かゆみ 止め 塗り薬 市販。 デリケートゾーンのかゆみに効く薬ランキング

掻きこわしてしまったら|知りたい!市販薬

かゆみ 止め 塗り薬 市販

乾燥によるかゆみに悩まされる季節になると、テレビコーマシャルやドラッグストアの店頭などで、「かゆみに効く!」とうたう保湿剤を多く目にするようになります。 こうした保湿剤は、一般的な保湿クリームとどう違うのでしょうか。 また、どのようなものを選ぶと良いのでしょうか。 保湿剤にさまざまな成分を加えたもの 「かゆみを止める」「かゆみに効く」とする保湿剤には、保湿効果のあるグリセリンなどの軟膏基材に、かゆみを止める成分や炎症を鎮める成分が混ぜられています。 商品によって組み合わせは異なりますが、ここではよく使用されている代表的なものを取り上げてみました。 体内で生成される副腎皮質ホルモンの働きをサポートする効果があるとされる。 よく使われている成分 ・リドカイン:世界で最も広く使用されているという局所麻酔薬。 麻酔効果によりかゆみを止める ・クロタミトン:かゆみ止めの作用機序は不明だが、オイラックスの名で知られ、よく用いられているかゆみ止め。 よく使われている成分 ・トコフェロール酢酸エステル ビタミンE酢酸エステル これらのほかに、商品によって、皮膚の保湿性を高め皮膚を軟らかくする効果のある「尿素」や、使用感を高めるメントールなどが配合されていますが、そうした成分が刺激となり、塗った際にピリピリ感や痛みを伴うことも。 期待したい効果を得られる成分が配合されたものを選ぶとともに、肌に塗って刺激を感じたり合わないと感じたら、早めに使用を中断するようにしましょう。 症状が強い箇所にはステロイドを ステロイド剤とは、広がった毛細血管を引き締める効果があり、赤みやかゆみがつよい場所の炎症を鎮める効果が高い薬剤。 ステロイド剤を含むかゆみ止めも様々なタイプが市販されていますので、症状が強い場合は、ステロイド成分を配合したもので炎症を抑えましょう。 箱に書かれた成分を参照するとともに、困った際には薬剤師に相談して、自分にあった薬品を選びたいですね。 全身がかゆい!?その乾燥、入浴が原因かも 冬場の空気が乾燥季節になると、からだのあちこちがかゆくなる人も多いのではないでしょうか。 これらのかゆみの原因の多くが、皮膚の乾燥。 どうして肌が乾燥してしまうのでしょうか?もしかしたら、毎日の入浴に原因があるかも知れません。 体は毎日洗うべき? 毎日お風呂に入り、毎日体を洗うという人が多いのではないでしょうか?でも実はそれが乾燥肌を作っている場合があります。 そもそも、体を毎日石鹸で洗う必要はあるのでしょうか。 体の汚れは、汗やほこりといった水溶性の汚れがほとんど。 だから、シャワーで流したり、バスタブに浸かるだけでほとんどの汚れは落とせてしまうのです。 石鹸が必要なのはからだの一部のみ 石鹸で洗う必要があるのは、油性の汚れである皮脂が多く出る部分だけ。 皮脂が多い部分は、背中と、胸の真ん中です。 そのほか、わきの下や陰部などの蒸れる部分、臭いが付きやすい足先などは、毎日石鹸で洗っても構いません。 しかし、腕や足、おなかなどの部分は毎日石鹸で洗うと乾燥してしまいます。 30代を過ぎたら、石鹸を使って洗うのは週2回程度でOKです。 たっぷりの泡がやさしい? たっぷり泡立ったボディソープの泡が、肌にやさしいというイメージもあるのでは。 しかし、液体ソープは石鹸に比べて、刺激の強い界面活性剤などを多く含む場合が多いです。 また、ナイロンタオルやボディスポンジは、石鹸が良く泡立ちますが、肌への負担は少なくありません。 体を洗う場合は、固形石鹸を木綿のタオルや手で泡立てて洗うのがおすすめです。 お湯の温度に注意 皮膚の表面は角質で覆われていますが、角質は皮脂の膜や、角質細胞内脂質によって保護されています。 入浴時には角質層がゆるみ、皮脂膜や細胞内脂質が溶け出してしまいますが、お湯の温度が高いほど、溶け出す量が多くなります。 高すぎる湯温のお湯への入浴は肌を乾燥させる原因になります。 肌には自然のターンオーバーがあります。 入浴の際には、必要以上に保護している皮脂を洗い流すことなく、体が本来持っているバリア機能を維持していきたいですね。 保湿ケアが大切!かゆくて辛い乾燥肌の治療法 乾燥肌が進行して、かゆみが出てきてしまった肌。 暖房の効いた室内や、汗をかいたあとなどはかゆみが増して辛い…。 