ロップ イヤー 種類。 うさぎロップイヤーとネザーランドドアーフの違い?どちらが飼いやすい?

ロップイヤーラビットの小動物たち

ロップ イヤー 種類

5~5キロ ロップイヤーの特徴は大きい垂れ耳です。 子供の頃は耳が垂れていない子も居ますが、大人になるにつれてだらーんと垂れてきます。 少し潰れたような鼻も特徴の一つ。 もともとは大型のうさぎだったのですが、品種改良により小型化してきました。 ロップイヤーはうさぎの中でもペットとしてトップレベルの人気を持つ種類です。 好奇心旺盛で人懐っこい面もあり、なつけば自分から飼い主さんの方によってきて甘えてくれますよ。 知能が高いので、飼い主さんの行動を見ていて意図を読み取って遊ぶ事もあります。 普段はだらーんとしていて、遊ぶときはとても活発というギャップもロップイヤーの魅力の一つです。 大型のチェーン店などでは、取り扱っているうさぎの写真を掲載しているので、リサーチしやすいと思います。 通常のペットショップと比べて値段は高くなってしまいますが、うさぎ専門店での購入もおすすめです。 うさぎ専門店では、多くの種類や毛色のうさぎを取り扱っているので、好みのうさぎを見つけやすいですし、飼育後のサポートを付けてくれるお店もあります。 中には3色以上入っている個体も居て、『トライカラー』と呼ばれています。 ロップイヤーの寿命 平均寿命は6年~8年程と言われています。 中には10年以上生きる子も居ますが、5年生きられない子も多いです。 後述になりますが、 うさぎはストレスに弱いため飼育環境によっても寿命の長さは変わってきます。 ストレスが原因になって病気になってしまったり、急に餌を食べなくなってしまったり、糞が小さくなったり、急に体調を崩してしまう事もあります。 ストレスをなるべく与えない環境での飼育も大切ですが、異常が見られた時に、すぐに気づけるように日ごろから観察しておくのも重要です。 ケージの底部分のトレイやトイレは2日に1回くらいの頻度で掃除してあげてください。 ケージ全体は1週間に1度くらいの頻度で丸洗いするかきれいに拭いてあげましょう。 特にケージの底部分が汚れているとお尻の部分が汚れやすく、ロップイヤーは耳が長いため耳も汚れてしまう事があります。 ストレスだけではなく、皮膚病の原因になるので清潔な飼育環境はとても重要です。 ロップイヤーは活発な性格をしているので、 ケージにずっと入れておくとストレスの原因になる事があります。 1日に1度はケージから出してお部屋の中で散歩をさせてあげてください。 ケージから出す際は、電気コードなどを齧ってしまわないようにあらかじめ片付けておきましょう。 うさぎは汗をかくことができないため、人間のように扇風機で涼しさを感じる事ができません。 室温の管理は必ずエアコンを使う必要があります。 ケージの近くに温度計を設置して置くとより確実に室温の管理ができます。 チモシーはうさぎがいつでも食べられるように牧草入れに多めに入れておきましょう。 ペレットはチモシーに不足している栄養分を補うために与えます。 ペレットは与えすぎると肥満の原因になるため注意しましょう。 餌は1日に2回、決まった時間にあげてください。 野菜やドライパイナップルなどのおやつは与えると喜びます。 爪切りは抱っこして行わなければならないので、抱っこが苦手な子は飼い主さんがしてあげる事は難しいです。 あまりにも嫌がるようであれば動物病院で切ってもらいましょう。 ロップイヤーは耳が大きく垂れ下がっているため、 汚れたり傷が出来やすいので定期的に掃除してあげましょう。 耳掃除を行う時に、耳の中に異常がないかも確認してください。 かかりつけの病院があると診察の際スムーズになります。 大きすぎてもストレスの原因になったり、お手入れも大変になるため 適度なものがベストです。 床の素材にも注意しましょう。 金網タイプは足を傷つけてしまう危険があるため、すのこタイプかプラスチックタイプがおすすめです。 取っ手が付いている物を選ぶと移動の際に楽になります。 うさぎが家の環境に慣れてきたら始めましょう。 ブラシは喜ぶ子もいますが、嫌がる子も多いです。 爪切りもブラシも素早く終わらせて、終わったら褒めてあげるのがコツです。 ブラシには通常のものと長毛種用のものがあります。 ペットのロップイヤーの毛の長さにあったものを選びましょう。 丸洗いしやすくて傷みにくい物が良いです。 こちらもお掃除しやすいものを選びましょう。 トイレには長方形のタイプと三角形のタイプがあり、大きさも様々です。 飼っているうさぎの大きさにあったものを選びましょう。 コストはかかりますが、ペットシーツがあるだけで掃除がかなり楽になります。 ペットシーツは2日に1度は交換してあげましょう。

