カルボシステイン 市販。 子ども用市販薬の注意点と症状別の選択肢など【2歳未満は受診が原則】│こそログ~山陰子育て応援ブログ~

ムコダイン(カルボシステイン)はアレルギー性鼻炎の治療に有効なのか?|母子のための病気の教科書

カルボシステイン 市販

カルボシステインは痰を出しやすくする去痰薬、ムコダインのジェネリック医薬品ですが、鼻水や鼻づまりに処方されることもあります。 なぜ去痰薬であるカルボシステインが鼻水や鼻づまりに使われるのでしょうか。 この記事では、カルボシステインが鼻水にどのように作用するのか、また子供や赤ちゃんにも問題なく使えるのかといった点について解説していきます。 カルボシステインの基本的な情報はミナカラ薬辞典をご参照ください。 //// カルボシステインの鼻への作用 カルボシステインは鼻の粘膜に作用して鼻水、膿(うみ)などのドロドロとした粘液を体外に出しやすくするため 鼻水、鼻づまり、蓄膿症(ちくのうしょう)などへの効果を期待して処方されることがあります。 カルボシステインの主な作用は気管に働きかける去痰作用ですが、鼻腔や副鼻腔の粘膜も気管と似たような構造をしています。 そのため、気管に対する作用と同じように炎症で傷ついた鼻の粘膜を修復したり、鼻粘膜の働きを活性化させて鼻水や膿などを流れやすくします。 また、慢性の副鼻腔炎や蓄膿症などでは鼻の奥に膿が溜まった状態となっていますが、カルボシステインには鼻の奥に溜まった膿を流れやすくして外へ出す機能を改善する効果も期待できます。 飲んだ後は鼻水が増える カルボシステインは鼻水のネバネバを薄くして、 サラサラと流れやすい鼻水に変えて体外に出しやすくするため、飲んだ後は鼻水の量が増えることがあります。 鼻水や痰には「ムチン」という粘り成分が含まれていますが、鼻づまりや痰が喉に絡むといった症状のときはバランスが崩れ、正常時に比べて「ムチン」の比率が増えています。 カルボシステインには鼻水や痰に含まれる 「ムチン」の分泌量を調節する作用があり、ねばついて鼻の奥に詰まっている鼻水を流れやすくするのです。 そのため、カルボシステインを飲んだ後は鼻水が流れやすくなって鼻づまりが改善されます。 このようにカルボシステインを飲むと鼻水が流れやすくなり鼻水の量が増えますが、副作用ではなく薬が正しく作用しているために起こるものです。 極端なものでなければあまり心配はありませんので、安心して服用してください。 カルボシステインの効果時間や副作用について、詳しく知りたい方は関連記事をご参照ください。 カルボシステインは子供や赤ちゃんでも安心して使える薬 ムコダインと同様カルボシステインの副作用も、頻度が最も高いもので食欲不振の0. 子供や赤ちゃんには、やなど飲みやすいタイプのものが作られており、痰切りや咳、鼻水などによく処方されます。 また、子供に限った場合のみですが、中耳炎の一種である 滲出性中耳炎の薬として処方されることもあります。 気管への作用と同様に、鼓膜の奥にある中耳の粘膜にも作用し、炎症で傷ついた粘膜を修復したり、中耳に溜まった浸出液(耳垂れ)を体の外に出す効果が期待できます。 カルボシステインは年齢に関係なく、指示された用法・用量を守って使えば副作用はまず起きないと考えられる薬なので、処方された場合は安心してご使用ください。