そんな肌を治療する際、どのように行うのでしょうか? ここでは基本的な治療についてまとめました。 治療のベースとなるスキンケア 肘や膝のあたりや首など、ポイント的にかゆみが強い場合や、全身がくまなくかゆい場合など人によって症状は様々ですが、いずれも基本となるのは全身の保湿ケア。 皮膚科で処方される代表的なスキンケア薬には以下のようなものがあります。 刺激が少なく、お風呂上りに使用すると効果が期待できますが、全身に使うとべとつきが強く、下着が劣化するなどの不快感があります。 皮膚科ではチューブに入ったプロペトなどが処方されますが、ドラッグストアなどで市販されている白色ワセリン、ワセリンなどと成分は同じです。 とくに、かゆみを伴う乾燥肌に効果があります。 ローション、クリーム、軟膏などのタイプがあり、アトピー性皮膚炎から乾燥肌、しもやけまで幅広く使われています。 目立った副作用がないため、赤ちゃんから安心して使用することができます。 主成分はへパリン類似物質。 ヘパリンとは血液凝固阻害作用のある物質で、へパリン類似物質を主成分とするヒルドイドは、血行障害を改善することで肌の乾燥を自然に改善しようとするものです。 ヘパリン類似物質は医療用医薬品の製品しかないため、ヒルドイドは医師の処方がないと購入することができません。 ポイント的にステロイド剤を使用 部分的に赤くなってガサガサし、強いかゆみを伴う場合には、ステロイド外用剤を使用することで、短期間で症状を改善することができます。 ステロイドって? ステロイドは、正しくは副腎皮質ステロイド剤といい、体内の副腎から分泌される副腎皮質ステロイドホルモンと同じ働きをする薬剤のことを言います。 内服薬と外用薬があり、さまざまな病気の治療に用いられていますが、皮膚疾患で用いるのは基本的に外用薬です。 ステロイドの種類 ステロイド外用薬には、1群から5群まで、強さに応じた段階があります。 乾燥によるバリア低下から生じた皮膚炎から、重症のアトピー性皮膚炎まで使われていますが、乾燥やバリア低下によるかゆみに用いられるのは、一般的に4群(弱め・ミディアム)のステロイド剤です。 よく処方される4群のステロイド剤 ・リドメックス ・キンダベート ・ロコイド ・アルメタ など よく処方される3群(強い・ストロング)のステロイド剤 ・プロパデルム ・リンデロン ・フルコート ステロイド軟膏は、基本的には1日2回塗ります。 かゆみ止めではないので、塗ってすぐにかゆみが治まるわけではありませんが、5分~10分ほど我慢していると、徐々にかゆみが鎮まって来ます。 赤みやガサガサがなくなるまで、毎日一定期間塗り続けることが大切です。 ほんの少ししか塗らなかったり、途中でやめてしまうと治すことができません。 内服薬 アレルギーによる皮膚のかゆみが考えられる場合や、かゆみで仕事や睡眠に支障が出ているような場合は、抗ヒスタミン薬などの内服薬を服用することがあります。 アレルゲンの刺激により、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンが分泌されてしまうのに対し、抗ヒスタミン薬はヒスタミン受容体をブロックすることで症状の発症を防いだり、軽くしたりする効果があります。 花粉症やアレルギー性鼻炎などに用いられており、アトピー性皮膚炎に対するかゆみの軽減効果もあります。 市販の乾燥肌やかゆみ肌用の保湿剤を塗り続けても症状が改善しない、あるいは悪化する場合は医師の診断を受けてみるのもひとつです。 市販されていない薬を適切に使用することによって、短期間で辛い症状から解放されるかもしれません。 頭皮にブツブツやかゆみ・・・湿疹の種類と対策法はコレ! 「ボツボツにかゆみに…また湿疹?」ほんとうに困ってしまいますよね。 ところで、どうして湿疹ができるのか知っていますか? ここでは、生活のなかで起こりやすい代表的な湿疹について、症状からまとめていきたいと思います! 湿疹ってどんなもの? 湿疹は、かゆみをともなう赤いブツブツが、体の一部にあらわれるものです。 かゆみや赤みが、数日から1週間以上症状がつづくのが一般的です。 よくある湿疹 1. 接触性湿疹 いわゆる「かぶれ」のことです。 皮膚に接触したいろいろなものが原因で発生する場合と、アレルギーによる場合があります。 <原因の例> ・化粧品や洗剤などによるかぶれ(洗濯洗剤、台所洗剤、白髪染め、ポイントメイクなど) ・植物によるかぶれ(ぎんなん、さといもなど) ・ゴムによるかぶれ(ゴム手袋、ゴーグルなど) ・金属によるかぶれ(ネックレス、指輪、眼鏡など) ・衣類によるかぶれ(上着の襟やタートルネック、下着など) ブラジャーのヒモやワイヤー、ホックなどはかぶれを起こしやすいかもしれません。 きつすぎるパンツや下着も要注意です。 下着やタートルネックも「肌触りが悪いな」と思いつつ、我慢して着ていると、湿疹の原因となることがあるので、刺激を感じたら着用を中止したいですね。 また、「どうも最近、服を着ている部分だけかゆくなる」と思うときは、洗剤を見直してみると良いかもしれません。 脂漏性湿疹(しろうせいしっしん) 頭、顔、首、胸、背中、わきの下、陰部、紅毛周囲、乳房の下など、脂漏部位に起こる湿疹です。 通常は赤い斑状の湿疹ができ、細かい粉をふいたような状態になります。 頭部にできることも多く、多量のふけがある状態になります。 一般的に、かゆみは軽度です。 女性よりも男性に発生しやすい湿疹ですが、思春期以降から老年期の男女まで、幅広く発生します。 なかなか治らず、長期間付き合う必要のある人もいます。 <原因の例> ・春から夏にかけて脂漏内で細菌が活発化するため ・洗浄力の弱いシャンプーや石鹸で洗っていたため ・脂質、糖質、アルコール類の摂りすぎ ・ストレス等によるホルモンバランスの乱れ ・体質 3. 皮脂欠乏性湿疹(ひしけつぼうせいしっしん) 脂漏性湿疹とは異なり、皮脂が不足し乾燥することによって起こる湿疹です。 乾燥した冬季近くになると増え、最もポピュラーな湿疹となっています。 とくに、皮脂腺の機能が未熟な10歳以下の幼児や、皮脂腺が低下してきている高齢者に多い湿疹です。 <原因の例> ・皮脂の分泌の低下による乾燥 ・冬場はゆっくり入浴するため乾燥が進む ・暖房の効いた乾燥した環境で乾燥が進む 乾燥肌はたいていかゆみを伴いますが、乾燥だけで湿疹のない肌は「皮膚そう痒症」といい、市販の保湿クリームだけで改善します。 しかし、乾燥肌が長く続いたり、かゆいところを頻繁にかくことによって、「掻破性湿疹」と呼ばれる湿疹が発生します。 秋の早い時期からしっかりと保湿することで、掻破性湿疹にならないようにしたいですね。 こうした湿疹は、原因は異なりますが同時に発生することがあります。 湿疹のできた部位や皮膚の状態をみることで、どんな湿疹が起こっているかが判断しやすくなります。 運動したときの皮膚のかゆみ!解消する方法はある? 冬は美味しいものが多くてたくさん食べてしまい、体重が増えてしまったという人もいると思います。 冬は夏場のように外で運動することがあまり苦ではないですから、運動をし始めるという人もいるでしょう。 運動したらなんだかかゆい… 運動をすると体の血流が良くなります。 お風呂に入って血流がよくなることによってかゆみを覚える人がいるように、運動によって血流が良くなった場所はかゆみを生じやすいです。 これは縮まった血管が運動によって一気に拡張するからであって、血管の周りにある神経が刺激されてかゆみが生じます。 こうしたかゆみは運動をやめてしばらくすれば治まります。 逆にかゆいときにかいたりしてしまっては皮膚への刺激を追加してしまい、余計にかゆみは治まりにくくなります。 緩和策1:定期的に運動 運動したら足や腰回りがかゆくなるのは仕方のないことなのでしょうか。 これからずっと運動をするたびにかゆみが生じるのでは、運動をしたくてもできません。 運動したときのかゆみは日ごろ、運動不足の人に起こりやすいものです。 普段運動をしないのに、ある日突然思い立って運動をするというときに生じやすく、これは毛細血管の発達の問題の様です。 普段運動をしない人は、毛細血管が発達しておらず、こうした変化に毛細血管がついていけないのです。 そのため定期的に運動して、毛細血管を強くしていけば数週間でかゆみを生じにくくなるのです。 緩和策2:保湿クリーム 皮膚が敏感な人ほど運動した際のかゆみは生じやすいです。 乾燥肌の人であったり、アトピー性皮膚炎の人であったり、皮膚のバリア機能が弱い人は注意しなければいけません。 そのため保湿クリームなどによって肌のバリア機能を高めておくことで予防あるいは改善できるかもしれません。 しかしこれは人によって効果は様々です。 本質的にかゆみ症状を根本的に改善するためには、自分の体を強くすることが必要なのです。 Photo by:.