次の

ロップイヤーの種類や性格は?平均寿命や体重など基本情報も紹介!|うさぎプロデュース

ロップ イヤー 種類

ロップイヤーの種類別まとめ ロップイヤーの特徴は何と言っても垂れ耳! 種類によっては、床に届く程の大きな垂れ耳を持っている子もいます。 最小サイズのホーランドロップイヤーをはじめ、最大体長が70㎝にもなるロップイヤーがいます。 ロップイヤーには• イングリッシュロップイヤー• フレンチロップイヤー• アメリカンファッジロップイヤー• ライオンロップイヤー• ホーランドロップイヤー• ヴェルベッティンロップイヤー の5種類が存在します。 種類によって特徴はさまざま。 ここからは種類別にご紹介します。 イングリッシュロップイヤー イングリッシュロップイヤーのでっかいお耳に、小豆えむこはやられてしまったのです…🐰 — 小豆えむこ 低浮上 mamemamemameee 大きさ:約35㎝〜45㎝ 体重:約4〜5kg(最大10kgの子もいます) 寿命:平均5年〜10年(10年以上長生きする子もいます) 価格:平均5万円〜7万円 イギリスが原産のうさぎちゃんです。 19世紀のビクトリア朝で誕生したイングリッシュロップイヤー は、ロップ種の原産であり、世界で一番最初にペット用に品種改良されたと言われています。 現在のロップイヤーの原種です。 耳がとても大きく垂れているのが特徴。 床に着くほど大きく、左右に広げると最大で70㎝になる子もいます。 長い耳を傷つけないために定期的に爪切りをしてあげてください。 (1〜2ヶ月に1回) 短毛種でシルクのような触り心地なのも魅力的。 毛色は、セルフ、アグーチ、ブロークン、シェーデッドの4種類があります。 性格は穏やかで温厚な子が多く、人に懐きやすいの飼いやすい種類のうさぎちゃんです。 賢いのでしつけがしやすいのが特徴です。 ラビットショーに出る際には、耳の長さの規定でイングリッシュロップイヤーと認定されない場合があるのでご注意くださいね。 フレンチロップイヤー 大きさ:約30㎝〜40㎝ 体重:約4kg〜5kg 寿命:平均7年〜10年(10年以上長生きする子もいます) 価格:平均7万円〜10万円 フランスが原産国のうさぎちゃんです。 イングリッシュロップイヤーとバタフライラビットを配合し、品種改良してできたと言われています。 フレンチロップイヤーは他の種類のうさぎちゃんと比べとっても大きな品種です。 その大きさは、中型犬の大きさと匹敵するほどと言われています。 最大で体長が70㎝、体重10㎏になる子もいます! 耳も大きく左右広げると40㎝前後。 長い耳を傷つけないために定期的に爪切りをしてあげてください。 (1〜2ヶ月に1回) イングリッシュロップイヤーと同じく短毛種で触り心地抜群です。 穏やかで、温厚で、人に懐きやすいのですが、大型の品種なのでキック力はかなり強いです。 怒った時の足ダンの音の大きさを考えて購入するか判断されるのもいいと思います。 大きめサイズなので、グルーミングをする時に少し重くて手こずることがあります。 どうしてもグルーミングや爪切りが難しい場合はペットショップや動物病院の獣医さんにお願いすると良いでしょう。 5〜2. 5kg 寿命:平均5年〜10年(10年以上長生きする子もいます) 価格:平均3万円〜7万円 通称アメファジと呼ばれています。 ホーランドロップイヤーの次に人気の高い品種です。 アメリカが原産国のうさぎちゃんです。 ホーランドロップイヤーの毛質改良を目的としてアンゴラが交配され、ファジーホーランドと呼ばれる長毛種が誕生しました。 このファジーホーランド同士が交配され、遺伝的に固定されたのがアメリカンファジーロップイヤーと呼ばれています。 垂れ耳で、長すぎず顎近くぐらいまでの長さが特徴です。 短毛種でふんわり柔らかく触り心地の良い毛質です。 毛が絡まりやすいのでこまめなブラッシングが必要です。 毛色のバリエーションが豊富なのも特徴。 性格は好奇心旺盛で、人を怖がらず、懐きやすいです。 