笠間 稲荷 神社 御朱印。 笠間稲荷神社の御朱印&御朱印帳

笠間稲荷神社 日本三大稲荷の一社の御朱印と境内を紹介(茨城県笠間市)

笠間 稲荷 神社 御朱印

ここでは茨城県のメジャーな観光スポット(メジャーというには微妙ではあるけど)、笠間市で参拝した神社寺院をまとめています。 目の前に市営の大型駐車場があり、笠間稲荷神社とその周辺を巡るのにちょうどいい停車場所でした。 笠間稲荷神社 ー日本三大稲荷が一社ー 日本三大稲荷の一社とされてるのがここ笠間稲荷神社。 全国で3000社以上はあると言われる稲荷神社のトップ3ということか。 ただこの手の話は明確化されておらず、名乗ったもん勝ちみたいなのはあるんだけど。 ちなみに調べてみると、他に三大稲荷を名のる神社はいくつかあるので3社では収まってないようです。 確実なのは総本山である京都の伏見稲荷くらいか?? とはいえ、名乗るだけあり境内は風格を感じさせます。 稲荷神社らしく全体的に赤い。 このあたりには神社仏閣がいくつも点在してるんですが、観光や参拝巡りの中心になっているのは間違いなくこの笠間稲荷神社ですかね。 仲見世通りも広がっていて神社を中心に賑わってました。 神社仏閣といえば花。 こちらでは藤棚が境内を彩ってました。 正福寺 御朱印は基本書置きですが、手書きもしていただけました。 毎月デザインが変わり、寺院では珍しくホームページからも授与することが可能です。 常陸国出雲大社 ー笠間市の出雲大社ー 観光地からだいぶ離れたところにありますが、それでも足を運びたいのがこちらの神社。 出雲大社の分社ですが、この地にあったのがちょっと意外。 出雲大社なので御祭神は大国主大神(おおくにのおおかみ)、そして縁結びの神社として地元では有名なようです。 しかし大国神て縁結びの神ではありますが、要は女つくりまくって子供たくさんつくりまくった色男なんですよね。 小うるさい現代ではスケコマシともとれるが神話では国の創造を担う行為だったのだろう。 男たる者、そこに痺れるし憧れる。 そして注連縄(しめなわ)がめちゃくちゃでかいです。 狛犬は通常の3倍はあるんではないですかね?筋骨隆々で強者感あります。 そして注連縄の真下を覗くと小銭がうまいこと埋もれてました。 どういうことだ??と調べてみると、ここにうまく埋め込むと願いが叶うんだとか。 ていっても脚立でも使わなければ届かないので、小銭を下から投げるかジャンプする必要があります。 それでこのケンボー、周りのカップル連中もやってるし便乗しようかなと。 年甲斐もなく何度も下から小銭を投げたりジャンプしてしまったんですがね。 実際のところ願いが叶うというのはデマで、注連縄を痛めてしまうからやらないでください。 とのことでした。 いや、こんなことで願い叶うとか本気で信じてるわけじゃないけども。 つい、やってしまいたくなるというか。 とかなんとか。 すいません。。。 出雲大社の分社とはいえ見た目的には「色物」の部類に入りそうな神社ですが、あたりは落ち着いた日本の風景が広がっていて気に入りました。 夕日が映えるので、その時間に伺うのがおすすめ。 また他にもガラス館やレストランも敷地内にはあり、ちょっとした観光施設にもなってるぽいです。 御朱印情報 この地域で拝受した御朱印をまとめます。 当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8. net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるkenboo7が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 極度にわいせつな内容を含むもの。 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

次の

日本三大稲荷 笠間稲荷神社|由緒・御朱印・ご祈祷・周辺観光地(笠間市)