次の

【医師直伝】 実は市販薬にある『医者が出す風邪薬』6選。【2020年最新版】|森田 洋之|note

カルボシステイン 市販

外出するときは、あたたかくして体を冷やさないように注意しましょう。 2.水分を多くとるようにしましょう。 たんのきれがよくなり、せきが楽になります。 3.部屋の空気をきれいにしましょう。 また、部屋をあたため、なるべく湯気をたてて空気の乾燥を防ぎましょう。 4.うがいを心がけましょう。 のどの不快感が少なくなり、せきやたんが楽になります。 外出のときは、マスクも効果があります。 成分・分量 6カプセル中 L-カルボシステイン・・・750mg (気道粘膜の分泌を正常化し、粘稠なたんの流動性を高めてたんを出しやすくします。 ) ブロムヘキシン塩酸塩・・・12mg (気道分泌を高め、のどにからんだたんをうすめて出しやすくします。 ) 添加物として、中鎖脂肪酸トリグリセリド、サラシミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、セスキオレイン酸ソルビタン、ポリソルベート80、ゼラチン、グリセリン、パラベン、酸化チタン、香料(L-メントールを含む)を含有します。 用法及び用量 下記の1回服用量を食後に服用します。 (2)カプセルの取り出し方 右図のようにカプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して、裏面のアルミ箔を破り、取り出して服用してください。 (誤ってシートに入ったまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。 ) (3)定められた用法・用量を厳守してください。 剤型・形状 ソフトカプセル剤 使用上の注意点 1.次の人は服用しないでください 本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。 2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください 他の鎮咳去痰薬、かぜ薬 使用上の相談点 1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください (1)医師の治療を受けている人。 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。 (3)高齢者。 (4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。 (5)次の症状のある人。 高熱 (6)次の診断を受けた人。 心臓病、肝臓病 2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください 関係部位:症状 皮膚:発疹・発赤、かゆみ 消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振、腹痛 精神神経系:頭痛 その他:血たん まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。 その場合は直ちに医師の診療を受けてください。 症状の名称:症状 皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、中毒性表皮壊死融解症:高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり、急激に悪化する。 ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。 肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。 3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください 下痢、口のかわき 4.3~4日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください 保管および取扱上の注意点 (1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。 (2)小児の手の届かない所に保管してください。 (3)他の容器に入れ替えないでください。 (誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。 ) (4)使用期限(外箱に記載)をすぎた製品は、服用しないでください。