人をあまり怖がらないのでしつけがしやすく、懐くと足の周りをグルグルと回ってくれます、 多頭飼いをすると縄張り意識が強いのでスプレー(おしっこを飛ばす)をすることもあります。 単独で飼うことをお勧めします。 ライオンヘッドロップイヤー 大きさ:約25㎝〜30㎝ 体重:約1〜3kg 寿命:平均7年〜10年(10年以上長生きする子もいます) 価格:平均3万円〜5万円 原産国がベルギーのうさぎちゃんです。 立ち耳のライオンヘッドはドワーフ系、垂れ耳のライオンヘッドはロップ系と言われています。 鬣があるのが特徴で、顔の周りにもフワフワの可愛い毛が沢山あります。 垂れ耳は少し長めのお顔の下ぐらいの長さです。 長毛種、短毛種がいるので購入時にペットショップで確認してみてくださいね。 フワフワで柔らかいのでこまめなブラッシングが必須。 特にタテガミは絡まりやすいので注意が必要です。 性格は、賢く、大人しいです。 ホーランドロップイヤー 大きさ:約35㎝〜40㎝ 体重:約1. 5〜2. 0kg 寿命:平均7年〜10年(10年以上長生きする子もいます) 価格:平均3万円前後 原産国がオランダのうさぎちゃんです。 フレンチロップイヤーとネザーランドドワーフを交配し、毛質向上のためにアンゴラ種、垂れ耳に仕上げるためにイングリッシュロップイヤーなども交配され、ホーランドロップイヤーが誕生しました。 ロップ種の中でも最小の品種で、ミニロップと呼ばれることもあります。 少し長めの垂れ耳が特徴。 小さく丸いボディーが最高に可愛いです。 毛質は短毛種で、毛色のバリエーションが30種類以上もあります。 セルフ(単色):ブラック、ブルー(青みがかった濃いグレー)• シェーテッド(毛先に色がある):フロステッドパール、ブリートート、トータス• ブロークン(ぶち):セーブルポイント、トータス、オレンジ(淡いオレンジのぶち)、ブラック、チンチラ(青みがかったグレーのぶち)• アグーチ(一本の毛色が3色以上):チェストナット、オパール、スクワレル、オパール• ワイドバンド)目の周りや尻尾の色が薄い):オレンジ などがあります。 基本的性格が穏やかなのが特徴で、人に懐きやすく、初心者の方には飼いやすい品種です。 セラピーラビットとして活躍する子もいるほど可愛くて癒されます。 初心者には最適のうさぎちゃん。 ヴェルベッティンロップイヤー 大きさ:約35㎝〜40㎝ 体重:約4kg〜6kg 寿命:平均7年〜10年(10年以上長生きする子もいます) 価格:平均5万円〜7万円 原産国がアメリカのうさぎちゃんです。 名前の通りヴェルベットのような滑らかで素晴らしい毛室の持ち主です。 一度触るとその触り心地にハマってしまうほど最高の毛感触。 比較的新しい品種で、目の色はブラウンが多いです。 中型種で少し大きめのサイズの子が多いです。 丸みを帯びたセミアーチのボディーが特徴。 体に沿って長く垂れた耳です。 短毛種で、その名の通りヴェルベットのような毛質で触り心地がとても良いです。 毛色は、セルフ、アグーチ、シェーテッド、ブロークンがあります。 性格は、賢く、活発な子が多く、愛嬌があります。 賢い子なので躾をしっかりすれば一芸をしてくれることもあるそう。 珍しくなかなか購入ができないのですが、うさぎ専門店に聞いてみると運が良ければ購入できるかもしれません。 まとめ 個体差はあるものの、基本的に寿命の平均は7年〜10年ほどと言われています。 長生きする子は15年以上生きる子もいるよう。 体重も目安でお書きしましたが、あげるご飯の内容や、食べる量によって変わります。 うさぎを育てるのにとっても大事なことは、牧草をしっかりとあげること。 種類によって違いもありますが、牧草を食べなければ歯が磨耗されずに不正咬合になるリスクが増えます。 歯が不正咬合になると治療費も大変ですが、ご飯が食べれなくなることによってうさぎの命にも関わります。 これからうさぎを始めて飼う方、現在うさぎを飼ってる方。