次の

掻きこわしてしまったら|知りたい!市販薬

かゆみ 止め 塗り薬 市販

屋外作業などをしている際に刺されやすいハチは、アシナガバチやスズメバチなどの種類があります。 刺された瞬間に痛みを感じやすく、数分後に赤く腫れ、広範囲に広がります。 強い痛みがあるのが特徴ですが、大抵は1日程度でおさまります。 しかしハチに2回目以降刺された場合は、蕁麻疹や呼吸困難など「アナフィラキシーショック」になる場合もあるので、注意が必要です。 かゆみ止めに効く薬の選び方 薬局やドラッグストアで虫刺されの薬は種類が多くありますので、どれにすればいいかわからないという人も多いですよね。 そこで、まずは虫に刺されたときのかゆみ止め薬の選び方について見ていきましょう。 成分で選ぶ 虫刺されの薬に含まれる成分としては、大きく3つの種類に分かれます。 一つ目は、かゆみを抑える「抗ヒスタミン成分」、二つ目は、炎症を抑える「ステロイド成分」、三つ目は、化膿を抑える「抗生物質」があります。 これらの成分の違いを理解するために、虫に刺されたときのかゆみのメカニズムについて少し説明をしましょう。 2種類のアレルギー反応に応じた成分を選ぶ まず虫に刺されたあとのかゆみは、2種類のアレルギー型反応で引き起こされます。 刺されてすぐのかゆみは「即時型反応」、刺されたから数時間から翌日に起こるかゆみは「遅延型反応」といいます。 一つ目の抗ヒスタミン成分は、 かゆみを引き起こす原因物質のヒスタミンの働きを抑えてくれますので、「即時型反応」に効果があります。 二つ目のステロイド成分は、 かゆみや炎症を引き起こす白血球の活動を抑えてくれるので、「遅延型反応」に効果があります。 そして三つ目の抗生物質は、虫刺されの後に掻きむしってしまい、 化膿をしてしまった場合の患部の細菌の増殖を防いでくれます。 このようにかゆみの種類や状態によって、効果のある成分が異なってきますので、今の症状に合った成分を選ぶようにしましょう。 実際に、どんな成分があるのかをまとめました。 虫刺されの薬に含まれる成分 抗ヒスタミン成分 ジフェンヒドラミン ジフェンヒドラミン塩酸塩 塩酸イソベンジル クロルフェニラミンマレイン酸塩 ステロイド成分 デキサメタゾン酢酸エステル プレドニソロン吉草酸エステル酢酸エステル 抗生物質 フラジオマイシン この他にも、非ステロイド成分として、「グリチルリチン酸」といった成分も使われます。 これは子供用や顔周りに使うような薬に含まれます。 虫の種類で選ぶ 刺された虫の種類によっても、選ぶ成分が異なってきます。 まず、蚊・ブヨ・アリ・ダニに刺されて、 かゆみだけがある場合は、「抗ヒスタミン成分」を選ぶようにしましょう。 毛虫・ムカデ・クラゲなどに刺されて、 強いかゆみと赤みや腫れがある場合は、「ステロイド成分」が配合されたものがおすすめです。 このように刺された虫とかゆみの強さによって、症状にあった成分を選ぶようにしましょう。 形状で選ぶ 虫刺されの薬は形状も様々で、「液体」、「軟膏・クリーム」、「パッチ」の3種類に分けられます。 また少ないですが、スプレータイプもあるようです。 シリーズで出ている薬には、液体タイプと軟膏・クリームタイプのどちらも展開されていることが多いのですが、使い心地だけでなく含まれている成分も違うことがあります。 