く限り括約筋に力を込めながら、できそこないのオカマみたいな歩き方でキノコを探して1日を過ごしました。 改めて文章にすると酷いなwww 少しでも便意を感じたら、大事をとってトイレへ。 <くどいようですが画像は自家製ラー油によるイメージです> 水面覆っとるやないかーぃ! まるでラー油を一瓶ぶちまけたようです。 大惨事だよ!!! たったあれっぽっちの摂取で、なんでこの量が生まれるの!? できるだけ症状をしっかり見たく、アブラソコムツを食べてからも一切固形物を口にしていなかったので、この赤さは体内のなんらかの反応でできたものなんでしょう。 真っ白なアブラソコムツからこんなものが生成されるなんて思いもしませんでした。 そして更なる悲報。 ウォシュレットが通用しない。 完全に油なので水で飛ばせるのは表面だけ。 ウォシュレットすると 油が 尻一帯に広がっていくだけで被害増大。 山を駆け巡りながら集中力散漫になり異様な疲れ。 更に2回のトイレを経て 機械油風ラー油が浮かなくなり、殆ど出し切ったと思われました。 風呂に入り、上がってから 汗を拭いたタオルから機械油の香り。 orz その後のトイレも問題なかった。 ・・・今度こそ やったか? ようやく終わったと安心するも、力尽きて何も食べる気になれず就寝。 そしてやらかしました。 違和感で目を覚ますと オイルショック。 ついにトイレ以外で 大決壊 どこに潜んでたんだよ! マジで外出中じゃなくてよかったよ・・・ 冷静に考えてみたのですが、とにかく食事をとらないでアブラソコムツだけ食べてみたことにより腸内の大腸菌の死骸は最小限に(つまりウンコが少なすぎ)なり、必然的に 腸内は消化できなかったワックスが大半を占める状況になったことまでは想像に容易い。 そして想像だにしなかったのは、腸内に粘性の極めて低い油しかない状態では 油を上行結腸から先に持ち上げられないのではないかということ。 だから横になって初めて溜まっていた油が先に進むことができ、安心させておきつつ痛恨の一撃を加えてきたのだ。 ここから約1週間は普通の食事に切り替えたが、便に赤い油が浮き続け、出なくなるまで 4日かかった。 何がいけないって、便が常に機械油の臭いになっちゃうんですよ。 自分が まるでポンコツロボットにでもなったかのような気分にさせられます。 これは想像以上です。 ちょっと根本的に考えなおさないといけない。 というか、こんなに腸内に機械油充填したら 腸内細菌大虐殺じゃないの? 食べるより、燃料作れそうじゃない?(実際そういう研究もあるらしい) やはりどうにかして分解しようとか考えるのが無理なんだね。 むしろエステルのまま絡め込んで排出したいよ。 そして ここまで僅か450gしか食べていないという現実。 まだ3kgありますよ! さすがにオムツ買ったよ。 これで多い日も安心。 関係ないけど、オムツ着用実習経験上、最近はオムツを使用しない介護へと向かっているのは知っているが、 やむをえない立場にとってのオムツの安心感はハンパねぇ と声を大にして言いたい。 生理の辛さってこれ+不快感なのかと思うと大変だなぁと誰しも思うだろうから、男は一度経験してもいいんじゃないだろうか。 最近の履くタイプのオムツはほんとに優秀だね! とりあえず、美味しいという噂の 干物と、徳之島で昔から食べられていたという 塩漬けを仕込み、残りは諦めて脂のみ捨てる方向に。 めんどくさいので圧力鍋を使ったらとんでもない油の層が。 5mmくらいの層ができてますよ? 4回煮返してかなり縮んでもまだ少し油が浮きます。 まぁ、これくらいになれば大丈夫でしょう。 と、適当な味付けでいくつか試したのですが、さすがに味が抜けすぎてパサパサです。 これでは、あえてアブラソコムツを食べる意味がなくなってしまう。 しかし これでも少し赤い油が出ました。 そしてこの油、石鹸か蝋燭でも作れないかと取り分けてみたのですが 冷蔵庫でも固まらないです。 アブラソコムツ・・・恐ろしい子。 こちらはひっそり提供する店があったりするとかいう噂の 干物。 何がヤバかったかって作っている時。 塩して干し網に並べ、外に干して半日。 油が・・・油がぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!! 本体は御覧の通り、褐色になり一回り縮んだのだが、 溢れるように出た脂が油と化し、干し網に染み渡り 3段貫通して地面が油でズブ濡れになっている。 何が起こったかわからないというのはまさにこのことか。 ちなみに皮を外に放置してみたけど ハエも寄りませんでした。 焼いたら確かに旨いよ。 旨味が濃縮されるのが干物だからね。 でもこんなの1個しか食ったらいかんて。 絶対ヤバいって。 そして次のが徳之島出身の同船者が昔から食べてたという 塩漬け。 子供の頃から結構パクパク食べまくってたらしいが、 皮目の脂だけは捨てたほうがいいとの注意をもらっている。 アブラソコムツもバラムツも区別せず 「ダルムィー」と呼んで親しまれていたそうだ。 ダルムィーというのはアブラソコムツの地方名 インガンダルマのダルマと同じ語源と思われる。 