過激動画。 過激化するネット動画 規制進むテレビと同じ道を辿るのか→広告収入のシステムなんて止めるべき。

過激化するネット動画 規制進むテレビと同じ道を辿るのか?

過激動画

炎上狙いの過激動画が増加しているネット動画 若者にとって、今や「テレビよりネット動画」というほど定着しているが、新年早々ネット動画の未来に暗雲が垂れ込めているようだ。 アメリカの人気動画投稿者、ローガン・ポールが、自殺の名所として知られる青木ケ原樹海に立ち入って遺体を撮影。 公開した動画が炎上し、波紋が広がっている。 また、同じくアメリカの人気コンビ・Nick&Dan(ニックアンドダン)が日本で女の子をいきなり抱き上げ、連れ去るドッキリ動画を公開していたことが発覚し、チャンネル削除を求める声が寄せられている。 こうした問題を受け、配信元は不適切動画への対策強化に動き出しているが、日本でもネット動画投稿者の炎上は増加する一方。 個人の価値を仮想株式に見立てて売買するサービス「VALU」で、インサーダーの疑いをかけられ炎上したヒカルや、「白い粉」をわざと警察の前で落として逃げる動画を撮影し、偽計業務妨害罪で逮捕された事件、さらにヤマト運輸の営業所でチェーンソーを使って脅し、暴力行為等処罰法違反容疑で逮捕された事件などがあげられる。 YouTubeでは、動画1再生あたり0. 01円〜0. どんどん過激化する動画内容や、YouTuberたちの人気に乗じるビジネスの過熱化が社会問題化しているわけだ。 テレビが面白くなくなればなくなるほど、視聴者は規制のゆるいネット動画コンテンツのほうへと興味が向かうのだ。 流血も平気で放送!? 現在のネット動画同様の過激さがあった過去の民放バラエティ かつてはテレビのバラエティ番組でも、たとえば『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』(日本テレビ系)では、参加芸人たちが体を張り、多少の流血沙汰があろうと平気で放送していたし、『進め!電波少年』(同)でも松村邦洋がチーマーに取り囲まれて暴行されるなど、観ている視聴者のほうがハラハラするような場面がふんだんに繰り広げられていた。 他のバラエティにしても潤沢な制作費を背景に豪華なセットを組むなど、いずれにしても現在のテレビでは到底見ることができない過激なものばかりだった。 しかし、2000年代に入りBPOの規制が厳しくなると、そうした過激な映像がテレビでは見られなくなる代わりにネット動画がメディアとして台頭、テレビの後追いのようにビュー数を稼ぐためにコンテンツの内容はエスカレートする一方となっている。 海外においてもそれは同じで、YouTube上で麻薬組織のボスを侮蔑する発言をしたメキシコの17歳の人気動画投稿者が武装集団に襲われて死亡したほか、動画を撮影中に恋人を誤って銃殺してしまったアメリカの事件、中国においても人気の動画投稿者が62階のビルの屋上から転落して死亡するなど、ここ最近でも全世界でネット動画絡みの死亡事故が相次いでいるのだ。 時には事故も起きたりするが、視聴者のほうでも(そんなにヤバいことにはならないだろう…)という、どこか安心感のようなものがテレビにはあった。 一方のネット動画は、人気があろうがスター扱いされようが、基本的には素人だ。 今のネット動画人気を支えているのは、小・中・高校生といった子どもなのであり、動画投稿者にしても、イケメンよりは等身大の普通のキャラのほうが人気が出るとも言われているのだ。 先述の青木ケ原樹海に立ち入って遺体を撮影した件を受け、YouTube側も審査基準を設けるなど、コンテンツ内容に規制を加える対策を講じ始めた。 実際、人気のネット動画を見た子どもが熱湯を飲んだり、火を扱うことで死亡するという事件も増加していることから、配信者も視聴者を置き去りにするような過激さばかりを追いかけていると、共感されるどころかテレビと同様、過剰なまでの規制がかかる可能性も十分にあり得る。 世界中の視聴者が国境を越えて参加できるネット動画だけに、炎上商法がより収入を得られる現状をどのように改善していくのか、今後の展開を注視したいところだ。

