イラスト 書き方。 てんとう虫のイラストの簡単な書き方 手書きで描くなら?

髪型 可愛い女の子イラスト書き方

イラスト 書き方

それでも、アナログ主体で活動しているイラストレーターさんがいないという訳ではありません。 漫画家さんの方でしたらアナログのみで漫画やイラストを描き上げている人はまだまだ多いです。 それでも、アナログでのイラストは徐々に減ってきている印象はあります。 そんな中でも強いアナログ画材があります。 それはTooから出ているアルコールマジックマーカーの「コピック」です。 こちらをメインに使用しているイラストレーターさんも漫画家さんもかなり多いです。 今回はそんなコピックを使ってみる事にしたいと思います。 使ってみたいけども使い方が解らない、持っているけど上手く塗れないという方に為に塗り方をメインに進めさせていただきます。 どうぞ宜しくお願い致します。 コピックとは? コピックはToo社から出ているアルコール性のマジックマーカーです。 現在は3種類出ています。 もう一つワイドという広い面積のモノがありますがこちらはインクを自分で入れて使用するモノらしいので今回は省きます。 上から ・コピック・チャオ コピックよりもインク量が少ないのでその分価格も安いので手軽に購入が出来ます。 1本250円前後(税別)ですので1000円持っていけば3本買ってもお釣りが来ます。 ・コピック・スケッチ 一般的に「コピック」と聞くとこちらを連想すると思います。 画材屋のコミックコーナー等でもこちらが一番優先的に置かれているとおもいますし…(書店等はどちらかと言うとチャオのみという場合もありますが) 筆タイプのペン先なので様々な着色に適しています。 ・コピック 実はこちらが「コピック」らしいです。 通販等で「コピック」という名称で注文をするとこのタイプが送られてくるので注意が必要です。 こちらは正統派なマジックマーカーのような印象があります。 極細のペン先とブロックタイプのペン先になります。 繊細な場所の塗りには向きませんが広い面積の塗りにはとても大活躍してくれます。 …以上がコピックの種類になります。 蓋に記してあるE00やC03等の番号は色の番号になります。 画材屋さんでコピックが配置されている場合色はこのアルファベットと番号順に配置されていますので見てみると楽しいです。 迷った場合はオススメセットとして6~12本程セットになったモノも売られている場合がありますのでそちらを購入しても良いかと思います。 コピックは保存状態があまりに酷い場合じゃなければ10年以上持つマーカーです。 ですので、あまり使わない色はチャオ、メインで使う色はスケッチ、広い面積を塗る場合にはコピックという使い分けをしても良いかもしれません。 コピックを塗る際に大事な紙とペンの相性 まずはコピックを塗る際に大事な紙、こちらはどんなモノが良いでしょうか? 気軽に手に入る紙で見て行きたいと思います。 漫画用原稿用紙もケント紙ですのでそれの裏を使用しても良いです。 染み込み、発色共々丁度良いです。 人によっては薄く感じる場合もありかもしれませんが…。 こちらを使用している人は多いと思います。 滲みも少ないのでパリっとした印象の塗りが出来ます。 次にコピー用紙です。 発色や染み込みがケント紙よりも良いですが薄い紙なのでちょっと乾きが遅い印象があります。 線画をコピーして塗るという作家さんも多いです。 個人的にはちょっとムラが出来易いかな? と思います。 最後がマルマンから出ているスケッチブックです。 書店や文具や、スーパーの文具コーナーと広い場所で手に入り易いスケッチブックです。 画用紙なので滲みが出やすいですがその分ムラが出来にくいと思います。 個人的に一番良く使っている紙ですので今回はこちらの紙を使用して説明させていただきます。 コピックはアルコール性ですので「耐水性」のインクを使用したペンならばインクを溶かし、線を伸ばす等の事故を防ぐ事が出来ます。 油性マジックや中性ボールペンですとこのような滲みの原因となってしまいます。 では、実際に塗りをしてみましょう コピックをムラなく塗ってみよう。 コピックは普通に塗り潰すだけでは色の濃い薄いが目立つ「ムラ」が出来てしまいます。 薄い色は特に目立ってしまいます。 ムラ無く塗る方法ですが。 一回インクを塗り潰した後にもう一度同じインクを乗せる「重ね塗り」 ペン先を紙に押し当てそのまま円を描くようにクルクル塗り込む「回し塗り」があります。 どちらも塗ると言う寄りはインクを紙にしみ込ませるという感覚ですね。 そしてムラ無く塗るコツは、コピックはアルコール性のインクなので乾く前に素早く塗る…という事です。 多少はみ出るかもしれませんがムラとはみ出しのどちらかを優先させるか…ですね。 素早く塗ると言っても塗り個所によって様々です。 広い場所でしたらブロックタイプのペン先を使用して広く手早くベタ塗りを行うのが大事です。 逆に細かい場所でしたら筆タイプや極細タイプで素早く塗りあげる事が大事になるので臨機応変に使っていきましょう。 コピックには0番という「無色透明」なインクがあります。 当然0番のみを使用しても当然色は付きません。 こちらは色を暈かす、色を溶かす役割があります。 先に0番を塗り込んだ画用紙に色を乗せた場合、まだインクが乾いていない状態ですので色の境目が少し滲んでいます。 水彩画で言う所の「画用紙に水を染み込ませる」にちょっと近いと思います。 次に色を乗せてから0を塗り込むと元のインクを0番が溶かしてしまうのでそこから滲みが出来ます。 こちらも水彩での濃い色の乗せた後水で伸ばす方法に近いかと思います。 コピックのコツはとにかく乾く前に塗る、手早く塗る事を、心がけるのが良いです。 後に乾いてから塗り込む、敢えてムラを作る等の方法も有りますが…それらはまた次の機会に… コピック初心者でも怖がらない!! 基本な塗り方を覚えよう まとめ まず、今回は基本的な所で説明させていただきました。 ムラ無く塗れる、コツを掴めれば次のグラデーションや混色も上手く出来ると思います。 次の機会がありましたら是非お付き合い頂けると幸いです。 ココまでお付き合い下さりありがとうございました!!