次の

ロップイヤーの種類や性格は?平均寿命や体重など基本情報も紹介!|うさぎプロデュース

ロップ イヤー 種類

5~5キロ ロップイヤーの特徴は大きい垂れ耳です。 子供の頃は耳が垂れていない子も居ますが、大人になるにつれてだらーんと垂れてきます。 少し潰れたような鼻も特徴の一つ。 もともとは大型のうさぎだったのですが、品種改良により小型化してきました。 ロップイヤーはうさぎの中でもペットとしてトップレベルの人気を持つ種類です。 好奇心旺盛で人懐っこい面もあり、なつけば自分から飼い主さんの方によってきて甘えてくれますよ。 知能が高いので、飼い主さんの行動を見ていて意図を読み取って遊ぶ事もあります。 普段はだらーんとしていて、遊ぶときはとても活発というギャップもロップイヤーの魅力の一つです。 大型のチェーン店などでは、取り扱っているうさぎの写真を掲載しているので、リサーチしやすいと思います。 通常のペットショップと比べて値段は高くなってしまいますが、うさぎ専門店での購入もおすすめです。 うさぎ専門店では、多くの種類や毛色のうさぎを取り扱っているので、好みのうさぎを見つけやすいですし、飼育後のサポートを付けてくれるお店もあります。 中には3色以上入っている個体も居て、『トライカラー』と呼ばれています。 ロップイヤーの寿命 平均寿命は6年~8年程と言われています。 中には10年以上生きる子も居ますが、5年生きられない子も多いです。 後述になりますが、 うさぎはストレスに弱いため飼育環境によっても寿命の長さは変わってきます。 ストレスが原因になって病気になってしまったり、急に餌を食べなくなってしまったり、糞が小さくなったり、急に体調を崩してしまう事もあります。 ストレスをなるべく与えない環境での飼育も大切ですが、異常が見られた時に、すぐに気づけるように日ごろから観察しておくのも重要です。 ケージの底部分のトレイやトイレは2日に1回くらいの頻度で掃除してあげてください。 ケージ全体は1週間に1度くらいの頻度で丸洗いするかきれいに拭いてあげましょう。 特にケージの底部分が汚れているとお尻の部分が汚れやすく、ロップイヤーは耳が長いため耳も汚れてしまう事があります。 ストレスだけではなく、皮膚病の原因になるので清潔な飼育環境はとても重要です。 ロップイヤーは活発な性格をしているので、 ケージにずっと入れておくとストレスの原因になる事があります。 1日に1度はケージから出してお部屋の中で散歩をさせてあげてください。 ケージから出す際は、電気コードなどを齧ってしまわないようにあらかじめ片付けておきましょう。 うさぎは汗をかくことができないため、人間のように扇風機で涼しさを感じる事ができません。 室温の管理は必ずエアコンを使う必要があります。 ケージの近くに温度計を設置して置くとより確実に室温の管理ができます。 チモシーはうさぎがいつでも食べられるように牧草入れに多めに入れておきましょう。 ペレットはチモシーに不足している栄養分を補うために与えます。 ペレットは与えすぎると肥満の原因になるため注意しましょう。 餌は1日に2回、決まった時間にあげてください。 野菜やドライパイナップルなどのおやつは与えると喜びます。 爪切りは抱っこして行わなければならないので、抱っこが苦手な子は飼い主さんがしてあげる事は難しいです。 あまりにも嫌がるようであれば動物病院で切ってもらいましょう。 ロップイヤーは耳が大きく垂れ下がっているため、 汚れたり傷が出来やすいので定期的に掃除してあげましょう。 耳掃除を行う時に、耳の中に異常がないかも確認してください。 かかりつけの病院があると診察の際スムーズになります。 大きすぎてもストレスの原因になったり、お手入れも大変になるため 適度なものがベストです。 床の素材にも注意しましょう。 金網タイプは足を傷つけてしまう危険があるため、すのこタイプかプラスチックタイプがおすすめです。 取っ手が付いている物を選ぶと移動の際に楽になります。 うさぎが家の環境に慣れてきたら始めましょう。 ブラシは喜ぶ子もいますが、嫌がる子も多いです。 爪切りもブラシも素早く終わらせて、終わったら褒めてあげるのがコツです。 ブラシには通常のものと長毛種用のものがあります。 ペットのロップイヤーの毛の長さにあったものを選びましょう。 丸洗いしやすくて傷みにくい物が良いです。 こちらもお掃除しやすいものを選びましょう。 トイレには長方形のタイプと三角形のタイプがあり、大きさも様々です。 飼っているうさぎの大きさにあったものを選びましょう。 コストはかかりますが、ペットシーツがあるだけで掃除がかなり楽になります。 ペットシーツは2日に1度は交換してあげましょう。

次の