次の

過激化するネット動画 規制進むテレビと同じ道を辿るのか→広告収入のシステムなんて止めるべき。

過激動画

ほしのあきの経歴 東京都世田谷区に生まれ育ったほしのあきは、遅咲きのグラビアアイドルという印象が強いが、高校時代にはファッション雑誌の「 プチセブン」で 専属モデルを務めている。 モデルをこなしながら、ラジオ番組への出演や テレビドラマの端役を多く務めていたほしのあきは、 もともとはグラビア女優の活動をしていなかったことは意外と知られていない。 ほしのあきが グラビア活動を開始したのは24歳からであるため、当時としては異例の 遅咲きグラビア女優として話題になったのである。 自らを「 最年長グラビアアイドル」とし少年誌などのグラビア活動で人気を博すと、バラエティ番組への出演が急増し、ほしのあきの名前はたちまち 全国区へと押し上がる。 また女優としてもテレビドラマや映画に出演しており、その際の芸名は「 星野亜希」で活動しており、出演する番組に応じて「 ほしのあき」との使い分けをしていた。 巨乳アイドルとしては、他に類を見ないほどのプロ意識を発揮しており、その姿から「 プロ巨乳」の異名まで付けられたほどである。 2010年にはJRAの騎手である 三浦皇成との12歳差の交際を発表し世間を騒がせると、2011年に 結婚を発表した。 その後2012年には、第一子である 長女を出産し順風満帆だと思われたが、2012年12月に発生した「 ペニーオークション詐欺」に関与したとして警察から事情聴取を受け、自らメディア出演を自粛すると2014年現在まで事実上の活動休止中である。 その後しばらくはメディアにも姿を表していなかったが、 現在の画像が出回っているのでご紹介しよう。 こうしてみると劣化したとささやかれているが、そこまでではないと感じてしまう。 それよりも 異常に細くなってしまったことのほうが驚きではないか? ここまで痩せたのが精神的なものなのか、はたまたダイエットによるものなのかは分からないが、少なくともあまり健康的な肉体には見えないだろう。 スポンサーリンク ほしのあきの枕営業の噂? ほしのあきを検索にかけると「 枕」というワードが引っかかる。 これはどういうことかと調べてみると、ほしのあきには過去の 枕営業の噂があるようだ。 というのも過去に放送されていたフジテレビの人気クイズ番組「 クイズ! ヘキサゴン」にて当時司会の 島田紳助のお気に入りとされていたほしのあきは、ヘキサゴンにレギュラー出演し、その他のテレビ番組にも出演が急増し、 一気にブレイクを果たしたのだ。 しかしその後島田紳助のお気に入りが スザンヌや 山本モナなどに移ると、ほしのあきは ヘキサゴンから姿を消している。 もちろん枕の影響のみならず、ほしのあき自身の魅力やトーク力が評価されての部分もあるとは思うが、芸能界に蔓延していると言われている「 枕営業」は女性タレントの命運を分けているのであろう。 その後は島田紳助の影響でテレビに出ていた人間は、島田紳助が不祥事により芸能界を引退すると、ごく一部は生き残っているものの、ことごとく姿を消したことから話の信憑性も高そうだ。 これも一種の「 自身の売り込み行為」と割り切ればそれまでだが、やはり子供たちに対して夢のある業界であるかと問われると、枕営業という汚れたシステムが蔓延しているのは、気持ちが良いものではないと感じる。 スポンサーリンク 旦那と離婚危機? ほしのあきの旦那は先に述べた通り、JRA騎手の 三浦皇成である。 三浦皇成といえば、さわやかイケメンなルックスと、ジョッキーとしても武豊以来の天才ジョッキーとまでいわれた実力派の騎手だ。 そんなほしのあきと三浦皇成だが、あることがきっかけで 離婚危機にまで発展したという話がある。 ほしのあきが芸能活動を休止にまで追い込まれた「 ペニーオークション詐欺」事件への関与である。 この事件は2010年12月にほしのあきが、自身のブログでペニーオークションサイトである「 ワールドオークション」を利用して空気清浄機「 プラズマクラスター」をわずか 1080円で購入したと書き込んだことだ。 後の調べでこの 購入金額は全くのデタラメで、サイト運営者からペニーオークションの宣伝のために、そういった書き込みをしてほしいと依頼されたことがわかっている。 それにともない報酬も受け取っており、ペニーオークションのシステムをよく理解していなかったと言っていたほしのあきだったが、 結果的には詐欺行為に加担していたとして、警察から事情聴取も受けたのだ。 この件が発覚したのが、三浦皇成とほしのあきが結婚し、長女を出産した直後だった。 そのためほしのあき 離婚危機か?といった噂が各方面で流れたが、実際は報道とは異なり、 むしろ夫婦の結束は高まったようである。 しかしそうは言っても、芸能活動は未だ休止中ということから、この事件での影響は多大であったと考えるべきだろう。 その後に旦那である三浦皇成の浮気疑惑も浮上しており、水面下でほしのあきは 離婚に向けて動き出しているとも言われている。 世論ではほしのあきを擁護する意見も聞かれるが、一つ一つの発言やブログ記事が世間に多大な影響を与える「芸能人」という立場から考えると、ほしのあきのしたことは「 知らなかった」では済まされない行為である。 そのペニーオークションサイトについて、くわしく解説している動画を発見したのでご覧いただこう。 youtube. そのため現在では見られない過去の水着画像が、「 お宝画像」として多く検索されているようだ。 そんなほしのあきの、 過激な水着画像を発見したので、ご覧いただこう ほしのあきのファンの方はもちろんのこと、そうでない方やほしのあきを知らなかったという方も 必見である。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 では最後にほしのあきの豊胸疑惑を覆した輪切り映像の動画をご覧いただこう。 ほしのあきのバストが、プロの医師のお墨付きをもらった 貴重なこの動画は必見である。