次の

Must

イラスト 書き方

Have you ever thought about illustrating, but became at a loss for where to start? Today, we have a simple tutorial for beginners at illustrations, where you will learn about the difference between analog and digital drawings, as well as how to draw the faces of characters. Analog? Digital? Two types of illustrations 2. Characteristics of and how to draw analog illustrations 3. Characteristics of and how to draw digital illustrations 4. The fundamentals of drawing Apart from learning more about drawing, your actual skill will improve with these tips that are easy to understand and image. We highly recommend it to beginners who want to grasp the general flow of drawing. You may have heard people who illustrate say things like "I'm pretty bad at drawing analog", or "I prefer using digital tools". These terms may be a little confusing to beginners. Illustrations can be split into two broad categories: -Analog -Digital To put it simply, It is considered analog if you do not use electronic devices like your computer or mobile devices, and digital if you do. Let's find out more about their characteristics by examining artwork uploaded on pixiv. It's when you use paper and pen, and not electronic devices. Typical tools include pencils, color pencils, markers, water color paints, oil paints, ink etc. You can draw anytime you like as long as you have a canvas and tools. People who draw on normal paper with a mechanical pencil are also analog illustrators. There is no need for you to learn how to use digital tools, and you can illustrate whenever you want to, making it one of its special features, The ideas expressed will vary very much according to the tools used or the quality of the paper and its balance. As you are unable to undo your work, every move is decisive, but another way to put it would be that the final product will not betray you. It's interesting to see how the slightest differences in color can portray such different things. However, a lot of care has to be put into your tools. Markers and paint that are oil-based do not fare well in dry and hot environments, and it is important to cover them up and store in suitable locations. Also, there are times where you find yourself unable to restock the tools you need, and it is crucial to always check your remaining stock. You can use them like you use pencils, and is very easy for beginners to use. By changing the force used, you can either create a very light feel, if not impactful one. From the grainy texture to a smooth flowy texture, there are many ways you can use color pencils. Oil-based markers are able to bring out vibrant colors, making them very popular. There is also a wide range of colors available, and also thin tip markers that are good for sketching and a wide range of details, and the convenient thick tip. By changing the tip of the pen to a specialized one, you can also use it as an airbrush. Markers are not only used in illustrations, but also in the architecture and fashion design industries. As you can go over the same area to create a gradation, you can create something very detailed, despite its vibrant colors. According to the composition of the paints, water color paints can be made into two types, transparent water colors water color and non-transparent water colors Gouache. Transparent water colors are easy to control with the quantity of water, and they help to bring out different shades of the same colors, creating a gradation. In order to bring out the gradation effects, you have to wet the paper before coloring, which is a unique technique only seen with transparent water colors. Being able to trial and error and fully make use of the tool's characteristics is what makes analog illustrating interesting. You can draw digitally if you have: -A computer, smartphone or tablet -Painting software In the past, you had to have a computer in order to illustrate digitally, but you can now do it on your smartphone easily. When drawing on the computer, you could purchase a pen tablet apart from a mouse, so that you can illustrate digitally with a feel of analog illustration. The demerits are sudden shutdown of your device or forced termination of your tool will lead to losing your data and should be taken note of in drawing digitally. The data should be saved frequently to avoid such troubles. Computers and mobile devices are rather expensive and the need of learning the usage of these tools are negative points about drawing digital. However, there are free painting tools and trialwares so you can choose the one that is suitable for you. You can carry out complicated procedures if you have a pen tablet or liquid crystal tablet along with your computer. Most paint software come with a function called layers. Layers are like drawing on top of something with a transparent sheet in-between. Many use different layers for their lining and coloring in, or even for the hair and face as it is convenient. It is much easier to correct something later on if it is properly split into different layers. Software you can use include Adobe Photoshop, Illustrator, CLIP STUDIO PAINT, SAI etc. Find out more to find out more about these software. You can now illustrate digitally anywhere you go. Also, you can sketch analog, take a photo of it and upload it onto a paint software on your phone to further edit it. This makes good use of both analog and digital methods. Paint software include pixiv Sketch, ibisPaint, Medibang Paint, Tayasui Sketches 2 Pro, Inkboard, Adobe Photoshop Sketch etc.