そのため、薬の形状の好みもあると思いますが、効き目を考えると配合されている成分のチェックも必要です。 赤ちゃん・子供用で選ぶ 虫刺されの薬には、赤ちゃんや子供用のタイプもあります。 通常のタイプに比べて、肌にやさしい処方となっていて、ステロイドの含まれない、抗ヒスタミン成分が配合されたものが多いです。 また子供は掻きむしってしまいがちなので、パッチタイプも人気となっていて、子供が喜ぶ可愛らしいキャラクターの絵柄となっています。 タイプ別おすすめの市販薬20選! それでは、薬のタイプ別におすすめの虫刺されの薬を紹介します。 それぞれ含まれている成分についても説明しますので、症状と目的にあった薬を選びましょう。 液体タイプ 新ウナコーワクール 容量:100ml 希望小売価格:980円(税抜) 出典: 抗ヒスタミン成分 〇 ステロイド成分 - 抗生物質 - ロート製薬のメンソレータムADスプレーは、虫刺されやカサつく肌のかゆみに効くスプレータイプの薬です。 有効成分の「クロタミトン」や「リドカイン」がかゆみを抑え、抗ヒスタミンの「ジフェンヒドラミン」がかゆみのもとを鎮めてくれます。 スプレータイプは手の届かない位置にも使え、手も汚れないのでおすすめです。 虫に刺されたときの処置方法 ここからは、虫に刺されたときの処置方法を紹介します。 虫に刺されたら、なるべく早く対処することで、症状の悪化を防ぐことができますので、ぜひこの機会に覚えておいてください。 ハチや毛虫に刺された場合は、セロハンテープを軽く皮膚にあて、毒針や毒毛を取り除きます。 目に見える場合は、ピンセットを使っても構いません。 皮膚を冷やすことによって、かゆみや腫れが少し抑えられます。 塗り薬の場合は、ゴシゴシと塗り込むのではなく、患部の上に薄く乗せるようなイメージで塗ります。 パッチを使う場合は、患部を覆い隠すようにパッチを貼ります。 そのあとは、掻きむしって薬を取ってしまわないように気をつけましょう。 皮膚科の受診が必要な場合は? 今回は、虫刺されの市販薬を紹介しましたが、症状などによっては皮膚科で診療をしてもらった方がいい場合もあります。 セルフケアではなく、病院での治療が必要な場合は以下の通りです。 ・我慢できないほど強いかゆみ・腫れ・赤みなどがある場合 ・ハチやムカデなど毒性の強い虫に刺されて、症状がひどい場合 ・刺された後に、悪寒や呼吸困難など気分が悪くなったとき ・掻きむしって化膿がひどい場合や炎症が広がってしまった場合 ・市販薬を5~6日使っても良くならない場合 虫刺されでも症状が重くなる場合もありますので、少しでも違和感を感じたら、念のために医療機関を受診するようにしましょう。 家庭の常備薬として虫刺されの薬を購入しよう たかが虫刺されですが、かゆみが長引いて掻きむしってしまうと、傷口が化膿してしまう恐れもあるので、早めに対処をすることが大切です。 いつ虫刺されにあってもいいように、市販の虫刺されの薬を常備しておくことをおすすめします。 特にアウトドアをするときなどは、虫刺されの薬も準備しておくと、すぐに対処することができますね。 虫刺されの薬は、成分やタイプでも異なり、子供用もあるので悩んでしまうと思いますが、今回紹介した選び方とおすすめの市販薬を参考に、ドラッグストアや薬局で購入してみてください。