インガンダルマとは 「(食べさせると)イヌが(尻から)油垂れる」 という意味だ。 つまり「ダルムィー」=「垂れる」 ・・・ ダメじゃん!www まずは新鮮な切り身をたっぷりの塩に漬け、冷蔵庫で1ヶ月以上寝かす。 万が一を考えると食べるタイミングが難しく、今回は2ヶ月寝かしてしまった。 長い分には問題なかろう。 これを塩抜きし、更に干し上げ、焼いて食べるというものだ。 台湾名産の 油魚子はアブラソコムツやバラムツの卵のカラスミだが、途中までは製法が似ているから僅かな期待は持てる。 塩抜きしてみると、かなり脂っぽさが抜けたように見える。 少し期待して干し網へ。 とりあえず焼いてみよう。 相変わらず油を引く必要は皆無。 適当な味つけで何パターンか食べてみる。 生から焼いた時と比べるとやはり旨味はだいぶ抜けている印象。 嫌なクセも全く無く食べ易いのだが正直、そこまで珍重するほどの旨さも感じられない。 旨味が控えめで蛋白密度が薄いソフトなカジキのステーキといった感じか。 普通に一切れ出されたら誰でも美味しく食べてしまうだろう。 さて、これだけの量を食べてどうなるか。 約35時間後 出ました。 油です! 敵はやっぱり消化されていないようです! しかし今回は赤くない。 黄色いネギ油のような感じです。 そして何故かまた この日もキノコ狩り。 がんばれ括約筋! ハァハァ orz でも今回は通常の食事が功を奏したのか、塩漬け工程のおかげなのかわかりませんが1日で完全回復。 ただ、これ以外では何やっても赤い油が出ていたので、長期塩漬けで何らかの効果が出ているのではないかとも考えられます。 もっとカリカリに近いまで乾燥(=油を出し切る)してしまえば安全度は上がるかもしれない。 これくらいなら、幼少時代から食べ慣れていれば身体がある程度は対応してくるかもしれないね。 長い戦いでした。 こんな魚を普通に流通させてる国とかマジで信じられません。 消化できてるんだとしたら同じ人間とは思えない。 分解できる大腸菌とか飼ってるんじゃないの? 結局、 安全に大量に美味しく食べられる方法は見つけられませんでした。 というか途中で断念して目的放棄しました。 自分の意思と無関係に もれなく漏れる脅威には成す術もありませんでした。 完敗です。 間違いなく言えることは、 少量であっても他の食事と共に食べましょう。 空きっ腹に酒のアテで3切とかでも、おそらく 人間失格の危機。 そもそも 食べなくてもいいと思うね。 で、残る問題がひとつ。 船中で皆アブラソコムツしか釣れなかったんだよね。 バラムツでまた同じ経験せにゃならんのかね? オムツの在庫はまだあるから、ま、いっか。 初めまして! とても楽しく、そしてちょっと気の毒に感じながら 読ませていただきました。 何年か前に関西のバラエティー番組でこの魚の特集をやっていて 元ボクサーで今やバラエティー俳優の赤井英和が刺身に挑戦したのですが 結論から言えばこの方、まったく平気で何事も起きずに終わったそうです。 漁師さんがほんとに危険だから一切れしか食わないように、と もちろんちゃんとアドバイスしていましたが彼は意に介さず 相当な数の刺身を旨い旨いと食べていました。 何日か前に撮ったビデオを見ながら出演者が、あーでもない こーでもないと喋り騒ぎながらしゃべる生放送のバラエティー番組なので 食べた後の顛末は何もなかったという報告に 出演者の関西芸人たち全員がびっくりで、どんな胃腸してんねん!という突っ込みで呆れて 番組は終わりましたが、科学者、医学者は彼の内臓を研究してほしいです。 楽しく読ませていただきました。 調理法についてですが、低温の油でじっくりと煮て、ある程度煮た後に油を取り換える作業を繰り返すことで非食用の原因となりうる油性物質を減らせるのではないかと思いました。 油性物質の交換 どれぐらいの原材料 アブラソコムツ に対して、どの油の種類を使い、どれぐらいの油の量で、どれぐらい油を取り換えるか。 そもそも少量混入であったとしても一般的な食用に耐えうるものとなるのかも疑問ですね。 そうなってくると、魚体から搾り取られた油は何滴までなら赤い機械油放出とならないのかというあたりも気になってきます。 私は、ふつうの食事をしていても放出の危険がありますので実験に参加する勇気がありません 笑• 美味しさは全く保証できませんが、症状をなるべく出さずに大量に食べるという条件なら以下のでできそうかなと。 用意するもの:重曹 酢など酸だとエステルの分解は可逆反応で、ルシャトリエの原理から大過剰の水を用意しないと反応が進みにくい。 アルカリだと不可逆反応。 ただエステルが分解して生じたカルボン酸と塩を作るのでアルカリはモル的にエステルと等量必要。 よって重曹またはそれを加熱して生成した炭酸Naを水に溶かす。 加熱すると反応速度も上昇。 これでエステルの大半が分解されて症状を出さずに食べられるようになるかなと。 ただし自己責任でお願いしますw エステルが分解してできたアルコールも症状の原因になるとしたらどうしようもないので。 参考:•

次の