次の

ペンタブ初心者がイラストを描く使い方と13のコツをおさえよう!

イラスト 書き方

スタイラスペン(タッチペン)は必需品 わたしは、iPadでイラストを描くようになった当初は、指で描いていました。 指で描いても問題ありませんが、スタイラスペンがあった方がきっとはかどります。 オススメのスタイラスペン(タッチペン) こちらの記事では、 オススメのタッチペンをまとめています。 その中でも特にオススメなのはこちら。 1Apple Pencil わたしが一番オススメしているスタイラスペンはAppleが本気で作った「 Apple Pencil」です。 間違いなく現在 存在するすべてのスタイラスペンの王者として君臨しているペンです。 Apple Pencilです このスタイラスペンの凄さはズバリ「 筆圧を感知できないiPadに代わって、筆圧感知をしてくれるペン」ということ。 ヨス そのため、 対応機種を持っていない場合は、iPadから買い直す必要があることがネックです。 ただ、 本気でイラストを描く人にとってはこのお値段以上の価値があります。 特にとの組み合わせは最強です。 2Touch Wand(タッチワンド) そして、こちらはスタイラスペンの先が筆になっている「 Touch Wand タッチワンド 」というペンです。 このペンのすごいところは、 とにかく描き心地が良いこと!! Touch Wand Fタイプ タッチワンドは先が毛なので描き心地がよいのです。 特に着色には最高ですね。 お値段的にも買いやすいのもポイントが高いです。 Apple Pencilは買えない! って方にはこちらをおすすめです。 いくつかの種類が出ていますので、その違いもまとめています。 絵を描く場合、線画は断然「Dタイプ」がオススメです。 着色では「Fタイプ」の塗り具合が大好きです。 スタイラス タッチペン を買う前に知っておくこと スタイラス(タッチペン)を買う前に知っておいたほうが良いことをまとめた記事もご参考に。 特に言いたいのは、タッチペンがどんなに進化しても 本物の鉛筆やペンの書き心地と完全に同じにはならないよ……ということです。 イラストにおすすめのアプリ そして、iPadでお絵描きするときにオススメのアプリの紹介です。 Procreate わたしがオススメしているiPad用アプリは、ズバリ「」です。 1,000円以内で買えて、しかも多機能で使いやすいという 最高のお絵描きアプリなんです! 詳しい使い方はこっちの記事で随時追加していきます! 絵を描くときの設定について デジタルで絵を描くときにストレスを軽減させるための方法もまとめています。 絵を描くときのiPad側の設定 iPadで絵を描くときには、 快適に描けるための設定も重要です。 それと 手袋をはめるのをオススメします。 手袋をはめると良いよ! 上の写真のように、その辺で買ってきた手袋の親指、人差し指、中指、薬指の袋部分をハサミで切るだけで出来上がりです。 詳しくはコチラの記事を!

次の