笠間 稲荷 神社 御朱印

江戸時代には忠臣蔵で有名な浅野内匠頭(あさの たくみのかみ)、 大石内蔵助(おおいしくらのすけ)も 笠間稲荷神社を信仰していたとか。 ( 笠間稲荷神社を勧請して 邸内に「大石稲荷神社」を立てる) 参道周辺のキツネさんに注目! 稲荷神社の神の使いである「狐」 笠間稲荷神社でも 様々なキツネさん(像)がいらっしゃるので写真で紹介! りりしいお顔立ち。 こちらの心を見透かしているような 鋭い眼光にドキッとしちゃいますね。 ひえぇぇぇ・・ ドスのきいたお顔で思いっきりガンつけられてます。 もうちびりそうです・・ ちょ・・・ 手にお持ちのものはネズミですか? ネズミ狩りですか?? ひえーーー キツネ界のピッコロ大魔王? 口から卵でも生み出しそうな雰囲気・・・。 威風堂々としたキツネさん達に圧倒され プルプルと萎縮する中・・・・ パッチリまつげにタレ目 圧倒的な癒やしオーラ。 キツネ界の綾瀬はるかと呼ばせて頂きます。 「日本で一番長い巡路を持つ七福神」ともいわれる 「常陸七福神」の一つ、「大黒天」がいらっしゃいます。 笠間稲荷神社では「大黒天」の御朱印も頂けますよ。 こちらは重要文化財の本殿。 彫刻にも注目してみてください。 ここにもキツネさんが。 本殿裏も見逃せない。 本殿裏にも見逃せないスポット 「狐塚」があります。 たくさんのキツネの石像が安置されているので 「狐塚」 ここは 一部で「ご利益が凄い」として話題です。 昔から人々の願いを「神様へ運ぶお使い」として親しまれていた狐。 いつしか石像が置かれるようになり、月日とともに数が増え続けていったそうです。 それだけたくさんの人の思いがつまっているんですね。 願いを狐さんに届けてもらいましょう。 ちなみに狐塚から徒歩すぐの所に「 城山稲荷神社」がご鎮座。 笠間三稲荷のひとつで「城山出世稲荷大名神」とも呼ばれるそうです。 笠間いなり寿司にバターまんじゅうでお腹も満足 笠間稲荷神社の周辺は、 多くのお店が立ち並びます。 参拝後の楽しみといったら・・おなかを満たすグルメ! っちゅうことで、まずは目の前にある 「笠間カフェ」にお邪魔しました。 笠間稲荷神社の目の前です! 坂本九さんも熱心に信仰していたという笠間稲荷神社。 お母さんの実家が笠間で、一時期笠間にも住んでいたみたいですね。 結婚式も挙げていらっしゃいます。 そしてこちらも名物という 「たちばな」さんの バターまんじゅう。 皮がサクっとバター風味でめっちゃおいしかったです。 こちらは ご当地グルメの「笠間いなり寿司」 酢飯ならぬ酢そば?が入ってます。 個人的にはご当地グルメベスト3に入るウマさ。 一人で10個はイケますね。 (食べかけの写真でスイマセン・・) 笠間いなり寿司推進キャラクターの「笠間のいな吉」くん 笠間特別観光大使としても活躍してるそうです。 笠間稲荷神社の初詣情報 初詣の人手では関東の神社で4位に食い込む笠間稲荷神社。 (明治神宮、鶴岡八幡宮、大宮氷川神社の3つの神社がトップ3と言われています) 茨城県ではダントツ一番ですね。 商売繁盛をご利益とする稲荷神社の中では関東でも一番の人手だそうです! 茨城県はもとより、全国から参拝者が訪れます。 大晦日(12月31日)の夕方に「一年のお礼参り」をしてから 1日の午前0時から新年の参拝をする 「二年参り」が人気。 1月1日は午前五時から「歳旦祭」が行われ、1月3日は「元始祭(げんしさい)」が行われます。 笠間稲荷神社(茨城県笠間市)のアクセス.

次の

笠間稲荷神社の御朱印帳や御朱印時間!ご利益やお守り|稲光閣と初詣駐車場のご紹介

笠間 稲荷 神社 御朱印

ここでは茨城県のメジャーな観光スポット(メジャーというには微妙ではあるけど)、笠間市で参拝した神社寺院をまとめています。 目の前に市営の大型駐車場があり、笠間稲荷神社とその周辺を巡るのにちょうどいい停車場所でした。 笠間稲荷神社 ー日本三大稲荷が一社ー 日本三大稲荷の一社とされてるのがここ笠間稲荷神社。 全国で3000社以上はあると言われる稲荷神社のトップ3ということか。 ただこの手の話は明確化されておらず、名乗ったもん勝ちみたいなのはあるんだけど。 ちなみに調べてみると、他に三大稲荷を名のる神社はいくつかあるので3社では収まってないようです。 確実なのは総本山である京都の伏見稲荷くらいか?? とはいえ、名乗るだけあり境内は風格を感じさせます。 稲荷神社らしく全体的に赤い。 このあたりには神社仏閣がいくつも点在してるんですが、観光や参拝巡りの中心になっているのは間違いなくこの笠間稲荷神社ですかね。 仲見世通りも広がっていて神社を中心に賑わってました。 神社仏閣といえば花。 こちらでは藤棚が境内を彩ってました。 正福寺 御朱印は基本書置きですが、手書きもしていただけました。 毎月デザインが変わり、寺院では珍しくホームページからも授与することが可能です。 常陸国出雲大社 ー笠間市の出雲大社ー 観光地からだいぶ離れたところにありますが、それでも足を運びたいのがこちらの神社。 出雲大社の分社ですが、この地にあったのがちょっと意外。 出雲大社なので御祭神は大国主大神(おおくにのおおかみ)、そして縁結びの神社として地元では有名なようです。 しかし大国神て縁結びの神ではありますが、要は女つくりまくって子供たくさんつくりまくった色男なんですよね。 小うるさい現代ではスケコマシともとれるが神話では国の創造を担う行為だったのだろう。 男たる者、そこに痺れるし憧れる。 そして注連縄(しめなわ)がめちゃくちゃでかいです。 狛犬は通常の3倍はあるんではないですかね?筋骨隆々で強者感あります。 そして注連縄の真下を覗くと小銭がうまいこと埋もれてました。 どういうことだ??と調べてみると、ここにうまく埋め込むと願いが叶うんだとか。 ていっても脚立でも使わなければ届かないので、小銭を下から投げるかジャンプする必要があります。 それでこのケンボー、周りのカップル連中もやってるし便乗しようかなと。 年甲斐もなく何度も下から小銭を投げたりジャンプしてしまったんですがね。 実際のところ願いが叶うというのはデマで、注連縄を痛めてしまうからやらないでください。 とのことでした。 いや、こんなことで願い叶うとか本気で信じてるわけじゃないけども。 つい、やってしまいたくなるというか。 とかなんとか。 すいません。。。 出雲大社の分社とはいえ見た目的には「色物」の部類に入りそうな神社ですが、あたりは落ち着いた日本の風景が広がっていて気に入りました。 夕日が映えるので、その時間に伺うのがおすすめ。 また他にもガラス館やレストランも敷地内にはあり、ちょっとした観光施設にもなってるぽいです。 御朱印情報 この地域で拝受した御朱印をまとめます。 当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8. net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるkenboo7が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 極度にわいせつな内容を含むもの。 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

次の