次の

ストナ去たんカプセル

カルボシステイン 市販

(この記事は2020年2月に最新版に改定・補足しています) こんにちは、医師・医療経済ジャーナリストの森田です。 今回は、実は薬局・通販で買える市販薬の中にも「医者が出す薬」がありますよ、の【風邪薬】編です。 まず、日本では薬の処方・販売の方法にもいろいろありまして、一類とか二類とか要指導医薬品とか処方箋医薬品とか、ややこしい。 「いつも病院でもらうあの薬がほしいけど、なかなか病院まで行けない」 「子供が熱を出したけど、元気だしその他は何にも症状がないから市販薬で様子を見ようかな」 など、諸々の事情もあると思いますので、そんなときに使ってみてください。 ちなみに『6選』と書きましたが、決して全部をおすすめしているわけではありません。 そのへんは本文を読めば大体分かると思います。 くれぐれも無理せず、症状が重いときは病院に行ってくださいね。 あと、最後に重要なこと書いてるのでぜひ最後までお読みいただけますと嬉しいです。 このうち、カロナール・ロキソニンは、薬局・通販の市販薬で買えます。 *ただ、風邪は「熱が高いほうが治りが早い」という報告もあります。 特に子供などは熱があっても走り回ってる元気な子もいますので。 ただ、熱でボーっとしている、食欲も出ない、機嫌が悪い、寝付けない、などで困るようなら、解熱して楽になって、ご飯食べたほうが治りも早いかもしれません。 ロキソニン・ボルタレンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDS)と比較すると効果はマイルドですが、副作用も少なく比較的安全性の高い薬です。 ですので、妊婦さんや子供の発熱では定番です(特にインフルエンザのときはロキソニン・ボルタレンが使いにくいので)。 もちろん大人の一般的な頭痛・発熱時でも定番ですね。 こちらも「アセトアミノフェン」のみで構成されてるという意味では、病院でもらうカロナールと同じです。 しかも、オレンジ味の上、口の中で溶けるので錠剤を飲むのが苦手な小さな子も飲みやすい。 急な発熱などは子供にはよくあることですので、お子さんがおられるご家庭なら常備されていてもいいのではないかと思います。 その名の通り、病院で出る「ロキソニン」と同成分です。 前述のとおり、カロナールより鎮痛効果は高いと言われており、ガン(初期)などの重い痛みにも使われます。 その反面、胃潰瘍になりやすいなどの副作用もあります。 ですので、ロキソニンSも15歳未満には使えません。 また、今回ご紹介する薬のなかで、 こちらの「ロキソニンS」のみ『第1類医薬品』です。 ですので、薬剤師さんからの説明と指導を受けてからの処方となります。 Amazonなどで買う場合は、質問に回答し、薬剤師さんによる適正使用の確認後に注文が確定するなどの方法がとられています。 (条件を満たさなければ購入できないこともあります。 基本的に、「痰」とは細菌・ウイルスなどの異物を絡め取って体外に排出する正常な防御反応でありますので、痰が出たときは「今回もよく働いてくれてありがとう」と感謝してそのまま静観してしかるべきなのですが…、まあそれはそれとして辛い痰絡みの症状を早く終わらせたい、と思うときもあります。 そんなとき病院でよく出るのが 「ムコダイン(成分:カルボシステイン)」 「ビソルボン(成分:ブロムヘキシン)」 「ムコソルバン(成分:アンブロキソール)」 などですが、この内、「ムコダイン」、「ビソルボン」は薬局・通販の市販薬で買えます。 しかも、合剤(2つの成分が1つの薬に入っている)で。 ちなみに、含有量は病院の薬の半分くらいですが。 (Satomura K. Am J Prev Med. 2005;29:302-7) 僕が研修医の頃はまだ、手術後の傷口にも毎日「イソジン」で消毒して回っていましたが、今はもう「イソジン消毒はしない、もしするなら水で洗浄」が医学界の常識です。 (子供のころ「転んだら赤チン(ヨード系消毒液)」が当たり前だったのが、いまは「水で洗え!」が定番なのと同じですね。 医学の常識も日々変化するものです。 ) 以上、「実は薬局・通販で買える医者が出す薬【風邪薬】6選」でした。 だから、解熱剤も去痰薬も、もちろん総合感冒薬も単純に「風邪から引き起こる症状」を抑える薬、つまり「対症療法」なんです。 じゃ、誰が治してくれるの?と言うと、最終的には「自分の体力・免疫力」ということになります。 そのためには、安静・休養、さらに水分・栄養をしっかりとることが重要です。 それを知った上で、少しの手助けとして上記の「薬局・通販で買える市販薬」を使う、という感じのやり方が上手な薬の使い方なんじゃないかな、と思います。 実は、医師法第1条にはこう書いてあります。 「 医師は医療および保健指導を掌ることによって公衆衛生の向上および増進に寄与し、もって 国民の健康な生活を確保するものとする」 つまり、医師の本分は国民の健康な生活を確保することであって、手術も高度医療も専門知識も病院医療も在宅医療も、そのための道具でしかないわけです。 そういう意味では、処方薬でも市販薬でも国民の皆様の健康に役立つものであればどちらでも構わないのです。 もちろん、一般の方が市販薬を使うことによるリスクもあります。 しかし、上手に使えばそのリスクを上回る利便性が見込めることもあります。 それなのに、日本では医師が市販薬を勧めることは殆どありません。 医療業界の金銭的な利益に惑わされることなく、「国民の健康を確保する」のための一つの手段としてこのような情報提示をすることを厭わない。 僕はそういう医師でありたいと思っています。 注:この記事は投げ銭形式です。 医療は誰にでも公平に提供されるべき「社会的共通資本」、 という信念なので医療情報は基本的に無償で提供いたします。 様々な苦難に遭遇した夕張市民の軌跡の物語、夕張市立診療所の院長時代のエピソード、様々な奇跡的データ、などを一冊の本にしております。 日本の明るい未来を考える上で多くの皆さんに知っておいてほしいことを凝縮しておりますので、是非お読みいただけますと幸いです。

次の