次の

アイドル動画

過激動画

若者にとって、今や「テレビよりネット動画」というほど定着しているが、新年早々ネット動画の未来に暗雲が垂れ込めているようだ。 アメリカの人気動画投稿者、ローガン・ポールが、自殺の名所として知られる青木ケ原樹海に立ち入って遺体を撮影。 公開した動画が炎上し、波紋が広がっている。 また、同じくアメリカの人気コンビ・Nick&Dan(ニックアンドダン)が日本で女の子をいきなり抱き上げ、連れ去るドッキリ動画を公開していたことが発覚し、チャンネル削除を求める声が寄せられている。 こうした問題を受け、配信元は不適切動画への対策強化に動き出しているが、日本でもネット動画投稿者の炎上は増加する一方。 個人の価値を仮想株式に見立てて売買するサービス「VALU」で、インサーダーの疑いをかけられ炎上したヒカルや、「白い粉」をわざと警察の前で落として逃げる動画を撮影し、偽計業務妨害罪で逮捕された事件、さらにヤマト運輸の営業所でチェーンソーを使って脅し、暴力行為等処罰法違反容疑で逮捕された事件などがあげられる。 YouTubeでは、動画1再生あたり0. 01円~0. どんどん過激化する動画内容や、YouTuberたちの人気に乗じるビジネスの過熱化が社会問題化しているわけだ。 テレビが面白くなくなればなくなるほど、視聴者は規制のゆるいネット動画コンテンツのほうへと興味が向かうのだ。 現在のネット動画同様の過激さがあった過去の民放バラエティ かつてはテレビのバラエティ番組でも、たとえば『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』(日本テレビ系)では、参加芸人たちが体を張り、多少の流血沙汰があろうと平気で放送していたし、『進め!電波少年』(同)でも松村邦洋がチーマーに取り囲まれて暴行されるなど、観ている視聴者のほうがハラハラするような場面がふんだんに繰り広げられていた。 他のバラエティにしても潤沢な制作費を背景に豪華なセットを組むなど、いずれにしても現在のテレビでは到底見ることができない過激なものばかりだった。 しかし、2000年代に入りBPOの規制が厳しくなると、そうした過激な映像がテレビでは見られなくなる代わりにネット動画がメディアとして台頭、テレビの後追いのようにビュー数を稼ぐためにコンテンツの内容はエスカレートする一方となっている。 海外においてもそれは同じで、YouTube上で麻薬組織のボスを侮蔑する発言をしたメキシコの17歳の人気動画投稿者が武装集団に襲われて死亡したほか、動画を撮影中に恋人を誤って銃殺してしまったアメリカの事件、中国においても人気の動画投稿者が62階のビルの屋上から転落して死亡するなど、ここ最近でも全世界でネット動画絡みの死亡事故が相次いでいるのだ。 時には事故も起きたりするが、視聴者のほうでも(そんなにヤバいことにはならないだろう…)という、どこか安心感のようなものがテレビにはあった。 一方のネット動画は、人気があろうがスター扱いされようが、基本的には素人だ。 今のネット動画人気を支えているのは、小・中・高校生といった子どもなのであり、動画投稿者にしても、イケメンよりは等身大の普通のキャラのほうが人気が出るとも言われているのだ。 先述の青木ケ原樹海に立ち入って遺体を撮影した件を受け、YouTube側も審査基準を設けるなど、コンテンツ内容に規制を加える対策を講じ始めた。 