日本 歯科 大学 東京 短期 大学。 関東の歯科衛生士を目指せる大学・短期大学(短大)一覧【スタディサプリ 進路】

関東の歯科衛生士を目指せる大学・短期大学(短大)一覧【スタディサプリ 進路】

日本 歯科 大学 東京 短期 大学

本学の教育に対する考え方 本学は、歯科衛生士養成のため昭和58年4月に日本歯科大学附属新潟専門学校として、日本歯科大学新潟生命歯学部のキャンパス内に設立され、昭和62年4月に短期大学に昇格しました。 修業3年間の教育内容は、短大生としての一般教養はもちろんのこと、豊富な教授陣の指導のもとに充実した内容の専門科目が組み込まれています。 高学年次における臨床実習は近代的設備の完備した新潟病院内で、優秀な新潟生命歯学部の専任歯科医師、歯科衛生士の指導のもとで、高度の知識に基づく、密度の濃い確かな技能と習慣・態度の情意の習得ができます。 学校法人日本歯科大学の創立以来の建学の精神『自主独立、自助努力』を受けて、日本歯科大学新潟短期大学では、次のようなテーマを軸に歯科衛生士の養成を展開しています。 建学の精神 学校法人日本歯科大学の建学の精神「自主独立」 アドミッションポリシー• 歯科衛生士になりたいと希望し、本学で学びたいという強い意欲をもつ人• 積極的に自ら学ぼうとする人• 思いやりと協調性をもって行動できる人• 自分の行動に責任がもてる人• 笑顔であいさつできる人 教育理念 本学学則には、その目的を「学校教育法の精神に基づき、歯科衛生に関する専門の知識と技術を教授研究し、高度な歯科衛生士の育成をはかることを目的とする」と規定しています。 この目的を体して、医学の一領域・人体の健康を担当する医療人として、知識と技術と倫理観、すなわち学・術・道を兼ね備えた歯科衛生士を養成します。 教育目標• 人との関わりを通じて、相手を尊重した対応ができる。 社会人として自らの健康を守り、調和のとれた豊かな人間性を養う。 医療チームの一員として周囲と協調すると共に、リーダーシップをもって地域社会に貢献できる能力を養う。 社会のニーズに対応し、歯科衛生士としての使命感に基づいて自己研鑽できる能力を養う。 ディプロマポリシー• 地域社会の保健・医療・福祉に貢献できる能力を持つ。 豊かな人間性を持ち、相手を尊重した対応ができる。 歯科衛生士としての自覚と倫理観に基づいて自己研鑽ができる。 国家試験に合格する知識と安全に配慮した的確な技術を有する。 学長からのご挨拶 『一歩前を目指して』 日本歯科大学新潟短期大学 学長 五十嵐 文雄 日本歯科大学新潟短期大学は世界最大規模の日本歯科大学を母体とし、 1983年に附属新潟専門学校として開校、その4年後に短期大学に昇格しました。 今年3月には34回目の卒業式を終え、総数1,810名の歯科衛生士を輩出しています。 本短期大学は新潟生命歯学部のキャンパス内にありますので、専任の教職員に加えて生命歯学部からの協力もあり、図書館や体育館なども利用でき、学習支援体制、福利厚生施設ともに充実しています。 このような環境の中、従来の歯科衛生士3大業務である「歯科診療補助」「歯科予防処置」「歯科保健指導」に加え、超高齢社会を迎えて一層重要性が増している「口腔ケア」に対しても適切に対応できる知識と技術を持ち合わせた、『一歩前を行く歯科衛生士』の育成を目指しています。 やり甲斐と将来性のある職業です。 諸君の挑戦を待っています。