次の

【皮膚科医監修】ステロイド市販塗り薬の種類・特徴と症状別使い分け

かゆみ 止め 塗り薬 市販

アトピーのかゆみを止める市販薬 おすすめランキングは? アトピーのかゆみが出てしまった時、なかなか皮膚科に行く時間が取れない事って、けっこうありますよね。 ドラッグストアや薬局などで、自分の肌に適した塗り薬がわかっていれば、とても便利ですよね。 Sponsored Link 個人的に、市販薬でアトピーに効果が期待出来るものが3つあります。 それぞれに特長がありますので、ご自分に適したものを把握しておくといいかと思います。 アトピーの市販薬ランキング 「アトピーに効果がありそう」と言われている市販薬は、かなりの種類があります。 ですが、自分としては 「この3個があれば大丈夫」と思えるものを選んでみました。 選考基準ですが、全ての塗り薬で、 かゆみ止めに関する成分が入っているものを選んでいます。 やっぱりアトピーと言えば、かゆみがいちばんの大敵ですよね。 かゆみが止まってこその塗り薬だと思いますので、そこを大前提として、ピックアップしています。 それでは、第3位からです。 メンソレータムAD メンソレータムADは、非ステロイドの塗り薬です。 クリーム状になっていて、肌に伸びやすいですね。 145gの大容量のもものもあって、お買い得なのですが、ネックとしては、 傷口には使えないという点です。 アトピーが改善してきて、傷がなくなって来た方におすすめという事で、第3位に選ばせて頂きました。 Sponsored Link ラナケインクリーム ラナケインクリームも、クリーム状の塗り薬です。 傷口にも使えますし、非ステロイドなのでおすすめです。 ただ、他の塗り薬と比べ、ちょっと量が80gと少なめですね。 効果としては、充分に満足しています。 ユースキンI ユースキンIは、個人的にはいちばん気に入っています。 もちろんかゆみ止めの成分が入っていて、非ステロイドの塗り薬です。 他の2つと比べても、肌への伸び方もナンバーワンだと思います。 使ってみた感想ですが、 クリーム状の塗り薬というよりは、「乳液に近い柔らかさ」です。 これで傷口にも使えるとか、かなり使い勝手が良い塗り薬ではないかと思います。 以上が、かゆみ止め成分の入った塗り薬のランキングでした。 自分は3つ全部持っていますが、特に全部使う必要はありません。 また、それぞれこんな方におすすめです。 ・メンソレータムAD 傷がなく、かゆみもそれほど強くはない方。 または、傷がない場所に使いたい方。 ・ラナケインクリーム 傷口があるところに使いたい方。 容量が少なめなので、「いつもは肌の調子がいいけど、ちょっと悪化しちゃったな」という方に向いていると思います。 ・ユースキンI それなりの容量がありますし、何よりも塗りやすさが抜群ですので、傷のある方、敏感肌の方に特におすすめです。 軟膏がベタベタして苦手な方にもいいですね。 それぞれ、一長一短があると思いますが、使い分けて行くといいですね。 本来は、皮膚科の先生に処方してもらったものを使うといいのですが、救急の時に「あれはこんな用途で使えるから、ドラッグストアに買いに行こう」などと決めて頂ければと思います。 また、それぞれの薬に合う合わないはあると思いますので、もちろん「使ってみて合わなかった」という事もありますよね。 その点を考慮しつつ、ご自分に適した塗り薬を選んで頂ければと思います。 Sponsored Link.

次の