実際、人気のネット動画を見た子どもが熱湯を飲んだり、火を扱うことで死亡するという事件も増加していることから、配信者も視聴者を置き去りにするような過激さばかりを追いかけていると、共感されるどころかテレビと同様、過剰なまでの規制がかかる可能性も十分にあり得る。 世界中の視聴者が国境を越えて参加できるネット動画だけに、炎上商法がより収入を得られる現状をどのように改善していくのか、今後の展開を注視したいところだ。 引用元: 法規制をする前に、YouTubeの運営母体であるグーグルが自主的に対処する方法を考えたほうがいいと思う 例えば動画をアップする時に即時公開ではなく、ある程度の審査を経て公開されるようにするなどしたらどうか (もっとも、これらは人手も必要になるので現実的と言えるかどうかわからないが) 素人ではこの程度の案しか出てこないが、専門家であるYouTube担当者なら適切な対処方法を見つけ出せるでしょう YouTuberも自制するところが必要だが、YouTube自体も規制したり、ガイドラインを制定するなどして法規制に至る前に許容範囲を超えない・超えさせない対応が必要だろう 法規制にしてしまうと必要以上に規制されてしまうので、フレキシブルに対応できる「自主規制」を求めたい 広告収入のシステムなんて止めるべき。 ただでさえ犯罪スレスレ行為で炎上してるのに、 再生回数稼ぐ為の行為自体ががエスカレートし、犯罪が横行しそう。 そうなった時の犯行理由が「再生回数を稼ぐ為にやった。 」、「憧れのYouTuberを模倣した。 」なんてのは目に見えてるし、その場合の被害者は間違いなく動画視聴者含む一般人。 そんな理由で犯罪に巻き込まれなんてたまったもんじゃない。 しかも、「将来の夢はYouTuber」と言った子供がデビューした時、並みの動画では再生回数伸びないからという理由で炎上動画に手を出すリスクも跳ね上がる。 今はまだこの程度で済んでいるが、YouTuber自体の数は減らすべき。 加えて、最近のYouTuberは大量購入による消費が激しい。 まだ、影響出るレベルではないが、YouTuberによる大量消費者が増え、生産者の人数が減っていき、このままでは需要と供給の経済バランスが崩れそう。 たけしのはつまんなかったよ。 ドリフとかカトちゃんケンちゃんとか、ウッチャンナンチャンとかは面白かったけど、あれは別に過激でもなかった。 過激だから面白かった、今は過激じゃないからつまらない、なんてことはない。 今だってイッテQのお祭り男とか面白いもん。 テレビ場馴れが進んだのは、色々な選択肢が増えて、決まった時間にTVの前に座るという習慣自体が時代遅れになったからでしょ。 番組がつまらないのは、業界が成熟してマンネリ化してるからじゃないの? マンガでも小説でも絵本でも音楽でもゲームでもドラマでも、過渡期は様々な試みがあって刺激的で面白いけど、ネタが出きって成熟するとマンネリ化して小手先だけのつまらないものが多くなる。 誰が規制を?そもそもYouTubeと投稿者は基本的に持ちつ持たれつなんだから、自主規制に向けた力学は働かない。 視聴数がダイレクトに収入に結び付くそもそものシステムをまず見直すこと。 そして、法に触れるような内容の投稿については、投稿者だけでなく、YouTubeにも責任を追わせること。 さらに法に触れないまでも倫理的に問題がある内容の投稿者は即停止。 でも倫理的な問題についてはYouTube側の恣意的な判断ではなく、社会的な同意を得られるような方法で指針を明文化する。 ここにお役所が絡むと、表現の自由なんてものが問題になるから無理なんだろうな。 ユーチューバーの動画を一度も見たことがないのに、偉そうにすんません。

次の