次の

歯科技工学科

日本 歯科 大学 東京 短期 大学

学長挨拶 学校法人東京歯科大学は、1949年に歯科衛生士の教育を始めてから今日まで、2,000人を越える優秀な歯科衛生士を育て世に送り出してきました。 このことにより、日本の歯科衛生士は発展し、多くの人々の健康が守られたといっても過言ではないと思います。 2013年に東京歯科大学は水道橋にメインキャンパスを移したことから、短期大学も同じキャンパスに開学することにしました。 東京歯科大学短期大学は、医師、歯科医師、看護師等の医療専門職種や介護職種等と協働しながら、新しい視点で活動することができる歯科衛生士を育成するために、最新の教育設備と多彩なカリキュラムを用意しています。 変化する社会のニーズに、高いレベルで応えることのできる 歯科衛生士の養成 学校法人東京歯科大学が設置する短期大学として、歯科衛生学に関する専門の技術・知識を教授すると共に、 豊かな教養と高い人格を備えた人材を育成し、人類の福祉に貢献することを目的としています。 <東京歯科大学短期大学の教育方針> 東京歯科大学短期大学では、変化する社会のニーズに、高いレベルで応えることのできる歯科衛生士を養成するために、以下のポリシーを掲げています。 常に向上心をもって医療人としての倫理観と高い人間性を追求し、国民に信頼される専門的な知識と技術を持つ学生の教育を理念としています。 <1.アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)> 常に向上心をもって医療人としての倫理観と高い人間性を追求し、国民に信頼される専門的な知識と技術を持つ学生の教育を理念としています。 このため、向上心を持ち、国民に貢献する意欲があり、歯科衛生士にとって必要な歯科医学を修得するための基礎学力のある女子を受け入れることとしています。 <2.カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成の考え方)>• 歯科衛生士業務である歯科疾患の予防処置、歯科診療補助及び歯科保健指導の専門性を高めるために、時代に対応した高度な歯科医療に関する知識及び技能を修得する。 高齢社会において、楽しく、美味しく、安全な食事を支援するためには、食べる機能を担う口腔機能の維持増進が重要という考えから、口腔機能の変化や機能障害を把握し、統合して支援を行うための知識と技能と態度を修得する。 医学歯学のみならず、福祉など幅広い分野を学び、これらを統合して身につけることによって、医療・福祉の各領域の視点を持ちつつ、多職種と協働しながら、歯科衛生の立場から総合的な知識と技能を駆使して人々の健康づくりに寄与するための知識と技能と態度を修得する。 <3.ディプロマ・ポリシー(養成する人物像/学位授与の方針)>• 歯科衛生士として歯科疾患の予防及び口腔衛生の向上を図ることを通じて、個人の健康を増進させ、人々の健康づくりを支援できる能力をもつ人材• 高齢社会の進展に伴い必要とされる歯科医療の変化を把握し対応できる人材• 医療、介護の総合的な確保が地域包括ケアシステムにおいて推進される中で、専門職として多職種と協働して歯科保健医療が提供できる人材• 教養と自己開発能力を有する自律性を持ち、地域社会の種々な場に対応できる人材 最先端の医科歯科連携を最新の設備で学ぶ 水道橋校舎本館(TDCビル)内にある水道橋病院に加え、歯科大学で最大規模の総合病院である市川総合病院にて 充実した学習を予定しています。 また、新設された水道橋校舎本館西棟には、最新設備を完備した実習室を整備し、 信頼と実績のある東京歯科大学の教育陣がマンツーマン指導を行います。 専門科目の実習を行う短期大学実験室 臨床現場に即した相互実習を行う短期大学実習室.

次の

関東の歯科衛生士を目指せる大学・短期大学(短大)一覧【スタディサプリ 進路】

日本 歯科 大学 東京 短期 大学

本学の教育に対する考え方 本学は、歯科衛生士養成のため昭和58年4月に日本歯科大学附属新潟専門学校として、日本歯科大学新潟生命歯学部のキャンパス内に設立され、昭和62年4月に短期大学に昇格しました。 修業3年間の教育内容は、短大生としての一般教養はもちろんのこと、豊富な教授陣の指導のもとに充実した内容の専門科目が組み込まれています。 高学年次における臨床実習は近代的設備の完備した新潟病院内で、優秀な新潟生命歯学部の専任歯科医師、歯科衛生士の指導のもとで、高度の知識に基づく、密度の濃い確かな技能と習慣・態度の情意の習得ができます。 学校法人日本歯科大学の創立以来の建学の精神『自主独立、自助努力』を受けて、日本歯科大学新潟短期大学では、次のようなテーマを軸に歯科衛生士の養成を展開しています。 建学の精神 学校法人日本歯科大学の建学の精神「自主独立」 アドミッションポリシー• 歯科衛生士になりたいと希望し、本学で学びたいという強い意欲をもつ人• 積極的に自ら学ぼうとする人• 思いやりと協調性をもって行動できる人• 自分の行動に責任がもてる人• 笑顔であいさつできる人 教育理念 本学学則には、その目的を「学校教育法の精神に基づき、歯科衛生に関する専門の知識と技術を教授研究し、高度な歯科衛生士の育成をはかることを目的とする」と規定しています。 この目的を体して、医学の一領域・人体の健康を担当する医療人として、知識と技術と倫理観、すなわち学・術・道を兼ね備えた歯科衛生士を養成します。 教育目標• 人との関わりを通じて、相手を尊重した対応ができる。 社会人として自らの健康を守り、調和のとれた豊かな人間性を養う。 医療チームの一員として周囲と協調すると共に、リーダーシップをもって地域社会に貢献できる能力を養う。 社会のニーズに対応し、歯科衛生士としての使命感に基づいて自己研鑽できる能力を養う。 ディプロマポリシー• 地域社会の保健・医療・福祉に貢献できる能力を持つ。 豊かな人間性を持ち、相手を尊重した対応ができる。 歯科衛生士としての自覚と倫理観に基づいて自己研鑽ができる。 国家試験に合格する知識と安全に配慮した的確な技術を有する。 学長からのご挨拶 『一歩前を目指して』 日本歯科大学新潟短期大学 学長 五十嵐 文雄 日本歯科大学新潟短期大学は世界最大規模の日本歯科大学を母体とし、 1983年に附属新潟専門学校として開校、その4年後に短期大学に昇格しました。 今年3月には34回目の卒業式を終え、総数1,810名の歯科衛生士を輩出しています。 本短期大学は新潟生命歯学部のキャンパス内にありますので、専任の教職員に加えて生命歯学部からの協力もあり、図書館や体育館なども利用でき、学習支援体制、福利厚生施設ともに充実しています。 このような環境の中、従来の歯科衛生士3大業務である「歯科診療補助」「歯科予防処置」「歯科保健指導」に加え、超高齢社会を迎えて一層重要性が増している「口腔ケア」に対しても適切に対応できる知識と技術を持ち合わせた、『一歩前を行く歯科衛生士』の育成を目指しています。 やり甲斐と将来性のある職業です。 諸君の挑戦を待っています。

次の